スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベケットの契約延長の噂?

とうとうそれらしい話が出てきました。
SIのジョー・ヘイマンによるとレッドソックスとベケットの契約延長交渉が進んでいるという話。
交渉に近い人物の話では数週間で契約がまとまるだろうと予想しているとのこと。

ベケット自身がSTに来た時のインタビューで
シーズン中の延長交渉はたぶんないと発言していたし
これはST中にまとまるかな?

2010でレッドソックスとの契約が切れるベケット。
今オフのラッキーとの契約成立時にGMが気を使ってベケット対し「ラッキーとの契約は
ベケットとレッドソックスの関係が2010で終わりという意味ではない」
という趣旨の連絡を入れたそうですが個人的にはベケットはFA市場に出ると思ってたし
チームもベケットの要求にこたえられないだろうなとも思ってました。

さてまとまるか・・・・マルチネスの方も気になりますが。
こちらはまだ噂なし。
スポンサーサイト

適当レポ

オリンピック終わってしまったかあ。どうでもいいけど個人的に印象に残った競技ベスト3と
選手ベスト3。
競技はカーリング、スキーエアリアル、スケートのパシュート
選手は高橋大輔、キムヨナ、ノルディックスキー距離の女子スプリントのメダルを
獲得したスロベニアのマジッチ。
カーリングは熱い・・・1投で状況が変わる緊張感とエンド最後の攻防は本当にドキドキする。
常時見たいと思った競技だけどオリンピック以外でテレビ放送ってあるのかな。
エアリアルはあの華やかさ派手さにいつも目を奪われる。
パシュートは日本女子も銀メダル取ったけど3人同時に走ることとリンクの正反対からもうひとつの
チームがスタートして対決するということで最初は何が面白いのかという偏見を持っていたけど
普通の単体のスピードスケートとは違った面白さがあった。
一人だけ速くっても一人調子が悪い選手がいると勝てないし滑走中の選手の順番が入れ替わったり
後ろから前の選手を支えても良かったり結構複雑に要素が絡み合って面白く見られた。
選手はフィギュアの高橋は膝の靭帯断裂からの復活メダル。フリーの最初の4回転挑戦失敗後から見事に立て直す精神力と体力に尊敬の念を持った。
採点云々がネットやメディアで物議を醸しているが個人的にはどうでもよく
そんなことより大舞台で自身のベストな演技をしたキムヨナの精神的強さに心底驚いたしとても印象に残った。
競技中に肋骨5本折っても出場してメダル獲得のマジッチは見てて苦しくなった。
信じられない・・・・。
こんなところです。



キャメロンが練習中足の付け根を痛める。大したことはないということだけど一応予防のために
スローダウンする見通し。37歳、気をつけてほしいもんです。


松坂はブルペンでマウンドから投球を開始した。まずは軽めに。
今週から少しづつ本格的な投球練習にしていく様子。

ヤンキースがリリーフ投手のパク・チャンホ獲得。それに伴い同リリーフのエドワー・ラミレス
がDFA。いまひとつ意図があまりよくわからないが・・・。

ローウェルのトレードの可能性としてボストングローブのニック・キャファードは
ツインズをあげる。
3Bとしてフィットするようにも思うけど人口芝では股関節はかなり厳しいのではないかしら。
そのローウェルは現在練習では1B守備もやっている。

レッドソックスがウェーバーでデトロイトからDFAのリリーフCasey Fienを獲得。
ついこないだ同じように獲得したギャビー・ヘルナンデスがDFA

レイズと2010終了後FA予定のクロフォードはシーズンが終わるまで残留交渉はしない。

適当レポ

オリンピック見てばかり見てブログはさぼりがち。
あんまり大した話も出てこないので。

カーリング惜しかったなあ・・・・
でも今回初めて日本女子のほぼ全試合見させてもらったけどやっぱり競技自体が面白い・・・・
女子準決勝決勝まで見てしまった。
スーパーショットを見ると脳内からドーパミンがどくどくと。
野球でいう逆転サヨナラホームランを見る感じと同様な感覚が味わえる競技ですね。
普段から定期的に見たい競技だけどオリンピック以外放送してるの見たことないなあ。
フィギュアスケートってあれどうやっても毎回順位得点にどこかしら批判が出る競技ですね。
個人的には浅田真央の綺麗で丁寧なスケートが好きなんだけどキムヨナの集中力が本当にすごかったなあと。



レッドソックスの選手は続々とキャンプに到着したみたいです。
エプスタインはテキサスのとのトレードが破談になってから
ローウェルのトレードが起こることを想定しておらず現在
チーム内で使うことを考えているみたいです。
現実的にはマルチネスはいるけど1B/3Bのローウェルクラスの控えは
もう残っていないというのもあるでしょうしホールはいるけどちょっと不安。
まあユーキリスも毎年のようにデッドボールによる負傷が多くて150試合が計算できるという選手ではないし
ベルトレもどれほど打撃が復活するかはちょっと分からない部分もあるしパピが不調なら対左で使えるので
いてもらえば心強いことは確かなのですがローウェル自身はやっぱり出場機会があるところに
行く方がいいのでしょうね。
一部の報道でも見られるのだけど穿った見方をすれば現在のローウェルと市場の状態ではいいトレード自体が難しい
というのもあるのかもしれませんし、出すメリットがあまりないのかも。
ラッセル・ブラニヤンやフェリペ・ロペスでさえ2M程度で契約する現在では。
レッドソックスにとっていい話が現在ないのかもしれません。

オフェンスに関してはやはりGMは心配していて計算上では昨年と同じくらいの得点を取れる
と予想しているということだけど、もしうまくいかなきゃデッドラインまでに打者補強をするつもりだということ。
いつも同じこといってるけど有能な投手よりは補強するのは難しくないって言ってます。

松坂はキャッチボールの距離を伸ばして慎重に調整しています。
まだブルペンに入る日は決定してないけど遠いことではなさそう。
痛みもなくとりあえずは前進。


FA加入のべテラン4人組の背番号は
ラッキー40、スクータロ16、ベルトレ29、キャメロン23
キャメロンは番号25(ローウェル)が空いてなかったのでマイナー時代の番号に戻したようですが
前の人が前の人だけに不吉だな・この番号は・・・。マイケルジョーダンと思えばいいかもしれないが。
ベルトレはボールをふんづけて足をひねったらしいけど大したことなし。

ベケットは本人がシーズンが始まってしまうと契約交渉はたぶんないだろうと言ってます。
この辺はマルチネスが言っていたことと同様という感じですかね。
ST中に決まらなければそのままFAが濃厚なのかな?
マルチネスはシーズン前の契約拡大を希望しているけど
ベケットの場合は契約の話自体に関してあまり本人もしたがっていません。

ペドロイアはクラブハウスでイグレシアスをからかう。
「おい、ルーキー。ユニフォームは外で着るもんだ。カストロのいるキューバではどうだか知らんけど
 ここは俺が仕切ってんだからな」 
21__1266777283_2067.jpg
11__1266708433_7879.jpg
14_pap__1266349204_7084.jpg
mlb_a_beltre_600.jpg
imgs-32.fc2.com/m/a/t/matsuzaka18/45__1266791255_1977.jpg" target="_blank">45__1266791255_1977.jpg
jordan-francona_convert_20100227162621.jpg

おまけ。若き日のフランコーナと野球やってた時のマイケル・ジョーダン。

スプリングトレーニング招待選手発表

40人枠に入っていないSTの招待選手が発表にされました。

Pitchers (10) — Randor Bierd, Fernando Cabrera, Kris Johnson, Casey Kelly, Adam Mills, Edwin Moreno, Joe Nelson, Brian Shouse, Jorge Sosa, Kyle Weiland

Catchers (2) — Luis Exposito, Gustavo Molina

Infielders (4) — Lars Anderson, Yamaico Navarro, Angel Sanchez, Gil Velazquez

Outfielders (4) — Zach Daeges, Ryan Kalish, Che-Hsuan Lin, Darnell McDonald

トッププロスペクトも多数参加しますがシーズン前には
枠に入ることはないでしょう。どんな選手か実際にパフォーマンスを見るチャンスなんでワクワクします。
枠に入る可能性があるのは主にリリーフ投手。内容が良ければ40人、25人に入る可能性も。
ボンサーは肩の手術明けですし
ビアード、カブレラ、ネルソン、シャウスあたりはちょっと気になりますね。

クリス・ジョンソン・・・・気になりますね。
元2006のサプリメンタルドラ1で傘下でもそこそこ
期待度の高い投手ではあったのだけど昨年のAAAの悪い
パフォーマンスでMLBでの先発の可能性はかなり減ったように思いますが
リリーフ転向して結果を出せれば面白い存在になりそうなんですけどねえ。

そういや日本のスポーツ紙の電子版によると高橋尚成にもマイナー契約でオファーしてるみたいですね。
レッドソックスに決まれば彼もここに入るのでしょう。
代理人は高橋をオカジに近づけたくないでしょうがw

岡島は1年2.75Mで契約

レッドソックスとしてはいい契約だろうけど
本人が選んだという責任はあるけど代理人の不手際のせいでFAになることができなかった
岡島にとっては気の毒な契約となってしまったという感じです。
本人は金額より複数年にこだわっていましたが
おそらくFAになっていれば1年の取り分はそんなに変わらずに複数年の契約を取れていた
と思います。個人的には時間いっぱいもっとゴネてゴネまくってやればよかったのにと思います。
出来高があるとはいえ微々たるもので55試合目以降5試合ごとに50000ドル、最大70試合で
20万ドル程度のもの。昨年はインセンティブ含めて2.25Mでしたので大してアップもしてない
という印象です。
これまでの働きに免じてプレーヤーオプションくらい付けてやってくれよって感じ。

専属通訳がついたのは良かったですね。 
左リリーフで3シーズン連続でこれだけ安定していたセットアップというのもなかなか見つからない
と思いますよ。まあ確かに年々成績、内容は落ち気味とはいえそれでも
メジャー全体でもまだ頼れる部類のリリーフ投手です。
2009はやや左打者右打者に苦しみましたし左対策のシャウスとマイナー契約結んだりチームも
左リリーフに不安は抱えている感じはしていますが
今年も岡島には頑張ってほしいです。最近はカットボールも投げるようになりましたよね。
読売時代のノミの心臓と言われた投手はどこへやら。昨年は前の投手が残したランナー
のほとんどを得点させてませんでしたしいい火消しを見せてくれました。
通算は3年で 192IP ERA2.72 WHIP1.13 プレーオフでもいい働きをしてくれています。
オカジ~来季もたのむぜい。

のこりはパぺルボン、ハーミダ、RAMRAM,デルカーメンですか。
いまだに任期中に調停に持ち込んでいないエプスタインだけど
パペルボンとのせめぎ合いは見ものです。

ニック・グリーンがドジャースとマイナー契約結んだそうです。
ナックルボーラーのジンクもSTLとマイナー契約だとか。



ちょっと早いと思いましたがもうそんなに大きな話もないかなと思い
昨年同様オフシーズンの動きについて投票コーナーを
作ってみました。昨年とおなじで普通という選択肢はありません。
BOSファンかどうかに関わらずよろしければご参加ください。

その他のポジション

★ノンテンダー決定

レッドソックスからは外野手のブライアン・アンダーソンがノンテンダーになりました。
パペルボン、岡島、コッチマン、デルカーメン、ラミレス、ボンサー、ハーミダには
オファーすることに決定。
ボンサーとはすでに1年契約で0.65Mで契約を結んだようです。
ボンサーのトレードの交換相手はAAのリリーフ、クリス・プロヴィンスに決定

12/11
ルール5ドラフト終了。
レッドソックス傘下から他球団に指名された選手は2名。
3BのJorge Jimenez (アストロズへ)と左のリリーフArmando Zerpa (レイズへ)
レッドソックスはルール5ドラフトで選手を獲得しなかった。


12/7
Providence Journal
ビクター・マルチネスの代理人が今オフ中にマルチネスとの
拡大契約をレッドソックスが持ちかけてくるだろうとコメント。
交渉は1月ごろだと予想されている。

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。