スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W45-34L 3カード連続負け越し確定

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_06_29_bosmlb_phimlb_1&mode=box&c_id=bos
これでNYYと2.5ゲーム差。

ラッキーは7.2回2失点 8安打5三振1四球。
結果ほど良くも感じなかったけどなんとか低めに丁寧に集めて打ち取ったと言う感じ。
珍しくチェンジアップがカウント取るのに機能してた。
速球は威力はないけどコントロールはまずまず。
ピーター・ギャモンズさんがラッキーのTJ手術の可能性があるかもしれないなんて爆弾投下してたけど
球団側は当然否定はしてたけどラッキーの肘の状態が万全でなく心配の種であることは間違いなさそう。
もし本当にTJなんて話になったら天才エプGMの首もそろそろ涼しくなってるか。
いずれにしろ肘がこれまでの不調の大きな原因なら
このまま最後までいい状態でローテで持つのか大きな疑問が残るのも確か。

打線はAゴンパピを無理矢理守らせて使ったけど残念ながら効果が出ず。
5安打で長打は投手のラッキーのタイムリー2ベース1本。相手投手のウォーリーは想像していたより
かなりいい投手だったけど
それにしてもやられすぎ。Aゴンはここまでよくやってるけど
みんなが沈んでるこういう時に長打を狙って打って欲しいな・・。
ペドロイアも選べるけど思いっきり引っぱってレフト方向にラインドライブみたいな
らしい打球はまだ少ないですね。ユークも三振は減ってきたけど同時にパワーも発揮してなくて
調子は上がってこない。
ジャコビーは最近ついてないけども同時にポップフライが増えてきた。
スクータロはいい球積極的に狙ってるけど当たり損ないのポップフライが多い。
シーズン始まったころの打線の悪循環がよみがえっている感じ。

うまくいかないですね。個人的には成績以上に結構追い込まれてる感じがするんですけど。
やっぱり打線はまだしも全体で先発がどうにも状態良くないのが気になる。
ベケットは今年いいけど以前ほど内容的には支配的な投球をしているわけではないし
ERAに関してはここまでがやや出来すぎ感がある。それでも怪我さえしなきゃ高いレベルの成績
は残してくれるだろうけど
レスターはコマンドが不安定で右打者に対しデッドボールが多く
ストライクゾーンでしっかり勝負できておらず速球カーブ
はここまで出来が良くないためカッタ―に偏っているという少し不安な状況でもある。
バックホルツは腰に不安を抱えオールスター明け復帰と言われてるし再発は怖く
ラッキーは肘に不安を抱える。ウェイクはウェイク。ミラーは可能性はあるけど可能性。
結局今年も野手頼みと言う感じだけどここもそんなに頑丈な選手ばかりでもないので。
ラウリーは早くてもオールスター明けの復帰だろうと。
大きな成績の上積みが期待できるとすればクロフォードさん、それはチーム一の高額年俸を
もらいながら期待通りの活躍をしてないあなただ(笑)
あとレディックサルティあたりが後半爆発的な活躍してくれればなあ・・。

そんななかAAAでは先発プロスペクトの
カイル・ウェイランドが8回1ヒット12三振(!)無四球の好投。
今年は着実に評価を上げる年になってますね。
毎年課題を一つ一つ克服して自分のモノにしている印象。
今年は空振り取れるカーブと同時に左打者のインコースのカッタ―が使えてるようですな。

明日は左のハメルズだけどどういうオーダーで行きますかねえ(笑)
スポンサーサイト

W45-33L  リーの前に2安打完封負け

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_06_28_bosmlb_phimlb_1&mode=box&c_id=bos

さすがに監督も頑固。相手がリーと言うことで今日もマックを5番、キャメロンをスタメンRF。
レディックをベンチ。パピもベンチ。ベケットでテック先発。
5番以降は打てる気がしない。が一応打った2安打は5番以降であった。
モラレスがアッチソンに代わって昇格。リハブの期間がヤケに長かったし
やっぱり何かを矯正させるためのDLだったんかなと。
まあ一応左のリリーフが一枚ですね。


ベケット6回5失点5安打2被弾1三振1四球 
まだ体調は万全ではなしということで速球のスピードがたぶん過去の登板で一番なかったと思う。
平均で91マイルちょっとと言うのは今年のベケットがあまりスピードを出してないのを
考慮しても遅い。HRはボールが先行した後の球威のない速球。
まあどっか故障してるわけでもないしそのうち元に戻るでしょう。次回以降に期待。
打線はマックとスクータロの2安打だけ。
ジャコビーなんかはいい当たりがほとんど正面って感じでかわいそうなくらいだったけど
相手に完璧に封じられました。多少運が味方したところで今日は難しかったでしょう。
それに相手の守備もやっぱり良い。ユークはちょっと最近まともな当たりが減ってますね。足は大丈夫か。

唯一よかったのは復帰したリリーフ陣かな
モラレスは相変わらずボール先行でカウントが深くなり苦しくなってますが
3者凡退2三振。ジェンクスの復帰登板も苦しんだもののスタッフはそこそこ戻ってた。
2三振1四球に打ち取った当たりの内野安打1本。

明日はパピが1Bやるみたいですね。本当にAゴンがRF守るのか・・・・?
ラッキーがマウンドで怒る姿が目に浮かぶ(笑)
バックホルツと交代でDLに入らないようにしっかりしてくれ。

お休み

おっと今日は休みだったんですね。特に話もないんで簡単なニュース。

★田澤が60日DLから復帰してAAで登板。TJ手術をしたリッチ・ヒルが60日DLへ
今日も登板してかなり打ちこまれたみたいですね。40人に入ってるし
うまく行けば後半リリーフで上がって来られるかと言うところだったと思うけど
正直言って今の状態なら他に上げたい選手は何人もいる。

★マイルズ・ヘッドがA+に昇格。右投げ右打ち2009年のドラフト26巡目の1B。
A-で今季338 /.409 /.612  15本のホームランを放ち現在赤丸急上昇中の20歳。


デッドラインを見越してレッドソックスのニーズを考えよう!
と言うことで現在の状況でレッドソックスが補強しそうなポジションをチェック。

①先発投手
本当ならこれだけの先発を集めて先発を補強したいなんてファンに言わせてること
自体チームの恥だなと思ってるわけでヤンキースファンには大笑いされてるんじゃないか
と思ってるけど実際今の時点で言うならヤンキースやレイズとも差がついてませんし
松坂とか言う人は肘を壊して現在プロツイッターとして活躍中だしラッキーは心身共によくわからない
状態であてにならず。ラッキーが4人目として任せられるというくらい回復すればそこまで必要ないと
思うわけですがラッキーがやっぱり駄目となればローテ4.5人目は内部で言うなら
ウェイク、ミラー、以降AAAのドーブロント、アセベス、AAAミルウッド、AAAのウェイランドあたりになるわけで
このメンバーに二つの枠を任せるのは
少し厳しいのではないかと。バックホルツの腰も大事ではないと言われながらも
現実に2度3度腰が原因で登板を回避していると言うのもあるし。これまでの経緯から言っても
完璧に治療できると言うのはちょっと考えにくいのかなと。復帰しても同様の理由で
また離脱をすることになるかもしれない。
松坂が来年の大部分投げないことはすでに決定しているのでローテに空きがないと言うわけでもないし
来年も任せられるの堅い先発を取ろうとすることがあってもおかしくはないですね。
来年以降も任せるなら出来る限り確実な人材が欲しいのですが今のマイナーの状態だと
そのクラスを獲得するのはちょっと厳しいかなと。


②両翼守れて打てる左に強い右打者

現在のレッドソックスのRFのOPS・・・・.616・・・・・・30球団中最悪

JD(221PA)・・・・.232/.330/.326  OPS.657
キャメロン(102PA)・・・154 /.218 /.275  OPS.493
マクドナルド(49PA)・・・.109 /.163 /.174  OPS.337

ひどい~
野手の明らかな弱点はLFとRF。最悪な成績なのに人件費がなんと両翼で
年間$40M以上かかってると言う球団があるようだ。
LFに関してはクロフォードが不調の上ハムストリングを痛めてDL入りしていますが
戻ってこれば任せるしかありませんし復帰はすぐそこ。
となるとRFと言うことになるけどレディックは最近生きのいい
パフォーマンスを見せてくれてますが他がダメ。特に厳しいのは右打者でマックとキャメロンは
どうにも結果がでない上に枠を二つも潰していると言う状態・・・・。
マイナーにもう一人の次期RF候補ケイリッシュがいますけどこちらも肩の故障明けでまだ
試合でプレーしていませんし左打者。
レディックががんばってくれているし野手全体で言えば強いんで、わざわざいい人材を出して
しっかりしたRFレギュラーは
取ることもないとは思いますけどせめてJD、レディックが良くない時のしっかりしたサポートの出来る
右打者は欲しいところですね。キャメロンが復活してくれりゃ一番いいに決まってるんだけどねえ・・。
レディックがこのままいいならJDをしばらくDLにでも入れておきますか(笑)
リリースはないだろうしレディックを一時の好調で完全に信頼してと言うわけにもいかないでしょうし
デプスもいないからJDをリリース同然で出すのはまだ反対ですけどね。
最近はそんなに悪くはないんだけどなあ。


③SS
ここは来季以降のことも考えて。現在来年以降は白紙と言っていいのではないのかなあ。
ラウリーがしっかりしてれば、または
イグレシアスが来季にMLBで行けるってくらいよければ必要ないかなってところだったんですけどね。
ラウリーが復活しても来年はSSとしては諦めてラウリーを3Bに移してユークをDHに移すってことも考えてるかもしれないし。
イグレシアスもAAAで打撃に苦しんでいて来年にはMLBと言う状態ではないように見える。
獲得はないとは言い切れないしその場合同時にスクータロを他球団に出そうとするんじゃないかな。


④リリーフ
おいしい話があればいつでも。でも補強のメインになるほどまだ悪いとも思ってないけど。
左が厳しければ内部で言えばドーブロント、ミラーあたりも選択肢には入るでしょう。
パぺルボンやバードが怪我するとかなればしっかり補強しなきゃいけないけどそうでなければ
おいしい話以外はのらない方が吉と言う感じが。第2のガニエはいらない。


ここまで妄想を書き散らしてきましたが
本当は補強なんかなしで行けるくらいじゃないとダメな年なんですよね。
開幕前これだけお金と人材使って勝負かけてるわけですから・・・・・。
正直言って出す方のプロスペクトの評価も特に期待値の高かった
組織内の投手が今年悪くて評価は下がってるように思いますし
イグレシアスもAAAで打てず落としている。ケイリッシュは怪我。
Aゴン獲得で明らかなトレードバイトと考えられてた1BアンダーソンもAAAで停滞したまま。
レディックは現在トレードバイトと言うより現在戦力として期待できるし
正直大きな獲物は難しいんじゃないですかね。
現在のレッドソックスでプロスペクト全体のTOP100に確実に入りそうなのはラナウドくらいじゃないのかな。
贅沢税も確実にすでに上限超えてるんで資金的にもサラリーの高い選手はどうなのかなと。
そういう選手取るならこちらも同時に高い選手を出せないといけないのではないかと思うけど
キャメロン、ドリューあたりを高く買ってくれるチームはないでしょうし。


本音を言うとチームに補強なんかさせる前に選手にもっと頑張ってほしいと言うのが一番。
いつもの年なら誰が来てくれるかなとかいろいろ考えるのも楽しいけど今年はちっとも楽しくない。
開幕前にこの戦力で十分最後までいけると思ってたし行けなきゃダメだと思ってたからです。
正直言うとここまではNYYのほうが希望通りに来てる感じでレッドソックスからすれば物足りないし計算外
だと思いますね。あちらは昨年2番手のヒューズやソリアーノやフェリシアーノ、チェンバレンが
抜けてこれですから。厳しい状態に変わりないのに今のNYYにレッドソックスは先を行かれている。
レイズとの差もつけられない。
デッドラインまであと一月ほどですけど補強なんかいらないよって言う状態になってくれることを望んでおります。クロフォードとラッキーとJD、キャメロン、ジェンクスは意地を見せてくれよ。

W45-L32 連敗阻止

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_06_26_bosmlb_pitmlb_1&mode=box


JD5番RF,レディックLF、6番捕手サルティ。

どうにかこうにか連敗阻止。
両チームとも守備が乱れて凡ミス合戦と言う感じでしたが今日は相手の方がより乱れていた
ということで。ここのところ展開的に点が取れないことは仕方ないけど
やはり三遊間の守備の乱れはが気になるし、それがしっかりしてればあるいはもう一勝できてたん
じゃないかというのが悔やまれる。
今日も不安はそのまま出た。
今日はレディックもフライをポロリ。ユークはちょっと足の状況も気になるし
そろそろ休み与えてあげたいけど今の打線の状況じゃ無理ですね。

ミラーがなんとかストライクを投げ6回2失点自責1。
ミラーは前回よりチェンジアップが良くなかったけど
今日も速球でストライクを先行させてよく投げました。
ほとんど外野にも飛ばなかったですね。
スラーブなんかが抜け始めると苦しくなるけど三振4つは全てスラ―ブ。
決め球としては今のところなんとか機能している。


そういえばJDが試合前の打撃練習でのこと、バント練習で打球を目に当てて
目が腫れてたため視界が悪くて結局初回で交代。
成績では困ってるけどネタだけには困らない人ですな(笑)

相手先発投手のいとこで同じ名字のマックが代役で出ましたけど
今日もまるで打てずチャンスを潰してしまいました。
そういや相手の先発のマックはペドロイアになにか恨みでもあるのかってくらい
ペドロイアの打席で顔に向かって投げまくってましたね。3球はあったぞ。

★左リリーフのホットビーがマイナーへ降格
ジェンクスが復帰するのですが現在リリーフに左が一人もいませんね。
ホットビーはもう少しコントロールは欲しい。

明日からフィリーズ戦です。ローテはこれ
http://boston.redsox.mlb.com/news/probable_pitchers/index.jsp?c_id=bos&date=2011/06/27

ベケットとリー レスターとハメルズは見所ですね。
最低1つ、2つ取れれば大成功ってことで。

W44-32L 4連敗で首位陥落

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_06_25_bosmlb_pitmlb_1&mode=box&c_id=bos

4連敗。ヤンキースが勝ったため、とうとう首位陥落となりました。レイズも最近好調で
1.5差まで迫られています。

ウェイクは何年ぶりの帰還になるんだろ。最後にピッツバーグで投げたのが
1993年9月30日で完封勝利。もちろんその時はパイレーツのユニフォームで
球場も現在のPNCパークではなかったということで
PNCパークでは初めての登板。ウェイクが投げたMLBの球場の数は
MLB通算でこの球場で40球場目だそうです。動画でも見た感じかなりきれいな球場。
ちなみにMLB記録はジェイミー・モイヤーの49球場だとか。
ファンとしてなら出来そうだけど投手としてこれをやるのは長年活躍してないといけないわけだから
偉大ですよね。

6回5失点。ウェイクがウェイクである限り被弾での炎上はある程度仕方ないけど
四球がちょっと多かったですね。あと昨日に続いて内野守備の弱さがやっぱり少し目立つかなと。
三遊間はやっぱり守備が弱いしアームが他球団の三遊間にくらべても弱いかなぁと感じる。
まあ今すぐどうこうということでもないのでしょうけどイグレシアスが
順調に育ってないしラウリーも怪我ばっかりで回復も遅く
レギュラーとして計算できんの?って感じだしオフシーズンどちらかのポジション
を補強しようとする可能性もあるかなと。
それに今日はペドロイアの落ち着きのないトンネルもあった。

打線は3HRに2ベースも2本と長打は打ったけど走者がいる場面では
全然打てずにHRは全部ソロ、得点圏では8-0。
NYYにいる時は緊急時程度にしか先発に収まることはなかった投手と言う感じだった
カーステンズを崩しきれず。
レディックは今日も攻守に頑張ってましたね。HRも打ったし左投手からヒットも打った。
球足が速い。サルティも良かったしJDもレディックの登場で多少危機感があるのか
以前よりは少し上向きか。最後の打席はダメだったけど良い打席が多かった。
スクータロは昨日に続いていいところでブレーキ。

アルバースの被弾は昨年の6/8以来。もうちょっとストライク先行出来ると安心出来るんですけどね。
バードも今日はかなり調子悪くて制球乱してた。まあ抑えましたけど。

明日あたりはパピが守りで出てくるかな。まあ個人的には今のままでいいと思いますけどね。

★ミルウッドのマイナー契約には正式なOptout条項は付いていないそう。
もし他球団でメジャーで投げるチャンスがあるならばレッドソックスは邪魔する気はないそうですが

★ジェンクスがAAでリハブ開始。

W44-31L 3連敗

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_06_24_bosmlb_pitmlb_1&mode=box&c_id=bos

アウェイのインターリーグ初戦は結局パピはベンチで他は変化なし。
ただレスター先発としては珍しくテックがマスクをかぶっていた。

レスター6回3失点 8安打5三振1四球1死球。
制球はよくもなかったけど全体では悪くないんじゃないですかね。
結果はどうでもテックが自分が見たかったようなリードをしていたように思います。
カッタ―を多投させることもなくしっかり速球もインコースに投げられてたし。
むしろ目立ったのは野手陣の守備の悪さで
キャメロンとユーキリスはもう少し守備しっかりしないと投手が不憫。
レスターも投手に四球を出したのはまずかったけど
全体的には悪くなかったし内容的には外野の間や頭の上を越されるような長打はダーナドの一本だけ。
まだインコースに速球投げるのを怖がってるようにも見えるけど
前回よりはそれがだいぶできていたように思う。
左打者にちょっと打たれたのは残念でしたが。

打線はやっぱり5番以降弱いすね。
パピが抜けてるから仕方ない面もあるけど
マックやキャメロンがあの状態なら無理してプラトーンにする必要もないところまで
来てると思いますけどね。とくにキャメロンは打撃も守備も最近酷いね。
あれじゃレディック外してまで優先して使う意味があるのかどうか。
そういえばJDが今日は代打で珍しく初球から思い切って振りに行ってたな。
ちょっとは状態戻ってきたのかな。
ちょっと運もなかったなと。1アウト2.3塁でスクータロのところで点欲しかったですけどね。
その前のテックの送りバントが見事すぎて笑ったけど。 多分ジャコビーよりバント上手いな(笑)

ローテ変更

ベケットは予定されていた土曜日から火曜日のPHI戦の初戦に変更になりました。
インターリーグアウェイのローテは以下のように予定されてます。

Pittsburgh
Friday: Jon Lester vs. LHP Paul Maholm (3-8, 3.29)
Saturday: Tim Wakefield vs. RHP Jeff Karstens (4-4, 2.54)
Sunday: Andrew Miller vs. RHP James McDonald (7-4, 4.86)

Philadelphia
Tuesday: Josh Beckett
Wednesday: John Lackey
Thursday: Jon Lester

Houston
Friday: Wakefield
Saturday: Miller
Sunday: Beckett


Call-up candidates

今後9月前にMLBで戦力になりそうな現マイナー組織にいる選手ということで候補者を簡単に
上げて見ようかなと。


SP   Kevin Millwood  RHP 

松坂、ラッキーの離脱により途中マイナー契約をしたベテラン。
球速自体は現在出て90マイル程度でほぼ88マイル近辺らしいが
AAAでの最近はボチボチ安定した登板が続いている。Opt out条項ありらしいけど
期限はいつかわからない。まあミルウッドが上がる前に他の若手があげられる状態であってほしい。
 
SP/RP  Felix Doubront   LHP
昨シーズンは先発でMLBデビュー後チーム事情で夏以降リリーフへ。
今季は再びAAAの先発でスタートとなった。
もともとシーズン始まる前マイナーのデプスの中では先発として1番最初にコールアップされるんじゃないか
と言うのはあったけど2度の怪我で出遅れたのもあってここまでMLBで1度も先発の機会を得ていない。
相変わらず左のリリーフも苦しい状態が続いているためまずリリーフで使うことになるかも。
年齢的にはまだ23歳と若いのだがすでに来年にはマイナーオプション切れいうのは非常に不公平感
もあるが。

SP/RP  Kyle Weiland  RHP
年々一歩一歩着実に成長していると言う印象の現在AAAの先発投手。
オフにはルール5ドラフトの対象者になるしトレードがなければ遠くないうちに40人枠に入るのを
見込まれてるはず。
今季のAAAでも割と安定した成績を残しているし
投手のロスターが危うい時は先発リリーフどちらで上がってきてもおかしくない。



野手
IF/OF  Yamaico Navarro  RH
今季AAAで.278/.391/.528 16BB/20SO 5HRの成績を残している結構パワーのある
SS/3Bタイプの選手。
今季開幕から好調でスクータロの故障で上がってくるかとも思われたけどスクータロと同時期に同様に
脇腹を痛めて結局昇格とはならなかった。
最近AAAに復帰したばかりでMLBのチーム状況もあり昇格を見据えて外野も守らせている。
ディシプリンは成長見せてるけどブレイキングボールにはまだ弱いとも言われてる。
昨年昇格時はインコースのストライクのカーブに尻もちついたり変化球には全くついて行けてなかったけど
次はどうか。セーフコフィールドで打撃練習見た時はスイングがなかなか
速くてレフトへのパワーがなかなかいいものがあった。そういえばライトに打つ練習ずいぶん
その時はやってたっけな。

OF Ryan Kalish  LH

昨季大きな成長を見せたものの
今季AAAでやや物足りないスタートを切ったあと途中守備でのダイビングプレーで
投球腕の左肩を損傷。シーズン終了確実な手術も必要かと言われたけど
手術は免れリハビリでの復帰を目指している。
今は首の張りに悩まされていてで当初予定されていた試合出場が伸ばし伸ばしになってて
試合には出ていないしチームは今月末には試合に出場し始めることを
望んでいるがはっきりした復帰時期は未定。
昇格の可能性については結局本人の状態と上の状況によるのでなんとも。
昨年の印象的な活躍で2012のRFレギュラー候補と見られていたが
今季はライバルのレディックがチャンスを得てここまで上で頑張っているので
少し遅れをとった形かな。
5ツールと言うにはややMLBレベルで突出したツールはないように思えるが
全てがある程度高いレベルで整った欠点のないオールラウンドなレッドソックスが好みそうな選手
と言う感じではある。個人的に持ってる印象はCLEのチュ・シンスと言う感じで体つきも持ってるツールと
スキルもやや似ている印象がある。早く戻ってきて欲しいですけどねえ。

W44-30L 負け越し

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2011_06_22_sdnmlb_bosmlb_1&mode=box&c_id=bos

スクータロが体調不良で休み。サットンSS。

ラッキーは今日は酷かった。復帰初戦は行けるかなと思ったけど
だんだん悪くなってる感じですね(--〆)
今日は雨により試合開始時間が遅れたのも
あったし途中中断もあり足もとの状態も悪かったので投手への影響は大きかっただろうけど
それにしても途中中断後は本当に酷かった。その前もよかったわけじゃないけど。

やっぱり一番心配なのは先発じゃないですかね・・・・・。
野手なんて小さい問題に思えてきてますけど。

打線は10単打2四球 
相手は6単打1HR 2エラー出塁に6四死球

こっちの打線は単打単打で走者を出すけど走者をためて効率良くゲッツーとか
ノーアウトからせっかく走者を出してもキャメロンのしょうもない牽制死など。
ペドロイア、ゴン、がチャンスメイクをするもののユークorパピで終了と言う展開。
昨日に続き走者はそこそこ出したけど効率悪かったですね。長打がないとよほど
1イニングに集中させないとそうそう点は取れませんけどね。

★ラウリーはセカンドオピニオンの結果、左肩の手術は必要なし。
復帰時期は明らかにされていない。

★ベケットのインフルエンザの症状がまだ悪いらしく次回登板予定だった土曜日
も回避する可能性あり。明日休みなんでミラーが日程前倒ししてそこで投げるかも。

また病人故障者ばっか。なんなの?もう~<(`^´)> 

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。