スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投手崩壊はなお続く 

ベケット殿下途中までいい感じで来てたけど4被弾。ちょっとどころじゃなく多いですね・・・。
あの4シームはもう復活しないのかな。
もしどこも悪くないのだとしたら ちょっと深刻かもなんて思ってしまいますね。
今年の腫れ物に触るような周りから気を使われてそうな殿下が再び闘将になる日が来るといいけど。
対戦チーム NYY TB TOR BAL対ア東合計IP/GSK/BBH/9HR/9
レスター3 /2.954 /3.244/ 4.504 /2.16ERA3.186.02.246.50.7
バック2/5.843/0.983/0.412/0.00ERA1.476.82.047.60.5
ラッキー2/3.754/6.264/8.615/2.80ERA5.206.21.4110.90.7
ベケット5/10.041/0.002/9.902/2.57ERA6.945.72.612.01.7
松坂1/13.503/8.624/3.713/7.56ERA6.635.81.789.81.1


対ア東のそれぞれの投手とチームとの対戦の先発試合数/ERA

IP/GS=試合平均投球回
K/BB=三振÷四球
H/9=9イニング計算でのヒット数
HR/9=9イニング計算でのHR数
にすべてアリーグ東との対戦での合計ですがちょっと試合数的には偏っているので参考程度に。
手計算だから間違ってる所もあるかも。


うーん故障者続出で本来の守備が機能していない影響もあるとはいえ
おいこら三人と言いたいところですね。
アリーグ東のチームとの対戦の防御率に限定するとこんな感じです。
ベケットはNYYとTORに対してかなり苦手にしていてTORは以前から苦手だったんだけど
昨年終盤あたりからはNYYに対してもカモにされ続けてるのが印象が悪い。
ベケットを見ていると単純に大雑把にBABIPが高いだけで運が悪いだけとも
言えないような気もしている。ファングラフの球種別の
バリューを見ても今年は速球がかなり良くないと言うのが分る。コマンドもそうかもしれない。
球威やムーブも良くないのではないかと思っているし追い込んでからはまだいい投球はできるけど
そこに持っていくまでに苦労し初球ストライクの確率がキャリアで比べてかなり低く
悪いカウントを作り出しては狙われた速球系を簡単に打ち返されていると言う印象もある。
球種の割合を見ても速球が過去のベケットにしてはかなり少なく見ていても速球に自信が持てないのではないか
と言うのもあるし実際ツーシーム系でかわそうとする投球が目立ち始めているが上手く行ってはいない。
セットポジションでの課題もあるというか走者を背負った時とそうでない時の差がかなりあって
背負った時は相手のOPSは9割を超えK/BBも急激に悪化し効率良く得点される。
被本塁打の多さだけでなくフライボール限定のBABIPがリーグの平均よりかなり高く外野守備うんぬんよりも
それだけ長打になるような強いフライを打たれていると言う印象が個人的には強い。

確かにNYYと5試合ってのもかなりかわいそうではあるんだけど。
とはいえもともとエース格として見ていたわけだしここはしっかり乗り越えてもらわないと長い契約だし
来季以降とても大変ですね。
松坂もNYとの対戦が少ない割にはよくないすねえ・・・・ラッキーもやっぱりよくないすね。
バックのこの成績はすごいな・・・・NYY以外は全く打たれていない。来季以降
相手も研究してくるでしょうけど。

パぺルボンもなあ・・・・上がり始めたと思ったらまた下がり調子。
来年も残るだろうと言われてるけどちょっと調停で11Mとかは高いような気もするなあ・・・・・。
復活の見込みがあるんだろうか。高いだけでなく悪くてもクローザーから動かすことが簡単ではなさそう
って言うのが厳しいですね。

打撃はラウリー万歳4-4。来年はこそはSSレギュラー奪ってくれますかね。
ふーんファングラフ見てたらガードナーの守備指標が凄いことになってるw
長打ないけどクロフォードに負けない俊足の持ち主だし自分のスタイルに合わせて
ゴロと内野安打も増えてきてるし打席でも我慢強いし
一番任せられるんじゃないの?クロフォードなんて必要ないんじゃないの?
それともグランダーソン出そうとするかしら

サルティは左の親指の靭帯が悪いらしくてシーズン終了だそうです。
そんなに虚ジャッキーの仲間入りがしたいか。


レッドソックスがカージナルスをリリースされていた内野手のフェリペロペスを獲得。ロペスは
オフにエライアスランクでタイプBに該当すると考えられていてレッドソックスはサプリメンタルピック狙い
を目的とした獲得のようです 。
スポンサーサイト

GAME 102 スウィープ!だけどゲーム差そのまま 7-3○

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_07_28_bosmlb_anamlb_1

Scutaro SS  4-3 5出塁! グランドスラム1本
McDonald RF 
Youkilis 1B  HR
Ortiz DH   4三振
Martinez C  
Beltre 3B   HR
Hermida LF   
Hall 2B    HR
Patterson CF 3安打 ホームランが出ればサイクル安打 

久しぶりの本来の外野のレギュラー不在のオーダー。
キャメロン休養、ドリューはハム痛めて休養。
しかし相手もハンターが休み、ピネイロが突然の登板回避と相手にも助けられました。
12三振と相変わらずの三振の多さですが12安打4HRで快勝。
ベケットはコマンドがまだまだ本来のものじゃないかなと言う感じだったけど
味方守備に足を引っ張られながらも7回を投げ切り3失点。
打線はHRは出るものの得点圏で走者をためながら点が取れない展開でしたが
8回の同点ノーアウト満塁からのスクータロがまさかのグランドスラムで勝負あり。
バード、パぺルボンを使わないことになっていたのであそこで4点差をつけられたのはすごく大きかった。
残り2回をデルカーメン、ラミレスが凌いで勝利。久しぶりのスウィープとなりました。
しかしレイズもなかなか負けてくれません。7月はレッドソックスが5割以下でもたついているのに対し
レイズは7月は勝率7割以上をキープ。レッドソックスの故障者による戦力低下だけでなく
レイズの調子が良すぎたというのがここまで離されてしまった原因ですねー。
もう1つレッドソックスに大きな勝利の波が来るのを信じて応援する次第です。
しかしホールは三振かHR、超ファインプレーか大チョンボか、そんな感じですね。
ハラハラするわー。ラウリーもやはりまだ連続して試合に出場させることはしませんね。


うーんデッドラインが近付いてきているものの今期は今のところ
今一つ盛り上がりに欠けますねえ。レッドソックス関連もここまでかなり静かなもんです。
大きいところだとHOUのオズワルトのフィリーズ行きが本人の承諾を残して球団間で
ほぼ合意とかそのあたりかな。
そういえば一時期活発だったワースの移籍話ですがビクトリーノの故障により
トーンダウンしてましたがここにきてオズワルトを獲得したらまた変化してきますかね。
レッドソックス関連だとFLAヌネス、TORダウンズ、OAKワーツ、ブレスロウ、
売り手に回りそうなロッキーズのリリーフ等が上がってますね。
ダウンズに対する要求が相変わらず高いですが、それはそれとして
リリーフ補強が最優先であるのはどのソースでもほぼ一致していて間違いなさそう。
外野手でいえばワース以外にもWSNのウィリンガムあたりに興味ありってのは出てたけどWSNは
ダンのトレードに関してのほうが今のところアグレッシブですね。
プリンス・フィルダーあたりももっと話がたくさんあってもよさそうだけど
まだ静かなもんです。

★ドリューの左ハムストリングはMRIの結果軽い張り。DLには行かなくて済みそう。

★ローウェルがまたHR打って今日も4-3。
 レンジャーズはまだローウェル獲得の選択肢を完全に外してるわけじゃないと言う話も出てました。
 以前噂のあったタイガースはインディアンスからぺラルタを獲得したみたいですね。
 金曜日からMLBに復帰する可能性もあるのでもし上げるなら
 ローウェルがトレードされなければ誰かを外さなければなりません。

続々と

選手がキャンプ地に到着しております。とうとう始まるんだなあと言う感じです。
オフシーズンの間は2009はやっぱり最終的に良くない負け方だったということもあって
ブログを書くたびに悔しさがこみ上げてくるわけだけどそれも始まるまでですねー。

MLBTRにマイナーオプションが切れている選手が載っていました。一応2008からすべて置いておきます。
マイナーオプションが切れている選手はマイナーリーグに落とすときにウェーバーを通過させる必要があります。
また開幕時40人枠には入っているが25人枠に入らなかった選手は
マイナーオプションがひとつ消費されることになります。一度消費されるとその年は
何度でもメジャーとマイナーを行き来させてもオプションは消費されません。
これ見るとNYYのEラミレスはまだ残ってるんですかね。先日残ってないって自分のエントリーに
書いてしまいましたが。
レイズは1Bダン・ジョンソンのオプションが切れてるんだけどどういうつもりで取ったんだろう。
ペーニャに不安があるんですかね。

2010 http://www.mlbtraderumors.com/2010/02/out-of-options-2010.html
2009 http://www.mlbtraderumors.com/2009/02/out-of-options.html
2008 http://www.mlbtraderumors.com/2008/02/out-of-options.html 



いろいろと選手の状態や話題が入ってきています。
まずバックホルツ。体重がオフシーズン入る前の185ポンド(約84kg)から198ポンド(約90kg)
まで増えたとのこと。体重が成績につながるかどうかは分からないけど体が出来てきましたかねえ。
以前は少し細いかなという印象だったんで。
本人は体重を増やすのに苦労しているみたい。松坂とは逆ですね。

ダニエル・バードはSTでチェンジアップに磨きをかけるとのことです。
昨年は本当にたまに投げる程度でまだ安定した頻度で使えるボールという感じではありませんでした。
右に対してはあの100マイルにもとどく速球とスライダーはかなり機能していたのだけど
昨年はかなり左に苦しんでまして(対右OPS .545 対左OPS.866)いいチェンジアップを
安定して投げられれば左に対して大きな武器になるはず。

レッドソックスは元キューバナショナルチームのエースだったユニエスキー・マヤ(28)を
獲得しようとしているとか。一部では契約間近だとも。
2008-2009シーズンでのキューバリーグでの成績は13勝4敗 146回 ERA2.22 119K 40BB。
速球は88~92マイル ツーシーム、スラーブ、チェンジアップを持つ投手。
今年はキューバから亡命した野球選手が結構多いですね。

ビクター・マルチネスはシーズン前の契約拡大については前向きだけど
シーズン中はその類の話はしたくないとのこと。
代理人によればまだ交渉はしていないそうです。
エプスタインさんはそれについて口が堅くなるでしょうからもし交渉があったとしても
表には出てこないかもしれませんが。

ローウェルはいまだにトレード候補ですが
もしチームにとどまるなら控えとして1Bを守らせることも検討しているみたいです。
契約最終年の本人にとっては控えは不本意でしょうけども。

上村愛子は応援していたので残念だったけど女子モーグル2大会連続金メダルになった
ハンナ・カーニー選手はレッドソックスの大ファンで開会式のときエルズベリーのTシャツを
国の公式ジャケットの下に着ていたらしい。

STでは気になるのは先発5人目が誰になるかということとリリーフの6番目7番目ですね。
あとビッグパピの状態も去年が去年だっただけに気になるところです。
ウェイクはどこで開幕するか。可能性としては先発/リリーフ/DLと3つ。
、オルティス、松坂の状態、MINから来たボンサーの状態、ドリューの肩の状態、
ローウェルの健康とトレード。そんなところでしょうかね。
ローウェルトレードに出すならもう少し打てる右打ちの外野手
が欲しいなあ。外野は右打者がキャメロンしかいないだけにホールじゃ打撃が不安です。

FOXのケン・ローゼンタールの話ではレッドソックスが1B/DHのラッセル・ブラニヤンをまだ狙っているという情報も・・。
このオフシーズン執拗に左DHタイプを追っているレイズの名前もあります。インディアンスと含めて
現在3球団の名前が挙がっています。レッドソックスの場合ローウェルのトレードが前提になるでしょうが。


キャンプ地のバックホルツ&レスター
[広告] VPS


USA TODAYに2010年にブレイクしそうな選手100人という通常のプロスペクトランキングとは
ちょっと違った趣向のランキングが出ていましたのでアリーグ東地区だけ載せて見たいと思います。
キャリアのメジャーでの打席数orイニング数より2009のマイナーリーグでの打席数orイニング数
のほうが多い選手が対象のよう。
http://www.usatoday.com/sports/baseball/2010-02-07-100-names-to-know_N.htm 

AL東のみ抜粋 

BLUEJAYS
13. Marc Rzepczynski, LHP
27. Brett Wallace, 1B-3B
55. Kyle Drabek, RHP

Orioles
2. Brian Matusz, LHP
8. Chris Tillman, RHP
30. Jake Arrieta, RHP
79. Brandon Snyder, 1B
92. Josh Bell, 3B

RAYS
4. Wade Davis, RHP
14. Jeremy Hellickson, RHP
33. Matt Joyce, OF
34. Sean Rodriguez, 2B
59. Desmond Jennings, OF
97. Reid Brignac , INF

Red Sox
40. Michael Bowden, RHP
67. Junichi Tazawa, RHP

Yankees
52. Mark Melancon, RHP
56. Zach McAllister, RHP
58. Jamie Hoffmann, OF
66. Jesus Montero, C


あまりこうしたランキングって気にしないけど
GMがブリッジというだけあってレッドソックスちょっと少ないかな。
レイズ、オリオールズは2010MLBで活躍しそうな新人選手が多そうということでしょうか。
ボウデンと田沢、今年はMLB上がってもしっかり結果出しておくれ。



http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/photonews_nsInc_p-bb-tp2-20100213-595474.html
キャンプ地に入った松坂・・・・・・・おお~、こりゃ確かにずいぶん絞ったなあ



モーグルの上村愛子惜しかったなあ・・・・・。今回はどんな形でもメダルとらせてあげたかった。

ギャビー・ヘルナンデスをウェーバーで獲得

ライアン・ガーコの獲得でマリナーズをDFAになっていた投手のギャビー・ヘルナンデス(23)
をウェーバーで獲得。
もともとそこそこ期待の高かったプロスペクトのようですがAA、AAAあたりの
ハイクラスでなかなか結果を出せずに苦しんでいる投手。
速球はだいたい90マイル前半、最速で94ほど。
コントロールできずに苦しんでいるようですがカーブも変化自体はいいものは持っているらしいです。
ストライクが入らないという投手ではないのだけど被打率がかなり高く2009AAAではかなり
左打者に打ち込まれていました。
まだ若くマイナーオプションも2つ残っているしノーリスクでそこそこ良いツールを持つ
未完成の投手を得たという感じ。
ロング~ミドルリリーフくらいに育ってくれれば儲けものといった感じですかね。
このまま残れば今季はAAAスタートだろうということです。
これに伴い投手のマニュエルがDFA。そういえばこの選手もこの冬マリナーズからウェーバーで取ったんでしたね。

高橋はメッツに決まったみたいです。

もうすぐバッテリーキャンプが始まりますね。オリンピックもか。

2010AL東地区プレビュー ④ヤンキース

2009成績
チーム成績103勝59敗(AL東1位)
得点915(1位)
失点753(6位)
先発ERA4.48(5位)
リリーフERA3.91(5位)
チームOPS.839(1位)
チームUZR-18.5(8位)


他球団より頭一つ抜けている、ずば抜けた得点力と勝負強かったリリーフのおかげで
中盤以降ぶっちぎって手がつけられない状態でした。
予想以上にベテランが頑張った印象でした。新加入のテシェアラは
A-RODが戻ってくるまではかなり苦しんでいたようだけど戻ってきてからは
かなり上向いて結局はHR王を獲得。
最終的には打撃では無難に成績は残したし、松井、ジーター、デーモンも良く打った。
サバシアも中盤以降安定していたし、バーネットは打たれたり押さえたり結構極端だったけど
結果的には懸念されていた故障も大きな問題とはならず2年連続で200IPを突破。
ぺティットも役割をきっちりこなした。
終盤の打線とブルペンがともに勝負強くリベラとヒューズはもちろんだけど
ロングリリーフもこなすアセベスの働きも大きかった。
前半の王の不振とARODの不在も終わってみれば103勝。
中盤以降はどうにもならなかったという印象でした。
最初は勝ってたんですけどねえ8連勝くらいして。
たしか後半はこちらも同じくらい負けてます。
あんまり思い出したくもないんでこの辺で^^


主な補強ポイント
ミンカ・ケリー・・・・・以上

OF、DH、先発投手、控え野手全般

in OFグランダーソン(DET),1B/DHニック・ジョンソン(FLA),SPバスケス(ATL),RPローガン(ATL)
   OFウィン(SFG)
OUT ofデーモン,DH松井,OFカブレラ,RPコーク,RPブルーニー、OF/IFヒンスキー,UTへアストン
   ,SP王建民,Cモリーナ、
  (SPケネディ,OFオースティン・ジャクソン,RPマイケル・ダン SPアロディス・ビスカイーノ)

次期CF候補かと言われていたジャクソンにコークとケネディを付けて
DETからグランダーソンを獲得。ここ最近毎年引退するする詐欺を働いている気がする
ぺティットと再契約。チーム内のトッププロスペクトの投手ビスカイーノにメルキー・カブレラと
荒削りな左の奪三振リリーフ投手マイケル・ダンを出してATLからバスケスを獲得。
探していた堅い先発4枚目を確保。
DHメインとしてニック・ジョンソンと契約。
OF控えとしてランディ・ウィンと契約。対左要員OFテームズとマイナー契約。

・・・・・・個人的にはバスケスが痛かったんですよねえ。
あの時は市場からラッキー、ハラデーが同時に消えてヤンキースが探してたような
堅い先発投手ってほとんど残っていませんでしたし。
ヤンキース打線ならバスケスの今季が出来すぎとして
多少数字を落としたとしても200回投げられれば自然と
勝ちがついてくるでしょうし。
代償もそれなりに大きかったけど全体的にうまく動いたんじゃないでしょうか。
ジャクソンを出したのはちょっと意外でした。

先発投手
サバシア、バーネット、バスケス、ぺティットまでが確定でしょうね。
5番手候補にチェンバレンorヒューズでその次に

ゴダーン、ミトレあたりでしょうか。たまにアセベスが投げることもあるのか?
5番手はチェンバレンが最右翼ですかね。
マイナーのデプスで組織内の有望株ではザック・マカリスターあたりでしょうか。
井川・・・・今年はトレードされてチャンスが多そうなところに行けるといいな。
このチームではメジャーは難しい。左殺しにでもなればチャンスもあろうが・・・。
正直言うとデプスまで含めるとレッドソックスのほうが上とは言えないかな。

リリーフ投手
リリーフは正直ヒューズ、チェンバレンの扱いによってどうなるか分からんのですが
リベラは当然としてマルテ、アセベス、ロバートソン、ゴダーンあたりはほぼ確定じゃないでしょうかね。

他に候補としてミトレ、メランソン、アルバラデホ、ローガン、Eラミレス、シーズン途中なら左の

デラロサあたりも入るか。ラミレスなんかはたぶんオプション切れなんで開幕25人に入らなきゃトレードかDFAだと思います 。左投手は現在候補はマルテとローガンがいますが昨年可能性を見せたコークとマイケル・ダンの両左腕を出したのは
マルテの肩の不安を考えるとすこしもったいなかったかなという気も。井川にも少しチャンスが出来る(ない?)
ロバートソンは浮き上がるというか伸びのある速球にくわえスピードがまだまだ上がっていて制球に不安はあるけど
奪三振率も凄いしうまく行けば8回固定レベルまで行くかもしれませんね。ヒューズやアセベスもいながらミトレやゴダーンと契約するなど 先発のデプスを一層重視してるなあという印象。

打線
Cポサダ
1Bテシェアラ
2Bカノー
3Bロドリゲス
SSジーター
LFガードナー/グランダーソン
CFグランダーソン/ガードナー
RFスウィッシャー
DHジョンソン

Cセルベリ
OFウィン
OFテームズ(マイナー契約)/ホフマン(ルール5ドラフトで獲得)
IFペーニャ?

松井デーモンカブレラが抜けてジョンソンとグランダーソンとウィンが加入。
昨季と比べると攻撃力は少し落ちたかなという感じです。グランダーソンの成績が下降気味なのと
左が全然打てないのは気になるけど 相変わらず強いですね。
センターはグランダーソンとガードナーどっちがメインでセンターをやるかはまだ分からないけど
個人的にはガードナーの方が見たいしシーズンが終わるころには彼がCFになっていると予想しています。
2人目の控え外野手を入れるなら守備のいいウィンがいる分メジャーでも対左では証明されている
テームズのほうが濃厚でしょうか。
内野のユーティリティはペーニャや40人に入ってる選手だけだとジーターARODに
何かあったときちょっと弱い気もするけど
まだ外部からの補強も考えているかもしれません。
40人枠に若いIFが結構多いですね。
ウィンもテームズorホフマンも基本的に対左投手での起用になるんでしょうね。

守備
近年ジーターのSS守備がだいぶ改善されてきているというデータはありますが
年齢的なことを考えると確かに不安要素ではあるでしょう。
A-RODの臀部の不安も考えると三遊間はちょっと守備的には弱いという感じはします。
その代わり外野はグランダーソンの加入にくわえガードナーと控え候補のウィンも全員CFが可能な
外野守備はいい選手ですのでだいぶ改善されました。

ブレイク候補
ブレット・ガードナー。
個人的に結構好きというのも大いにありますが
超俊足としっかりした選球眼、広い守備範囲を持ち
肩は強くはないけど正確な送球をする。


故障リスク
ポサダが近年肩やハムストリングなどの怪我で離脱が多いのは不安材料。
捕手は出場機会をセルベリと結構分けることになるでしょうが完全にいなくなるとセルベリ
とマイナーのべテラン捕手マイク・リベラだけでは不安でしょう。そうなったら守備に不安があるみたいだけど
期待の中軸候補モンテロがメジャー昇格あるのかな?または守備もいいもう一人の候補ロマインもあるのか?

モンテロはちょっと見てみたい気もしますが。
ARODは昨年負傷が判明した臀部は状態がいいようですがリスクは残るでしょう。
DHのジョンソンはもともと怪我の多い選手ですけどそれはある程度計算済みという感じでしょうか。
守備負担はテシェアラ休養日のとき以外ないでしょうしポサダも結構DHに立つことになると思います。

まあDHとはいえ昨年の松井より体が持つかどうかは疑わしくもありますけど

1B守るよりリスクは減るでしょうね。
リベラも近年軽い怪我自体は多くなってきているし。スピードもだいぶなくなってきた。

まだ針の穴を通すようなコントロールは健在ですけどね。

ヒューズも昨年は持ったけど新人の時からあっちこっち怪我が多いですね。

まとめ

今季も強いです。 以上終わり。

 


・・・・・唯一の弱点となってた先発4.5番手のひとつが安定するのはムカつく・・いや大きい。
バスケスの加入は昨年前半の王で落とした試合数を考えるとかなりプラスだと思う。
野手もグランダーソンとガードナーの打撃が09並みだとしても外野守備を改良してる分
そんなに変わらない気も。 まあ打線は以前より少し怖さは減ったかなという感じはしますが。

もともと攻撃力はほかより頭一つ抜けてるんでちょっと落ちたところで打線は今でも普通に最強クラスでしょう。
ただ09かなり良かったベテランがそろそろ成績を落とす可能性はあるように思えます。
しかしコア4(ジーター、リベラ、ぺティット、ポサダ)はなかなかにしぶとい。
ここ最近毎年そろそろ衰えるだろうって言ってるんだけど、これがなかなか。

ずっと言ってればそのうち当たると思います。 
チームより今季で契約が切れるリベラとジーターが次回ヤンキースとどんな契約を結ぶのか
に興味があります。あとモンテロ見たいな。

余計なお世話だろうけどヒューズとチェンバレンクラスの素材のどちらかをリリーフで使うなんてもったいないといつも思うっす。他のチームならこのクラスはMLBのリリーフでサービスタイム消費させることなんてしないでもっと気長に先発で育てると思いますけどね。
やっぱり資金力のなせる技かな。しかしながらバスケス、ぺティットが最終年と考えるとどちらか

今年あたりはマイナーで先発修行ってこともありうるんじゃないですかね。

確か小さなころからボストンファンだったヒューズ君、NYYでリリーフやるくらいならBOSで先発やらないか^^?

 

以上BOS以外のAL東地区シリーズは終わりです。長ったらしくまとまりのない文章にお付き合いください

ましてありがとうございます。BOSのはオフシーズン最後にでもやりたいと思います。

AL東地区2010プレビュー①オリオールズ

オフシーズンもそろそろ終わりです。
レッドソックスはオフシーズン最後の方に振り返りたいと思うけど

他のALの東地区のオフシーズンだけ
見てみようかと。
まず敵を知れってことで・・・。多少荒っぽいのと妄想全開で行きますので、その球団のファンからしたら
そりゃ違うだろうというのもあるかもしれますので先に謝っておきます(*_ _)。

ちょっと長いです。ざっと読み流していただければ ^^

2009成績

チーム成績64勝98敗(AL東5位)
得点741(11位)
失点876(14位)
先発ERA5.37(14位)
リリーフERA4.83(13位)
チームOPS.747(10位)
チームUZR-23.6(9位)



もともとシーズン前から先発投手が最も不安材料だったけど不安的中。
エースのガスリーは唯一200回投げ切ったものの被弾が多くERAは5点台まで落ち込み
開幕時2番手候補だった上原は早々に故障離脱。若
手のジェイソン・バーケン、デビッド・ヘルナンデスには少し荷が重く撃沈。
ブラッド・バーゲセンの安定した投球と投手トッププロスペクトのマトゥスが
後半MLBで可能性を見せたことが救い。先発がなかなかイニング稼げなかったため
ブルペンも火の車・・・。
打線も思ったほど伸びなかった。特に2008よかったハフの落ち込みが誤算でモーラも衰えを見せ、
攻守でチームの軸になりつつあったマーケイキスもいまひとつ。
その代わりLFのノーラン・レイモルドやCFアダム・ジョーンズはMLBでも成長を見せた。
スーパースター候補の捕手ウィータースが5月後半にデビュー。さすがにMLBでは
BB/Kが大きく悪化し打撃でアジャストに
苦しんだ印象。それでも捕手の打撃としては及第点ではあるけど。9月はよく打った。
再建チームの苦しさを感じさせるシーズンで出来ればモーラやハフに頑張ってもらって
夏に交換でもっといいプロスペクトを欲しかったけど
ハフはなんとか出せたけどモーラは落ち込みすぎて出せなかった。
シェリルと交換した3Bベルはなかなか良かったが・・。
一方でプロスペクトは投手は課題の先発が順調に育っていてマトゥスは実質プロ1年目で
トントン拍子で昇格。MLBでもすでに出来る可能性を見せたし
ティルマンは21歳ながらAAを卒業後AAAでも力量を発揮。
MLBデビューまでたどり着いた。アリエッタはAAAで苦しみ少し期待度を落としたが
左のザック・ブリットンが評価を上げてきた。先発投手育成に関しては予定としては順調か。
新人王投票にも票が入ったバーゲセン
もうれしいサプライズ。打者のレイモルド、ウィーターズとともに
3人に票が入ったのは再建チームとしてはいい兆候。

オフシーズンの主な動き
主な補強ポイントは投手全般に加え、昨シーズンにクローザーのシェリルとの
トレードでドジャースから加入した3Bプロスペクト、
ジョッシュ・ベルがMLBに到達するまでの短期契約の3B、ハフの抜けた1B。


主な選手の出入り
in     SPミルウッド(TEX)、RPゴンザレス(ATL)、1B/3B アトキンス(COL)、3Bテハダ(HOU)
out     RPレイ、RPバイエズ、3Bモーラ

クリス・レイとのトレードでテキサスからミルウッドを獲得。来季の年俸は12Mだけど
3Mをテキサスが負担。ミルウッドはKやBB、BABIP等を見ても今季の成績を額面通り
受け取るのは難しいけども
このチームには年間通してイニングをある程度稼げる先発投手が必要だったしプロスペクト
を出すなら微妙だけど今季の故障復帰後の
レイのパフォーマンスなら交換も惜しくもない。今季は出来すぎとしても

180IP ERA4.50くらい出来るなら十分力になるし残り1年と失敗してもリスクも低いので良かったと思います。
ノンテンダーになった1B/3Bのアトキンスと契約しましたが(バイアウト含め5M)
成績の割には高いし契約を少し先走りしすぎたかなと。
マイク・ゴンザレスはいい投手だけど制球に不安はある投手でもあり
FAで調停申請を断っているのでドラフト2位指名権をオリオールズはを失います。
今のチーム状況ならドラ2(現在全体52番目)でもちょっと失うのは痛いが
確かにジム・ジョンソンがクローザーは頼りないし
他のリリーフも頼れるものがほとんどない状態。
高くついた気もするけど今季は全体的にリリーフが高く
昨年シェリルがいなくなった後のもろさを考えると
分からなくはないかも。リリーフというか投手は野手に比べ結構相場が高かった印象ですね。


2010先発投手
昨年開幕は先発はガスリー、上原、ヘンドリクソン、サイモン、イートン
という危ない状態だったけど今年はかなり良くなった。
ミルウッド、ガスリー、バーゲセン、新人マトゥスまでがほぼ確定で
残り一枠を新人ティルマン、昨年先発で投げた速球の力のあるデビッド・ヘルナンデス
とバーケンあたりか。期待の投手の一人ジェイク・アリエッタとトロイ・パットンらがマイナーに
控える。
上原は現在のところリリーフ濃厚。
つい最近ベダード獲得に失敗しましたがまだ先発を取るかもしれません。

2010リリーフ投手
クローザーは獲得したゴンザレス、セットアップはジム・ジョンソン。
以下右サイドハンドのメレディス、左サイドハンドのたまに先発もあるヘンドリクソン、
あたりはほぼ確定。 故障の回復が間に合えば上原も。
昨年途中から上がってきて印象的なパフォーマンスを見せたパワーアームのミッコリオ
は開幕25ロスター有力候補の一人で
以下候補にアルバース、先発のデビッド・ヘルナンデスや、バーケン、
A・カスティーヨ、ウェーバーで拾ったギャビーノ、DFA後枠を外れたサーフェイト
あたりが候補。ルイス・レブロンもノーコンが改善されてれば候補になるかもしれない

しパットンのリリーフ転向もあるかもしれない。
もう一人25人枠に左リリーフを加えることもあるかもしれませんね。
※追記 左リリーフのウィル・オーマン(元LAD)とマイナー契約,ギャビーノはヘンドリクソンのロスター入りで
DFAに。


打線

C ウィーターズ
1B アトキンス
2B ロバーツ
3B テハダ
SS Cイズトゥリス
LF レイモルド
CF ジョーンズ
RF マーケイキス
DH スコット

OF ピエ
IF アンディーノ
IF/DH ウィギントン
C ?

1B/3Bの補強の効果は微妙だけど昨年よりは攻撃力自体はアップすると見る。
マーケイキス、ウィーターズはもっと良くなるだろうし テハダも
今年のモーラよりは打つだろう。
ジョーンズ、レイモルドもまだ伸びる可能性もあるが二人とも故障の心配がある。
元トッププロスペクトでカブスではとうとう花開かなかった
外野手のピエは昨年後半の好調は成長なのかまぐれなのか微妙なところだけど
レイモルドが守れなければ彼かスコットがLFを守ることになるだろう。
ジョーンズは昨年前半戦の調子を維持できれば・・・故障もあったが
後半戦は落ち込みがひどかった。 スコットも好不調の波が激しかった。
全体的に確実性がいまひとつと感じるけどフルシーズン働けるなら20~30HRクラスの
期待できる打者はそれなりにいて
不動の主砲クラスはいないけど全体として怖さはある打線。
3BプロスペクトのベルはAAAスタートだろうけど問題なく課題をクリアすれば
夏にスコットをトレードで出してテハダをDHに移したりするかも。
その前にウィギントンとアトキンスはどっちか出したいだろうけど・・・・。

守備
補強したコーナーインフィールダーが不安。テハダはこれまで3B経験がほとんどなく
動きもだいぶ衰えてきてはいる。
アトキンスの1B/3B守備も良くない。さらにウィギントンは守備はかなりザルなので
コーナーインフィールダーの三人とも右打者かつ守備に不安があると言ういささかバランスの悪い編成。
1Bに関してはスコットも少し経験ありだけど守れるというよりたまに守るという程度。

2010ブレイク候補
先発のブライアン・マトゥス。
完成度の高い左腕。

リリースポイントが見えづらそうな投手で
剛球投手ではないけどしっかりしたスピードと
コマンドを持ち、特にチェンジアップがいい。
将来のオリオールズのエース候補1番手。

故障リスク
投手で一番計算できそうにないのは上原か。右ひじの故障に加え日本時代から膝の故障も多い。
レイモルドは以前から懸念されていたアキレス腱の手術を9月に受けた。回復具合がとても気になるところだ。
悪ければDHは出来ても常時守備に就くのは難しいかもしれない。
アダム・ジョーンズは2008もそうだったけど故障が多く一年健康に過ごすことが課題。
昨年もハムストリングや足首、背中など小さい怪我による離脱も多くドリューより
出場試合が少ないのは心配。健康で一年過ごせるか。
ジム・ジョンソンも少し肩に不安がある。
CLゴンザレスはTJ復帰後の昨年はフルシーズン問題なく過ごした。
キャリアハイの74IPを記録。
昨年打球を足に当ててシーズン終了したバーゲセンは問題ないだろう。

まとめ
今季も基本は若手の成長を見守るシーズンになると思うけど
戦える戦力は整えたという印象です。
5割に到達する可能性があるチームだと思います。
レイモルドのアキレス腱の回復具合が少し心配ですが
先発は去年より大崩れする可能性が小さくそのことがリリーフにも良い相乗効果
となって現れると思う。
マトゥス、ティルマン、アリエッタらの成長も怖いけど
打線もパワーがある選手が多くて怖さはある。
個人的にはアトキンス獲得は余分だったかなと。
もう少し攻守にわたって1B/3Bの補強をうまく出来ればもっとよくなったのでは・・・・という感じでした。
途中1Bラローシュの獲得も目指していましたが失敗に終わりました。
1B/3Bの補強に約11Mかけたけど効果はかなり微妙だと思います。
リリーフはミッコリオあたりは面白い存在だけどゴンザレスが入ってもなおちょっと弱いですかね。
マイナーにも面白い選手はいるけどまだ時期尚早という感じだし。
ティルマンはまだ若いし昨年のMLBではもうひとつという感じだったしSTでダメなら
最初はデビッド・ヘルナンデス
あたりにチャンスを与えるかも。AAAでもう少し様子見て昇格に慎重になってもいいのかなとも思います。
今年はトレンブリー監督のどうにもならないって顔を見ることが少なくなるかも。
2012を再建完了の目標に掲げているチームですが確かにいいチームになりつつありますね。
出来ればシーズン中にSSの次世代候補が欲しいのと、ブランドン・スナイダーはいるけど
1Bにもう少しインパクトのあるの良いプロスペクトか完成された打者が欲しいところです。
まあボルチモアなら戦力整ってきたら1B大砲とかFAで取って来ようとしそうな気もしますが。
とにかくトンネルの出口は見えてきたという感じです。



BaltimoreOriole.jpg
きれいな鳥ですよね。そういや子供のころ全身黄色のセキセイインコをヒナの時から調教
して手乗りインコにしたてたんだけど調子に乗って外に持っていったら
3日で逃げられてしまったことを思い出しました。

ジョー・ネルソンとマイナー契約

昨年レイズにいたリリーフ投手のジョー・ネルソンとマイナー契約を結びました。
2008はマーリンズでいい働きをしていたのだけど昨年レイズでは活躍できず
途中DFAになっていましたが手を上げる球団がなくそのままレイズのAAAで
シーズン終了していました。35歳チェンジアップが武器の投手。

今後もローウェルがSTで出ていく可能性はありますが
こんな感じでマイナー契約中心になっていくのでしょうね。

ところでマウアーが一部報道でツインズとの10年契約が近いと報道されたとか。
地元っ子だし宝だし生涯ツインズで頑張ってほしいですね。
もし決まれば来季ネイサンは契約1年残して予算的に押し出されそうな気がしないでもないですね。
リベラの後釜でヤンキースですかね。契約延長してリベラはまだ投げてそうな気もするけど。

もし決定されればこれによりレッドソックスもビクターとの再契約にも力が入ってくるでしょう。
「波乗り遅れたジョニー」のデーモンはボラスがタイガースに契約持ちかけてるみたいすね。
とりあえず長髪ヒゲ復活はしてくれるのかどうか気になってます。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。