スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W30-24L レスター試合を壊す

 77878989869898.jpg
             かなり屈辱的だろうけど初回だけでなく全体見て自分もそう思った



http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2011_05_30_chamlb_bosmlb_1
ラウリーが昨日のクロフォードとの接触プレーで左肩を少し痛めたので
サットンがSSで先発。シリアスなものだとは考えられていない。

今日のレスターはまさにアグリーピッチ。
3回持たず7失点くらいで降板しても全然おかしくなかったです。
相手の拙攻に助けられてようやく6回途中まで持ったと言う感じ。
最近は球が高かった低かったとか甘く行ってしまったとか言うコマンドの次元じゃなく
常にストライク入るかどうかという心配がついて回る。
ただ単に一番の基本である速球がストライク入らないノーコン荒れ球投手になってしまってる。
カッタ―がいい投手ではなくてカッタ―しか頼れない投手になってるし相手にもそれがばれてる。
調子悪くて球が走らないとか相手の打線が好調で打たれるのは誰でもあるだろうけど
点の取られ方が悪い意味でワンパターンで進歩がない。
速球がコントロールできない事が頻繁にあり
今日のカーブはほとんど大きくすっぽぬけててまともに投げられる球種になってなかったし
ストライクゾーンに投げられる球種がカッタ―しかなかった。
カウント悪くしては置きに行った高めのカッタ―狙われて右打者にしっかり振られる。
腕をしっかり振ればどこへ行くか分らない。
初回だけならまだいいが以降も立ち直る気配はなかった。
球速自体はしっかり投げれば出てるし最後まで94マイル付近は出てるから
体に問題はないと思うんですけどね。
コントロールに自信がないから球速落としてるようなところもある感じだし。
いずれにしろ総合的な貢献で一番計算してる投手がこういう投球頻繁にしてちゃ
きつい。今年は4月じゃなく5月だったかーで済めば良いが・・・。
次のレスターの登板は6/7のヤンキース戦初戦に変更。中7日での登板となるそうです。
いい休養になればいいけどね。

打線はAゴンに久しぶりの一発が出たことくらいかな。ペドロイアの2点タイムリー
で同点に追い付いていけるかなと思ったけどレスターが立ち直らずぶち壊し。
今日のピービの出来ならもっと打ち崩して欲しかったと言うのはありますが。
以前ほどの凄みはありませんね。
ボウデンはやっぱ上ではきついかな。

★明日はジェンクスが復帰。
連戦が多く投手が一番大変な時期に休暇をもらってたしこれでダメなら許さないw

★昨年のドラ1sの投手アンソニー・ラナウドがLow-AからHigh-Aに昇格。
ここまでは期待度の割には今イチですが期待を大きくさせてくれるような投球を望む。

★ドーブロントがAAAに復帰。3.1イニング47球投げてストライク29、1安打2四球5三振。
昨年後半からちょこまかと怪我での離脱が多い。しばらくはAAAでしょうけど
2度と離脱せずしっかり先発候補に名乗りを上げられるような投球を。
オプションも今年で切れるしレッドソックスで先発に定着するチャンスはそんなに多くはないはず。

★ラッキーが明日AAAで70球目途に登板予定

★マイナー契約のミルウッドが明後日AAAで登板予定。
出来ればMLBでミルウッドに頼るローテの状態にはしたくない。


せっかく首位取ったところなんでここで落ち着かず一気に離して行きたいんですけどね。
NYYは勝って早くも首位陥落。
アセベス、ウェイクで連勝はきついだろうけど一つは取ってもらいたい。
スポンサーサイト

W30-23L Wヘッダー1勝1敗

第一試合
http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_05_29_bosmlb_detmlb_1&mode=box
ユークDH,サットン3B、キャメロンRFで先発。

試合は見てません。
パピの代打逆転HRで勝負あり。バックホルツは腰の状態が良くなかったみたいだけど
被弾2ながらもなんとか6回3失点。
意外と相手のメジャーデビューのオリバー相手に打線が苦しみましたね。
アルバースが今日も下位をまたいで無失点は素晴らしい。
ペドロイア、キャメロンにもHR。

第2試合
http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_05_29_bosmlb_detmlb_2&mode=box
サットンSS,RFはドリューが復帰先発、ベケット先発でテックが捕手。

不運な当たりも多いと思ったしそんなに抑え込まれたって
印象はなかったんですけどバーランダーに8回途中まで無失点に抑えられました。
130球超えてるのに100マイル出てたバーランダー・・・人間じゃねえw
ベケットは今日はコントロールがかなり悪かった。
危ない場面はしょっちゅうあったけどよく2点で抑えましたね。
ドリューが珍しくマルチ。
ヒルが今日も素晴らしかった。
ジャコビーはセンターライナーギャンブルして突っ込んで後ろに逸らして長打に
してしまったけどほぼ1点取られたら負けのところだし確かに賭ける価値はあったと思う。
でも相対的に見て横の判断はまだいいんだけど前後のフライやライナーの
打球判断はまだまだ甘くて改善の余地ありって感じはしますね。

中地区ロード5勝2敗。順調そのものですね。明日からホームでCWS三連戦。

リリーフのモラレスが前腕の張りでDL入り。ボウデンが昇格。
モラレスはまずどこも痛めてないだろうな。
ジェンクスがAAAで20球。ストライク11球で四球も1つ出した。
速球は94-96マイル。これでリハブも終わりだと思う。
ボウデンと入れ替わるでしょう。

W29-22L ウェイクMLB通算195勝目で地区首位

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_05_27_bosmlb_detmlb_1&mode=box

ウェイクも黙っちゃいない。7回2失点。
巡ってきたチャンスでしっかり結果を出している。
この広さの球場と今日みたいに外野守備ががんばってくれればまだまだ行けますか。
200まであと5つ。このチャンスを逃したら次はいつ来るかわからない。
是非ここで達成して欲しい。

打線はポーセロを序盤から崩しユークの右中間タイムリー、ジャコビーのHR、
クロフォードのHRなどで6点。以降は相手の3周りくらいグレード下がった
ランディジョンソンみたいな左投手に苦しんだけどバード、パぺルボンで守りきり
完勝。
レディックはAAAの成績が示す通り確かにここまでのところ
ストライクゾーンが小さくなってる感じですね。
打ち損じはあるけど以前より自分で有利なカウントを作り出すことが出来てるし
確かに成長は感じる。
サルティは当たれば怖いし以前ほどボールは振らなくなってるけど
いくらなんでも真中の速球に続けて空振りしすぎだろう(笑)
ジャコビーはここのところ安定して先頭切ってチームを引っ張ってますね。リードオフ
と言う感じに成長してきた。昨年出さなくて良かった。得点はチームトップ、盗塁も
リーグトップ。初のオールスターが視界に入ってきた。後はラウリーとサルティが
オールスターに入れば野手全員オールスター経験者に。
少しハードル高そうだけどラウリーはまだ可能性あるかな。
若手ががんばってくれれば多少ベテランで不調や怪我が出ても大きな傷にはならないですね。

NYYが負けたので東地区で単独首位となりました。久しぶりだなと思って調べてみたら09年の
7/19以来。ヤンキースの試合途中から見てたけど元BOSのデビッド・ポーリーがリリーフで頑張ってた。
ここからどんどん離して行きたいですね。

★ジェンクスがAAAで登板。1イニング14球。ストライク8球 三振1 被安打1。
速球はだいたい94マイル平均で最速95。armに不安はなしと。
次回は日曜日に登板予定。
オカジもAAAに合流して登板したようですね。
groin injuryで故障者リストに入っていたドーブロントも月曜日にAAAに復帰する見通し。
ラッキーは今日コメリカパークで味方打者相手に40球。火曜日にAAAで70球を目途に
登板する見通し。ドリューはいつも通りと言うか出るのに問題ないようだけど
レディックがいいうちはあんまり無理しなくても(笑)
どっちみち明日は先発が左と言うことでキャメロンが先発するよう。
左肩(投球するほう)の怪我のリハビリに励んでいるもう一人の
外野プロスペクトのライアン・ケイリッシュは
フォートマイヤーズのXSTの試合でDHで試合に出場したよう。
AAAでもまずはDHで復帰か。
スクータロはティー打撃を3日連続で行って痛みなし。あすにでも打撃ケージで打つかも。

W28-22L アセベス好投、打線連日の大爆発

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_05_26_bosmlb_detmlb_1&mode=box

マクドナルドDLでレディック昇格。また怪しいDLだ・・・・。
マックは戻ってくるかな。ここのところ全くと言っていいほど出番がなかったし
サットンの方がUTとしてフィットしそう。
スクータロがあと数週間で復帰するだろうけどその時25人にいるかどうか。
早速レディックがスタメン起用されて三安打打っている(レディックマニアのnomar5さんおめでとう)。
昨日怪我を理由に休んだユークもスタメン出場。ラウリーを休ませてサットンがスタメンSS。

まさかの圧勝。アセベスとシャ―ザーでここまで差がつくとは。
アセベスが本日も6回1失点三振6四球2の好投。
今日もバリテックと言うことでしばらくアセベスはテックが受けることになるんでしょうかね。
カーブをカウント取るのに効果的でうまく使っていたなと。
特筆するほどいいボールはないけど基本的にどの変化球でもストライク取ることが
出来るので打者は的が絞りずらそう。今日は割と低めに集まってたし
低めのツーシームでも空振りがかなり取れていた。
いい感じで先発枠争ってますね。素晴らしい。

打線は今日もクロフォードが4安打3塁打2本の大爆発。右中間方向にもいい打球が行き始めた。
サットンもマルチ、昇格スタメンのレディックも
いきなり3安打マルチ
と伏兵の頑張りが非常に大きいここ最近。頼もしい。
ジャコビーが久しぶりにHR。コメリカでも結構深くまで行ったし
今年はモンスターに当るのもそれなりに出てきてるしパワー自体はついてきてますかね。

先発
ウェイク&アセベス 5試合 27.2IP ERA3.25
ラッキー&松坂 14試合 75.2IP ERA6.54 

( ´,_ゝ`)プッ



ジェンクスが明日AAAでリハブ。脇腹痛めていたスクータロがようやくスイングを開始。
NavaがウェーバースルーしてAAAへOutright。個人的には残念。

W27-22L  20安打で14得点

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_05_25_bosmlb_clemlb_1&mode=box
ドリューがハムストリング痛めてキャメロンがスタメン。
昨日のファールグラウンドのフライ捕球全力疾走で痛めたらしい。キャメロンも出番
少ないしJDも打ててなかったしちょうどいいや。ユークは一昨日のデッドボールと
昨日の守備でのタッチプレーで左手を痛めたようで試合寸前にスクラッチ。
大きな怪我ではないようだが。ペドロイアは予定通り試合に復帰。


初回から打者1巡の7得点と勝負を決めました。
レスターは今日は最近のうちではだいぶ良かった。点差がプレッシャーを
取り除いたのは本人も認めているけど
フォーシームでストライク取れてたしあんまり全てにストライクゾーンの隅をつつくような
投球って感じじゃなくて右打者インコースにも速球でしっかり攻めてたし
力もそれなりにあった。カッターは相変わらず多かったけど今日は前回よりシャープだった。
ここ最近チェンジアップを使う頻度を減らしてるのは意図的なことかな。
カーブはまだいまいち。6回96球で3安打7三振1四球無失点の降板。
点差付かなきゃもう一イニング行ってたかな。
モラレスは2点取られたけどキャメロンのボーンヘッドによるものだから
ちょっとかわいそうだったなと・・・。


打線は無安打のラウリー以外先発全員マルチ安打。20安打 HR4本。
中でもクロフォードが久しぶりに固め打ちの4安打1HR 2ダブル!!
3ベースが出てればサイクルヒットの活躍。
ペドロイアも4/15以来の久しぶりのホームラン含むマルチ、サルティもまたHRを含むマルチで
出塁率は低いもののここ最近の好調でOPS.700に乗った。
左手の痛みでユークが出場回避したけど全く感じさせずに
新加入のサットンも3安打とよく打った。

初戦は嫌な負け方だったもののその後二つはしっかり戻して勝ち越し。
十分ですね。下位が当ってきてるのは大きい。JD以外(笑)
ラウリーもさすがに打率が落ちてきた。ここからですなあ。

現時点では怪我人が多いけど5月はここまで16勝7敗とかなり勝てている。
特に捕手の2人が5月に入って好調を
キープしてくれているのが頼もしいし、このままうまく行ってもらうことを望む。
1番の問題はやはり先発でしょうね。ラッキーが復帰後チーム4番手として計算できれば
今のままで十分強いと思うけどそれが難しければ補強は必要になる。
ラッキーがしっかりローテの役割を果たすなら
5番手は内部で補えばいいのではないかと。ウェイク、アセベス、ミルウッド、
ドーブロント、ウェイランド
あたりにチャンスを掴んでもらえれば。順番から言うと準備が整えば来季の可能性考えてドーブロントも
試してもらいたいけど。5番手候補がうまく行けばそのままでいいし
うまく行かなければその後で十分。これ以上怪我人を出さずに行ってもらいたいけど
まだ先は長いしそんなにうまくは行かないんだろうなー。

W26-22L バッテリーの活躍で勝利

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_05_24_bosmlb_clemlb_1&mode=box

安心のベケット。前回の首のことがあったのでどうかなと思ったけど
あっさりCLE打線を抑え込みました。6.2回5安打 6三振、3四球 1失点。
開幕から先発投手では唯一安定した投球続けてくれてますね。
現在ERA1.69はアメリカンリーグのトップ。とくに今のところ
特に目立つのは被弾の少なさですね。
7回途中後を継いだヒルの火消しぶりも見事でした。
ヒルは8回も登板し0封、最後はパぺルボン危なげありながらも閉めて勝ち。

野手ではテックが攻守にわたって大活躍。守っては盗塁二つを刺し打撃でも今季初HR。
Aゴンもタイムリー2ベース。あんまり全体では今日も打てなかったけど
効率よく得点が取れました。

ラッキーが今日ブルペンに入り速球のみ40球の投球練習。
次は変化球も交えて投げるそう。マイナーで登板後の6/5のアスレチックス戦
復帰を目指すようです。意外と早かったですね。
たぶん球団の気遣いだろうけど前回ローテスキップした時もアスレチックス戦だったな・・。

オカジがウェーバーを通過してAAAへOutright。
さすがに今のサラリーだとクレームする球団はなかったか。
FAを選ぶこともできたようだけど、その場合今季のサラリーの残りを諦めなければならないと
言うことらしく残留を選んだよう。

明日は最近不安な登板の続くレスター。そろそろいい登板で周りを安心させて欲しいぞ。

W25-22L 悪い流れ

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_05_23_bosmlb_clemlb_1&mode=box&c_id=bos

試合の結果は逆転負け。
バックは良く頑張ったけどペドロイア離脱で入ったサットンの
エラーまがいの守備で出塁を許した後バック降板後にバードが炎上。リードを守れず逆転を許し
9回は1アウト1,3塁のチャンスを作り出すもクロフォードがまさかの4-6-3ダブルプレーで試合終了。
ペドロイア怪我で交代以後非常に悪い流れで星を落としてしまった。

バックはとてもよく投げた。100球前だし続投の選択肢もあっただろうけど
前回128球も投げた後と言うことで最初からある程度早めに代える
つもりだったようだ。
バードはコントロールそんなに悪くなかったけど
ブラントリーとAカブレラの2人に打たれた。
Aカブレラはバックホルツからも豪快にホームランを打っており
長打力がかなり増している印象。このままいけばオールスターのSSの先発は彼かもしれない。
あとエルスベリーの盗塁を刺した捕手マーソンの送球が非常に素早くて
素晴らしいプレーだった。
レッドソックスの打撃陣も結果ほど悪くはなかったが相手の好守に多く阻まれており
やや残念な結果に。マスターソンもやや荒れ気味だったし決して良かったとは
言えないけどゴロゲッツー二つ取るなど持ち味をしっかり発揮し気がつけば
8回途中まで2失点。いい投手戦だった。

ペドロイアが走塁中につまずいて左足首を痛めて交代。明日は休ませるようだが
幸い重大な怪我とは考えられていない。明後日には試合に復帰する予定。
現在MIFはスクータロ、ナバーロが脇腹を痛めており復帰は未定。
スクータロはまだドクターストップ中でバットを振っていない。
イグレシアスの打撃はまだSSとして考えてもMLBレベルではない。
サットンはご覧の通り守備は下手だし他のマイナーのMIFにしてもペドロイア
と比べれば大きなダウンになること間違いなしで特に内野守備は
ユークラウリーもいいわけではないから厳しい状態になる。
元々の足の状態がどうなのかわからないけど現在の不振と関係あるなら
ある程度休みを取りながら慎重に使いたいところだが・・。

松坂が今月末にセカンドオピニオンをLAで受けるそう。現在チームには帯同しておらず
許可を取って日本に帰っているそうだ。
監督は松坂がトミージョンは受けないという見通しを示した。

W25-21L ウェイクフィールド好投

http://boston.redsox.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_05_22_chnmlb_bosmlb_1&mode=wrap&c_id=mlb

ウェイク素晴らしい。負けてません。
カブス打線をほとんど寄せ付けず6.2回 無四球1失点の好投で今季初勝利。
通算194勝目で200勝まであと6つ。このまま好投を続ければ今期中に達成可能か。
降板時大きなスタンディングオベーションで迎えられてた。。
アセベスと2人あわせて11.2回2失点。
心配していた二人だったが出足は順調。

打線は中軸が作ったチャンスを下位の犠牲フライ2本で先制後
今日もやってくれましたサルティの豪快なソロHR,ユークの決勝2点タイムリーで5点。
出来れば大量点でウェイクが完投出来るくらいまで伸ばしてブルペン
休めたかったけど贅沢か。
以降バードパぺルボンのリレーで零封。
Aゴンが連日のマルチで4安打、打率は.342。首位打者と打点王狙うか。
パピとペドロイアもマルチ。
パピはここのところ継続して状態いいけどペドロイアはまだ今一つ。良かったり悪かったり。
サルティ長打増えて来ましたね。かなりのスイングスピードを見てても感じるし
ゴロなんかの球足も速い。
あとはクロフォードやペドロイアが上がってこれば本当にすごい打線が見られる
と思うとワクワクするがクロフォードは今日も速球を3球連続空振りで三振とかあったし
そんなに速くない投手のカウント取りに来た甘い速球でも普通にふり遅れてたりするし
タイミングがなかなか合わない感じの打席も多い。
勝ってる時は批判もされないだろうけど負け始めると5月も終盤になってるのに未だに
OPS5割近辺をウロウロでは真っ先に矛先が向くことになって
余計精神的には追い詰められること間違いなしなので早めに不振脱して欲しいけど。
4点差がついた後ラウリーは昨日の報復四球をケリー・ウッドから食らう。
相手のバードは残念ながら顔の骨折が判明してDL入り。

ラッキーは火曜日にブルペンセッション始める予定。
明日は元レッドソックス、今季好調のマスターソンとバックホルツの対決。
楽しみ(´∀`)  連戦中だし右打者はほぼノーチャンスのマスターソンなら
ペドロイアかユーク休ませてサットン使うにはちょうどいいところ。
これでひとまずインターリーグは休止で中地区へのアウェイ7連戦。
とりあえず表ローテの先発3人は全員6回は投げて欲しいし
アセベスとウェイクはリリーフのこと考えると登板日離した方が良い感じはするけどなあ。
ラッキーがいつ戻るか。長くはかからないとは言われてるけどはっきりしない。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。