スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/30

★Russell Martinがパイレーツと2年17Mで契約合意。
ヤンキースは正式にオファーしてなかったそう。
またレンジャーズも低額の2年契約をオファーしていた模様。
ということでレンジャーズにとってナポリの重要性は増したと思われる。
現在FAで残っている捕手はナポリ/ピアジンスキーくらいかな。
ナポリはどっちかって言うと捕手としてはパートタイマーと言う感じだから
純粋な捕手はピアジンスキーくらいか。

ともかくようやくFAの捕手が動き始めたのでBOSとしては以前
出そうとしていると言われていたSaltyの需要は少しは高まってくるかも。
ナポリ/ピアジンスキーが消えてからかな?


★ツインズのCF Denard Spanとナショナルズの長身投手プロスペクトAlex Meyerの
トレードが成立。今年オフ以前からWSNはSpanのトレードについては
トレード成立寸前まで行ったこともあったけど気にいっているんですかね。
MeyerはBOSも2008年の高校時代にドラフトした投手で長身から通常90マイル中盤の
速球にスライダーのいい将来のローテ候補。
一方Spanは広い守備範囲と俊足にまずまずのOBPスキルを持つCF兼リードオフヒッター
ということで今のナショナルズにフィットする選手。契約の残りも
2013 $4.75MM , 2014 $6.5MM ,2015:$9M club option ($0.5M buyout)と割安で期間的にも
CFプロスペクトのBrian Goodwinをブロックすることもない。
FA市場がかなり高騰しているんでツインズはもう少し
欲張ってもよかったんじゃないかなと言う感じはしますが
ツインズも絶望的に若い投手を欲しがっていたのも事実でお互いの需要によく
フィットするいいトレードだと思います。

一方BOSの方とも関係が無いわけではなくこのトレードでナショナルズは
Bryce Harperが両翼に動き  Michael Morseが現在のところ編成上は
1Bと言うことになります。
現在まだ交渉打ち切りと言うわけではなさそうですが、今後
ナショナルズとAdam LaRocheの残留交渉にどう影響してくるかというところ。
BOSもナポリ獲得がうまく行かなかった場合Larocheがバックアッププランと考えられ
すでにLaroche側とコンタクトを取っているそう。
なおLaRocheはTEXも追っていると言う話もありますね。


★明日現地時間11/30が年俸調停資格を持つ選手に対し来期の契約を提供するかしないかの
締め切り日になります(Tender Deadline)
チームがやや扱いに困り、一時期はノンテンダーの可能性もあるかもと
言われていたAcevesですが1部ではその可能性は低そうだと言う話もあります。
トレードの可能性は残るとは言われている。
もっともノンテンダーの可能性が高そうなのはRyan Sweeneyというのはほぼ共通認識ですが
Rich Hillや Scott Atchisonの可能性も指摘されています。

★Ken Rosenthalの話ではLAA,MIL,BOSの三チームが
Ryan Dempsterにいくらかの関心を示していると言う話。
本人は3年契約を目指していると言われる。

この類の時限爆弾はもういいでしょう・・・・

同時にCWSがGavin Floyd をトレードすることを考えていて
ローテ末クラスの低額の投手を獲得しようとしていると言う話。
以前SaltyとFloydの交換っていうのは両者にあうんじゃないかと
言われていた気がするが。CWSはペイロールの空きを作りたいみたいですね。


スポンサーサイト

11/29

ウィンターミーティングが近づいてきてだいぶストーブリーグも熱くなってきました


★BJ Uptonがブレーブスと5年契約総額$75.25Mで契約しました。
アップトンは現在28歳なんで年数的にはこのくらいでも不思議には感じないけど
近年の打撃成績考えると高騰したなと言う印象。
ジャコビーが来年普通に打てばやっぱり100Mは超えるんでしょうね。


★ルール5のプロテクトの影響でDFAになっていた3人がトレード
RP Sandy Rosario ⇔PTBNL or Cash(OAK)
3B Danny Valencia⇔Cash(BAL)
SP Zach Stewart⇔PTBNL(PIT)

ユークとトレードで来たスチュワート・・上手く行かなかったね。

★NYYがAndy Pettitteと1年12Mで再契約。Mariano Riveraもすぐに単年契約がアナウンスされる
と思われる。現在はRussell Martinとの再契約を巡ってPITと争っているところ。
TEXやSEAも顔を出していたけど現在ほぼこの2チームに絞られているそうです。
そういえばイチローはどうなんだろうな。代理人がヤンキースに残りたがっているって
言ってはいたけど。予想されていた通りの動きに終始し今期は今のところ地味ですね。
そういえばBOSも黒田博樹(NYYと1年15Mで一年契約)に
18Mの単年契約のオファーをしていたとか。
パドレスもほぼBOSと同様のオファーを黒田にしていたと言う話。

Peter Gammons

Read more at: http://nesn.com/2012/11/red-sox-afraid-to-give-mike-napoli-three-year-deal-according-to-peter-gammons-video/
Peter Gammonsさんの話ではBOSはMike Napoliの守備の弱さ
のために3年契約を出すのをためらっていると言う話。
ナポリは4年契約を求めているとされる。
Peter Gammons

Read more at: http://nesn.com/2012/11/red-sox-afraid-to-give-mike-napoli-three-year-deal-according-to-peter-gammons-video/
Peter Gammons

Read more at: http://nesn.com/2012/11/red-sox-afraid-to-give-mike-napoli-three-year-deal-according-to-peter-gammons-video/
Peter Gammons

Read more at: http://nesn.com/2012/11/red-sox-afraid-to-give-mike-napoli-three-year-deal-according-to-peter-gammons-video/



11/28

221212.jpeg

★BOSにとっての今のNo1プライオリティはMike Napoliだそうです。
ここまでのところかなり執着しているように見えますしね。

ジョン・ヘイマンによると他球団からの話ではレッドソックスが現在のところナポリ獲得の
本命だそうです。それにNick Swisher とCody Rossとも交渉中と考えられ
この3人がBOSのTop3 Targetだと言うことです。
Josh Hamiltonはその代替プランで無さそうなプランだとか。


★レッドソックスはJon Lesterと契約延長についての交渉は行っていない。
また球団からの情報では
ロイヤルズから打診されたLester-Myersを含めたロイヤルズとのトレードについても
進展はない。
可能性自体はあるが今のところありそうもないと言うレベルの話みたい。



★LAAがZack Greinkeの獲得競争からほぼ撤退した模様。
となると今のところ再有力と言われるLADかTEXか。
札束攻勢で今のLADに勝てるチームはないと言われている。
Harenをうまく出せなかったのもそうだけど
Greinkeとも再契約できないとなれば
昨年グレインキーを獲得してなおプレーオフに行けなかった
LAAは踏んだり蹴ったりと言う感じもします。
新CBAの影響でそんなに大きいパッケージと言うわけでもなかったけど
Greinkeに昨年夏プロスペクトを消費したのもあって外に出せる選手の層もやや薄い。
途中トレードなのでドラフトピックも得られない。
昨年はそういうリスクを取ってでも勝ちにいかなければいけなかったんだろうけど
やはり確実に代償を払う羽目にはなりますね。


★Buster Olney発 
他球団のフロントが言うにはBOSは Andrew Baileyをトレードするつもりがあるそう。
ただトレード価値がかなり低いためトレードの確率はかなり低い。

ファレルのトレードでも最終的にAvilesかBaileyかっていう話でしたし
出すこと自体はもはや何も抵抗はないんでしょう。
獲得したこと自体を後悔してると思われても仕方ないね。

★Peter GammonsさんによるとBOSが9月、10月、11月にツインズにJoe Mauerのトレード
を打診したがトレードする気はないと断られたと言う話。
最近BOS担当の記者さん達の間で頻繁に見られます。
「マウアー取るべき」
まんざら非現実的でもなかったんですね。
少なくともBOSの方はその気はあったと言うことみたいで。


11/27

★ Indians, Rangers, Yankees, Giants, Rays, Red Sox, Reds
の7球団がFAの外野手Shane Victorinoに関心を寄せる。
2012は打撃不振だった Victorinoですがいくつかの球団は3年契約を打診する気があるそうです。
両翼を守ることについてもオープンだと言う話だし
レッドソックスとしては現時点ではRFとしての獲得と言うことになるでしょうがもし獲得したなら
いずれジャコビーのトレード市場が温まってきた場合、出す可能性も考えているとは思いますが。

★ロイヤルズとレッドソックスがトッププロスペクトの外野手Wil Myersと
John Lesterとの交換を軸としたトレードについて話し合いがあったとか。
ロイヤルズはLAAから Ervin Santanaの契約をトレードで引き継いだり、
Jeremy Guthrieと3年契約したりとローテ獲得に大胆に動いていますが
MLBの現有戦力を出すよりプロスペクトを出してローテを固めたいと言う意思があるようです。
レイズのシールズとの交換に関しても同様の交渉があった模様。

これまではBOSは来期以降に向けて戦力の穴を
即戦力で単純に埋めていくと言うタイプの噂が多かったけども
今オフで初めて逆の話が出てきた。
球団に多大な貢献をもたらしてくれている生え抜き投手のレスターですし
出せば来年のローテの再編に関してはさらに苦しくなりますが
交換相手は今期
若干21歳でAA-AAAで合わせて.314 /.387/ .600 で37本塁打と言う成績であり
Baseball AmericaのMinor League Player of the Yearに選ばれた
将来的なスーパースター候補で全体TOP5級の野手プロスペクト。
現在ローテ中盤級で残り2年25M弱のレスターと比べると
かなり魅力のある話ですね。

続報を待つ。



11/26

★レッドソックスはMike Napoliをボストンに招きオーナーのJohn Henry,監督、GM
と共に週末に会合を持ったそうです。その前はマリナーズだったかな。
今週はレンジャーズとミーティングを持つよう。
ナポリの意思決定はそう遠くないと言う話なのでほぼBOS/SEA/TEXあたりに絞られたかんじなのかな。
TEXあたりはドラフト補償のための1年13Mオファーを出さなかったので、あの時点では
そこまでNapoliに執着があるとは思えませんでしたけどもグレインキー
(LADが最も高額オファーを出すのではと伝えられている)が高騰しまくるようだと
早々と路線変更も考えられるか?
WEEIのライターであるSpeier氏によるとBOSはナポリにまだ正式にオファーはしてないそうですが
一部ではただのフライングかもしれないけど契約間近という情報も出ている。
とりあえずそれ以降の1Bの選択肢となるとFAだとSwisher,Laroche,Berkman,Calros Pena,
James Loneyあたりまで除外していないと言う話ですがBerkmanより下はほぼプラトーン要員
と言うことでBOSの今の投手陣だと多少改良したところで1年戦うには厳しそうですね。
ここまで1Bとしては全く話に出てこないしユークはBOSの選択肢からは外れてるのかな。


★ボストングローブのNick CafardによればNick SwisherとBOSとの交渉が進行中。
一方で同じボストングローブのPete Abraham記者はレッドソックスの関心は最小限と
聞いているとも。 
ここまで過去に関心を持っている球団として上げられていたのはBOS以外だと
Rangers、 Mariners, Orioles, Phillies, Giants, Braves, Nationalsあたり。
ナポリじゃないけどRangers、 Marinerあたりは被りますね。
今のところハミルトンもイマイチ人気が出てないのもあってか~4年の契約なら
BOSの選択肢には入るそうな気もしますけども~(笑)
ちなみに Zack Greinkeは相当値段が上がりそうで争奪戦にはBOSは
関わらないと見られているよう。ただAnibal Sanchezのほうはまだon Raderだそう。
Cody RossもまだBOSの選択肢からは外れていない。


★BOSを含むたくさんのチームがマーリンズにGiancarlo Stanton
のトレードを打診をしている。


11/24

★レッドソックスがMike Napoliに3年契約をオファーしたそう。
ただしナポリサイドは4年契約を求めていると言う話です。
今のところBOSの本命1Bに見えます。
マリナーズやレンジャーズも興味あり。マリナーズはかなり真剣に獲得を考えているようで
4年契約を出すかもしれないとも言われている。


★レッドソックスがNick Swisherに関心を示している。
少なくとも7球団程度獲得に興味を示している球団があるそうです。
個人的にはGomesの2年10Mの獲得でLFは上手く行ってアベレージ
超えるくらいかと言う選手で
埋めてしまったと考えているので野手は他のポジションである程度の強さと確実性を補わないと
期待するのはきついかなと考えています。Gomes獲得後もBOSはCody Rossの獲得を考えている
という話もありますが複数年RossとGomes+プラトーン要員で両翼が
埋まると言うのはさすがにちょっと賛成はできない。
個人的にはもう今の時点でRossがRFに入ることは外野としてはちょっと弱いと思う。
しっかりしたAbove AverageのRFが欲しい。
現在のところBOSの中でスウィッシャーの重要性はより高くなったんではないかと
見ています。
1B/RFどちらとしてもいいけども、とりあえず最初に抑えておけばその後もRF、1Bどちら
の選手を獲得してもいいわけで、よりフレキシブルに動けますし。
それと左でしっかりしたパワーを持つ打者は長期的にはBOSにいずれ
足りなくなるとも思います。
ジャコビーも今後もBOSにいる保証はないしパピも持って2年でそれ以降は
さすがに期待するのは厳しいでしょうしね。BOSの現在のマイナーを見てもしかりしたパワー
を発揮できる左打者というと育つ可能性としてはあまり高くないようにも思う。
MiddlebrooksやLavarnway含め、Bogaerts、Brentz等、
多くのMLBに近い有望なパワーヒッターはやや右に偏ってる感あり。


Red Sox To Sign Jonny Gomes

coco-gets-punched.jpg
写真は伝説のスウェーバックとして語り継がれる2008年Coco Crisp vs  James Shields乱闘劇時のもの。
しかしこの二人は昨年チームメイトだった(笑)


昨年のOAKプレーオフ行きの立役者の一人であった
Jonny Gomes
とレッドソックスが2年総額$10Mの契約を結んだ。個人的に見ていた
BOSのオフの優先順位からすると後ろのほうに位置する選手であり、RFがしっかり守れる選手が決まった後の
LFのプラトーン要員として最終手段的な選手だと見ていた。ゆえにこれだけ早くこの選手とこの契約
を交わしたことにはかなり驚いている。それに動かしようのないDHがいるBOSのようなチームでは
このタイプの選手は役割が限定されることは明らかな状況なだけにかなりオーバーペイだというのが
率直な印象。ただしここまで契約している選手のほとんどは全員予想よりは大なり小なり
高いというのも同時にあるし。


Gomesは現在32歳。通算の成績が物語るように対左に強いプルパワーヒッターに分類され
ゴロに比べてフライの比率も高い打者。
おそらくオフェンス面では球を前に飛ばせれば壁の恩恵を最も受けやすいタイプの打者かもしれない。

Cody Ross - ディフェンス&ポジションの柔軟性

と言ったところだ。
右投手に対しては.223/.307/.425の平凡な通算成績であるのに対して
左投手との対戦では.284/.382/.512と大きな強さを発揮する。
特別選球眼が良いと言うわけではないが
直近2年は過去に比べるとよりセレクティブな打者になりつつあり
昨年のSwing%(スイング/被投球数)の38%
はMLBでもユーキリスに迫る「振らない」打者。十分なパワーはあるものの三振はかなり多い打者で
コンタクト%自体も平均より低いが過去2年は見逃し三振がかなり増えている傾向からも
この待球スタイルが読み取れる。
守備は基本的にレンジが狭く、フェンウェイで守備範囲が限定されるLF頼みと言う感じ。
臨時的なことにでもならない限りフェンウェイのRFを任せられるとは思えず。
キャリアでも稼いだ打席の40%はDHとしてのものであり、
アリーグ在籍時に限定すると打席の60%近くはDHでの出場である。
OrtizがDHで埋まっている以上故障で出場できない時以外は多くは左投手先発時のLFか代打
が役割のメインとなることだろう。理論上の対右投手の上の成績をそのまま当てはめて
同時に守備をさせるというのはチーム的には-かもしれない。
その選手にこの契約は高く感じるが
逆に言えばBOSは現時点でLFにしっかりしたレギュラーを獲得するよりも
多少高くてもプラトーンプレーヤーと言う役割を受け入れてくれる選手の方が都合がいいのかもしれない。
自前の若手左打者のKalishやNava(もう若手ではないし左打者ではないが左打席で強さを発揮するスイッチーヒッター)
なんかを併用できるチャンスを消さないわけだしおそらく契約的にも
他のビッグネームはレギュラーを保証することが必要になるかもしれないが
Gomesにそれはしていないんじゃないかな。
もちろんまだオフは始まったばかりで今後どのような編成になって行くのか分からない部分もあるから
現時点での編成での推測でしかないのだが。

Gomesのような選手がロスターに入ったからにはKalishがCFやRFもこなすことを考えれば
Kalishの方がNavaよりはポジション的な編成面においておそらくロスターにフィットするだろう。
それと言われているのがGomesという選手が非常にリーダーシップを発揮できる選手であり
以前のTBや今期のOAKでもそれを発揮していて
BOSがその点も評価し必要としているのではないかと言う話もある。同じく前回契約したDavid Rossも
そういった意味合いもあったと言われる。

ここ最近はいろいろありましたしねえ・・・・クラブハウス(笑)


サインした後でGomesとトレードするのはシーズン始まって6月中盤以降にならない限りは
規則上選手の許しが必要になるため、まずないだろう。
他の選択肢が残る中、今の時点で左は打てるけど守備がダメなLF/DH限定選手を先に埋めると
言うのが果たして順序として正しい判断なのかはよく分からないが
BOSに現在多く存在する
レギュラーとしては中途半端な左の若手(Navaを若手と呼んでいいのか分からないが・・・彼は来期30歳)
外野手のチャンス自体は増えそうではあるししっかりチャンスを掴んで欲しいもの。特にRyan Kalishね。
なお現在BOSの40人枠は満員で誰かをはじき出す必要がある。


ルール5プロテクト、他

今年もルール5ドラフトプロテクトの期限がやってきました。
今オフ12月のルール5ドラフトの対象は以下の選手で
太字青が今回40人ロスター入りした選手。
カッコ内は現在のSox Prospects .comのランキング。

Michael Almanzar(48), Chris Balcom-Miller, Luis Bastardo, Jeremiah Bayer,
Ronald Bermudez, Carson Blair, Dan Butler(45), Miguel Celestino(51), William Cuevas(54),
Jose De La Torre(46), Ryan Dent, Marco Duarte, Leonel Escobar, Josh Fields(38),
Jose Garcia, Zach Gentile, Derrik Gibson, Aly Gonzalez, Alex Hassan(47),
Jeremy Hazelbaker(29), Drew Hedman, Jon Hee, Pete Hissey, Brock Huntzinger(44),
Jeremy Kehrt, Will Latimer, Heiker Meneses(49), Boss Moanaroa, Gerardo Olivares,
Oscar Perez, Ryan Pressly, Manny Rivera, Charle Rosario, Pete Ruiz, Felix Sanchez,
Matt Spring, Kyle Stroup, Tony Thomas, Christian Vazquez(28), Raynel Velette,
Allen Webster(4), Ryan Westmoreland, Shannon Wilkerson,
Tyler Wilson, Alex Wilson(15), Steven Wright(43)


SP Allen Webster  AAA(開幕予想) 22歳
夏の大型トレードでドジャースから獲得した22歳の先発投手。
シンカーボーラーで球種のレパートリーの広さにも定評があるがまだ肝心のシンカー
のコントロール/コマンドが大きな課題。
上手く行けばローテ中盤、コマンドが上向かなければLate inningリリーフとも。
現在のBOSのトッププロスペクトの一人で
上の候補の中でもっとも40人入りが確実視されていた選手。

RP Alex Wilson AAA  26歳
2009年のBOSのドラ2で今期春にリリーフに転向したばかり。
速球/スライダーのコンビネーションが武器。
スライダーの評価は依然としていいが
リリーフ転向後も速球の球速は思ったほど上向かずコマンドと共に一貫性に欠ける。
チェンジアップは平凡以下で今のところまずは対右重視の7回に収まればというところ。
オプション自体は残してるけど年齢的にもすでに投手のピークに達するかどうかと言うところで
即戦力の活躍が求められる時。


C  Christian Vazquez  AA  22歳
今のところ傘下で一番ディフェンスの評価の高い捕手で
MLBでバックアップ捕手以上にはなると見られている。
まだAAに到達したばかりでMLBまでは遠く来年一年はほぼMLBでの
出場機会はなく終わりそう。
現時点ではMLBでレギュラーになれるほどとは見られていないが
打撃が伸びればあるいは・・・・・。
まだいくらかの伸び白は残っているとされている。

SP  Steven Wright AAA  28歳
Lars Andersonとのトレードでやってきた28歳のナックルボーラー。
BOSはかなり買ってるんだろうか。先発のデプスでしょう。


C Dan Butler AAA 26歳
2009年のドラフト外での入団から40人枠を掴んだ苦労人。
すでにAAAまで到達しているがMLBではバックアップ捕手と予想される。
Vazquezとともに現時点で捕手が5人もロスターに入ってると言うことでまず
Lavarnway/サルティのどちらかはトレードされるんでしょうと言うもっともな憶測多数。

OF Alex Hassan AAA  24歳
ほとんどの人が驚いていた通り
ほぼノーマークだった。以前毎年のベースボールアメリカの組織内ランキングの中にある
ツール面の評価でもBest Strike Zone Disciplineに選ばれた通り
選球眼自体は非常にいいが
ツール面は肩はそこそこという以外守備、打撃共に平凡で
打撃は両翼としては現時点でパワーが不足しててMLBレベルの速球には力負けすると思われる。
今のところAAAAタイプのプレーヤーと言う感じだが
マイナー通算OBP.391は軽視できなかったか。


Jeremy Hazelbaker、Josh Fieldsあたりは他球団からピックされるかも。
Fieldsはウィンターリーグでの酷さが多少響いたか。


代わりにDFAになった選手達


Read more:
http://forum.soxprospects.com/index.cgi?board=general&action=display&thread=171&page=3#ixzz2CpifCs6Y


Read more:
http://forum.soxprospects.com/index.cgi?board=general&action=display&thread=171&page=3#ixzz2CpifCs6Y
Ivan De Jesus, Danny Valencia, David Carpenter, Sandy Rosario, and Zach Stewart. Only De Jesus is a surprise, I think.

Read more:
http://forum.soxprospects.com/index.cgi?board=general&action=display&thread=171&page=3#ixzz2CpifCs6Y


INF Ivan De Jesus, 3B Danny Valencia, RHPs David Carpenter, Sandy Rosario, Zach Stewart


特に驚くような人選もなく。



ちなみに来年オフに初めてルール5ドラフトの対象になるのが以下の選手達。
現在SP .COMのランキングでTop10以内は赤文字、Top20以内は青文字。

Mario Alcantara, Ricardo Betancourt, Xander Bogaerts(1), Bryce Brentz(6), Garin Cecchini(7),
Keith Couch, Keury De La Cruz(17), Luis Diaz, Mike Gleason, Dreily Guerrero, Chris Hernandez,
Jayson Hernandez, Adalberto Ibarra, Brandon Jacobs(18), Ben Klafczynski, Aaron Kurcz,
Lucas LeBlanc, Juan Carlos Linares, Tyler Lockwood, Nefi Ogando, Yunior Ortega,
Mathew Price, Anthony Ranaudo(16), David Renfroe, Roberto Reyes, Seth Schwindenhammer
, Alfredo Soto, Nathan Striz, Scott Swinson, Francisco Taveras, Jose Vinicio(19)
, Kolbrin Vitek, Brandon Workman(12), Madison Younginer

今オフより明らかに有望な選手が多くしっかりロスターを整理していかないと、来期はより厳しい判断になりそう。
Jackie Bradleyも上手く行けばシーズン途中にロスター入りする可能性ありそうだし。





★サバイバルナイフでワニと格闘する野球エリートJD・Drewの弟、Stephen DrewにはBOS以外に
NYYとDETが興味を持っている。DETはSSにペラルタがいるけども
Drewと契約したらペラルタをトレードするつもりらしい。


★なぜかメディアに情報を漏らす迷惑な友達が多かった黒田博樹は
1年契約$15Mでヤンキース残留。残念だが大半の人の予想通りに収まった形。

★BOSがLance Berkmanに関心があるそう。
健康上の問題が大きいので本命ではなさそうだけど1Bの選択肢としてでしょう。
外野も守れるが膝に問題があるので獲得してもほとんど外野を守らせることは
出来ないんではないかと思う。
本人はまともなオファーが来ないなら引退することをほのめかしていますが
RaysやHouなどレギュラーDHとして興味を示す球団もあるし
まだ現役続行じゃないですかね。
通算.296/.409/.544 OPSの.953はパピよりも高いし年齢もパピより何カ月か若い。
問題は手術した膝ですよね。完治するのが最も難しい箇所とされるだけに。


★今年までAAAの監督だったArnie Beyeler が来年のBOSの1Bコーチに決定。
選手時代から合わせて初めてのメジャー昇格。過去6年はBOSのAA~AAAで監督を務めていて
その前も2000~2002年まで1Aで監督経験があるため
BOSの生え抜きの選手はほぼ顔なじみ。一部では将来の監督候補とも目されるし
たまに監督候補にも名前が上がる。
これでBOSのコーチングスタッフは打撃コーチ以外は決定している。
ブルージェイズから引っぱってきた3人(監督の
John Farrell、ベンチコーチのTorey Lovullo、
3塁コーチのBrian Butterfield )に加えホワイトソックスのブルペンコーチだった Juan Nieves
が投手コーチに収まりBOSのコーチ陣の中で最古参のGary Tuckが来期もブルペンコーチを継続。

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。