スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かなオフ

ですなあ。こんなときは記者の方も火のないところに煙を立てたがる
気持ちもわからないではないです。ハンリーラミレス、レッドソックスとトレード交渉あるよとか・・
90%以上ガセだと思いつつもちょっと期待してしまったじゃないか。
と言ってもバックホルツ、ケリー、レディック、バード、ラウリーくらいは
余裕で持っていかれそうです。


しかし噂はいろいろあるもののまったく大きな動きもなく。
噂もデトロイトをはじめとして消極的なもので財政難から来る放出話の類がかなり多いですね。
昨年はホリデーがトレードで11月に動いたり
スウィッシャーも動いたりしたんだけど今年はトレードもこれまでのところ
かなりおとなしめな印象。
FAは今年は不作と言われていますし球団側も多くの球団がペイロール削減
といろいろなところで言われていますが
本当にそうならSIのヘイマンが言ってた交渉解禁前にベイに4年60M(推定)
のオファーをレッドソックスがした、と言うのも金額的に
なんだかますます疑問に思えてきました。

現在で調停期間中の選手も含め推定でおよそ120M(ルーゴ2010込み)
くらいと言うところだと思います。
個人的にはコッチマンやハーミダは今後トレード要員とされる可能性もあると思いますが
すでに噂の出ているローウェルは半分負担でも放出は厳しいとも伝えられています。
しかし開いているポジションはまだまだある。今の段階で先発一人、
LF,SS,リリーフ最低一人。ベイやホリデーがいかほどかわからないけど
取ったらおそらくもう一人年15M以上の大物は難しいかも・・・・。
しかしチケットはさらに値上げするそうだし
なんらかのサプライズがあるんですかね。あまり期待してないけど。

もうすぐ元チームによるFAの選手への調停申請の期限です。ワグナーの代理人は変わらずレッドソックスの
調停申請に対し「受けるかもよ」と言う態度を示していますが実際結構受けられると
現在の状況ではきついと思います。レッドソックスはたぶん調停しかけるだろう
という情報は出ていますが。

http://matsuzaka18.blog7.fc2.com/blog-entry-662.html#more
一応今オフFAの選手をエライアスのスコア順に並べ替えておきました。
FA選手に対する元チームの調停の申請の有無および選手側の受託/拒否はこちらで更新していこうと思います。
スポンサーサイト

タグ・ヒューレットを獲得

レッドソックスはロイヤルズからPTBNL(後日指名)or現金でタグ・ヒューレット獲得。
ヒューレットは内野がメインの攻撃型のユーティリティで2009のニック・グリーン
の代わりか。
メジャーリーグでは結果を残せていないがマイナーリーグでは
パワーはそんなにないが通算で出塁率の高さが際だつ選手。

40人ロスター締め切り

結局マリナーズから投手を一人ウェーバーで獲得しただけで傘下のルール5ドラフト対象者のプロテクト は誰もせず。現在32人。
SS不足のこのご時世ナバーロあたりはAAでまだ適応できていないとはいえ
入れといたほうが良かったんじゃないかな。
ルール5ドラフトで他球団に持っていかれるかもしれませんね。
帰ってくるといいのだが・・・・

 

※追記

後日判明しましたけどナバーロはルール5ドラフト対象者ではなかったようです。

とりあえず他にも対象外の選手がいたので消しておきます。



40man Roster


Pitchers: Daniel Bard, Josh Beckett, Michael Bowden, Clay Buchholz, Manny Delcarmen, Felix Doubront, Jon Lester, Robert Manuel, Daisuke Matsuzaka, Hideki Okajima, Jonathan Papelbon, Ramon Ramirez, Dustin Richardson, Junichi Tazawa and Tim Wakefield

Catchers: Dusty Brown, Victor Martinez, Jason Varitek and Mark Wagner

Infielders: Aaron Bates, Jose Iglesias, Casey Kotchman, MikeLowell,JedLowrie,DustinPedroia              Kevin Youkilis

Outfielders: Brian Anderson, J.D. Drew, Jacoby Ellsbury, Jeremy Hermida and Josh Reddick

Designated hitter: David Ortiz

 

REDSOX傘下のルール5ドラフト対象者

Juan Apodaca, Anatanaer Batista, Travis Beazley, Bubba Bell, Ronald Bermudez, Randor Bierd, Jason Blackey, Zach Borowiak, Cesar Cabral, Yeiper Castillo, Chih-Hsien Chiang, Robert Coello, Bryce Cox, Zach Daeges, Sean Danielson, Mitch Dening, Andrew Dobies, Reid Engel, Roberto Feliz, Kyle Fernandes, Kason Gabbard, Miguel Gonzalez, Matt Goodson, Tommy Hottovy, Jorge Jimenez, Kris Johnson, Mike Jones, Ryan Khoury, TJ Large, Will Latimer, Ryne Lawson, Richie Lentz, Leandro Marin, Miguel Marquez, Blake Maxwell, Jeff Natale, Yamaico Navarro, John Otness, Josh Papelbon, Pedro Perez, Chad Rhoades, Jason Rice, Reynaldo Rodriguez, Jon Still, Felix Ventura, Armando Zerpa





まったく関係ないけどイグレシアスの打撃の映像
[高画質で再生]

イグレシアス打撃

いろいろ情報多すぎて

ベイに関しては今のところ興味があるかも知れないという範囲でしかわからんけど
レッドソックス、メッツ、エンジェルス、マリナーズ、カージナルスあたりですか。
ただしこれまでのところはレッドソックス意外は強烈な関心を持っているという感じでもなく
オプションのひとつと言う感じです。

レッドソックス以上の条件を他が出すだろうかと言う感じで
レッドソックスが有力なのではないかとの予想も。多少他より高くなっても
4年で早めに収まってくれればレッドソックスにとってはよいと思います。
とりあえずヤンキースなんかもベイにもホリデーにもまだそんなに積極的でないなんて情報もありますけどね。本当かどうかは知りませんがやっぱり先発が今のところトッププライオリティなんでしょうかね。
一番避けたい展開はベイをヤンキース以外の他球団に取られてヤンキースとホリデーを
争う展開。



ジャコビー・エルズベリーの背番号が46から2へ変更するそうです。
来期はハンリーラミレスに挑戦!

マリナーズをDFAになったロバート・マニュエル投手をウェーバーで獲得。
ドラフト外で2006年レッズ入りした選手でマイナー通算して三振は多めで四球は
かなり少ない。コントロールがよく球は80マイル台後半の速球にチェンジアップ、スライダー。
他にプロテクトしたい選手も傘下にいると思うけどよくわからん動き。

なぜだか知らないけどまだロスターは発表されていません。

ベイは決まらず

本当のところはどうかわかりませんが
伝えられるところによれば独占交渉期限が切れる前に4年60M付近のオファーを
レッドソックスが出したみたいですがベイ側が断ったと。
レッドソックスとしては早めに決めたかったのでしょうけど
これはほぼオフに入ってから一貫して市場に出るとは言われていましたし
まったく驚きではありません。
エプスタインもいかにも想定内というようなコメントで
ただのプロセスでしかないと言う感じです。

これによりレッドソックスがベイにとって除外されたと言うわけでもなく
他球団とのオファーと比べた上でベイが決定するということですね。
初めてのFAですし大型契約が取れるのは本人にとって年齢的にも
最後のチャンス。他球団のオファーを聞かず独占交渉期間に決まると言うほうが不自然。
またレッドソックスにとっても他球団のFA選手との交渉も自由にできるということで
昨年のテシェーラのように期限と金額の上限を決めた上で超えれば
あきらめてプラン2、プラン3というように展開していくのでしょう。
レッドソックスにとってはまずLFで大物が取れるか取れないかで
今後に大きな違いが出てくると思います。



ベイの獲得に動くのではないかと考えられていたうちの一つジャイアンツのGMが
ベイ、ホリデー争奪戦には参加しそうにないと言ったとのこと。


今後

12/1:  元球団によるFA選手への調停申請の締め切り
12/7: 上記の調停を申し込まれたFA選手が調停申請を受諾/拒否を決定する締め切り

12/7~12/10:ウィンターミーティング(ルール5ドラフト)

12/12: テンダーorノンテンダーの締め切り
      (FAの権利を持っておらず来期の契約が決まっていない選手に対して
       球団が来季の契約を結ぶかどうかの決定をする締め切り)



本格的な動きはFA選手の12/7以降ですかね

嵐の前の静けさ

と言う感じで特に興味のある話題もないし要領得ない長い文章より
この映像をご覧ください。
レッドソックスのSSプロスペクト、イグレシアス君のAFLでの守備練習風景。
赤いほうの選手ですね。探してたけどつい最近YOU TUBEにアップされてたんで。

[高画質で再生]

イグレシアス


動き軽いし柔らかいですね。自分もこんなSSになってみたかったなあ。
え?一応野球やってましたよ中学まで。補欠のサードでしたけどねw
メジャーリーグなんてまったく眼中なかった当時からSSはやっぱり華のある特別な
ポジションという感じで自分も
挑戦したけど肩は中学レベルでは良かったほうだったけど動きが鈍いんであっさり
3Bの控えに・・・・・(涙) 
当時は誰だったかなあ・・・・ライオンズの石毛がまだショートやってた時代ですよ。
AKとデストラーデあたりがまだいて清原も球場で見たけど痩せてたなあ(笑)
1年目が一番すごかったですけどねw
一番好きなのは秋山でした。現ソフトバンクの監督。
かっこいくてホームラン打ったらバクテンするんですよ。守備範囲超広いし
足も速くって今で言えば5ツールになるんでしょうなあ。
デストラーデはファミレスで家族と一緒にいるところを何回か目撃したり。


レッドソックスがATLのゴンザレスとソリアーノの二人の故障履歴について問い合わせた
模様。二人ともタイプAです。二人とも優秀なリリーフで目をつけるのも当たり前かな。
まあこの段階ではなんとも言えません。ワグナーが出て行った場合のこと考えて
このあたりも一応視野に入れてるということでしょうかね。

結局SSゴンザレスとはまだ契約していません。
低価格での再契約が濃厚と言われていたけれど独占交渉期間中まったく話も出てきません。
別の選手を狙っているのか。

4thOFもハーミダにやらせるのは個人的には疑わしいと思っています。
バルデリも再契約の話題に上がってくることがここまでほとんどありませんでした。
LFは終始BOSはベイに再契約を打診していたっぽいし
代理人ともずっと連絡を取っていたみたいですが交渉解禁になって
他球団が絡んできた時どれほど本気オファーを出せるか・・またはホリデーも絡んでくるのか
二人のうちどちらかを取れない場合昨年並みの戦力を整えることすらかなり難しく
なりそうな気がします。

コッタラスをリリース

バリテックのオプションが行使されて、なおかつナックルもビクター・マルチネスが
受けられる、かつマイナーオプションの残りがないと言うことで枠から外れることは
ほぼ決まっていた感じでしたけど下のルール5ドラフト対象者を40人枠にいれて
プロテクトするための期限となる
11/20を前にリリース。ある程度有望なプロスペクトでしたがメジャーリーグではほとんど
ウェイク専用捕手、また得意の打撃でも少ない出場機会のなかで存在感を示すには
いたらず。パワーは結構あるんですけどね。
バックアップキャッチャーとしてはバリテックがもし駄目だった場合
40人枠に入っているワグナーに期待ですね。
守備もよくコッタラスよりもバックアップ向きのCでしょう。

※ルール5ドラフト
入団してから在籍4年(18歳未満の入団は5年)たった40人枠に入っていない選手を
対象にした40人枠外での飼い殺しを防ぐことを主な目的としたドラフト。
12月のウィンターミーティングの最後に行われる。
AAAのロスターに入っている選手を獲得した場合は1年間MLB25人枠に置かなければならず
もし25人枠をはずす場合は前のチームが望めば返還される。(ただしDLに入る場合は返還の必要なし)

そろそろ独占交渉期間が切れます

現地時間20日からFAの選手がとうとう他球団との交渉が可能になります。
レッドソックス気に入ったみたいだから調停したら受けるかもしれないよとほのめかしていた
ワグナーの代理人様。
ワグナーに関してレッドソックス意外の7チームから連絡をもらったとのこと。
レッドソックス以外のチームはクローザーとして興味を持っていて
そのうち4つはヒューストン、ワシントン、アトランタ、ボルチモアとのこと。
代理人様が言うにタイプAでレッドソックスが調停申請をして
ドラフトピックを失うことになっても他球団はワグナー獲得を避けないだろう。とのこと。

ドラフト1位が保証されてる2009の下位チームが多いですね。
いずれにせよレッドソックスにとってはありがたい話。
1部のファンはワグナーが調停を受け入れたらパペルボンをトレードすればいい
なんて人もいらっしゃいます。なかなか刺激的であります。


ある記者によればレッドソックスはベイと4年60Mでサインしたがっていると
言う話が出ているがそれはベイ側が要求するベースラインにすぎない。
結局4.5年で年16~18Mになると計算する。
5年契約したくないレッドソックスは4年で65~70M以上出すかもしれない。
ディフェンスが懸念されているベイだけど安定したオフェンスと耐久性をチームにもたらす。
過去5年間ベイより外野手としての先発試合数が多い選手はMLBでイチローのみである。
ベイは過去5年間で30HR100打点を4度記録した唯一の外野手である。などなど。

確かに頑丈ですよね、ベイ。まあシーズン中再契約に持ち込めなかった時点で
独占交渉期間中には無理だと始めから思ってたけどあんまり上がってしまうと大変ですね。


デトロイトがペイロールを削減するためにトレードの噂が出ている選手。
CFグランダーソン、SPジャクソン、OFオルドニエス(どこも欲しがらないだろうけど)、1Bカブレラ・・・。
ミゲルカブレラは興味をそそる・・・・。パドレスのAゴンザレスの場合欲しい左の大砲で
しかも守備も評判がよくすごく安いと言う反面プロスペクトが壊滅的に刈られてしまう
可能性が高い。カブレラの場合高い(6年126M)し守備と体重増加の不安はあるけど
アリーグでの打撃力
も証明されていてゴンザレスほどは人員が必要ないだろうというのがある。契約期間
もちょうど全盛期に差し掛かるときにもれなく6年ついてくる。
今頃電話かけまくってるに違いない。と勝手に推測する。
あれも欲しい♪これも欲しい♪ もっと欲しい、もっともっと欲しい~♪




http://news.soxprospects.com/2009/11/40-man-roster-deadline-looming.html
ウィンターミーティング最後に行われるルール5ドラフト対象者が出ていました。
40人枠に入れてルール5度ドラフトから保護するであろう3~4人の候補として
SSヤマンシオ・ナバロ(AA、2005IFA)、RPリチャード・レンツ(AA、2006ドラ19)、
3Bホルへ・ヒメネス(AA、2006ドラ15)ザック・デイジーズ(AAA、2006ドラ6)、
RPジェイソン・ライス(A、2008-2009 AAAルール5ドラフトでCWSから獲得)あたりをあげています。
2006ドラ1のクリス・ジョンソンはやはり40人入り厳しそうですか・・・。

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。