スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012に向けて レッドソックスのPreストーブリーグ AAV

MLBTRが調停資格者の予想サラリー出してくれたので
レッドソックスの来年確定分のサラリーをざっと計算しておこうというところで。

AAV(Average Annual Value)=1年平均の年俸。贅沢税上のペイロール計算はすべてこれで行われる。
signing bonus,ベースサラリー、出場試合数や登板数、打席数によるインセンティブ、
サイヤングやMVPなどのアワードボーナスも含まれる。
Arbは今オフの年俸調停資格者。横の数字は回数。arb2なら2度目の調停資格を持つ選手ということになる。
青文字はMLBTRに出ていた調停資格者の年俸予想で確定ではありません。

先発投手
name2012AAV備考
Jon Lester7.66~13+OP
Josh Beckett15.7517~14
Clay Buchholz3.57.5~15+OP
John Lackey15.2513.8TJ手術確定につき6年契約83Mに変更。~15
Daisuke Matsuzaka108.67~12
合計52.152.97
2010に確立したはずが全体でいえばその後2年とも高年俸だけ払って成果の出ていない先発陣。
松坂とラッキーはいないのと一緒なので4、5番目の枠はあいてるという状態。
ラッキーはTJSにより6年目のMLB最低年俸でのオプションが発動し平均年俸は若干下がったが
年俸を払うことに変わりはない。
穴の空いた先発2枚をどうにか埋めなければならないと言っては見るが簡単ではない。
と言うのも自前のプロスペクトでは現段階で先発5番手でさえ任せられそうなのはのは皆無だから。
メディア発だけどバードやアセベスを先発に移すんじゃないかと言う話が出てきてること自体
苦しい立場と言わざるを得ない。


リリーフ投手
name2012AAV備考
Daniel Bard1.61.6スーパー2適格者 arb1
Bobby Jenks66~2012
Alfredo Aceves1.71.7arb1
Matt Albers1.31.3arb1(ノンテンダー?)
Franklin Morales1.01.0arb1
Felix Doubront0.40.4マイナーオプション切れ
Junichi Tazawa11契約切れだけど、まだunder control
1313

アンドリュー・ミラーはノンテンダーの可能性が大きいと見ているので外してある。
ウィーラーはまだ3Mのオプション行使か破棄かは決まっていないが破棄の可能性
の方が大きいと見ているので同様に外してある。明日にはどちらか判明するだろう。
おそらく上三人は来年もいるだろう。モラレスもおそらく。
バードはスーパー2に該当するとのことなので今年から調停資格あり。
バードやアセベスをどこで使うかによって獲得する選手の枚数も質も変わるだろうが
ジェンクスはイニング終盤の投手として計算に入れていいのかという感じだし
結局二人くらいは堅いリリーフ獲得することになりそうな気はするが。
アルバースはややテンダー/ノンテンダーの境界線上というところか。
リリーフを先発に移してうまくいくなら確かに大幅に財政的にお得には違いないが
いずれにしろギャンブル。
田澤は来期は調停資格はないけどこれまでのメジャー契約3年3.3Mの契約自体は切れる。
ロスターに確保するには最低1M弱かかるという話が以前出てましたので1Mで計算。
ただここには入れたけど実際は契約してもマイナースタートになる可能性大だろう。
アルバースを来期も置くと計算するなら現時点でリリーフで約13Mということになるか。


name20112012AAV備考
Carl Crawford14M19.520.3~2017
Adrian Gonzalez6.2M2122~2018
Kevin Youkilis121210.03~2012
Marco Scutaro666クラブオプション行使
Dustin Pedroia5.586.75~2014
Jacoby Ellsbury 2.47.97.9arb2
Jarrod Saltalamacchia0.751.61.6arb2
Jose Iglesias0.550.552.06~2013
Mike Aviles0.641.51.5arb1
Jed Lowrie0.451.21.2arb1
Josh Reddick 0.420.420.42
Ryan Lavarnway-0.420.42
80.0980.18

JDは契約満了でお役御免でペイロールに余裕ができたやったと喜んでいるそこのあなた。
残念。Aゴンが来期から年俸が跳ね上がるのでその分はあっさり消える。
バリテック、キャメロンの分はジャコビーの昇給とその他調停資格のある選手による昇給により
あっさり消えるだろう。
スクータロはオプション行使で現状維持。
来期はっきりとレギュラーが確定していないと言えるポジションは現時点では
パピの抜けたDH、RF、それにCだろう。
現時点でそれぞれのポジションに一応MLBのレギュラークラス平均以上であると計算はできない
がそれになりうる候補はいる。
DH:ラバーンウェイ、ユーク(ただしユークにする場合3Bレギュラーが必要になる)
C:サルタラマキア、ラバーンウェイ
RF:レディック、ケイリッシュ
と現在の内部の候補で言うならこんなところだろう。ケイリッシュは開幕MLBレギュラーはないだろうが
それぞれレギュラーに落ち着く可能性のある選手だしトレードの可能性もある選手と言える。


現時点で来年のサラリーの
確定分はMLBTRの調停資格者の予想サラリーも含めて大雑把にいえば
AAV計算で25人ロスター+イグレシアス+田澤で145M程度だということがわかりました。
贅沢税は40人ロスターの選手のサラリーが対象になるので25人ロスターに入らないであろう
選手のサラリーがわずかながら(おそらく1M~2M)加算されるのと
選手の労災や、スプリングトレーニングの手当て、食事代、医療費など
そういう一部の諸費用が贅沢税の対象にもなるらしく毎年10M程度かかると予想されるので
だいたい大雑把に現在155M程度だと予想されます。

来年以降の労使協定が決まっておらず贅沢税についても課税率や課税/非課税のリミットが
まだ決まっていないのでどうなるかは分からないが
2011の非課税の上限と同じペイロール178Mとして
その範囲で収めると仮定すると大雑把に残り約20M程度ということになるのではないでしょうか。
それに対して埋めるべきポジションは

先発×2、
リリーフ×2(クローザークラスも含む?)
DH
右の両翼OF(レギュラー格or 控え)、
C(ラバーンウェイが開幕MLBの捕手でないなら)

というところかな。
結局のところ財布についてはオーナー次第と言えるのだけど
かなり厳しいのではないか?と思わざるを得ないですね。
パぺルボンとパピと両方と再契約するとなればそれだけで25M近い金額は飛ぶだろう。
代わりになりうる選手をFAで取ってこようとしても堅い選手を取ってくるならそれなりに値は張るだろう。
でもそれだとかなり他にしわ寄せが行ってしまう可能性が高いのではないかな。
まあ結局のところサラリー安い若いコアをたくさん育てあげてくださいって話に落ち着くわけですが
育てながらもプレーオフを毎年狙わなければならないっていうのが厳しいのでしょうね。
スポンサーサイト

ラッキーTJ手術決定

ワールドシリーズ終了。久しぶりに1アウト1ストライクの重みを感じる面白いシリーズでした。
個人的にはベルトレのレンジャーズ応援してたから残念だたけど
カージナルスも素晴らしかったし久しぶりにいいワールドシリーズ見られたので満足。
カーズの3Bフリースが凄かったですね。どういう経緯でそうなったのか知らないけど
なんでもドラフト時大学5年目の4年生だったとかで
BOSはその抜け道を利用してドラフト前にFAとして獲得を試み$90,000で合意に達していたのだけど
結局コミッショナーにダメだしされて実現せずパドレスにドラフトされて行ったとか。
そんな負け惜しみ記事が出るほどプレーオフ通して凄い活躍でしたな。

★ラッキーがTJを受けることになりました。
なんだかファンからグッドニュースだとかいう声も聞こえるんですが。
約150回でERA6.5が抜けるとなれば分からないでもないが(笑)
事実上来期は全休、しかも松坂と二人今オフは40人枠に入れないといけないから
オフの枠は実質38しかない。
契約に肘の手術したら6年目に最低年俸で雇えるという贅沢税対策のオプション
付いてることからして獲得前から肘に不安があったのは明らかでしたが
チームに逆貢献してしまった上にTJとなってしまった。バックホルツ、松坂がおらず
他にもウェイクやミラー、マイナーのプロスペクトも貢献できない先発ばかりでしたし
多少のリスク承知で続行させたのも分からないではないが代償は非常に高くつきました。
今回の手術でそのオプションが発動しラッキーの契約が6年契約$83M(6年目はMLB最低年俸)
となり平均年俸が約3M(贅沢税計算上の年俸)
程度落ちるのはあるけど今となってはそれがどうしたというレベルでしかない。
これでレッドソックスは先発二人が確実に必要になります。
残念ながら内部の先発投手の選択肢は現在非常に乏しいと言わざるを得ない。
これが判明する前に逃亡したエプスタさんは良かったすね(笑)


★Cheringtonが正式にGMに任命されました。現在37歳。

大学時代投手だったこの新GMは3年生のときに肩を壊し選手生命は絶たれましたが
その後ほぼコーチとしてチームにいて大学卒業後大学院でsports managementの修士号を取得。
当時の大学のコーチが当時のレッドソックスGMのDuquetteが同大学の卒業生だったことから
連絡を取り雇うように推薦したみたいですが一時的にインターンとして雇ったものの
当時はポストに空きがなく
Duquetteは当時インディアンスでassistant farm directorをしていた
同大学卒業生のNeal Huntington(現パイレーツGM)に勧めてインディアンスに加入。
当時のインディアンスは非常に強くてフロントも未来のGM候補であふれていました。
Mark Shapiro, Dan O'Dowd, Paul DePodesta, Neal Huntington 、Josh Byrnesの元で
仕事をした1年後の1999年Duquetteは彼をBOSのアマチュア選手のエリアスカウトに抜擢しました。
その後 国内外のスカウティングや選手育成部門で活躍。
2002年オーナーも変わり
Duquetteの元で働いていたフロントの多くが辞めさせられる中、彼は選手育成部門の
Assistant directorに昇進。エプスタインがGMになった後はDirectorに昇進。
2005年はゴリラスーツを着て一瞬チームから抜けたエプスタインの代理GMをジェド・ホイヤー
とともに務めました。
現カブスGMのジェド・ホイヤーがパドレスへ抜けた後の09からはアシスタントGM
としてMLBの選手の契約交渉にも携わりエプスタインGMのカブス行きが決まり
今回のGM昇格となりました。

エプスタインさんとはだいぶ経歴が違いスカウトやマイナー育成部門で
力を発揮してのし上がってきた人ですね。まだ若いですけど
レッドソックスでは13年とオーナーや前GMより
在籍期間がかなり長く組織に関して隅々まで把握している人物の一人と言われています。
長期的に強いチームであり続けるために
肥沃なマイナーシステムを作ることの重要性を認識していたエプスタインGMとともに
組織内でREDSOX WAY っていう選手育成やスカウト、
ドラフトにわたる分厚い300ページにわたるマニュアルを作った中心の一人であるとか。
基本的には前GMが持ち込んだ統計分析的な手法とともに
従来的なスカウティングをうまくミックスさせていいチームを作るというスタイルは
変わらないということでエプスタインと野球に関する考えがよく似ているとのことですね。
毎年プレーオフを強制される球団ゆえに難しいことだけど
じっくり腰を据えて特に投手はマイナーから毎年選手を補給できるような
球団作りをしてほしい。特に高校生投手の育成や発掘や
中南米のIFAに関してはあまり成功していない印象があるので
その辺は頑張ってほしいところ。
エプスタインさんは今のところレッドソックス内部のフロントを
カブスに引き抜くことはしてないし基本的にはGMが変わっただけで組織自体は大きく変わっていないので
前回オーナーが変わった時のような劇的な変化はないでしょう。監督コーチに関しては
大きな変化は確実ですが。

★スクータロの6Mのクラブオプションを行使濃厚。WS終了後すぐに決定しなければならないので
時期に決定が来ると思いますが。
チェリントンGMもオプション行使は明言はしてないけど市場に出れば人気が出ると言ってますし
各メディアが行使濃厚としてるのでかなり可能性は高いのかな。まあ無難ですよね。
若い選手はというかイグレシアスは
A-ロッドの打撃フォーム真似するより彼の打席を一番の手本にしてほしいですね。
パワーだけはないけど体の衰えに反して成長しつづけているいい打者だと思う。
ただ守備面では衰えは見え特に肩は年々弱くなってきてるし怪我も増えてきている。
もし残るならばできれば他の選手と出場機会を分けるような感じになればいいと思う。
イグレシアスは打撃が弱くまだレギュラーとして期待できる段階ではないし
ラウリーは虚弱すぎて年間通せないことを毎年証明している上まだ老け込む年齢でも
ないのにSS守備はデビューした時から年々悪くなってきてるし左打席は弱い。
アビレスは上手くいけばSSで許容範囲の活躍はできるかもしれないが決め手はない。
スクータロは来期6Mのクラブオプション、3Mのプレーヤーオプション、
両方行使されなければ1.5Mのバイアウトが発生するという契約。
レッドソックス側がクラブオプションを破棄すればスクータロ側が3Mのプレーヤーオプション
を破棄してFAになるのはかなり高い可能性なので

①6M払ってもう一年雇う
②1.5M払ってサプリメンタルピック得て、外部からSSレギュラーを探す

かのほとんど2択。もしSSで他の選手の獲得を狙うにしてもスクータロのオプションは
行使した上でやればいいし可能性は低いけどそういう展開になったとしても
スクータロをトレードするのは比較的簡単。
むしろ②の方はリスクがかなり大きいと思う。
※日本時間 10/31 クラブオプション行使を確認


MLBTRにオフシーズンの展望が出てました
http://www.mlbtraderumors.com/2011/10/offseason-outlook-boston-red-sox.html
ジャコビーのサラリーがいくらくらいだと予想されるのかなというのが
一番気になってたところだけど7.9Mですか。
まあ代理人も同じだし2007年のホリデーと状況的には似てますけどそれを考えればこれくらいの予想が妥当なんですかね。

エイドリアン・ゴリさん ワールドシリーズで膝つきHR

AckWxf9CEAA-NOg.jpg

32222321.jpg
adrian_beltre_gets_on_bended_knee_blasts_gametying_homer.jpg


HEIDI.png


まさかワールドシリーズでこれが見られるとは(笑) その前の打席も面白かったが
この写真、なんてナイスな角度なんだ。なんて面白カッコイイ選手なんだ。
ゴリさん最高。ナポリもすげーなあ。ガニエトレードのマーフィーも頑張ってますなあ。
今年のワールドシリーズは久しぶりに面白い。

★セリグコミッショナーが11/1をエプスタインの補償交渉のデッドラインに設定。
それまでに決まらなければ介入する意思を表明。

★WEEIのによるとジョン・ラッキーが右肘を検査してもらうためにLAの
Dr.Yocum医師に会いに行ったとか。
最悪トミージョンっていうのはシーズン中もギャモンズさんなんかが指摘してましたけど
果たしてどうなるでしょう。レッドソックスは現在結果待ち。
もしそうなった場合確実に2人の先発投手が必要になりますしトレードも無理ですね。
レッドソックスは松坂といい超高額の先発デプスコレクターとなりつつありますな。

エプスタインがカブスへ、カート・ヤング投手コーチがアスレチックスへ

78488.jpg


エプスタインが正式にレッドソックスを辞めてカブスに加わることが発表になりました。
どうやらエプスタインはpresident of baseball operationsって書かれてるけど
結局編成の最高責任者のことだと思うんですけど。
パドレス現GMのホイヤーさん(元BOSのアシスタントGM)
をカブスへ引き抜くことになるようですね。BOS時代スカウト統括しててホイヤーさんについて行った
Jason McLeod(現パドレスのアシスタントGM)も一緒についていくとか。
せわしないですね。
で見返りはまだ発表されてない。なんでもまだ決まってないんだとか。
プレスリリースは火曜日になるとのこと。
その時に新GMと言われてるBen Cheringtonが正式にGMに就任するとのことですね。
エプスタインGMが正式にレッドソックスを辞めたことでカブス側の人間として
自分の見かえり交渉をCherington次期レッドソックスGMとやることに。
火曜日までに決まらなければセリグコミッショナーが介入して決定するかもしれないそうな。
とにかく04.07で持ち上げられたエプスタさんもここ3年で総額450M以上使いながら
プレーオフで1勝もできずこれで見納め。
Cheringtonにはこれから激務が待っているはずです。頑張れよ~。


ヤング投手コーチについて古巣のアスレチックスから面談を要求され
レッドソックスが許可しそのまま古巣と契約することになりました。
すでにオフィシャルになっててMLBCOMのアスレチックスのコーチのメンバーのところに
も名前が載っています。
これで主要の監督コーチの中では3人目の離脱ということになりました。
ヤングコーチは2年契約でもう1年契約を残していましたが
投手陣の成績を考えればこれも仕方ないというところか。
新投手コーチは新GMがまず監督決定した後になるでしょう。

10/20

パドレスがラッキーのトレード獲得の可能性について内部で話し合ったとか。
ただレッドソックス側が残り3年$45M超の支払いのほとんどを負担するという前提でのことだとか。
この話ちょっと前にも似たような話出てたな。
なんでもパドレスの現監督がラッキーがエンジェルス時代
投手コーチやってたとのこと。
その名もBud Black・・・・・次は黒ビールか。


エプスタインGMのカブス行きの補償についてしばらく交渉が停滞していたが
ようやく交渉が大きく進展したとのこと。
早ければコミッショナーの許可が下りればワールドシリーズ中の移動日に
発表するか、ワールドシリーズ後に発表されるよう。
ようやくGMも就任して動き出すことができますね。監督コーチその他もろもろ。

エプスタインの見返り&続ビール

目下、気になることと言えばこの二つ。崩壊については
そろそろもう終わりにしてほしいが
気になったことと言えば先発投手の試合中のチキン&ビール、コンディション含む
意識の低さだけで他は
大きなこととも感じないしどのチームにもあるようなものだろう。
フランコーナ監督の夫婦問題など私的なことに関することを暴露したあからさまな個人攻撃や
チームに本物のリーダーシップがないなどというのは曖昧だし
このチームに必要なのはリーダーシップなんて曖昧で高尚なもんじゃなくて
ただ単に先発投手のベビーシッターが出来る人とちゃんとしたルールだろう。
Aゴンの日程への愚痴はメディアからそう聞かれたから
そう答えたという程度のもんだし実際に彼にとっては厳しかったろうがほとんどの試合で欠場なんてしなかった。
エルズベリーの誇張された孤立なんてのはどうでもよく
だから何?程度のもんでしかない。
チーム史上初の3割30本30盗塁に終盤フェンスを怖がらず何としてもフライを取りに行こうという
姿勢を見せたCFがどう関係あるというの?多少周りとコミニュケーション取れてなかったことが
本当だとして、だから何?
このチームの目標とするところは仲良しクラブじゃないはずだ。
仲良しこよしの先発陣は自分たちのコンディション管理もろくにできず固まって試合中ビール飲んでるぞ?

彼は誰が何と言おうとフィールド上でペドロイアと二人でシーズンの最後の最後まで全力でチームを
引っ張っていたのは試合を見ていた人なら分かるはず。昨年不運な故障があって
試合に出られなかったが今年ほとんどの試合に穴を開けなかった。カムバック賞なんてどうでもいいが
自分がMVP投票に入れるならバティスタとどちらを一番にするか迷うところだし
732打席は今シーズンのMLBで一番の打席数だ。くだらないしこういうアホらしい批判が彼の契約延長の意思にも影響するんじゃないだろうかと思うと残念で仕方がない。


★カブス行きのエプスタインさんの補償について

ESPNシカゴによると最初レッドソックスは先発のマット・ガーザを要求していたということです。
しかしそれは断られて現在はチーム内TOPプロスペクトの方をターゲットにしてるとか。
ガーザは現在のレッドソックスの先発状況からすると容易にに推測できる要求で
確かにほしいがさすがに無理な要求だったか。
しかしなかなか決まらないね。


★レスターが紙上で言われているレッドソックスの崩壊についてインタビューを受ける。
長いしまともに訳せる英語力もないので適当。あまりに見苦しい訳なら指摘してくらはい。

・試合中のビールはその日登板のない先発投手たちだけが飲んでいた。
 9回にたいていの場合一本だけビールを飲んでいた。
 チキンはおそらく一月に一回程度注文した。ただそれが負けた原因ではない。
 クラブハウスでは試合を見ていてテレビゲームは先発の誰もやってはいない。

・試合中にビールを飲んだことは間違いだったしもっとベンチにいるべきだった。
 でもそれ自体が9月の急降下の原因ではない。ただ単にチームがひどい野球をした。
 でも正直なところ最高の成績のときでも同じことをシーズン中ずっとしていた。
 
・監督の退任について、監督のことは大好きでレッドソックスにいる間すばらしい仕事をしたし個人的にも
 これまで自分や家族にしてくれたことをとても感謝している。
 でもいつかは影響力が及ばなくなる時が来る。
 監督の規律のないやり方は04,07ではうまくいったけど今年に関してはたぶんうまくいかかったと思う。
 我々には全くルールがなかったし厳格なメンタリティもなかった。
自分から辞めたのか辞めさせられたのかわからないが、たぶん今がいいタイミングだと思う。

・2012について(編成的に?)多くの変更が必要だとは思わない。
 一番大事なことは自分たち自身の心配をすること。
  埋めるべき重要なポジションはほとんどない。

・ベケットに従って悪い方へ行ったんじゃないかという認識は事実ではない。
自分はもう成長した大人だし自分で決めたこと。ベケットに強制されてたわけではない。

・パピとパぺルボンは戻って来てほしいとした上で
このチームには以前レッドソックスにいたショーン・ケーシーや、エリック・ヒンスキーやアレックス・コーラのような
いい人間性を持ったベテランが必要。



かなり適当ですがわかったことはビールとチキンは試合中飲み食いしたけど
テレビゲームはやってないよ! ってのと試合中のビールとチキンは間違ってたけどシーズン落としたことと関係ないよ。
ただ単にひどい野球をした。人はうまくいかなかったときはそこに理由を求めるけどただひどい野球をしただけ
なんだってことですかね。
個人的にはそういう悪いと分かってることが平然と出来てしまう環境だったことが崩壊と無関係だったとは全然思わないし
レスターが別のインタビューで2人のリーダーと称賛してるベケットとラッキーが
本当にリーダーだったとはとても思えない(笑) リーダーならなんでレスターが出てきて真っ先に出てこないの?
04と07のチャンピオンを都合のいいように使ってるように自分には感じられた。
監督の選手まかせのやり方に関しては04.07のように
うまくいかなかったと言ってるのにも関わらず自分たちのやってたことは04.07でもやっていたじゃないか、
負けたこととそれ自体とは関係ないよという言い分は完全に白ける。

ビールに関しては新たに内部の名前の明かされてないレッドソックスの従業員がネタ元のものが出てきて、
それによると早ければ6回にはベケットを先頭にレスター、ラッキーが
ダグアウトからクラブハウスへ行ってバドライトを紙コップに注ぎそのままダグアウトへ戻って飲んでいた、シーズン終盤には
それが頻繁に起こっていたという話も出てた。
ただこれに関してはレスター含む3投手(なぜか他の2人はこれまで黙ってたのにこのことについてだけ
突然コメントを出してきたのは非常に滑稽に感じるのだが)も前監督や球団社長も否定。
この分だと今後もいろんなことが出てきそう。

歴史的失速でこんな感じのオフシーズンになるだろうというのは想像はしていたけど予想以上だった。
もうこの類の話を見るのも疲れてたきたな。次に釈明するのはラッキーかベケットか?
次は実はクラブハウスだけでなくダグアウトだけでなく
試合のある日にマウンドでも飲んでたんだって話が出ても実はダグアウトでビール醸造してたんだって話が出ても
もう驚かないぜー。
気になるのはこういうことがどの程度選手の編成に影響するのかの1点のみ。

10/16

エプスタイン元GMのカブスGM就任は決まりだろうけど
見返りが何になるのかと言うのが難航中だとか。
しかしエプスタインうまいこと逃げやがったなー。
なんというか見返りも決まらないうちにGMの次回の契約のほうだけ決まってるって
順序としておかしい感じもしますがね。
本来レッドソックスは立場として無理に出す必要はないわけだし。
しかしながらオーナーがクロフォードとの契約は反対だったなんて公に言うのを聞いてると
さすがに2季連続の失敗でオーナーとエプスタインGMの間に存在した信頼関係も以前ほどではないのかな
とも思いましたしまあこれだけ投資が失敗してればそれも仕方ないのかなとも思うけど。
オーナーが獲得した選手についてそんなこと言っちゃダメだろうと思うと共に
来年クロフォードには見返す活躍をしてもらいラジオで仕返ししてほしいなと。

伝えられてるところではエプスタインの補てんでレッドソックスが求めているのがトッププロスペクトで
カブス側は金での解決を望んでいるとか。金銭ってファンとしちゃ一番面白くないんだけどな。
交渉には球団社長のルキーノも参加してるみたいで。ジャマスンナよ新GMに任せろとも思うわけですが
エプスタインが行ってしまえば組織の中で彼が編成に口を出す権限も強まるのかもしれませんなー。

一連のメディアの騒動を聞いてて感じたこと。
このオフはシリング先生メディアで活躍しすぎ(笑) 只今メディアから引っ張りだこなんじゃないか?
もはやサンデーモーニングのハリさん以上で毎日のようにいろんなところで喝。
外からいろいろ言っていちいちメディアに交じって小さな崩壊を大きく煽るくらいなら
「何なら俺がコーチになって例の先発三馬鹿ラスを性根から叩きなおしてやる」
位の事言ってくれればいいのに。今のソックスに必要なのはモノ言える人ですから。


テキサスレンジャーズ、2年連続リーグチャンピオン、ワールドシリーズ出場おめでとうございます。
今年こそは初のワールドチャンピオン取ってほしい。
しかしいい右打者集めとるなあ・・・一人くれ。

エプスタインGMがカブスのGM就任間近らしい

数々の報道によると
まだ決定ではないけれど近いうちに決定するんじゃないかという状況になってきた
現レッドソックスGMのカブス行き。
あとは見返りのプレーヤーが誰になるのかというところでしょうか。
これだけ来期の去就がはっきりしないまま長引けば当然の成り行きとも思えます。
オーナーも来期のGMがどうなるのかこれまでまったく明言してなかったし
来期残るならさっさと発表してると思うし。

もし今期9月の崩壊がなければどうなってたかなー。

※エプスタインGM5年契約$15M以上でカブスと契約合意に至ったと伝えられました。
まだそれに対するレッドソックスへの見返りは交渉中だとか。

http://www.boston.com/sports/baseball/redsox/articles/2011/10/12/red_sox_unity_dedication_dissolved_during_epic_late_season_collapse/?comments=all#readerComm

試合中に酒飲んで、フライドチキン食って、テレビゲームしてるような先発陣は誰だ!
ベケット&レスター&ラッキーということで名指しされてしまいました。
薄々感じてたけどこのチームは選手を甘やかし過ぎなんだろうな。
次からは成績だけでなく人間性見て長期契約してくださいねー。
チームメイトが試合してるときにこんなことしてる意識の低いガキどもは応援する気も起こりませんからー。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。