スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去5年全球団生え抜き以外の選手

さて今度は逆に入団してから力を証明する前に他の球団に移籍した選手がある程度以上
主力として働いた例をあげて行きます。
条件は前回と同じで野手は2006~2010規定打席に到達した選手。
(メインポジションが捕手の場合は400打席でOK)

投手の場合は2006~2010の間に
①シーズン25試合以上の先発登板
②シーズン先発リリーフ関わらず50試合以上の登板
③シーズン60IP以上のリリーフ登板
④シーズン150IP以上消化

のいずれかの条件を一つでもクリアした選手が対象。



前回と同じように2006年より前に条件に到達した実績がある選手は対象外。
NPBから移籍した選手(日本人以外も含めて)はメジャー契約の選手は対象外。
ただ今回は条件に到達する前に以前の球団在籍時にキャリアで

野手 800打席消化(捕手の場合650打席消化)

投手
①先発で40試合消化
③リリーフで100イニング消化
③先発リリーフ関わらず100試合消化

④先発リリーフ関わらず250イニング消化

のいずれかを達成した場合も対象外
より実績が証明されていない選手を対象にしたいと思います。
たとえばマルコ・スクータロは規定打席に初めて到達したのがTOR時代の32歳と遅咲きだけど
既にTORに来る前に800打席に到達しているのでここでは対象外です。
少し複雑だけど簡単に言えば移籍先で主力として花開いたMLB経験の浅い選手をあげようとしたもの。
ただ前回同様登板数や打席、イニング数での審査なのでやや活躍の質に幅はあります。
特にブルペンなんかは1年だけの選手も結構多い。
太字はオールスター、青文字はそのまま移籍せずにその球団に残っている選手。
カッコ内の球団名はその選手が最初に入団した球団。

  先発野手リリーフ
TBMatt Garza(MIN)
Edwin Jackson(LAD)

Ben Zobrist(HOU)
Dioner Navarro
(NYY)
Brendan Harris(CHC)
J.P. Howell(KC)
Grant Balfour
(MIN)
Ruddy Lugo(MIL)
8
NYY         Brian Bruney(ARI)
Jose Veras(TB)
Edwar Ramirez(LAA)
Scott Proctor(LAD)
4
BOS                0
TOR         Brian Tallet (CLE)
Jesse Carlson
(DET)
Jeremy Accardo(SFG)
3
BALJeremy Guthrie(CLE)Adam Jones(SEA)
Luke Scott(CLE)
Matt Albers(HOU)
Dennis Sarfate(MIL)
5
MINCarlos Gomez(NYM)Nick Punto(PHI)    2
CWSJohn Danks(TEX)
Gavin Floyd
(PHI)
Carlos Quentin(ARI)Bobby Jenks(LAA)
Sergio Santos(ARI)
5
DETArmando Galarraga(WSN)Austin Jackson(NYY)Brad Thomas(LAD)
Eddie Bonine
(SD)
Zach Miner(ATL)
Bobby Seay(CWS)
Jason Grilli(SFG)
5
CLEJustin Masterson(BOS)
Mitch Talbot(HOU)
Shin-Soo Choo(SEA)
Asdrubal Cabrera(SEA)
Kelly Shoppach(BOS)
Chris Perez(STL)
Tom Mastny(TOR)
7
KCRBrian Bannister(NYM)Alberto Callaspo(LAA)
Mark Teahen(OAK)
John Buck(HOU)
Tony Pena(ATL)
Joakim Soria(LAD)
Rob Tejeda(PHI)
8
TEX     Elvis Andrus(ATL)
Nelson Cruz(NYM)
Gerald Laird(TEX)
Darren O'Day(LAA)
Frank Francisco(BOS)
Josh Rupe(CWS)
Willie Eyre(MIN)
Neftali Feliz
8
OAKBrett Anderson(ARI)
Gio Gonzalez(CWS)
Dana Eveland(MIL)
Chad Gaudin(TB)
Rajai Davis(PIT)
Jack Cust(ARI)
Ryan Sweeney(CWS)
Daric Barton(OAK)
Brad Ziegler(PHI)
Jerry Blevins(CHC)
Jay Marshall(CWS)
Craig Breslow(MIL)
12
LAA      Jason Bulger(ARI)1
SEAJason Vargas(FLA)   Sean White(ATL)
Sean Green(COL)
Roy Corcoran(WSN)
4
PHI   Shane Victorino(LAD)
Clay Condrey(SDP)2
ATLJair Jurrjens(DET)
Jorge Campillo(ATL)
    Peter Moylan(MIN)
Buddy Carlyle(CIN)
Tyler Yates(OAK)
Ken Ray(KC)
Chad Paronto(BAL)
7
FLARicky Nolasco(CHC)
Anibal Sanchez(BOS)
Sergio Mitre(CHC)
Dan Uggla(ARI)
Hanley Ramirez(BOS)
Cody Ross(DET)
Emilio Bonifacio(ARI)
Mike Jacobs(NYM)
Burke Badenhop(DET)
Brian Sanches(KC)
Renyel Pinto(CHC)
Dan Meyer(ATL)
Matt Lindstrom(NYM)
Joe Nelson(ATL)
14
NYMJohn Maine(BAL)Angel Pagan(NYM)   
2
WSNMatt Chico(ARI)Nyjer Morgan(PIT)
Lastings Milledge(NYM)
Ryan Church(CLE)
Joel Hanrahan(LAD)
Saul Rivera(MIN)
Jon Rauch(CWS)
Charlie Manning(NYY)
Tyler Clippard
(NYY)
9
CINEdinson Volquez(TEX)Brandon Phillips(WSN)
Edwin Encarnacion(TEX)
Nick Masset(TEX)
Danny Herrera(TEX)
Jared Burton(OAK)
Bill Bray(WSN)
7
STLAdam Wainwright(ATL)Ryan Ludwick(OAK)Josh Hancock(BOS)3
MILDavid Bush(TOR)
Chris Narveson(STL)
Casey McGehee(CHC)John Axford(NYY)
Carlos Villanueva(SFG)
Mark DiFelice
(COL)
Jose Capellan(ATL)
7
HOU  Michael Bourn(PHI)Wilton Lopez(NYY)
Jeff Fulchino
(FLA)
Wesley Wright(LAD)
Dave Borkowski(DET)
5
CHC   Matt Murton(BOS)Angel Guzman(KC)
Roberto Novoa(PIT)
3
PITRoss Ohlendorf(ARI)Jose Bautista(PIT)
Freddy Sanchez(BOS)
Garrett Jones(ATL)
Evan Meek(MIN)
Jesse Chavez(TEX)
Franquelis Osoria(LAD)
7
SFG   Andres Torres(DET)Keiichi Yabu(OAK)2
SDPClayton Richard(CWS)
Clay Hensley(SFG)
Kevin Kouzmanoff  (CLE)Luke Gregerson(STL)
Edward Mujica(CLE)
Mike Adams(MIL)
Joe Thatcher(MIL)
Ryan Webb(OAK)
Luis Perdomo(CLE)
Cla Meredith(BOS)
10
COLJason Hammel(TB)
Carlos Gonzalez(ARI)Taylor Buchholz(HOU)
Ramon Ramirez(TEX)
4
LAD   Andre Ethier(OAK)Ronald Belisario(FLA)2
ARIIan Kennedy(NYY)Chris Young(CWS)Juan Gutierrez(HOU)
Brandon Lyon(TOR)
4
※前回も抜けてる選手や間違ってる選手も結構あったから気付いたら指摘してくれるとありがたいです。

やっぱりチームの特徴出ますよね。生え抜き以外ベテランをよく使うチームはやはり少ない傾向があるし
主力をプロスペクトに代えるようなトレードをあまりやらないチームも同様の傾向。
ブルペンは若手もいれば30超えてから本格開花するような選手もいて様々。
こちらでもTBはなかなかうまくやってる印象です。
まぁ薄々少ないなとは思ってたけど、なんとBOSは30球団唯一過去5年間この条件に見合う選手はゼロ。
基本的に自前の若手には思い切って任せることはあっても外からは
トレードでも実績がある程度証明されたメジャーリーガーばかり取ってくる傾向があるのと、
他の球団であまり証明されてない若い選手を使いながら育てる、育つっていうこと自体がここ数年ないし
そういうMLBで実績がないトッププロスペクトや若手を取ってくる機会自体も少ない。
取ってきても再度出したり。
そういう意味ではサルタラマキアなんかは、もしレギュラーとして成功すれば最近では非常に珍しいケースと言えるかも。
この地区でも常に95勝以上を目標と公言してるチームだし財力もあるから野手や先発をそういう風に
実績ある選手で固めるのは分るけど
ブルペンくらいは5年あればこの類の「当たり」がもう少しあってもいいとも思うのであります。
こういった選手は場合によってはマイナーオプションが残ってる場合もあるし、
切れていてもだいたい調停期間前、調停期間
入ったばかりの選手が多いから当てれば保有権がありながらFAまで毎年単年契約ができるというメリットもあるので
成功すれば非常に大きい。
他のチームなんか見ててもそんなにリリーフは実績ある選手でガチガチに固めてるわけでもないし
ガチガチに固めても成功すると言うわけでもないような。。。。特にブルペンは
お金使って固めすぎると働かなかった場合、大金使ってしまってるので切るに切れないというのも
また問題になることもある。ただBOSの場合はできるだけプロスペクトを先発として可能な限り大事に育ようと
するところがあるからブルペンのデプスも必然的に薄くなる傾向はあるのでその辺はジレンマですね。

CWSはこちらではチームの軸になってるいい選手が目立つ。
PHIは打席数の関係でギリギリでジェイソン・ワースが対象外
になっているけど強固な生え抜きに加えてワースとビクトリーノは大きい獲得となりました。
ビクトリーノはルール5ドラフト、ワースはノンテンダーになったところを取った。
OAKはやっぱりトレードで主力を思い切って出してプロスペクトと交換することが多いだけに人数も多め。
FLAはさすがに超主力を結構出していたところもあるし半端なく多め。
HOUは生え抜きも今一つでこちらでもいい選手が多く出てきていないしちょっとこれだと厳しいですね。

スポンサーサイト

過去5年の球団別生え抜き選手

特に話もないんで普段どうなんだろうと考えてたことを調べてみようと思い立ちました。
過去5年のうち各球団でどれだけの生え抜きが昇格、定着しているかという視点で調べてみました。
ここでいう生えぬき選手の定義はドラフトでの獲得、IFAでの獲得
(NPBからの移籍はポスティングも含めて対象外。ただしマイナー契約の選手は除く)、
アマチュアFAでの獲得、または独立リーグから引き抜いて入団した選手
がそのまま他球団へ1度も移籍せず昇格した選手のことを指しますが
(ただしルール5ドラフトで他球団に一時的に移籍しても返却されれば対象内)
それ以外にも条件があって
野手の場合は2006~2010の5シーズンの間で規定打席に到達したことのある選手
(回数は不問。メインのポジションが捕手の選手のみ400打席到達でOK

投手の場合は2006~2010の間に
①シーズン25試合以上の先発登板
②シーズン先発リリーフ関わらず50試合以上の登板
③シーズン60IP以上のリリーフ登板
④シーズン150IP以上消化

のいずれかの条件を一つでもクリアした選手が対象。


生え抜きであっても2006より前に上の条件を達成したことのある選手は対象外です。
今回は過去5年と限定して調べてみました。
なお青文字は現在もその球団の40人枠に登録されている選手で
黒はすでにその球団の枠からはずれている選手。太字はオールスター出場経験のある選手です。


   先発野手リリーフ
TBJames Shields
Jeff Niemann
David Price
Wade Davis
B.J. Upton
Delmon Young
Evan Longoria
John Jaso
Brian Stokes
Andy Sonnanstine
10
NYYChien-Ming Wang
Phil Hughes
Melky Cabrera
Brett Gardner
Joba Chamberlain
Phil Coke
Alfredo Aceves
David Robertson
8
BOSJon Lester 
Clay Buchholz
Kevin Youkilis  
Dustin Pedroia  
Jacoby Ellsbury
Manny Delcarmen
Jonathan Papelbon  
Daniel Bard
8
TORShaun Marcum
Dustin McGowan
Jesse Litsch
Ricky Romero
Brett Cecil
Aaron Hill
Alexis Rios
Adam Lind
Casey Janssen
Brandon League
10
BALGarrett Olson
Brian Matusz
Nick Markakis
Matt Wieters
Chris Ray
Chris Britton
Jim Johnson
Jason Berken
8
MINNick Blackburn
Scott Baker
Kevin Slowey
Glen Perkins
Francisco Liriano
Brian Duensing
Michael Cuddyer
Jason Bartlett
Jason Kubel

Denard Span
Pat Neshek
Jose Mijares
12
CWS                  Alexei RamirezBrandon McCarthy
Boone Logan
3
DETJustin Verlander
Rick Porcello
Curtis Granderson
Brennan Boesch
Joel Zumaya
Fernando Rodney
Ryan Perry
7
CLEFausto CarmonaRyan GarkoFernando Cabrera
Jensen Lewis
Rafael Perez
Tony Sipp
6
KCLuke HochevarBilly Butler
Alex Gordon
Jimmy Gobble
Blake Wood
Dusty Hughes
6
TEXC.J. Wilson
Scott Feldman
Ian KinslerJoaquin Benoit4
OAKTrevor Cahill
Dallas Braden
Kurt Suzuki
Cliff Pennington
Santiago Casilla
Andrew Bailey
6
LAAErvin Santana
Jered Weaver
Joe Saunders
Casey Kotchman
Erick Aybar
Mike Napoli
Reggie Willits
Howie Kendrick
Kendry Morales
Chris Bootcheck
Jose Arredondo
Kevin Jepsen
12
SEAFelix Hernandez
Doug Fister
Jose Lopez
Yuniesky Betancourt
Rafael Soriano
Mark Lowe
George Sherrill
Eric O'Flaherty
Brandon Morrow
9
PHICole Hamels
Kyle Kendrick
J.A. Happ
Ryan Howard
Carlos Ruiz
Geoff Geary6
ATLChuck James
Tommy Hanson
Brian McCann
Adam LaRoche
Jeff Francoeur
Kelly Johnson
Yunel Escobar
Gregor Blanco
Martin Prado
Jason Heyward
Macay McBride
Blaine Boyer

Jonny Venters
13
FLAScott Olsen
Josh Johnson
Chris Volstad
Josh Willingham
Jeremy Hermida

Chris Coghlan
Gaby Sanchez
Randy Messenger
Taylor Tankersley
Hisanori Takahashi
10
NYMMike Pelfrey
Jonathon Niese
Dan Murphy
Ike Davis
Joe Smith
Bobby Parnell


6
WSNJohn LannanRyan Zimmerman
Ian Desmond
Jason Bergmann
Drew Storen
5
CINJohnny CuetoJoey Votto   
Drew Stubbs
Jay Bruce
Logan Ondrusek5
STLJaime GarciaSkip Schumaker
Colby Rasmus
Tyler Johnson
Kyle McClellan

Jason Motte
Mitchell Boggs
7
MILManny Parra
Yovani Gallardo
Prince Fielder
Rickie Weeks
Corey Hart
J.J. Hardy

Ryan Braun
Alcides Escobar
Mitch Stetter9
HOUWandy Rodriguez
Bud Norris
Hunter PenceChris Sampson4
CHCRich Hill
Randy Wells
 
Ronny Cedeno
Geovany Soto

Ryan Theriot

Starlin Castro
Carlos Marmol
Sean Marshall
Andrew Cashner
James Russell
10
PITZach Duke
Ian Snell
Paul Maholm
Tom Gorzelanny
Jose Castillo
Ronny Paulino
Nate McLouth
Ryan Doumit

Andrew McCutchen
Matt Capps
Sean Burnett
11
SFGMatt Cain
Tim Lincecum
Jonathan Sanchez
Fred Lewis
Pablo Sandoval

Buster Posey
Kevin Correia
Brad Hennessey

Brian Wilson

Sergio Romo
Jack Taschner
11
SDMat Latos
Wade LeBlanc
Adrian Gonzalez
Josh Barfield
Khalil Greene
Chase Headley
    6
COLUbaldo JimenezBrad Hawpe
Clint Barmes
Troy Tulowitzki
Chris Iannetta
Dexter Fowler
Manuel Corpas
Matt Daley
8
LADChad Billingsley
Clayton Kershaw
Russell Martin
James Loney
Matt Kemp
Jonathan Broxton
Hong-Chih Kuo
Cory Wade
Ramon Troncoso
Takashi Saito
10
ARIMicah Owings
Max Scherzer
Conor Jackson
Stephen Drew  
Mark Reynolds
Chris Snyder
Justin Upton
Miguel Montero
Brandon Medders
Tony Pena
Doug Slaten

Esmerling Vasquez
 
12

もし条件に合う選手で抜けている選手がいたら指摘していただけるとありがたいです。
こうしてみるとホワイトソックス・・・生え抜きがなかなか主力として出てこない。
野手唯一のアレクセイ・ラミレスは実質即戦力でマイナー経験もないし
もし生え抜きに入れなかった場合過去5年で先発と野手で上の条件を満たす選手が一人もいないことになる。
その割にはそれなりに勝てているのだけど。
生え抜き視点だと同地区のライバルのMINとは対照的ですね。
育つ前に他球団に出してしまっている例もたくさんある。
TEXも条件を満たす生え抜き自体は多くもなくトレードやFAで取ってきた選手が結構活躍してる。
条件をまだ満たしていないそれなりに活躍している生え抜き投手は何人かいる。


レッドソックスの属するアリーグ東は近年生え抜き先発投手の台頭が全体的に目立ちます。
特にレイズはこの投手に厳しい地区で毎年のように戦力になる先発が出てきててしかも
一過性のものでなくMLBにしっかり定着している選手が多いのはすごい。
レイズはこうしてみるとほとんどリリーフには生え抜きいないんですよね。
ソナンスタインも
もともとは先発でさらなる有望株に席を空けるためにリリーフに押し出されたような感じだし。
TORもいい先発や野手が多く出てきてはいる。怪我や極度の不振があったりやや一貫性に欠ける感じは
するけど他の地区に行ってればプレーオフに行けたシーズンもいくらかあるような。
レッドソックスは数自体そんなに多くもないけどオールスター経験者は
全チーム中で一番多くて定着率も高め。トレードはHラミレスが驚異的に
伸びたのは惜しくもあるけどベケット、ローウェルが大きな活躍をして07を取ったし
全体で言えば生え抜きの登用とトレードでの獲得ではうまくやっていてそのかわりやや
FAでの契約の方が不発気味。
NYYはFAで潤沢な資金を使う一方コア4のぺティット(一時期アストロズへ移籍)、
リベラ、ジーター、ポサダがここまで現役で
パフォーマンスを保っているというのはやはり驚異的といえるけど次世代の核は2005にカノーが出てきた以降
はヒューズが伸びてきたくらいか。
LAA、ATL、MINあたりは生え抜きの活躍の数の多さが目立ちます。
MINあたりは一番の主力のマウアーやモーノーも生え抜きだから先発と野手の多くは自前で
なんとかできてしまっていて定着率も高く平均年齢も若く生え抜きマニアには理想的なチーム。
MILは野手のオールスター級が多くでている。ARIも野手は結構育ってるけど先発が定着しなかったり
出してしまったり・・・。シャ―ザー(DET)や今年ブレイクのカルロス・ゴンザレス(COL)やエース格の
活躍が期待できるブレット・アンダーソンあたりがそのまま残ってればもっといいチームが
できていたかもしれない。PITは2006あたりは結構若手先発が出現しかけたのだけどなかなか定着できず。
COLもコンスタントに生え抜きが出てきている印象で少し前に遡ると
ホリデーやアトキンス、ホウプの野手陣やクック、フランシスの先発も出てきている。
SEAはサイヤングを獲得したヘルナンデス以外は条件をクリアした生え抜きがとうとうチームから
いなくなってしまった。
  ※Doug Fisterがいました。12/29に追加。
チュ・シンス、Aカブレラ(CLE)やアダム・ジョーンズ(BAL)、ソーントン(CWS)、ソリアーノ(FA)など
元生え抜きで他チームで主力に
なっているのはファンからすれば苦々しいところかもしれない。
SFGはバンガーナー含めた生え抜き4人の先発+クローザーのウィルソンが強烈。
LAAもオールスターに選出されるような先発投手がよく出てきますね・・・。野手はオールスター級
はいないけど内野全員が生え抜きって言う時期もあったし今年は低迷したけどここ数年
の好調は生え抜きの躍進のおかげといえるでしょうね。以前のチームの核の
ラッキー、シールズ、K-RODの3人も生え抜きだし。

レッドソックスの場合大物プロスペクトを他球団にトレードで出す機会はあっても取ってくる機会自体が
かなり少ないから現在内部にいるIFラウリー、OFケイリッシュ、SSイグレシアスには
スターとまで行かなくてもソリッドなレギュラークラス以上になれるように期待しています。
現在育った生え抜きの年俸もだいぶ
上がってきて大型契約での獲得も増えてきて
ペイロールもだいぶ膨らんでるから今後は新たな先発、野手の生え抜きが主力級に育つことに期待したいところ。



パぺルボンは来季もクローザー

さすがにメインの補強はもうほぼ終わった感がありますけど後はユーティリティか
いい話があれば捕手かリリーフをさらに強くするという言う感じか。
そういえば2010の贅沢税を払ったチームがヤンキースとBOSの2チームって発表になってました。
レッドソックスの場合2010のリミット(170M)を超えた分(7M程度)の22.5%を
支払うことになります(1.5Mほどだとか)。
今オフシーズンも心配されていた割には惜しみなく補強にお金使ってるし現時点で未決定の選手
の来季の予想サラリーも含めて来季の贅沢税の178Mのリミット
をすでに超えて182Mほどのようなので来年も払う可能性大か。
2年連続となると来年は課税率も今年の22.5%から30%に上がることになります。
1つ気がついたけどクラブオプション行使の場合ってAAV(Signing bonus含めた平均年俸)では
元の契約を引き継がずにそのままそのクラブオプションの金額になるんですね。ということでパピやAゴンは
今年の契約額そのままがAAVと言うことになります。

ゴリさん側がLAAの出した5年70Mあたりの提示に満足せず
5年85~90Mか6年を要求していると言う話です。
粘る粘る。とは言っても他にオファーしてる球団の話もまだ入って来ないしLAAの出したと言われる
5年70M以上出す球団があるとも思えないのだが・・・・。
BOSは早めにAゴンをトレードで獲得しておいて正解だったのかなと言う感じです。

ジェンクスがようやく契約成立。GMによると2011のクローザーはパぺルボンで行く
とのことです。
とりあえず左リリーフはドーブロントやマイナー契約の選手が何人かいるとは言えまだ不安はあるけど
ウィーラーも含めて層はだいぶ厚くなったことで安心して開幕を迎えられる。
ジェンクスのロスター入りに伴いIFのBrent DlugachがDFA。
マット・アルバースは非保証契約って出てたけどサラリーの0.88Mの約半分の0.4M
は保証されるみたいです。保険にしては高くついたか。
アッチソン含めてまだこのあたりはまだどうなるのか分りませんね。

ザック・グレインキーがMILへ

あっさり決まってました。と言っても途中ナショナルズなんかとも成立寸前だったらしいけど
グレインキー本人が断ったということでこちらに決まったらしい。
KCからは現金付きでSSのベタンコートもつけてMILの有望株4人CF Lorenzo Cain,
SS Alcides Escobar, RP Jeremy Jeffress, SP Jake Odorizziと交換。
NYYのほうもあんまり積極的でもなかったみたいでKCの要求するようなMLB readyの
ポジションプレイヤーSS、CFと言うところにはいい人材はいないし
CFは現有戦力のガードナーは出せないだろうし。SSはエスコバーほどの人材はいないということもあるし
グレインキーが重圧に耐えられるか云々以前にあんまり両チームの需要が合わなかったのかも。
※(SIのヘイマンの話ではKCはCモンテロとユーティリティIFのヌネスを要求したが
  NYが納得しなかったとのこと。意外!)
TEXはもっと頑張れなかったかなとも思うけどおそらくSSアンドラスや
投手のプロスペクトのぺレスあたりは要求されてただろうなぁと。
レッドソックスでいうならイグレシアス、ケイリッシュは当然として投手はラナウドは出せないし
あまりインパクトのあるプロスペクトがいないからダニエル・バードあたりは持ってかれてたかなと・・・。
おそらくブリットンとドーブロントの2人じゃ不足だったかと。
まあそんな想像は置いておいてひとまずこれでNYYには行かなかったということで一安心です。
FLAのノラスコも契約延長が成立したと言うことでこちらももう選択肢からは消えたか。

ゴリさんがLAAから受けたオファーはLA TIMESが伝えたところによれば5年70Mあたりだとか。
どうなるかねえ。

ダン・ウィーラーと契約

http://www.mlbtraderumors.com/2010/12/red-sox-to-sign-dan-wheeler.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter


今年は頑張りますね。
ウィーラーはタイプAですが調停オファーはされてないのでドラフト指名権は失いません。
単年契約+2012はオプションとのこと。
2012のオプションは65試合登板で自動更新だそうです。
まだ金額分らないけど今年のリリーフ全体から言うとかなりチーム有利な契約ですね。

※2011が$3M、 2012は65試合出場で$3Mのオプションが自動的に更新、75試合の出場で$3.25Mまで昇給。
バイアウトはナシだそうです。


ダン・ウィーラー(33)
地元ロードアイランド出身。
リリーフ投手には珍しく大きな故障もなく毎年安定して稼働する投手。
最近では特に右打者に対して多く使われていて昨年の左対右の対戦打者の比率が23:77というのと
今期64登板で登板数を大きく下回るイニング数48.1回(1登板あたり平均2.3個のアウト)
であることからほぼ右打者専門の短いイニングを任せる投手という使われ方をされている。
速球の球威はさほどないが左右に良く動かしカーブ、スライダーがとても効果的でこれを武器に右打者
を打ち取る。積極的にストライクを取りに行く部類の投手で
四球も少なくK/BBも良好だけど一発も食らいやすく極端なフライボーラーでもある。
6.7回あたりで左投手と組み合わせて使うには十分な戦力。
今年のFAのリリーフの相場と実績からすると1年保証の契約で取ることができたのは意外
でやや地元割引か。
もうフィジカルも終わって正式決定、
ジェンクスはまだ検査が残ってて正式決定ではないけど・・。

レッドソックスは左のリリーフをまだ探していると言うことで
これで松坂さんが5回で降板してもしっかり形になりそう(笑)
うーんレッドソックスも立派に悪の帝国ですね。レイズファンの皆さんごめんなさい。

ビル・ホールがアストロズと契約

昨年怪我人続出のレッドソックスにあっていい働きをしてくれたユーティリティのビル・ホール
がアストロズとの契約に合意しました。1年3.25M+相互オプションだとか。
どうやら2Bのレギュラーとして考えてるみたい。
ホールさんの希望がかないそうですね。これで再びレギュラーとして活躍できるチャンスが膨らんだし
頑張ってほしいです。フェリペ・ロペスもそろそろオファー来ないかな。

一方FAでいまだに残っているゴリさんことエイドリアン・ベルトレも
エンジェルスがオファーをしたことが明らかになりました。
うーんテキサスからのオファーはまだか・・?ミステリーチームはないのか?
撤退と言われていたA'sあたりが取れば来季は地区優勝も狙えるんじゃないかと言う感じも。

リリーフではダン・ウィーラーとはまだ交渉中のようですがフエンテスは撤退の様子。

ザック・グレインキーがトレード移籍を要求しているということで
もう何回目かこの話。ここまで球団とこじれてたら放出はほぼ確定的ですかね。
レッドソックスもNYYの行くところに名前ありということで
一応興味あり程度の話は必ず出るけどたとえグレインキーがトレード拒否権を破棄しても
(グレインキーは現在15球団に対するトレード拒否権を持つと言われNYYもBOSも拒否できる球団に該当する)
ケリーがトレードされた今となってはレッドソックスがKCに魅力的と思えるパッケージ
を提供するのは難しいと思います。
NYYには行かれたくはないので
できれば他の球団に頑張ってほしいものです。TEXとの第2ラウンドが始まるか?

ボビー・ジェンクス、アンドリュー・ミラーを獲得

bobbyjenks.jpg


よく取れたな~。契約時に体重に関する条項はつけられたのかどうなのか。

昨年までのホワイトソックスのクローザーのボビー・ジェンクス(29)と2年12Mで契約合意。
過去2度のオールスターと40セーブを記録。
95マイル平均の速球が7割のパワーピッチャーだけどスライダーやチェンジアップも良く左
を苦にしない。素行にやや問題があるとも言われるw
いわゆる三振も取れるグラウンドボーラータイプで最近流行りのxFIPなどの投手のセイバー系の数値は
実際のERAよりかなり良くセットアップとしてはまだ十分なスタッフは持ってるはず。
相変わらず無駄に太いがw 来年パぺルボンがFAになってもクローザーを任せられる
可能性もある投手なんで2012のクロ―ザーの椅子を巡ってバードと争うことになるかも。
高額なサラリーとやや割に合わない成績がネックとなって最近ホワイトソックスからFAまで1年残して
ノンテンダーされていた。つい最近ではヤンキースやレイズが狙ってるって話は出てたけど
レッドソックスの名前はあまり出てなかったけどなあ・・・。思いのほか
大物が来てくれたなと。
パぺルボンと衝突しないようにねw

一方レッドソックスをノンテンダーFAになっていたアンドリューミラーとマイナー契約で合意。
リチャードソンが無駄にならなくてよかったねえ。
それとAゴンのトレードでのレッドソックス側の最後の交換要員が40人枠の外野手パターソンに決定。
アルバースはa one year contract って書いてあるからMLB契約みたいですね。
これでパぺルボン、バード、ジェンクス、アルバース、アッチソン、ウェイク、ドーブロント
既にブルペン定員の7人となるわけだけど左はまだフエンテスや昨日名前があがってた
ウィーラー狙ってるって話もあるしまだ何かしら動きありそうですね。


リリーフが続々契約

クリフ・リーが一段落してからようやく動き出した感があります。リリーフの有力FA。
今日は立て続けに契約が成立。

CWS Jesse Crain 3年13M
LAD Matt Guerrier 3年12M
FLA Randy Choate  2年2.5M

狙っていたとされるクレインとゲリアーには早速3年契約で他チームが契約。
左のフェンテスも聞いた話だと6M×3年を狙ってるって話も。
レッドソックスには厳しい選択を迫られそうですね。
なんとか2人はいいリリーフを揃えたいところだけど。
ケリー・ウッドもカブスと成立間近だそうです。

現在レッドソックスは元レイズのDan Wheelerと交渉中という話。
良いスライダーはあるしスタッツも見た目はいいけど
使われ方で得してる部分もかなりあって短いイニングのほぼ右打者専門と言う感じで被弾も多く
個人的にはあんまり欲しい投手でもありませんが・・・・。夏にも話に出てきた
元レッドソックスのマスターソンを含めインディアンスのリリーフをトレードで狙っている
と言う話も出てきてます。
今年は下からの突き上げも期待したいですけど
現時点では下も薄いと言わざるを得ないしその分しっかりMLBで固めておきたいところではありますが。

左のLenny DiNardoとマイナー契約をかわしています。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。