スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W11-L14 4月負け越し決定 vsSEA 4-5

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_04_29_seamlb_bosmlb_1&mode=box

先発で負けリリーフで負け打線で負け。点差はわずかだけど個人的には
力でねじ伏せられた印象です。
力的に上回ると思われる相手にホームでこういう試合しかできないってことは
それだけのチーム力ってことですか。
今年のチームには勝った試合でも負けた試合でも強さや怖さを感じませんね。
マリナーズファンから見たらどこらへんにもある平凡なチームって感じに見えたんじゃないかな。

松坂4回途中降板3安打4四球4三振2失点。肘の張りで降板。
内容も信頼に値するもんではないけどまた今年も故障で離脱ですか?
次回以降どうなのかは明らかになっていません。
やはり信頼できる投手じゃないし年間200イニングなんて
口が裂けても本人が言ってはいけない投手です。

リリーフはジェンクスが大誤算、岡島は結果オーライ。
ジェンクスはあっさり打たれてましたな・・・・。

打線はあそこまで崩しておいてバルガスに7回まで投げさせるなんてねえ・・・。
頼りなさは相変わらず。キャメロンがようやく2HRと活躍したことだけですかね。
ペドロイアは不振継続中。
マックはそろそろ立場危ないんじゃないすかね


※追記
松坂、試合後の監督の話では次回も登板させる予定で
とりあえず大事ではない模様。
スポンサーサイト

W11-13L 再び最下位脱出 6-2

5654565266.jpeg


http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_04_28_bosmlb_balmlb_1&mode=box
レスター8回4安打1被弾 5三振 3四球 
相手が結構振ってくるのもあるけど今日も内野ゴロをしこたま打たせてイニング深く8回まで。
正直フォーシームは大きく抜けてたしカッターやカーブなんかの曲りがあんまりいいとは思わなかったけど
右打者へのツーシーム、チェンジアップが効いてましたね。
調子あまりよくなくてもなんとかできるオールラウンドな投手という感じになってきた。 
もう少し無駄な四球減らせたら、もう少し序盤ストライク先行できたら
完投ペースだったかも。
いずれにしろ今年の四月は良いスタートを切れました。

打線はAゴンのタイムリー2ベースで幸先良く先制するも以降苦しむ。
ノーアウト満塁やノーアウト23塁がチャンスとは思えないほど
なぜか頼りない。左右のストライクゾーンに投げ分けるコントロールはあるけど
しっかりした決め球があるわけでもないバーゲセンにノーアウト2.3塁で
前に打球を飛ばせず連続三振した4.5番にイラっときたが(笑)
サルティが8回のあの場面で粘ってよくタイムリーを打ってくれたのとジャコビーが変わらずHOTで
ダメ押しのタイムリーを放ったのでなんとか勝ちにつなげられた。
最後はパペルボンが危なげなくしめて試合終了。
サルティはいいところで打ちましたね。前の打席もあと一歩でホームランという惜しいあたりだった。
出場機会増えてくるといいね。今のテックならもっと増やすべき。

今日もノーアウトで得点圏でも点が取れそうで取れない、
いやーな展開でしたけどレスターはよく踏ん張ってくれました。
Aゴンは今日も3安打。2ダブル。
今のところストライクゾーンの広いアベレージタイプの中距離ヒッターみたくなってますね。
そろそろ甘い球ガツンと打った特大ホームランとかも見たい。

W10-13L守備から崩れて・・・・・・ 4-5

mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp

先発ベケットでテックスタメン、ラウリーSS先発

ベケットは今日もサクサクと序盤からコントロールよく抑えてたけど4回に落とし穴が。
CF/2Bの間に上がったフライをややペドロイアが深追いしずぎてお見合いポテンヒットに。
その後スコットに低めのカッターをうまくすくいあげられ、 次打者
アダムジョーンズには打撃カウントからツーシームが真ん中高めに浮いたところを
しっかり振られて連続被弾。4回は連続単打からワイルドピッチで
走者を進められてロバーツの犠牲でフライで加点。その後はしっかり抑えた。
6回自責点4 三振4 四球0

さすがにパワーもある打線なんでストライク先行で行くとちょっと危ない当たりも多かったけど
全体的には失投もあるけどいいところに投げてるし
そんなに問題なかったと思いますけどね。今日はテックの守備がかなりひどかった。
左右にボールが逸れてるわけでもないのに 4つくらい後ろに逸らしたのがあったし
実際得点にもつながっている。今年他の試合見ててももともと自慢の捕球能力にもやや衰えが
見られる。間に休みなしで連続出場だと体力的にちょっと厳しいのかな。
打線は今日のガスリーなら打ち崩さなきゃいけなかったと思いますけどねー・・・。
ストライクをどんどん投げるけどそんなにコントロールいい投手でもないし
結構甘くて打てる球も来てたけど打ち損じが多かった。
8回にようやくリリーフを捕まえてAゴンのタイムリーやユークのホームランなどで4点を返すも
その裏再び突き放されて万事休す。
ジャコビーは何となく力が抜けてるような感じで近頃は振ってるのはいいですね。


連敗。昨日は相手もいい投球してたし抑えられたなって感じだったけど
今日はこっちの打線と守備が悪かったなと。
なかなか遠い5割ですね。

W10-12L 連勝ストップ

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_04_26_bosmlb_balmlb_1&mode=box

テックスタメンマスク、ラウリーSSスタメン。

打てず抑えられずと言う感じでした。
バックホルツ6.2回 12安打 4失点 三振5 四球2
前回よりは状態はだいぶマシだったけどまだ取り戻すのに少し時間がかかりそうですね。
速球はバックにしては威力もなく狙ったところになかなかいかないし行ってもしっかり打たれたり。
昨年はしっかり低めに集められてたけど
今年は高低両サイド両方のコマンドに苦しんでて高めに浮いては
被弾以外にもあと一歩でHRて言う危ない外野フライも目立つ。昨年よかったカッタ―も
コントロールできなければ威力は半減。チェンジアップでなんとかしのいで致命的な決定打を
与えなかったのはよかったが・・・。

打線はジャコビーやパピがいい感じで打ってたけど相手ルーキー先発ブリットンの前に
ゴロゴロゴロの山。あんまり外野にすら飛ばなかったですね。
さすがにいいシンカーを低めにきっちり集められるしピンチでも動じない精神力もある。
満塁でAゴンの場面は崩れるかなと思ったけどあの場面でも
きっちり投手有利のカウントまで持っていってた。
チェンジアップも効果的。
リリーフにも完璧に抑えられてしまいました。

W10-11L 敵地でLAAをスウィープ

 4545454545656.jpg
 「JD先輩、最近補欠多いっすね」        「休養と呼びなさい」

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_04_24_bosmlb_anamlb_1&mode=box

というわけでJD,ラウリーがベンチ、スクータロSS,キャメロンRF、サルティ先発マスク。

ラッキー前半は危ない打球も多く守備にも足を引っ張られ苦しんだけど
中盤以降はサクサクアウトを連ねて8回無失点6三振1四球。
点差がついた後半は余裕を持って投げてました。
コマンドがかなり良く安定してきました。前回登板をスキップされたことに
本人はかなりいらついてたみたいですね。
試合後の本人の言葉からラッキーはサルティを今日は褒めてたしなんとか一安心です。
勝ててる時にどんどん経験積んで大きな捕手になっておくれ。


打線はクロフォードにようやくHRが出ました。
初回エルスベリーの2ベースからあっという間に3点を獲得して
中押しクロフォードのホームランでほぼ勝負あり。Aゴンも今日は3安打2打点の
活躍。7点差をウィーラーが閉め理想的な試合展開でLAA戦アウェイでスイープを達成。

移動日挟んで明後日からBALアウェイ3連戦。あとはバックが昨年の状態取り戻してくれれば
先発投手はひとまず安心出来るんですが。4月5割もなんとか見えてきたかな。

時節がらイエスキリスト復活と松坂をかけてるのでしょうけど
イエス坂笑わせてもらいました

W9-11L 4連勝で最下位脱出! 松坂8回無失点 5-0

15544555656.jpg
   唯一許した被安打は顔面付近の危ない打球。
   あぶねぇあぶねぇの表情・・・・相変わらず守備での反応は投手と思えないほどいいですね。
   ところでNHKBSさん今日の投球見てくれましたか?BOSの放送枠増やしてよね(爆) 


http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_04_23_bosmlb_anamlb_1&mode=box
21000/16/000000000000000・・・・・・・・
何日か前は放出しろと地元メディアで言われて会見でも悲痛な面持ちだった松坂さんが
その後まさかの15イニング連続無失点をしようとは誰も知る由もなかった。
ライター泣かせすぎる(笑)
まあしかしこれじゃしばらくテックはベケットと松坂のパーソナルキャッチャーにならざる
を得ないでしょうなー。レスターはそういうこと言わないだろうけど
ラッキーあたりがやっぱり俺もテックがいいとか言いはじめたらどうすんだべ(笑)


8回1安打9三振 3四球 115球。
ドミネイトピッチですね。見た感じアブレイユみたいな
百戦錬磨のいい左打者にはさすがに見送られてたけど
左相手に2種類のチェンジアップが低めに集まってタイミング外してカウントや空振り
取れてたしはっきり形になり始めた感じがしました。
力は前回の方があったように感じたけど速球はかなり動いてましたね。
あれは気候も影響あるのかな?
いつものようにカウント取りに行ったのが左打者の外角高め打者が手が届かないようなところに
グイーンと抜けるのもあんま見なかったしベケットみたいに左打者インコースから曲げて腰を引かせて
見逃し三振も取れていましたしある程度コントロールされているように見えました。
しっかり振られて外野にフライやラインドライブが上がるたびにヒヤリとしますが
やっぱ西海岸の球場や気候は松坂みたいな投手にはあうのかも。
調べてみたら実はエンジェルスタジアムでの登板がキャリアで初めてだったんですよね。
ストライクをこれだけ先行できて抑えられると見てる方もとても気は楽。

打線は今日はジャコビー、クロフォードにもマルチが出てジャコビーは足でかき回してたし
中軸もユークのHRとAゴンのタイムリーもでてなんとか5得点。爆発とはいかなかったけど
ずっと見たかった攻撃の形は見られました。ラウリーも左打席でも熱いですね。
JDはせっかく調子上がってきたかなと思ったのに・・・・すんごいやる気の無さ(笑)
ブルペンは5点差9回でバードか・・・・

W8-11L パぺルボン、ジェンクス3連投 4-3

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_04_22_bosmlb_anamlb_1&mode=box

ジャコビーリードオフ復帰。ユークが昨日の自打球のため休養。
ラウリー3B,スクータロSS、サルティ先発マスク。

レスター6回無失点。4安打8三振2四球。
全くと言っていいほどまともに打たれてないけど
2.3回でややボール先行しすぎて球数がかさみすぎましたか。
欲を言えばブルペンの状況からしてある程度点取られても7回までは行って欲しかったかな。

リリーフは今日は7回からアルバース→ジェンクス→パぺルボン。
ジェンクス、パぺルボンは3連投。
ジェンクスはほとんど91.92マイルあたりで球威が全然なかったですね。
連投は効かないタイプなのかしら。オカジやウィーラーは使いませんでしたね。
パぺルボンは今日はすごかった。

打線は今日も残塁祭り・・・・のはずが相手のエラーで運よく加点。
へイレンから4点も取ることが出来た。
今日はリリーフも悪かったけど本当ならへイレン降板後には何点か加点してないといけない。
Aゴンもクロフォードほどじゃないけど点取り屋としてはここまでは期待外れです。
もっと長打と打点を稼いで欲しいし打ち損じが多く出塁はしてるけど選球眼自体は
あんまりよくない。
キャリアのボールゾーンを振る確率と比べて見ても今年これまでのところは
かなり比率が高くて逆にストライクゾーンの中のボールを振る確率が低くなっていることからも
ボールの見極めにはやや苦しんでるし甘い球が来てもまだ打ち損じも多い。
打ち急いでる感じですかね。
パピはいつもの4月よりはいいし・・・・。
クロフォードはあそこまでヒットも長打も出ないのが逆にすごい。今日も目覚めず。

484844489.jpeg
これは打者が打席にいる時の塁上の走者の合計(BR)を何人ホームに返したか(BRS) と、
その割合(BRS/BR)を表したものです。
塁上の走者を返した数と割合なので本人のHRによる得点は塁上の走者のみカウントされて
本人の得点はカウントされません。
やっぱり返す人が物足りないんですよねえ。ここまで。中軸クラスが本当はもっと上に
いてこそ正常なんですが・・・・。
ラウリーすご!

サルティは一本ヒットが出ていいところ見せたら守備で3つくらいマイナスが出てきます(笑)
真中低めストライクかボールかギリギリという速球をパスボールとか、
悪い意味で見たことないような信じられないプレーをする。
打撃はいい感じの時もあるんだけど・・・・


2戦とも相手の暴走やエラーにも助けられたもので正直こちらも打線は打ててないし
勝ったって感じはせず勝たせてもらったって感じで紙一重ですね。
でもへイレン相手に勝てたし今日は素直に喜んどきます。

ユーキリスは明日から出場することが可能とのことで一安心です。
そろそろペドロイアも休ませたいところだけど。
なにはともあれいつの間にか地上が見えてきましたね。
4月のうちに出来れば5割にはしたいところです。

W7-11L 延長戦勝利 4-2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_04_21_bosmlb_anamlb_1&mode=box

テックが今季初めて連続試合出場。
相手投手は左でもないしベケットのことを考えてのことでしょうね。
フランコーナの話だとこの4連戦2試合テック、2試合サルティ
で行くみたい。ベケットと松坂の時はテックでということ。

ベケット8回 3安打 5三振 2四球。125球の熱投。
7回の先頭四球とハンターの3-2から真ん中に行っちゃったホームランはもったいなかったけど
安心して見てられました。今日は右打者カッタ―のコントロールと動きがかなり良かったっす。
これで三試合連続で7回以上自責点2以下を記録してて申し分ない働き。

打者はすさまじい残塁の数。追い詰めるけど点取れない見慣れた展開。
ジャコビーの2点タイムリーと延長でAゴンのタイムリー、ラウリーの犠牲フライで加点して
その裏パぺルボンが抑えて勝利。バード、ジェンクスもきっちり抑えて今日は
強化したブルペンもしっかり機能しました。

クロフォード・・・・・・不振なのは分るが6回で
ノーアウト1.2塁から次の打者がバットにさえ当たる気がしないバリテックと
不振のジャコビーで送りバントとは悲しくなったよ。
まあしかし・・・・今日も酷い状態でしたね打撃は。
そろそろしっかりしてくれんかな。
ペドロイア・・・・盗塁の時に昨年痛めた個所と同じところを引きずってた。
もう盗塁は禁止でいいくらい。昨年と同じ失敗繰り返さないために
ラウリーかスクータロを2Bでもっと使って欲しい。でも今日は大当たり。
ユーキリス・・・自打球で退場。
とても痛いらしい。一応X戦検査はネガティブだけど明日再検査。

試合には勝ちましたが昨年のトラウマがフラッシュバックするような試合でした。
大量DLで主力離脱は今年はゼッタイに避けてほしいものです。
AAAではライアン・ケイリッシュも守備でのダイビングプレーで肩を負傷しました。
昨年も感じたけど怪我を避けるのも選手のスキルのうちだと思う。
生え抜き内野手2人が怪しいと
むしろマクドナルドよりも内野手か内外野守れるユーティリティが欲しいところですね。
AAAではナバーロが熱いのでひょっとしたら昇格あるかな?

アルバースがDLから復帰してアセベスがAAAへオプション。AAAの先発ローテへ。
妥当ですけどアセベスはそれなりに使えていたしウェイク、ウィーラー、岡島を考えると
ブルペン枠もう一つ欲しいくらい。昨日今日と勝ち試合の3人の
ブルペンを連続で使ってしまったし明日は全員は使えないんじゃないだろうか。
打線が何とかへイレン打ち崩して欲しいがここまでめちゃくちゃ調子いいですね。
レスターに頑張ってもらうしかないかな。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。