スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAME139 松坂試合をぶち壊し5-14●

http://boston.redsox.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_09_07_tbamlb_bosmlb_1

右肩を痛めていたスクータロが復帰。しかし肩に負担のかからないようにラウリーとSS⇔2Bをチェンジ。
というかもうそんなに無理させる必要もないと思うんですけど・・。


松坂大炎上。最近のストライクゾーンを積極的に責めようとする姿勢は割と気にいっていたのだけど
4回、先頭打者ジョイスに1-2から3球連続ボールで四球、次の打者もストライク1球も入らず四球。
捕手の指示から発生したフィルダースチョイスは仕方ないにしても
その後も押し出し四球。1イニング3四球のあと長打打たれて返されるわ
酷い登板。ゾーンの半分から高めをかなり打ちこまれ長打もたっぷり浴びました。
少しだけ上がってきていたようにも思えた信頼感はあっという間にまた落ちた。



その後は昨日同様プロスペクト中心の試合となりそれはそれでなかなか楽しめました。
ナバーロの守備でのファインプレーはよかった。セカンドベース方向の打球に対しては良い処理ができますね。
サルティも流し打ってのタイムリーを打ちラウリーもタイムリーを打ち。レディックもヒット。
ボウデンは球の力はやっぱいまいちかなあとは思うけど低めに集めて抑えたし、
コウェイヨが三振一つ取ったし
昨日よりは高めに抜ける球も少なくてよくなっていた。
速球だと思ってたけど彼の速球はカッターみたいな動きをしてる。もっと見たいです。
リチャードソン、マニュエルは相変わらずですね・・・・。
リチャードソンはあれじゃ来季左のいいリリーフを外から1人獲得しできたとしても
ドーブロントを頭からMLBでリリーフで行かせなきゃならないかもねえ。
相手のプロスペクトのジェレミー・ヘリクソンは打たれたけどゾーン低めに球を集めることが今の段階で
既にしっかりできていて手堅い3番手投手にはなりそうな感じですね。

いつの間にかマックが二桁HR,OBP.350,OPS8割のそれぞれ一歩手前まで来てるんですよねー。
どこのチームになるかは分からないけど来季はMLBで迎えられそう。
相手がプライスでも全然苦にしてないのはすごい。

今日の負けにより明日の中三日のバックホルツの登板は無くなりウェイクフィールドが投げる。
バックは金曜日に変更になるらしい。
以降そのまんまズレればこれにより予定しているシアトルでの3連戦の観戦で
レスターとバックの2人両方の投球が見られるかもしれない。こりゃついてる。

スポンサーサイト

GAME 99 シーズン終了? 2-4●

まだあわてる時間じゃないと言いながらとうとう5ゲーム差まで来てしまった。
なんだか知らないけど毎年マリナーズ戦ってあんまりいい思いしていないような。
もう怒る気もしない。

松坂はコントロール最悪だったけどなんとか力づくでまとめきって6回1失点。
結果としちゃ十分合格点。

野手とリリーフ。あいかわらず。リプレイ見ているようだ。
リリーフは先発が6イニングなげてリード守っても結局1人2人足りない。
全員がレスターみたいに毎回のように7回付近まで投げてくれる先発なんぞありえないので
どうしても無理が出る。接戦や勝ちゲームで使えるリリーフの不足が完全にあだになっている。
そんなことはフロントも分りきっているのだろうけどリリーフに対する見返りの要求が相当高いよう。
今んとこTORダウンズ、OAKブレスロウ、FLAヌネスなど上がっておりますが。

パピドリューはイニング終盤の打撃成績が悪く左のリリーフに対応できていないことが分かる。

2010対左(AV/OBP/SLG/OPS)
パピ  .186/.259/.268/.527
ドリュー.172/.257/.242/.499

今期の7-9イニングの成績
パピ   BA.173 OBP.323 SLG.259 OPS.582
ドリュー BA.209  .308 .352 .659
終盤先発が下りてレフティをぶつければ安全パイということに。
これ終盤接戦で打線が打てないことに繋がってる原因の一つだと思う。
そういった意味で打順でこの二人をつなげて相手に継投しやすくさせた
フランコーナの今日のオーダーはあまり見られない並びと言うか。
ちょっと驚いた。個人的にはドリュー上げるなら間にユーキリス挟む方が好み。


上位打線はそれでもそれなりに打ってたけどほとんど単打ばかり。今日は下位が完全に沈黙。
6番にハーミダ・・・・・何が悲しくて出塁率.270台を6番に入れにゃならんのだ。
打数はそんなに多くないとはいえほとんど右との対戦でこれなのに

上位打線の奮起で2点入れてしかもノーアウト1.3塁でもそのあと0点。
あそこで離せなかったのが一番痛かったかなと。状態いいとも思えないのに出塁率.270台の
打者にも主力と同じように打たせる。
最近好調だったキャメロンも今日はブレーキ。


いずれにしてもデルカーメン、オカジと非常に厳しいすね。
オカジはバントのミスのぞいてもあれだけ左にも打たれてるしちょっともういっぱいいっぱい。
かなり今年は連打くらうことが目立ってる。1年目に比べて相手も速球と思ってチェンジアップ
振りに行っていないしチェンジアップに合わされることがずいぶん多くなってきた。
腰の状態も良くないんでしょうね。

GAME82 1-6● 

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_07_04_balmlb_bosmlb_1

レイズ戦のマッチアップ考えると絶対勝っておきたかった試合なんだけど
いいところなく完敗。ラッキーは個人的には今年一番いいと思ったけど
守備打線ともに酷かった。
とくに新加入のモリーナはバント失敗するわ、速球とれないでパスボールするわ・・・。
守備型と聞いていたけどあれならもう少しいい選手おらんのかなあ・。
キャッシュのほうが安心できる。
スクータロのエラーもドリューの守備も酷かったし打線は三振ばかりで
マトゥスに全く歯が立たず。

オールスターのメンバーが決定。
レッドソックスからはSPレスター、バックホルツ、Cマルチネス、2Bペドロイア、3Bベルトレ、DHオルティス
が選出された。最終投票にユーキリスがノミネートされている。
DL入っている選手は出られないのでマルチネスとペドロイアはすでに別の選手が代わりに選出されている。
バックホルツもそうなるだろう。
ALのSPは東地区の初選出の若手が多く世帯交代を感じさせる。
若手2人のSPは初選出だけどベルトレって初選出だったんですね。

バックホルツの登板回避のため松坂が明日先発。
2戦目はまだ発表されていないけどどうやらドーブロントが先発する可能性が高いよう。
ボウデンは前回登板から中3日になってしまうので対象外みたいですね。
3戦目ウェイクと相手のガーザ、ニーマン、プライスの三枚とリリーフを考えると
なんとかスウィープだけは免れたいところ。

エルズベリーは復帰のスケジュールはまだ立っておらずまだ投げたり打ったりの
野球活動も一切していない。
復帰をあてにできるかのかどうか・・・

GAME50 DICE-BBBBBBBB 3-4●

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_05_27_kcamlb_bosmlb_1

ひどいの一言。今日の言い訳は「前回の登板で下半身が張って体が言うこと聞かなかった」
下半身が張ったら4回ちょっとで9四死球出して降板する人はローテに必要ありませんよ。
というか他の先発より昨年も今年も回数投げてないのに何言ってんだこの人。

最後はブルペンの助けもあって致命傷は避けられたけど
4.2回 3失点 被安打2 三振1 四死球9 112球。
速球にはかなりスピードはあった。
審判が多少辛いと言うのはあってもメジャーリーガーとは思えないコントロールの悪さを披露。
しかもストライク入らないのがほとんど速球ってマイナーでも下のレベルの試合じゃあるまいし。
こんなのが捕手がどうこう言ってんだから完全に笑い話にしかなってない。
また無駄にリリーフたくさん使わせてしまった。

キャメロン、ビクターお休み。
打線も今日はひと休み・・・・・。
バニスターを崩せなかった。ホールとかドリューとかバリテックとか頑張ったんだけどねえ・・・。
バニスターの動くボールにうまくうたされてたなと。その後のリリーフを崩してほしかったけど
無安打。
ハーミダは本当にチェンジアップに弱いな・・・・。
チェンジアップ系がいい投手には簡単に料理されてる。左のスライダーに対応できないのも納得。
ホールはCF守備結構頑張ってたな~と。
デルカーメンは調子上げてきましたね。いい感じです。

ウェイク先発でビクターは明日から復帰するようですね。

GAME25  2-3● BALにスウィープされる 

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_05_02_bosmlb_balmlb_1

Scutaro SS
Pedroia 2B
Drew RF
Lowell 1B
Ortiz DH
Beltre 3B
Varitek C
McDonald LF
Van Every CF

こう言っちゃなんだけどオーダー見ただけで点取れる気がしない(笑)

ユークは昨日の全力疾走の影響なのか左足の付け根を痛めて休養。day to day。
ハーミダも昨日から腹部を痛めて出てない。
ビクターは投手ベケットだから休養。

3連敗。ベケットは球威はあまり感じないが低めに丁寧に集めて7回2失点。
より一層カッターを使うの頻度が増えている。
打線はバリテックとドリューの単発HRの2点だけ。
ベケット含む投手の投球だけは見たけど打線はハイライトだけで十分。
結果がわかってしまってからではイライラするのみで時間の無駄と判断した。
とりあえず3塁コーチをもっとしっかり人選すべきだ。
日本の高校野球のコーチャーのほうがマシ。
5月は厳しい対戦相手が続く。終わるころにはシーズンが終わってるかもしれない。

なにがどうしてこうなった。


松坂、岡島

http://baseball.yahoo.co.jp/mlb/headlines/20091201-00000019-spn-base

久しぶりにメディアの前に出てきた松坂。
北海道にある松坂大輔スタジアム(そんなのあったんだ)を訪問。本人の主要部分を抜粋。

WBCについて: 「次回は4年後(13年)ですが、まだ僕は老け込む年齢ではない。今よりもフィジカルもメンタル面もレベルアップ、スキルアップできると信じている。自信を持って臨める状態にしたい」

来期について: 「チームにしっかりと貢献して世界一奪回をしたい。200投球回はローテーションを崩さずに投げなければ届かない数字だけど、健康に過ごすことができれば、成績を残せる自信がある」



2013年にWBC代表に選ばれているかどうかはわかりませんがとりあえず選ばれる立場にある
と仮定して。松坂の今の契約は2012年まで。ということは松坂の次回所属球団はWBCに出ると言う前提
で松坂と契約することになるわけで2009の松坂をのいろいろな騒動を知っていれば
WBCに出ると言う限りなかなか契約したがらないのではないか?日本の球団以外は。
と老婆心ながら思えてきます。

200投球回はぜひとも達成してほしい数字ですが去年達成してほしいと思っていたし
できると思っていたけど松坂にはかなりハードル高いと思います。
少なくても個人的には年間通して健康だとしても現実的な予想をするとして200にいけると思えない。
平均6イニングでも32試合で投げても192イニングしか行かないわけで・・・
とりあえず180は超えてもらいたい・・・。
来年は200イニングは期待できるでしょうと言える投手になってればいいのだが、
簡単ではないでしょう。


http://baseball.yahoo.co.jp/mlb/headlines/20091130-00000007-ykf-spo

グリーンバーグ氏について岡島は「最悪です。(契約)内容とかじゃなくて、まぁヒドイです」
とバッサリ。「(コミュニケーションが)なかったですね。1年目はあったんですけど、2、3年目は
ホントに悪かった。『もう少ししっかりしてほしい』と意見を言っても、聞いてもらえないこともあったし。
そういう意味ではナメられていたんだろうと思いますけど」
と散々な目にあったと明かす。
それだけに高橋尚に対し、「大丈夫ですかね? 心配ですけど。僕はダメでしたけど。ほとんどの日本人が(グリーンバーグ氏との契約を)やめているわけじゃないですか。それをどういう風に理解しているのかなと思いますけど」と気にかけていた。現在グリーンバーグ氏は高橋尚の他に、メッツを戦力外になった高橋建投手と代理人契約を結んでいる。



元同僚の読売巨人の選手の高橋投手が今オフメジャー移籍をするために
雇ったのが岡島の元代理人ということから話が始まっています。
ここまで元代理人に対して不満を言い切った選手もなかなかスゴイ・・・。
岡島にとってよっぽどひどかったんでしょう。
元代理人グリーンバーグ氏はつい最近まで岡島の代理人だったわけですが
岡島の今の契約終了後にFAになるような契約にしておらず(岡島はFAになると思っていた)
それが原因で
解雇されていたと言われていました。(現在はローゼン氏)しかしこの口ぶりではそれだけが原因でもなさそう。
MLBでは通常選手はサービスタイム(25人枠在籍期間)6年の間(1年172日計算)はチーム側に保有権
がありますがNPBからわたってくる日本人選手のなかには契約が終了後FAになる
という条項を入れている例が多くあって現役投手では黒田、川上、リリーフでも日本に帰った
小林雅英なんかがそう。

岡島もてっきりそうだと思っていたのですが実際代理人はレッドソックスと
そういう契約をしていなかったので岡島は残り3年間は所属球団が保有権を
放棄しない限りFAになることはできません。つまり普通のマイナーリーグからあがってきた

新人と同様3年MLBで実績を残し 調停期間に入るわけです。

大事なところで代理人とコミニュケーションが まったく取れていなかったということでしょう・・・。
現在岡島はグリーンカード(アメリカ永住権)を取得しできるだけ長くメジャーで
と言う思いがあるようです。球団は選手のこれまでの実績にお金を払うわけじゃないだろうけど
個人的にはこれだけ1年目からチームに貢献して来たわけだし年齢の不安はあるだろうけど希望通り複数年
勝ち取ってほしいですね。

FLAのハーミダを獲得

ヤンキースのワールドチャンピオンが決まってしまい、やや欝な気分ですが気を取り直して。
FLAのジェレミー・ハーミダ(25) 外野手を獲得。元トッププロスペクトであり(2006BA MLB全体4位)
2007年にキャリアハイの.296/.369/.501の成績を残しましたがその後2年は怪我も
あり成績は低迷。今期2度目の調停前にトレード、またはノンテンダーの候補にも上がっていました。
打撃面のポテンシャルは評価が高い選手でそれをまだ発揮できていない
という感じのところに狙いをつけてリスクの少ない交換を狙ったという感じ。ジョーンズはDFAされても
おかしくなかったし。ハーミダは年俸としては2010は3~4M程度か。
ポジションは両翼。守備力は平均的。
交換相手は40人枠に入っているAAAの左リリーフのハンター・ジョーンズとAの左投手
ホセ・アルバレス。

現段階の構成で考えるとLFレギュラーとしてはかなり弱くレッドソックスの4thOFとしてもややフィットしない。
もちろんレフトの正選手というわけでもなくバックアップということだろうけど
左打者であることとCFを守れないことからバックアップで行くならばもう一人
右打者でなおかつCFも守れる選手が必要とされる。

さてワールドシリーズも終わったのでここから2週間後までFAの選手との独占交渉権が
選手が所属していたチームにあります。ベイとの再契約の話はまとまるか。

3連敗でALDS敗退 6-7●



9回守護神が打たれ逆転負け。

あーあ・・・・・・・・・。言葉も出ない
まあしょうがないか。パペルボンでやられてしまったら。
三戦ともベストなメンバーで臨んだと思うし完璧に跳ね返されたという感じ。

ローウェルの6点目のタイムリーが出た時点で勝ちを確信したんですけどねえ。
うれしかったなーあのタイムリー。
エンジェルスの打者の集中力はすごかった。相手が上でした。
リベラのタイムリーとかパペルボンの初球だもんなあ・・・・。
レッドソックスにはああいうクローザーの初球を狙い打ちできるような
打者がいない。見られる打者はたくさんいるのだけど。

バックホルツはよく投げたと思います。5回のピンチ脱出はすごかった。
バードも悲惨なところで出されてもよく抑えた。
ワグナー、パペルボン結局あの四球が・・・・というところだったかな。

選手の皆さんお疲れ様でした。正直言って95勝ったけど今年はストレスたまる試合ばかりでした。
終盤接戦に強さを見せない打線にイライラしっぱなし。リリーフに負担かけすぎ。
見た目の数字はいいけど中盤~後半は勝負どころで頼れる打者がいなかった。
前半のベイ、ユーク、途中加入のマルチネスくらいで。
安定して走者を返す打者がもう一人いればなあという感じでした。
アウェイで打てない、好投手になると打てない。この辺はかなり顕著。
投手の名前見ただけで今日負けだなとか予想通りになりすぎて。
それでもプレーオフ進出の最低限の目標は達成できた。


ア東の優勝を争うと考えた場合
オルティス、ローウェルと松坂、高額で獲得した選手の契約が残っていて
ややレギュラーとしては
物足りない状態になってしまっていて来年は正直どの程度戦力上げられるかなあという感じです。
打率/長打率が安定して高い中軸の大物(できれば左)が一人欲しいというのが本音ですけど
その場合上記の二人のいずれかはあぶれてしまう。
FAにも健康でその条件を満たす打者というのは
なかなか見つからない。となるとトレードとなるけどそのクラスならバックホルツやバードやほかの
チーム内トップクラスの放出は免れない。
レッドソックスはマルチネスにハガドン、マスターソンを使ってしまったため
現在フロントスターター級やクローザー級の期待が持てる投手はバックホルツ、バードしかいないので
出すのは厳しい。
レフトはベイがFA。レフトはFAの選手を獲得になるでしょう

ようやく独り立ちしそうなバックホルツに期待はできるけど年間通した実績はないし
松坂も3番手としても計算できるというわけでもないのでエース級まではいけなくても
準エース級は一人欲しい。ウェイクの去就も気になる。SSも気になる。
さて・・・どんな感じになりますかね。


あ~悔しいなあ・・・でもエンジェルスは上に行くのにふさわしいチームでした。
力負けだからしょうがないや。

ゴーべけさんnatureさんララさん、オカジ日本一さん、応援お疲れ様でした。
今期はお世話になりました。一緒に応援できて楽しかったです。


2004-2007と来れば-2010    来期こそは!ワールドチャンピョン



d0e01531-62f9-49ee-b0ee-c83f2c54a0be.jpg
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。