スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAME 103 5-6● 

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_07_30_detmlb_bosmlb_1

どうしてこのラインナップと先発投手の対決で負けるの?

6.5差。うーんそろそろ諦めなければならないのか・・・・。
そもそも本気で勝ちに行くならオールスター明けすぐにでも
多少のリスクを冒してでももっと早めに手を打っているはずだし。
この一月でレイズに対し2.0ゲームリードから6.5ゲームのビハインドまで持っていかれた。
勝つ気があるならゲーム差がどんどん離されて行ってるのに指をくわえて
あてにもならない怪我人が帰ってくるor使うなんて呑気なことは言ってられないはず。
今さら大きな補強してもプレーオフに出場する確率は極めて低いだろう。
正直これだけ大金使ってるのにレイズに直接対決でもシーズン成績でもボロボロに負けてるのが
我慢ならないのであります。もはや格下感がぬぐえない。
過去にレイズがドラフトで全体一位を何回も取っていた?今年は運がなかった故障が多かった?
そんなもんで済まされる問題かねえ・・。
ここまで離されてるのにその間まともに手を打てなかった
GMと失態ばかりのメディカルはやめてほしいわ。下からも準備できず外からも補強できず
デッドライン前に1月で2ゲーム差リードから6.5ゲーム差ビハインドではね。
なにしても今さら感がぬぐえない。

★エルズベリーが明日からAAAでリハブ。

★ローウェルは結局25人枠には入らず。チームには帯同。ローウェルも
 オフの時点ですぐに親指靭帯の手術してればこんなにチームにいることもなかったかもしれないのに。
 優秀なメディアカルスタッフとやらの目が節穴なのかしら。

★ペドロイア、バリテックがCTスキャンをとった。骨折に関しては大きな改善を見せたが
 まだ明確なタイムテーブルは発表されていない。

ヤンキースはCLEの右打ち外野手カーンズとHOUのバークマンをトレードで獲得。
何もしなくてもPOは余裕だと思うけど地区一位にこだわってるのか。
まだリリーフはもちろん先発も狙っていると言う噂もある。
レイズはレッドソックスの状態を見てるのかまだあんまり大きな動きなし。

あ、一応それ関連の記者のツイッターと連動させてデッドラインのチャットやってますんで暇があれば
参加してくださいな。
まだBOSに関しては大きな動きなしだけど明日の日本時間朝5時が
ノンウェーバートレードのデッドラインです。
スポンサーサイト

GAME 102 スウィープ!だけどゲーム差そのまま 7-3○

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_07_28_bosmlb_anamlb_1

Scutaro SS  4-3 5出塁! グランドスラム1本
McDonald RF 
Youkilis 1B  HR
Ortiz DH   4三振
Martinez C  
Beltre 3B   HR
Hermida LF   
Hall 2B    HR
Patterson CF 3安打 ホームランが出ればサイクル安打 

久しぶりの本来の外野のレギュラー不在のオーダー。
キャメロン休養、ドリューはハム痛めて休養。
しかし相手もハンターが休み、ピネイロが突然の登板回避と相手にも助けられました。
12三振と相変わらずの三振の多さですが12安打4HRで快勝。
ベケットはコマンドがまだまだ本来のものじゃないかなと言う感じだったけど
味方守備に足を引っ張られながらも7回を投げ切り3失点。
打線はHRは出るものの得点圏で走者をためながら点が取れない展開でしたが
8回の同点ノーアウト満塁からのスクータロがまさかのグランドスラムで勝負あり。
バード、パぺルボンを使わないことになっていたのであそこで4点差をつけられたのはすごく大きかった。
残り2回をデルカーメン、ラミレスが凌いで勝利。久しぶりのスウィープとなりました。
しかしレイズもなかなか負けてくれません。7月はレッドソックスが5割以下でもたついているのに対し
レイズは7月は勝率7割以上をキープ。レッドソックスの故障者による戦力低下だけでなく
レイズの調子が良すぎたというのがここまで離されてしまった原因ですねー。
もう1つレッドソックスに大きな勝利の波が来るのを信じて応援する次第です。
しかしホールは三振かHR、超ファインプレーか大チョンボか、そんな感じですね。
ハラハラするわー。ラウリーもやはりまだ連続して試合に出場させることはしませんね。


うーんデッドラインが近付いてきているものの今期は今のところ
今一つ盛り上がりに欠けますねえ。レッドソックス関連もここまでかなり静かなもんです。
大きいところだとHOUのオズワルトのフィリーズ行きが本人の承諾を残して球団間で
ほぼ合意とかそのあたりかな。
そういえば一時期活発だったワースの移籍話ですがビクトリーノの故障により
トーンダウンしてましたがここにきてオズワルトを獲得したらまた変化してきますかね。
レッドソックス関連だとFLAヌネス、TORダウンズ、OAKワーツ、ブレスロウ、
売り手に回りそうなロッキーズのリリーフ等が上がってますね。
ダウンズに対する要求が相変わらず高いですが、それはそれとして
リリーフ補強が最優先であるのはどのソースでもほぼ一致していて間違いなさそう。
外野手でいえばワース以外にもWSNのウィリンガムあたりに興味ありってのは出てたけどWSNは
ダンのトレードに関してのほうが今のところアグレッシブですね。
プリンス・フィルダーあたりももっと話がたくさんあってもよさそうだけど
まだ静かなもんです。

★ドリューの左ハムストリングはMRIの結果軽い張り。DLには行かなくて済みそう。

★ローウェルがまたHR打って今日も4-3。
 レンジャーズはまだローウェル獲得の選択肢を完全に外してるわけじゃないと言う話も出てました。
 以前噂のあったタイガースはインディアンスからぺラルタを獲得したみたいですね。
 金曜日からMLBに復帰する可能性もあるのでもし上げるなら
 ローウェルがトレードされなければ誰かを外さなければなりません。

GAME 101 連勝  4-2○

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_07_27_bosmlb_anamlb_1

Scutaro SS 5-3 ニ塁打 得点2
Lowrie 2B  5-2 2二塁打 打点2
Youkilis 1B
Ortiz DH
Martinez C
Beltre 3B 
Hermida LF  
Cameron CF
McDonald RF 3-2 1BB 二塁打 得点1

もともとドリューが2番、ラウリー7番、ハーミダ9番だったのが
ドリューの直前のスクラッチによりマクドナルドが加わりこのように。
しかしそれが結果として功を奏した。9番から2番までが活躍。
ハーミダは3打席連続三振のあと代打にパターソンを出され交代。
個人的にはこの代打はハーミダにとって決定的なものだったと思ってる。
代打ドリューならまだしもパターソンというのは通常なら考えられないだろう。
打たせてから守備固めにパターソン入れるならまだ分るけど。
怪我でもない限り完全に信頼を失ったと言えるかもしれない。

     ↑
間違い。7回の守備から交代でした



打者でいえば9-2番が攻守でとても頑張ってた。マクドナルドは主力が歯が立たなかった
ウィーバーからも打ってたしラウリーの逆転2点タイムリーも外野守備位置が浅かったとはいえ
大きなものだったし守備での堅さもホールとは比べ物にならない安心感があるw
ビクターはもっと打撃で活躍してくれ。
キャメロンはさすがに守備上手いけど明らかに守備走塁動きが緩慢に見えるし、ハーミダは枠を無駄にしていて
ドリューもやはり身体的に難しさがある。自前の若手を使うか
外から取ってくるか定かでないけど確実に控えを含めた再編が必要。

ラッキーは粘投。
今やエンジェルスのエースとなり
ラッキーを師と仰ぐ愛弟子のウィーバーとの勝負だったが面目を保った。4回までで80球以上
球数を使いながらも結局終わってみれば124球で8回途中まで2失点で投げ切った。
続投志願する本人もすごいけどフランコーナのラッキーへの信頼と今年のブルペンへの信頼の無さからも
来るものかな・・・・。苦しいリリーフ事情の中、あと1つのアウトでも投げてほしいと言うのはあるだろう。
今期はラッキーは非常に球数が増えている。今期はこれで4度目の120球超え(MAX124)。
これはレスター(MAX124)でも2度しかなくベケット(MAX114)、松坂(MAX112)、バックホルツ(MAX117)
ウェイク(MAX115)は今期1度もなし。
内容は明らかにいつもの年より良くなくても
1試合ごとの平均投球数はチーム1。1試合平均投球数でもリーグトップ10に入る。

★ローウェルがAAAで1試合3HRを放つw
 チームが移籍先見つけるためにはいい兆候か。

★ロッキーズが7/31までに売りに回るかもしれない。現在ワイルドカード争いで5.5差。
 すでに先発のアーロン・クックを放出する用意があると報じられている。 
 以前アイアネッタ獲得オファーをしたと言う話もあったけど
 レッドソックスが買い手ならニーズから言って
 リリーフのベタンコートやOFのスピルボーズあたりにも目をつけて
 そうな気がする。
 両方ともヤンキースも目をつけそうだが・・・。
 
★ドリューはハムストリングの張りで出場断念。ここ2.3日はかなり状態悪かったらしい。
 明日も出場しない。早くてもホームに帰っての金曜日のタイガース戦から。 
 やばい。もし今年勝ちに行く気があるなら
 ドリューとキャメロン2人で1人くらいに考えてないと今後は厳しいんじゃ。

明日は今季9勝17敗のデーゲーム。夜遊びが過ぎるのか?w

GAME 100 パピ2本塁打 6-3○

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_07_26_bosmlb_anamlb_1

ビクター復帰

Scutaro SS
Drew RF
Youkilis 1B 
Ortiz DH
Beltre 3B
Martinez C ようやく復帰
Lowrie 2B
Cameron CF
Hermida LF  

一人復帰しただけでずいぶん印象が変わるもんだ。
打線はパピの2HRとドリューの2点タイムリー2塁打で勝負あり。
パピはこれで8年連続20HR達成。
ドリューは全く打てそうな気がしなかったけどよく打った・・・。
左出されなかったのが大きかったですかね。
スクータロ最終打席は打ったけどやっぱり少し我慢強さがなくなってる感じ。
以前はもう少し好球打ちだったけどここん所は今一つだしポップフライもやや増えてきた。
バックホルツは前回の怖々投げてたのと違って速球の球威は戻ってたし
3回以降は危なげなくチェンジアップで三振もかなりとっていた。
7回1失点。2回の無死満塁を切り抜けたのが大きかったっすね。
前回みてちょっとヤバいんじゃないかと思ってたけど取りあえず一安心です。
ハーミダはもういいでしょ。7.31でしっかり整理してください。
おんなじパターンでやられすぎ。低めのボールになる変化球投げときゃ空振りしてくれる。
パターソンもバントの失敗はなんだありゃ。
ナーヴァ下げて失敗だったわと言わせないでほしかったけどなあ。
キャメロンが腹部を悪化させたらしく9回に交代。
一応day to dayと本人は言っている。ここ最近は結構連続して出場してたけどやっぱりきつそうだ。
バード使わず勝つってエライ遠い道のりに感じる。それでもパぺルボンは良くしのいだ。


★ビクターの復帰によりブラウンをAAAにオプション。
 AAAで不振だった1Bベイツをoutright。
 現在40人ロスターは38人。

★エルズベリーがGCLでリハブ開始。DHで1-3。
 あと1、2ゲーム消化したらAAAへいく予定。

★スコット・ダウンズのトレードの見返りに関してトロントはまだチーム内のトッププロスペクト
を求めている。以前は組織内で最高のSSプロスペクトであるイグレシアスとの交換を求めたという話もあった。
当然相手もここぞとばかり絞り取ろうと必死です。
タイプAでシーズン終了したとしてもクローザーでもない35歳のリリーフにドラフト指名権出してまで
どこも取らないと思われる。すくなくてもドラ1出す球団はまずないでしょう。
そのうち要求がもう少し下がってくると思うけど
WEEIではレッドソックスのプロスペクトのRoman Mendes をジェイズが熱心に偵察してると言う話も。
メンデスは今季はコマンドが大きく崩れ調子は悪いけど最速90マイル台後半に届くとも言われる
伸びしろの大きい投手プロスペクト。ただ速球以外のピッチはまだまだ発展途上。


★一時期興味を示していたとされたタイガースとレンジャーズの
 ローウェルへの関心は失速した模様。
レンジャーズはマーリンズのカントゥ獲得にお熱をあげているらしい。
ローウェルは金曜のフェンウェイでのタイガース戦初戦にMLBに上がるかも。

ペドロイアは今日走って折れている足のテストをしたらしいけど本人が望むすぐにでも復帰
というほど良くなかった様子。金曜日ボストンでCTスキャンを取る。
デルカーメン、ラミレスがトレード候補だと言う話もあがり始めてます。
レッドソックスがそうしようとしても全く驚きはありませんが。
ラミレスに関してはちょっと前にレッドソックスが
メッツの捕手のバラハスとのトレードのオファーをしていたらしい。

松井ってレッドソックス戦の頃になると調子良くなってる。嫌な奴だな・・・・・。
レイズのガーザがノーヒットノーラン達成。ここ最近今一つだっただけに乗せてしまいそうで
怖いっすね・・・・好調時は手がつけられんし。

GAME 99 シーズン終了? 2-4●

まだあわてる時間じゃないと言いながらとうとう5ゲーム差まで来てしまった。
なんだか知らないけど毎年マリナーズ戦ってあんまりいい思いしていないような。
もう怒る気もしない。

松坂はコントロール最悪だったけどなんとか力づくでまとめきって6回1失点。
結果としちゃ十分合格点。

野手とリリーフ。あいかわらず。リプレイ見ているようだ。
リリーフは先発が6イニングなげてリード守っても結局1人2人足りない。
全員がレスターみたいに毎回のように7回付近まで投げてくれる先発なんぞありえないので
どうしても無理が出る。接戦や勝ちゲームで使えるリリーフの不足が完全にあだになっている。
そんなことはフロントも分りきっているのだろうけどリリーフに対する見返りの要求が相当高いよう。
今んとこTORダウンズ、OAKブレスロウ、FLAヌネスなど上がっておりますが。

パピドリューはイニング終盤の打撃成績が悪く左のリリーフに対応できていないことが分かる。

2010対左(AV/OBP/SLG/OPS)
パピ  .186/.259/.268/.527
ドリュー.172/.257/.242/.499

今期の7-9イニングの成績
パピ   BA.173 OBP.323 SLG.259 OPS.582
ドリュー BA.209  .308 .352 .659
終盤先発が下りてレフティをぶつければ安全パイということに。
これ終盤接戦で打線が打てないことに繋がってる原因の一つだと思う。
そういった意味で打順でこの二人をつなげて相手に継投しやすくさせた
フランコーナの今日のオーダーはあまり見られない並びと言うか。
ちょっと驚いた。個人的にはドリュー上げるなら間にユーキリス挟む方が好み。


上位打線はそれでもそれなりに打ってたけどほとんど単打ばかり。今日は下位が完全に沈黙。
6番にハーミダ・・・・・何が悲しくて出塁率.270台を6番に入れにゃならんのだ。
打数はそんなに多くないとはいえほとんど右との対戦でこれなのに

上位打線の奮起で2点入れてしかもノーアウト1.3塁でもそのあと0点。
あそこで離せなかったのが一番痛かったかなと。状態いいとも思えないのに出塁率.270台の
打者にも主力と同じように打たせる。
最近好調だったキャメロンも今日はブレーキ。


いずれにしてもデルカーメン、オカジと非常に厳しいすね。
オカジはバントのミスのぞいてもあれだけ左にも打たれてるしちょっともういっぱいいっぱい。
かなり今年は連打くらうことが目立ってる。1年目に比べて相手も速球と思ってチェンジアップ
振りに行っていないしチェンジアップに合わされることがずいぶん多くなってきた。
腰の状態も良くないんでしょうね。

GAME 98 再びゲーム差4に広がる 1-5●

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_07_24_bosmlb_seamlb_1

マッチアップからすれば鉄板に近いくらい勝ち計算してたけど敗戦。
3試合2勝1敗だけどなぜだか三連敗してる気分。
レスターは最高の投球してたけどねえ・・・・調子は今季で一番良かったんじゃないかと思うほど。
それがエラーからHR打たれて打線も全然援護できずでとうとう3点目で切れてしまった感じ。
まあ球数も随分投げさせましたね今日は。たとえ勝ってても
パぺルボンとバードは2試合連投で使えなかったってことでしょう。
過去最高の13奪三振だったけど過去最高についてなかったんじゃないかと。
途中までは完全試合も期待してしまって画面に釘付けになるほどの投球たったけど残念だった。

打てん。 点が入らん。守れん。
年に何回かこういう時ってあるけどちょうど今がそんな時か。
後半戦10試合で32得点。主力野手の大半が抜けたあとの7月でもしばらくはなんとかなったけど
後半戦になってハッキリ野手の力不足が露呈されはじめた感じ。
守備での酷いエラーもかなり目に付き始めた。
好調と言える打者が少なく沈んでる打者が多く
1アウト以下三塁に走者がいるアウトになっても点が取れるシチュエーション
でも淡白な打撃が目立つ。フランコーナが力以上に打者を信頼しすぎている部分も大きいと思う。
もどかしいほど動かない。戦力が充実してるときや好調な時ならそれでもいいかもしれないけど
そうでないと点が入らない。

デルカーメンまだ使うのかな。新しいリリーフ取ってきたらもうDFAでもいいんでない?
現在はガニエ並みに恐ろしい。

★左手親指骨折から回復中のビクターがバックホルツのブルペンセッションで受けたが問題なし。
 早ければLAA戦復帰もありうるという見解をフランコーナが示した。

★肋骨骨折のエルズベリーが月曜からGCLでリハブ開始する予定とのこと。
 問題なければ週末にもAAAで調整へ。

★ローウェルがAAAのリハブで本日4-4の好調。
 打撃に関しちゃまだ心配なさそうだけど問題は股関節の状態から来る
 守備走塁だからそこがどう評価されてんのか。今日は1Bだったみたいだけど
 明日は3B守る。
 つい最近タイガースがインジが怪我したんで興味示してるとかあったし
 他球団のスカウトも見に来てるようですが・・。

いよいよデッドラインに1週間前に近づいてきた。選手にはなんとか3ゲーム差以内で辛抱してくれと
祈るような気持ちで見ております。今日はレイズが勝ったため再び4差。
今のチーム状態見ていちばんもどかしいのは冴えない野手陣のパフォーマンスを
何もできずに目の前で見ているペドロイアだろうなあ・・・・。
月曜日LAで再検査して今後を決めると言うことです。しっかり回復していてくれ。

GAME 97 ベケット復帰  2-1○

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_07_23_bosmlb_seamlb_1

復活というには早いけどとりあえず現在状態の悪い打線相手に5.2回1失点。
序盤はボール球も先行して危なっかしい感じだったし
速球は結構いい当たりも打たれてたし初打席のイチローのように打撃カウントで
速球狙いで大きいの狙われるとかなり怖い。まだまだかなあと言う感じもするけどカッターが
よく沈んでいたりチェンジアップもこれまでよりいい感じに見えた。
これまでのベケットのものよりその2球種は横の動きでなくけっこう落差があるように感じた。
とりあえず出足としてはいい結果が出てよかった。

打線と守備は相変わらずイライラさせる。チャンスで打てないのは仕方ないにしても
チャンスをつぶすような隙を突かれたオルティスの走塁。ここんところ走塁でアウトにされてる場面
が多い。キャッシュは2アウト未満でゲッツーあり得る場面なら全打席バントでいいんじゃないのか。
打撃は許すにしてもやっぱりポロポロしてるしウェイクを使わないなら
まだブラウンのほうがいいんじゃないのかと思うが・・・。
というか最終打席でさえチャンスで代打マック出さなかったのはなぜ?
ホールは良く打ちましたね。ドリューとオルティスはどんどん下がってきてる。
スクータロもここのところ下がってきてますね。

バードは今日も無失点で15試合連続。
アッチソンの働きも結構大きかったですね。
パぺルボンは危なかったけど何とかしのいだ。速球の威力が落ちてるのは
やっぱり気になる。

どんな形でも勝てればいいです。相手もチーム内もゴタゴタしてるし
決して状態も良くないのはこちらには幸い。
レイズはインディアンスに負けて3差。毎年のように西遠征になると打線も守備も状態
良くなくなるけどなんとかレスターと松坂で連勝を。

★ベケット昇格でリリーフのマイケル・ボウデンがAAAへオプション。
 リリーフへ転向するにはもう少し時間が必要かな。
 デルカーメンも良くないけど決定的にボウデンのほうがよいと言うわけでもなかった。
 
★どうやらDバックスはへイレンをトレードする気らしい。
 例のようにヤンキースが狙っているみたいです。具体的な名前も出てきてるんで
 そんなに成立遠くもないかも。

★レッドソックスも狙っているのではと言われていたロイヤルズのOFデビッド・デヘスス
 がプレー中に親指靭帯断裂して今季絶望。トレードは無くなったということで。

★レッドソックスが狙っているのではとも言われていたOAKのカート鈴木が
 球団と2013年まで契約延長。2014は試合数によるオプション付き。

GAME 96 延長13回 8-6○

今日の試合見て平常心を保つことができたレッドソックスファンのあなた。
悟りを開けます。間違いない。

試合は勝ったからどうでもいいや。
フランコーナ、デルカーメン、キャッシュ、ホール・・・・ディフェンスがあまりに酷くて見てらんない。
監督は危機感が全然感じられない。とても追い込まれてるチームの投手起用とは思えない。
まあ明日ベケット復帰戦でたいして投げられないだろうから温存しておきたかったというのは
あったろうけど結果的に裏目に出てほとんど使うことになってしまった。
考えがぬるすぎるというのもあるけど改めてリリーフの補強の必要性が明確になった感じ。

てなことで補強に関する話と怪我人の情報を。

★レッドソックスがマリナーズからジャック・ハナハンを獲得。
とうとうブロックバスターキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!   ・・・ってあれ?

守備型の内野UTで左打者。
いくつかの推測ではこの獲得はラウリーをトレードで使うための獲得ではないかとも。
しかし今日のホールの恐ろしい守備見てると大丈夫かとも?
ハナハンは守備いいけど全然打てないし。
ラウリーはアイアネッタ獲得のためにレッドソックスがロッキーズに交換を打診したという
話も少し前にあったし今回はESPNのオルニーが内野が薄いSDが獲得するんじゃないかという推測。
SDといえば・・・・リリーフとの交換か?
ということはやはりラウリーは他球団のスカウトにプレーを見せるために早めに上げられたのかな。
一番価値が低い時にトレードに出すのは反対なんだが・・・。

★ビクターは今日ウェイクの球を受けた。土曜日には同じくブルペンでバックホルツを受けるそうです。
 上手く行けばLAA戦復帰も。ウェイクはベケットバックホルツ復帰でひとまずブルペンへ。
 ハーミダが25人ロスター復帰。マクドナルドとLFでプラトーン使うと言うフランコーナの話。
 エルズベリーも既に打撃練習はしていてあと4.5日でリハブが始められるかもしれないとのことだし
 ペドロイアも順調で上手く行けばみんな8月前半までには戻って来られるか。

レッドソックスの補強ポイント・・・やはり多くの話を総合すると狙っているのは
リリーフ、外野手、捕手て感じですね。
まあここまで見ていてかなりチームが沈んできているのにたいした動きもないし
ケリー、イグレシアスでも出さない限りそんなに大きな動きはないかもしれませんし
たぶん出さないでしょう。
ダウンズにイグレシアス要求て・・・。ブルペンはまともなリリーフがかなり
少ないのでいつもの年より高騰してる感じがしてます。おそらくダウンズはないかなあと。
むしろ8月以降のウェーバートレードのほうで大きく動くかもなあ・・・。
まあ今季は残念なことにプロスペクトも全体的に伸び悩んでる感じです。
層は厚いけど大物獲得のメインピースになりうるインパクトのあるプレーヤーがほとんどいないし出てこない。
ブリッジイヤーにしてはさびしいですなあ。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。