スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lars AndersonがAAAに昇格

今季AAでこれまで打ちまくっていたアンダーソンが早くもAAAに昇格。
将来の1Bとして大きく期待が高まっていた
昨季はシーズン前チーム内でのNO1プロスペクトでしたが途中故障もあって09AAでの成績はOPS6割台と
振るわず今季は期待度を大きくおとし迎え
今季のメジャーSTでも18打数でノーヒットとかなり心配されていた選手だけど
今季始まってみればこれまで下記の成績。
ラース

大方の心配に反し打ちまくりました。めでたくAAA昇格第一号。
もしかしたら現在DHに苦しんでいるBOSの今季中の昇格もあるのか
と期待させますがどうかな。
AAAでも打ちまくればさらに期待は膨らみますね。
現在AAAの1Bには40人枠のベイツがいるけど彼はLFに動くかな。


外野手のライアン・ケイリッシュもこのところ状態を上げていますしこのまま行けばAAA
昇格も遠くないかも。レディックの不調は気になりますね。
スポンサーサイト

GAME22 2-0○ レスター7回無失点11奪三振

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_04_28_bosmlb_tormlb_1

個人的には見ていて表裏紙一重と思えるような投球もそれなりにあったけど
今のレスターなら十分な結果だし欲しかった初勝利。相手にファールで粘られても粘り強く
投げた。カッターとチェンジアップが良かった。今年はチェンジアップが増えてますね。
欲を言えばやっぱり相手打者の力に関係なくカウント整えるのに苦労してる所もあるし
もう少し効率のよい投球が欲しかったと思うのはレスターだからこそかな。
後半に行くほど内容が良くなっていったのは今シーズンの今までとはずいぶん違った。
バードも相変わらずの鬼のような投球とパぺルボンも無難に閉め計15奪三振を奪う勝利。
バードはすげえなあ・・・・シチュエーション的にプレッシャーのかかる
セットアップが増えたら結構つまづくかなあと
思ってたけどこれまでのところは全然関係なし。

打線は2日続けてしょんぼり。
主力は早く状態上げてきてほしいですけどねえ。とくにビクター、ドリュー。
まあドリューは最近はそんなに状態悪くも見えないけど。
これまでのところは打線は控えにかなり助けられている。
スクータロのバスターは笑った。バントもなかなかうまいし
レッドソックスには珍しいいわゆる小技も効くタイプですね。
見慣れてないから新鮮です。

★エンブリーの昇格に伴い内野ユーティリティのフランドセンがDFA。
AAAでは打撃もそんなに悪くもなかったしもう一人のUTヒューレットも成績は
いまいちだったのでちょっと意外。
ディフェンスが思ったより良くなかったのかな。

レスター奪三振ショー 
バード1イニング3三振

とりあえず思っていたより早く5割に復帰できたという印象。
これで15連戦は終了。連戦最初のツインズ、レイズで1勝5敗と大きくつまづいたけど
その後の9戦で7勝2敗。勝ち試合にも結果オーライという危ない試合もたくさんあったけど
というかそんな試合ばかりだけど
そこで勝てるか負けるかは大きな差があるわけで勝ってるからよしと思うことにしよう。
しかしこのチーム、問題はまだ山積みですねー。
X-dayはいつ来るのか。誰が悪いなんて全然言うつもりもないけど
正直言ってあんまり見たくないし異常ですよ。DH3人とっかえひっかえってのは。
早く怪我人も戻ってきて編成も正常なチームに戻ってほしいわ。
キャメロンなんかはだいぶ良くなってるみたいですけどね。まだいつ復帰というのは
明らかになってないしSTの時も股関節付近ちょっと痛めていたことも今回の怪我に関係あるなら
慢性化されると望まれている守備に大きな影響を与えてしまうだろうし
補強を考えなきゃならないひとつのポジションになる可能性もある。

GAME21 2-1○ バックホルツ好投。

http://boston.redsox.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_04_27_bosmlb_tormlb_1


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・グレッグ(笑)

8回同点2アウト満塁で火消し役として出てきた相手リリーフのグレッグのプレゼントの
おかげで勝てました。出てきて4球連続ボールとは・・・
さすがにあそこでジェイズ応援してた観客が気の毒になりました。
自分がジェイズファンなら星一徹のようにちゃぶ台ひっくり返すレベル。

バックホルツ8回1失点。良く頑張ったなあ。117球の力投。
3ボールがあまりなかったのを評価したいです。
バックホルツが序盤で降りたら・・・と思ってチームがAAAから上げて
用意したであろうカストロも使わせることなく
尊敬する師匠ベケットの尻拭いを弟子が見事にやってのけた。
それだけに八回裏のゴリさんの大チョンボエラーには殺気が走りましたがねあれすんごい簡単なゴロが転がった瞬間
緊張感が思いっきりどっかへ行ってたよね。間違いなく変な余裕があって気を抜いたよね


ゴリさんの大チョンボで理不尽にも得点圏にランナーを背負ったバックホルツ。
あの時点で既に100球超えててこの間のキャメロンのエラーの
あとどうなったかを考えればガタガタ行ってもおかしくないなと
思って見てたけどしっかり立て直して完璧に後続を抑えてゴリさんを救いました。
成長を感じました。
相手打線もかなり早打ちだしゾーンの見極めも悪い打者が多くボール球を振ってくれてバックホルツを助けてましたけど
バックホルツが良かったことにも変わりありません。中盤以降は
カーブも有効に使ってました。ビクターがベンチを頻繁にみてたのは
やっぱりサイン誰かが出してたのかな。

先発が8回投げ切ったのレッドソックスでは実は今季初めてなんですよ。
1点差で9回ラモンラミレスという非常に危険な
シチュエーションだったけど肩透かしを食うようなまさかの11球3凡。
相変わらず怖い打球が飛ぶもののストライク取りに行った速球が打者の頭付近の高さまで行くような
今までの悪い癖も出ず変化球もしっかりストライクゾーンまたは低めきわどいところに
行くラミレスなんて今季初めて見た気がします。
これでレッドソックスにきての初セーブを記録。
昨年も同じように9回セーブのつく場面で登板したこと何回かあったけど
すべて失敗に終わってたのでこれは本人もうれしいでしょうし自信にもなってくれたことでしょう。

ひさしぶりに見たい試合が見られた気がする。
先発リリーフともに完璧にうまくいって勝った試合ってあんまりなかったなあ。
相手投手のマーカムも打てそうで打てないいい投球してましたなあ
パピはなかなか調子上げてこられないですね。
今日もダウンズのところで代打を出されてしまいました。
マーカムがゴリさんを怖がってストライクを1球も投げず
ゴリさんも、最近は俺も結構ボール見るんだぜと言わんばかりにつられず
敬遠気味の四球で出塁。
後ろのハーミダとの勝負を選んだのがちょっとおもしろかった。
ハーミダはそれまでも全然チェンジアップに合ってませんでしたが案の定
ボールになるチェンジアップ3つで
空振り3つを奪われ三振。クレバーな投手だなあと感心しました。
そういえばゴリさんは目下HR0だけどチームで首位打者なんですね。

オリオールズも今日ヤンキース倒してくれたようで。
我々の投手陣が火をつけた甲斐があった(笑)
最高の日になりました。
レッドソックスはこれで5試合連続1点差ゲーム。過去8試合で7試合が1点差ゲーム(笑)
しかし6勝1敗です。わざと接戦にしてね?
とうとう五割にリーチ。


★とうとう40歳の左リリーフ、アラン・エンブリーがAAAから昇格。
チームが上げただけの実力を上で証明できるか。球威は年齢の割にはそんなに衰えてもいないようですが。
カストロが使われることなくAAAに降格。

★ウェストモアランドが退院。今後は外来で作業療法を行うようですね。
一歩前進。

キューバの捕手Adalberto Ibarra を獲得、アッチソンAAA降格

気を取り直して。
レッドソックスがキューバの23歳の亡命選手Adalberto Ibarra を3M+1.3Mのインセンティブのメジャー契約で獲得。
もともとは内野手だったようでキューバではss以外はすべての内野経験がある選手ですが
最近捕手に転向した選手のようです。レッドソックスはメジャーリーグレベルになりうる捕手と見ていて
左打ちでサイズは小さいものの(5フィート10インチだとペドロイアより
少し大きいくらい?)ガッチリしていて
レッドソックスは傘下のどの捕手プロスペクトよりも打撃は良いと考えているそうです。
1月ほどフロリダで準備した後A+かAAスタートになるんじゃないかと言われています。
肩も強くいい捕手に必要なツールは持っているものの捕手経験が浅いためか守備はまだ
未熟でとくにキャッチングの改良が必要になりそうだとのこと。言葉の問題もありますね。


捕手として目途がついたら現在傘下NO1と言われるAAの捕手エクスポジットあたりはトレードで使うつもりかな。



アッチソンがAAAに降格。左リリーフのファビオ・カストロがメジャーに昇格。
カストロはSTではそこそこ好投してましたが先発として投げていたAAAでは
今一つというか結果を出していません。
最近の連戦のブルペン疲弊が重なっているための昇格で一時的なものだと思われます。
投げ方は少しヨハンサンタナっぽいです。
エンブリーの昇格か松坂の昇格で再び落ちるはず。

そういやフィリーズのハワード長期契約しましたね。5年125Mとか。高え・・・。
エイドリアン争奪戦にさらに影響でそうですがフィリーズ思い切った金額ですね。
普通に考えればゴンザレスもハワード以上の契約にはなるんでしょうねえ。
というよりパドレス今すごく頑張ってるからシーズンオフまでトレードずれ込んだりして。
ハワードがこれならゴンザレスの代理人は最低ラインに
今回のハワードの金額を持ってくるでしょうね。
はたしてレッドソックスが関わることはあるのか。
たぶんないんじゃないかと思うけど。


game20 vsTOR 13-12

http://boston.redsox.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_04_26_bosmlb_tormlb_1


てめーこの!冗談じゃねーぞ!!
打線が何点取れば勝てんだよーー!!!!!!



ベケット全然ダメ。ブルージェイズ打線には毎回炎上してる気がする。
球種全部ばれてるんじゃないのかと思うほど。
これで通算でベケットの対ブルージェイズ戦の成績は
先発イニングIP/GERAHR被OBP被SLG
1372.15.567.3418.355.550

毎試合のようにボコボコ長打打たれすぎなんすよ。
カーブもストライク入らないし曲がりも以前はド真ん中でも相手をのけぞらせる程のものだったのに
全然。速球は球威を全く感じずなんであんなに簡単にいい当たり打たれるのか。
ファレルのおっさん、あんたチームにいる意味あるのかよ。去年と同じようにエース格が2人が最初からつまずいてる
んだけど。これだけ投手そろえてもらったのに
同じ失敗繰り返させるようなコーチはいらないぜ。
ベケットにあれだけの契約をして
バリテックじゃないといい投球できないというならDLに入れてマイナーで調整でもさせてくれ。
バリテックはいつまでもレッドソックスにはいない。
バリテックでさえあれだけ打たれてるんだから捕手の問題なんてのは通用しない。

ふーはー・・・・(汗)
机ひっくり返したい気分。

イブランド変えた時点でビクターDHで全然問題ないんだけど。というかバリテックCの時点で
アウェイではそんなに打てないローウェルなら最初から
DHビクターでまったく問題ないんだけど。こういう編成だから簡単にいじれない、
鬼になれないところにより一層の弱さを感じる。

いずれ3人のDH候補のいずれか出されるんだろうけど
編成変えるときに一緒に内野専門と外野一人に変えてほしいわ。
ホールは四球選んだり頑張ってるけどちょっと安心できない。
リリーフもパぺルボンオカジが今のような投球しかできないなら
三振しっかり取れる投手がもう一人必要になる。

打線はお疲れ様 
早くジャコビーとキャメロン帰ってきてくれ。


GAME19  vsBAL6-7●

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_04_25_balmlb_bosmlb_1

ちょっと試合は見てないんだけどあと一歩だったみたいですね。
MLB.COMにはCondensed GAMEってのがあってハイライトの拡大版みたいなものが
見られます。時間がない時はこれ結構便利ですよね。
http://mlb.mlb.com/media/video.jsp?content_id=7664991

今日は見る限り結構いいプレー多かったみたいですね。ゴリさんの守備がおもしろかった。
初回二つの連続チョンボをしたあとは好守備連発。もともとエラーはそんなに少ないという感じの
選手じゃないんだろうけどそれを補って余りある守備なんでしょうね。楽しめる。
打線も良くなかったパピやドリュー見る限りなかなかいい打撃してたなあと思いました。
とくにパピはなんか昨年もそうだったけど甘い球をライト方向にフライやラインドライブが出始めてから
復活してきた感じだったんで少しだけ期待したいと思います。
いわゆるもう一本が出なかったですねえ。バードの
100マイル外角にズドンはすげー。惚れた。オカジはちょっと残念でしたね。
アッチソンも打ち取ってる打球ばっかりだったんだけど運が悪かったですね。
まあしかし沈黙してたボルチモア打線をここ三試合で目覚めさせてしまったようで(笑)
パワーはある選手が多いだけに怖いですね。

ウェイクは好投しましたがフランコーナから正式にリリーフに移すと発表があったみたいで。
松坂の登板日が5/2に決定したみたいですね。相手は同じオリオールズ戦か。
求められるのは結果ですよ。松坂さん。
今年は背水の陣で冬場から準備はしっかりしたはずだし本人のコメントでも準備はできたということだし
しっかりオフの成果を見せて先発で二桁は勝ってください。

アッチソンが降格かな。エンブリーも最近はAAAでもいいみたいで
チームも彼のことを気にいっているようでじきに上がってくるかな。というか
4/30がoptoutの再期限だったと思いますが。
アッチソン、ショーエンワイスが枠を外れてひとまずウェイク、エンブリーが
ブルペンということになりそうです。
ラウリーもようやくちゃんと練習を始めたようです。
病気で体重5キロ近く落ちたとか。
まだ試合に出るまではかなり時間がかかりそうですが。
ファンからは今となっては
完全に虚弱児みたいな扱いになってしまって期待度も激低ですがしっかり結果を残して
オールスター前には上がってきてくれい。
スクータロの守備ならラウリーにも少しは分があるはず。
ボンサーも明日からポータケットに合流してブルペンセッションを始めるとか。
まあ再び肩の痛みが出た時点でもうたいして期待もしてませんが。

AAのラーズ・アンダーソンが5本目のホームラン。high Aのリゾも好調キープしてるし
40人枠のAAAベイツもなかなかいい。1Bプロスペクト調子いいですね。
負けじとhigh Aのラバーンウェイも6本目のHR。
HIGH AではWill MiddlebrooksやOscar Tejedaも打撃好調ですね。
全体的に打ちまくってる。
一方で期待のAAはラーズ以外野手がこれまでのところ今一つかな。
ケイリッシュは調子上げたきたみたいですが

GAME18 vsBAL 7-6 ○

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_04_24_balmlb_bosmlb_1

わざと接戦にしてんじゃないだろうなあ・・・・。
なんて文句も言いたくなるけど助かったって感じですね。
相手の監督トレンブリーもきっと開幕前は今年は去年より勝てるはずだと思ってただろうに。
見てても気の毒になってくる。
スターターはバーゲセン一人がボコボコに打たれてるだけで決して悪くないんですけどねえ。
むしろあの守備陣考えると良くやってるんじゃないかとさえ・・。
リリーフはゴンザレスも早速DL、上原もDLで酷いことになってるけど。
打線がこれまでかなり眠ってたんですね。ロバーツDLに加え調子良かったピエもDLだし。
去年活躍した若手が沈黙してるし。アトキンスは案の定だし・・。スコットもまだ眠ったまま。
まあレッドソックス投手陣が目覚めさせつつありますがね(笑)
しかしいくら負けが込んでいるとはいえなんで最後パぺルボンなのに2アウト1.2塁から
盗塁しかけなかったんだろうなと。パぺルボンののモーションなら100%成功したと思いますけどね。
1点差で3塁にランナー進めておけばパぺルボンの球種も限定されてきただろうし。
トレンブリーもかなり普通の精神状態じゃないのかなあ。
まあでもどちらもこれからでしょうね。どちらもこんな成績の力しかないチームじゃないし。
マトゥスは評判通りいい投手ですね。

レッドソックスはと言えば1-3の負けから打ったスクータローの意外な初球決め打ちホームランにつきます。
あれがすごかったし驚いた。決め打ちで引っ張ればそれなりに持ってける技術とパワーはありますね。
あの球をファールにせず1発で持ってくってのはなかなかできないと思うけどさすがです。
パぺルボンは危ない。昨日今日と打者のレベルに助けられた気がしたけど
いい打者揃えたチームだとかなりヤバいかもしれないなあ。
ストライクゾーンの速球はかなりきちんと簡単に打たれるしボールゾーン振ってくれないと厳しいかも。
今日は普通のラッキーでした。被安打は打たれたけど本当に変わらないというか
多少打たれても試合壊さない安心感があるというか。
いい投手だわ。降板した時負けてたけどなんとか今日は勝ちがついて良かった。

そういえば外野手のジョナサン・バンエブリーがPTBNLor金銭との交換で
パイレーツから戻ってきて試合に出てました。去年も一試合すごい働きしたことあったなあ・・。
もう30になるベテランですが
守備はハイクオリティで3ポジションこなせて打撃は三振が多く安定しないけど
意外な一発を打つくらいのパワーもあります。おそらく守備固めか右投手の時はCF先発でしょう。
レディックと同じ起用法。
今年もPITのAAAでは打撃の調子良かったみたいなんで昨年のように大当たり期待。
代わりにレディックがAAAへオプション。まあまだしっかりAAAで欠点磨いた方がいいですね。
あまり状態良くなさそうだったし左投手の時ベンチにいる機会も多いのは
成長を考えるとあまり好ましくない。
こないだ取ったリリーフのSanto Luisは代わりに押し出されてDFA。

明日は松坂が帰ってくるのでウェイクが最後の登板か。ビクターも送球の練習してるようだけど・・・。
1つは刺せるといいなあ。まあオリオールズもロバーツDLでそんなに速い選手多くいないんで
そういう意味では大丈夫だと思うけど。ルーゴ先発でくるか。

まあでも見てる方も落ち着かないですね。DHにオルティス、ローウェル、マルチネス
ところころ入れ替えて。本音を言えば早いところ固定してほしいのですが
今の状態なら仕方ないかな。

GAME17 vsBAL  4-3 ○

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_04_23_balmlb_bosmlb_1
さしずめクラスの低いマイナーリーガー同士の対決って感じでとてもメジャーリーガー
の対決とは思えない低レベルな争いと言う感じでした。
高いお金払って見に行ったお客さんは不幸としか言いようがない。
打撃陣も投手陣もどちらも酷いですね。
デルカーメンもせっかくいいところ任されるまで回復したのにあれじゃアカン。
最後のルーゴのアシストがなかったら負けてたかもしれないですね。
レッドソックスが今年も高い給料払ってるだけの働きをしてくれました
終わり。

以前もちょこっと出ていたけどレッドソックスがアリゾナの捕手クリス・スナイダーに
興味ありという話が出てました。ビクターが今の状態ですからこういう話が出てきても
不思議はありません。
アリゾナは現在昨年ブレイクして正捕手の座をつかんだミゲル・モンテロが正捕手ですが
怪我でDLに入っているためすぐにというわけにはいきませんがモンテロが帰ってきたら
こういった話ももっと出てくるかもしれません。スナイダーは昨年シーズン前に
3年の契約を結んでおり残りのサラリーは10:$4.75M, 11:$5.75Mとなっています。
モンテロがレギュラーを取ってしまったため控えになってるけど控えとしてはサラリー的に
高くアリゾナは今年のオフもトレードを画策していましたし実際トロントのライル・オーバーベイ
とのトレードは成立寸前までいきました。
かなりの強肩で2007、2008あたりの盗塁阻止率もかなり高く定評がありました。
2009シーズン後にヘルニアの手術を受けましたが
手術後の現在は守備がどうなのかちょっと不明。キャッチングより強肩が売りの選手です。
以前ブランドン・ウェブがリードをかなり気にいって評価していたのを思い出します。
ファングラフには3/13という今年現在までの阻止率が出てましたです。
レッドソックスも2008終了後にバリテックと再契約する前モンテロかスナイダーのどちらかとの
トレードの噂が出ていました。

打撃はそんなに期待できないけど典型的な待球タイプの打者で三振も多く打率は残せないけど選球眼とパワーは
捕手としてはある。
甘い速球に狙いを絞るタイプで逃げていく変化球にはかなりもろいです。
これまでOAKのカート鈴木、LAAのジェフ・マティス、今回のスナイダーと
捕手ばかりが噂に上がってますね。

ウェイクー松坂
バリテックービクター
オルティス-ローウェル

チームメイトでありお互いポジションの生き残りをかけるライバルという関係になってしまうんでしょうが
クラブハウスはチームが調子よくないのもあって雰囲気悪いんじゃないかなあと邪推します。
あっちを取ればこっちは使えない。
フランコーナは過去にないほどのストレスで倒れてしまうんじゃないかなと心配になるね。

マイナーのClass A (Advanced)SALEMのC/DHのライアン・ラバーンウェイが大爆発しとります。
今日もHR打ちこれで
5本目。OPSは軽く現在12割超え。最近は上が酷い状態が続いてるので
プロスペクトの情報のほうが見てて面白いです。大きく育てよ~。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。