スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/31

そろそろSTが近づいて参りました。

★Ryan Kalishの右肩の手術が完了。
復帰まで約6~8か月を要するということで2013シーズンも
多くはリハビリに費やされることが予想される。マイナーオプションは1つ残っているものの
来期のオフシーズンにはルール5ドラフトからプロテクトして40人枠に入れるべき
プロスペクトが多数出ることが予測されるため、このままでは来年オフには
40人枠を外されてしまうかもしれない。
出来るだけ早く復帰してAAA~MLBのクラスでしっかりした成績を残し健康でシーズンを終えること
が最低条件じゃないかな。40人枠に残るかどうかと言う視点でいえば
完全に俵に足がかかった状態。


★Scott Atchisonがメッツとマイナー契約を結んだ。
昨年も大活躍をして非常に貴重な存在だったが途中肘の靭帯を痛めて離脱。
TJが必要になるかもしれないと言う話も出ていたけど、リハビリでの処置を選びシーズン終盤に
復帰。BOSは今オフ、ノンテンダー後にマイナー契約をオファーしていたようだけど
アッチソンがより開幕MLBロスター入りのチャンスの大きいメッツを選んだということだそうだ。
過去3年間、MLBでも他に戦力になってるのかどうかという
リリーフ投手は数多くいたがロスター枠の関係上簡単に外せない選手の方が優遇され
アッチソンはメジャーとマイナーを行ったり来たりと言うのも多かった。
外から見ていても気の毒なほど便利な存在だったが文句ひとつ聞いたこともない。
過去3年で最も印象に残ってるリリーフ投手の一人だった。
すでに37歳でキャリアも終盤に差し掛かっているがまだまだ頑張ってほしい。


★ブルペンコーチ兼捕手インストラクターのGary Tuckコーチが
個人的な理由でチームを離れることが決まった。
すっかり2013のコーチとして決定していたと思っていたのだけど
どうやらそうじゃなかったみたい。
過去6年レッドソックスでブルペンコーチを務めSaltyやLavarnwayと言った
捕手の指導だけでなく投手の助けになることもたびたびあったとか。
もう一人の古株Dave Magadan打撃コーチもテキサスに移籍したし
今年はコーチの顔触れもだいぶ変わりますね。というか前年から
残留した監督コーチは一人もいないという結果になった。

捕手インストラクターの突然の離脱により
Jason Varitekを後任にというファンの声はあるものの
さすがにそれは実現しそうにない。

★マイナー契約を交わしたRyan Sweeneyは
開幕MLBロスターに残らなかった場合はFAを選ぶことができる。


スポンサーサイト

Pedro is back!

レッドソックスの伝説の名投手Pedro MartinezがGM特別補佐として
フロント入りすることが明らかになった。
もともとテックがフロント入りした時もGMはペドロにも何らかの立場を与えて
フロント入りをさせたいと以前言っていたので特に不思議ではない。
レッドソックスの英雄のひとりと言うことで
多くのファンの反応は当然ながら歓迎ムードで今年のオフシーズンの中で最高の補強
と言う人もいれば復帰してJohn Lackeyの代わりにマウンドで
投げて欲しいと言うのもある(笑)

フルタイムで組織の中で働くと言うわけではないそうだけど
選手評価やスプリングトレーニングからシーズン中にかけて組織の若手投手への
指導に携わることになるそう。
すでにDodgersから移籍してきたRubby De La Rosaには以前から
個人レベルで親しくしていたようで
(DelaRosaのおばあさんがマルチネス兄弟のベビーシッターだったことから)
チェンジアップを教えたりしてるそうです。
バリテックもつい最近行われたRookie Development programにも参加していたし
スプリングトレーニングでは捕手の指導をすることになっている。


★Ryan Kalishが再び以前手術した右肩
※以前手術したのは左肩の方でした。今回手術するのは右肩。訂正します
の手術を受けることが明らかになった┐(´ー`)┌
こうなるとRFの即戦力が相当薄い。
ナポリが股関節に爆弾抱えてるのもあるけど、こうして見ると
やはりスウィッシャーは取っておきたかったな・・・。
TheoがDavid Dejesusあたり安く譲ってくれんかなあ。こうなるとFAにはLHHでRF守れるのは
ノンテンダーになったSweeneyあたりしかいないのだけど打てないしな・・・。

※Update
レッドソックスがノンテンダーにしていたOFのRyan Sweeneyとマイナー契約を結んだ。

 

'`,、('∀`) '`,、

やっとDone deal ・・・・・ Mike Napoli

ESPN BostonのJoe McDonaldが得た情報によるとレッドソックスは
Mike Napoliと正式に契約したとのこと。
早ければ現地時間火曜日にも発表されるそう。
12/3に3年$39Mで合意後なかなか契約完了に至らなかったMike Napoli騒動もこれで終結。
なんだかんだで契約合意から一月半以上かかりました。

過去のJohn LackeyとJD Drew御大との契約は身体検査でリスクが見つかった後
契約にチーム側を保護する条項が入ったもののサラリーの保証額自体は
変わりませんでした。
しかしナポリの場合は合意時から大幅減(87%)の1年$5Mが保証額。保証額を大きく上回る
$8Mのインセンティブがつき条件を満たせば最大で1年$13Mの契約となるそう。
過去にナポリは1度も股関節の故障によるDL入りはしていませんが、
これだけ保証額が下がったと言うことはリスク自体は高いと考えなければ
ならないでしょうか。
Soxは股関節のリスクについて契約後早い段階から知っていたはずだけど
他の選択肢(Swisher/Laroche/Morse)を良しとせずスルーし続けていました。
LarocheはBOSが獲得するのなら3年契約(とドラフト2巡目)が
必要だと言われていたけどBOSは回避。Morseは2013終了後FAですが
組織上位の先発プロスペクトを要求され回避。
最悪これでナポリに逃げられたらどうしようも無いと言うところまで追い込まれましたけど
なんとか契約にこぎつけたと言う感じ。
以前のESPN Dallasによるとレンジャーズがレッドソックスと契約合意後
ナポリと再交渉していたそうですがポジションの保証されてるBOSを選んだそう。

後は控えですがやはり左打者の1Bは用意しておきたいところ
ではあります。現時点では1B/OFが理想とは言えますが
1Bの方がデプスとしては最悪に終わった場合のことを考えると怖いですね。
今の市場とBOSの1Bの状態ならサルティもCだけでなく控え1Bとしても
現在のチームに価値がありそうな状態になっているしナポリが早速怪我して
Mauro Gomezがあっさり通用せずとなれば
必要に迫られてRyan Lavarnwayにも1Bの練習をさせるなんて話になってもおかしくない。

外部の選択肢だとFAなら左打者はKotchmanやOverbay、Luke Scott、Nick Johnson,
トレードだとややロスターに同タイプの選手が飽和気味なSEAのMike Carp,Justin Smoakなどが
候補の名前として上がっています。
KotchmanやOverbayは実際にBOSが関心を持っていると言う話も以前出ていました。
OAKのBrandon MossはRFもそこそこ守るしベストフィットだけど、
さすがにOAKも出す気も無いそう。そういえばOAKと言えばDaric Bartonも
あまりに打てない打撃ゆえリリースされるかなと思ってたけどなぜか1M以上で再契約していた。
CocoかChris Youngがトレードされそうですが
1BをMoss/Carterで行くなら安く譲ってくれるんじゃないですか?
守備と選球眼(だけ)は健在。
Carpは右投手に強くないけどロスターの状況から言えばそのうちDFAになってもおかしくない。
Bartonも契約が保証されてるわけでもないしSTで結果残せなきゃいくらか払って
リリースするつもりでしょうか。

他だと思いつくところとなればPITのGarrett Jonesですが、BOSは以前Hanrahan獲得時に
打診はしたそうだけど要求は高く話は進まなかったそうです。
ファンの間ではCOLのTyler Colvinが欲しいという意見も。
私は外野手としては守備範囲が足りず、1Bにはさらにポテンシャルの高い左打者のいて
フィットしてない感の受けるメッツのLucas Dudaを安く取れんかなあとか都合のいいこと考えている。
まあいずれもLF控え/1B控えとしては見返りは高くついてしまうでしょうかね。

いずれにしてもNapoliは現在のリスクのある身体状態ならば、
より負担の大きい捕手として出場するというのはかなり難しいんじゃないでしょうか。
個人的にはほぼ1BかDHでの出場に限られると予想します。
ペイロールとしては保証額は5Mですけど
最終的に支払いが$13Mに達する可能性が
ある以上は現在は13Mに達するものとして計算しないとならないでしょう。

※Napoliのロスター入りでリリーフのChris CarpenterがDFA



年俸調停の資格がある選手9名との契約がすべて済みました。

★Jarrod Saltalamacchiaと年俸調停を回避して1年契約$4.5M(MLBTR予想:$3.9M)で合意。
2013終了後FA。このまま残留でしょうかね。

★Jacoby Ellsburyと1年$9M(MLBTR予想8.1M)で合意。
再びモンスターイヤーをとは言わないが3割15~20本 40盗塁は達成して欲しいね。
2013終了後FA。

★Alfredo Acevesと1年$2.65M(MLBTR予想$2.6M)+インセンティブで合意。
インセンティブの内容は監督に降板を促された時に素直に従って降板した回数による。(ウソ)
ノンテンダーの可能性もあると言われていた選手だし
昨年の出来からしたらこの金額でどれだけトレードバリューがあるかは謎。
MLBの年俸調停の査定だとリリーフ投手のセーブ数は査定に大きな影響を与えるようだし
スタッツ的には酷くてもセーブ数を稼いだことにより年俸自体は結構上がってしまうんですよね。
まあなんていうか一つ一つの球種はいいものがあるんだけどね・・・。
速球のスピードは短いイニングでは98マイルくらいまで上がることもあるし年々上がってもいる。
カーブ、チェンジアップもそれ自体はいいボールなんだけど
ムラがある。耐久性に関しては折り紙つきなんですがね。

★Joel Hanrahanと1年$7.04M(MLBTR予想$6.9M)で合意。
獲得時に監督がすでに開幕クローザーと明言しています。

Daniel Bardが1年$1.86M(MLBTR予想$1.6M)で合意。
リリーフとして出直しのシーズン。
LesterやBuchholzから比べてもさらに厳しい状態で
まさににどうにもならなかったと言う方がしっくりくる。
自分としてはファレル監督抜擢にこだわった1番の理由は
この3人の生え抜き投手をしっかり立て直すためと言うのが一番しっくりきます。

★Andrew Millerが1年$1.475M(MLBTR予想$1.4M)で合意。
ようやく四球率を若干カットしリリーフにアジャストし始めた。
スライダーを磨いて以前よりストライクゾーンに投げられるようになってきた。
速球の精度を上げることが出来るならもう少し厳しい場面でも使いたい。
もう一歩です。

★Franklin Moralesと1年$1.487M(MLBTR予想1.4M)で合意
先発としてのポテンシャルは十分に見せたが
肩に不安を残し先発としての年間の耐久性には疑問が残る。
チームはSTでは先発として用意させるそう。
現時点では先発6番手のロングリリーフか。

★Andrew Baileyと1年$4.1M(MLBTR予想$3.9M)で合意。
開幕はHanrahanがクローザーでしょうがチームに残るなら
再びクローザーへと言われるような活躍をして欲しい。
しっかり戻せば2014のクローザー候補になるでしょう。

★Craig Breslowと2年契約$6.25Mで合意。3年目は3.9Mのクラブオプション付き。
長期間に渡り大きな故障もなく安定した成績を残し続けているレフティ。
普通に調停を回避して単年で契約すれば今期の年俸は2.3M程度になるのは確定していた。
それを考えるとFA資格を得る来年以降の2年を3.9Mずつ(2年目は同額のクラブオプション)で囲ったという形。
これはいい契約だと思います。


★WBCに出場するBOS傘下の選手が発表

MLB  Alfredo Aceves (Mexico)
MLB  Shane Victorino(USA)
AA     Xander Bogaerts (Netherlands)
AA     Jose De La Torre (Puerto Rico)


実はオランダは内野にSSの若手有望株が他にも招集されていて
全体トップクラスのSSのJurickson Profar(TEX)や昨年MLBでブレイクした
SSのAndrelton Simmons(ATL)がいるため守備的に劣るBogarets君はSSは守らないだろうと言うことです。
BogaertsはBOSのMLBのキャンプ招待選手にも入っている。
もしBogaertsがメジャーリーガーになれば出身地の
オランダ領アルバ(人口十万人ほどの小さな島だとか)出身の選手では
Gene Kingsale,Calvin Maduro, Sidney Ponsonに続いて4人目のメジャーリーガーになるそう。


謹賀新年

特にそそる話題も無いんでサボりまくりですが新年1発目のエントリーとなります。
ここまでのオフシーズンの特徴をまとめて見ようかと。


ドラフトピックを没収されるのをかなり嫌っている
しかし黒田博樹はよほど欲しかったのか
1年契約を実際にオファーし没収覚悟で真剣に追っていました。
現在のところFAからの獲得はすべてドラフトピックの没収が課されない選手のみ。
パピに関しては意外ともつれたけど契約を諦めてドラフトピックを獲得しようと言う意思は
無かったと思います。


プロスペクト、実績のあるベテラン関係なくトレードでの放出はほとんどなし
プロスペクトでいえばDickeyのトレードは相手から厳しい要求を突き付けられた後
撤退、MIAのレイエス/ジョンソン、MINのJoe Mauerを狙うも成立せず、
結果今のところ最大で出したのはプロスペクトではStolmy Pimentel。
べテランでいえばレスター/エルズベリーを放出しプロスペクト獲得というチャンス自体は
あったものの具体的に発展した交渉があったと言うのは伝えられておらず
最大の放出はリリーフのMark Melancon。
むしろ主要プロスペクトをMLBの戦力に変えるよりはMLBの現有戦力を
センターピースとしてMLBの戦力に変えようとしていたように見える。
Jacobyのトレードの噂自体はあったけどBOSが交換しようとしていたのは
プロスペクトというよりは契約期間が複数年残るバリバリのベテラン即戦力を追っていたよう。
Lester-Wil Myersのトレードは噂ではなく現実に存在した話ということだけども交渉は
発展を見せなかったし打診された側のBOSがそのトレードに乗り気だったと言う話も
出てこなかった。結局TBがShieldsを軸としたトレードを敢行。
将来のために現在を削ってプロスペクトを蓄えると言う戦略はここまでは一切ない。


FAから多数獲得、ただし4年以上の契約をせず。

過去の長期契約の失敗にはかなり懲りたんだろうな(゜_゜)
というのと自前のプロスペクトの成長に期待をしているのだろうなというのと
二つの感想を持った。

大型トレードで懐に余裕が出来たためか年平均のサラリーには気前が良かった
と思うけど期間にはこだわっていた感じです。
インパクトプレーヤーの長期契約は意識的に避け一人も獲得していないものの
準レギュラー~レギュラー/ローテ格を多数FA市場から高めで買い
穴を埋めると言った感じ。スウィッシャーはBOSにフィットしたと思うし
ドラフトピックの没収を考えても保証契約年数と額からすれば
惜しかったかなと言うのはあります。
トレードでのMLB戦力の獲得はハンラハン一人で
BOSの今後にほとんど影響しそうにない選手を出してのもの。
ほとんどは極端とも思えるほどFAからのベテランの補充に終始していた。
Ortiz/D・Ross/Gomes/Napoli/Victorino/Dempster/上原/Drew
と開幕25人枠確実と言える選手の8名をFAから獲得。
メジャー契約での獲得数でいえばカブスに次いで30球団中2番目の多さ。
FAで獲得するだけ獲得したものの、それによって出来た余りの戦力を
うまく他のニーズに変えられていないと言う印象はまだ残ります。
その余った戦力をどこに当てる気なのかって言うのも
ほとんどの穴が埋まってしまっている今となってはよくわからないところ。
あるとすれば先発か、控え1B/OFタイプ,もしくはナポリが破談になるなら
1B獲得にうまく使いたいところでしょうが。


プロスペクトのMLBレギュラー起用には慎重?
IglesiasはDrewの獲得でAAAスタート濃厚、Gomes/Victorino獲得でKalishはAAAスタートか
控えスタート、捕手のRyan Lavarnwayは現時点では編成上AAAになるが
まだSaltyのトレードは除外できないので分からない。
Victorinoの獲得は2014にCFプロスペクトであるJ・Bradley(現在AA)が間に合わなかった
場合のことも考えてと言う意図もあるだろうし、Jacoby Ellsburyとの2014以降の契約延長は
ないものとして動いているように見える。




2013シーズン未解決部門


1塁手 ナポリ・ナポリ・ナポリ
12/3に3年契約総額39Mで契約に合意したと伝えられた後
身体検査で股関節にリスクが見つかり正式契約に至っていない。
BOS側は見つかったリスクに関して契約年数の見直しや球団を保護するための条項を
入れることを視野に入れ契約完了に向けて両者の交渉は継続中。
現時点ではナポリの方が他球団と交渉していると言う話は出てきていない。

一方でBOSはナポリと契約後一度は撤退したと伝えられたAdam Larocheともいまだにコンタクトを取っている
という話だがLarocheのこだわる3年契約や獲得にドラフト2巡目を没収されることには
消極的だと言う話も出ている。TEXと1年契約に合意したLance Berkmanに関しても
BOSは獲得に関心を示したとの話だが自宅近くの球団に行きたがっていた
バークマン側の選択肢からは外れていたようだ。


開幕捕手の編成は?

守備もしっかりしているDavid Rossとの契約後、BOSが
Saltyをトレードしようとしていると
言う話自体はFox Sportsのライターを発信元として何度か出てきているし
Saltyのトレードの打診自体は他チームからも来ていると報じられているにもかかわらず
今のところ具体的な話には一切発展していない。

獲得したD・Rossの先発試合数はこれまでより増えるかもしれないが
フルタイムのレギュラー捕手と考えるのは過去の先発試合数
や年齢からしてもそんなに現実的な考えではないと思うし、多くても半分の80試合程度じゃないだろうか。
BOSはSaltyを出しLavarnway、たまにナポリにその程度の試合数を捕手として任せるつもり
があるかどうかと言うところ。不安が大きいならばサルティをトレードしないかもしれないし
ここまで見てるとかなり消極的にも思えるが。
ナポリの未契約が影響しているのだろうかね。サルティをトレードしようとしていた
と言う話はナポリとの契約合意前に出ていたものだからあまり関係ないようにも思えるが。


このままSaltyを出さなければ自動的にMLB開幕はSalty/Rossの組み合わせとなり
LavarnwayはトレードされなければIglesias同様再びAAAスタートになる。
逆にLavarnwayを出せばSalty(2013後FA)との複数年の契約延長が無い限り
2014年以降のレギュラー捕手獲得は必要不可欠になるだろう。



先発投手はこれで確定?
Buchholz/Lester/Dempster/Lackey/Doubrontのローテはひとまず5枠埋まっている。

昨年酷かったものの長期契約や主要プロスペクト放出のリスクを承知で
ローテを強引にテコ入れしようとしているようには見えない。
そういう意味では基本的には野手と一緒で空いたスポットを塞いだという形に見える。
Lesterが以前の状態に復活したら、Buchholzがローテ上位級に成長したら
、Doubrontが来年1年ローテを守りきったら、Lackeyが平均的なローテ投手になったなら・・・。
De la Rosa/Websterが来期MLBでうまく行ったら・・・。
この中のいくつかは達成できるとは思うけど
一つ一つにそこまで高い可能性は感じない。
昨年先発での可能性を見せロングリリーフとしてのスタートが濃厚なFranklin Moralesに加え
超大型トレードでの投手獲得で先発のマイナーのデプス
の厚さも増したため層でいえば大きな問題もないが堅さは無し。
客観的に見てTB/TOR/NYYよりは劣る。

個人的には昨年が昨年だけにローテはもう少し積極的に動かすかもしれないと
思っていた場所だが少し肩透かしを食らっている感じ。
今後動かすことはあるだろうか。
とは言え新たにローテを獲得すると言うのは同時に今の5人の誰かを
動かさなければならない。
考えられる選択肢としてはDoubrontをトレードかリリーフに移すか
ラッキーをDLに投獄するか、
残りの30M以上のサラリーをほぼ全負担してトレードするしかない(^_^メ)
(ラッキーはスプリングトレーニングは他の選手と同様にスケジュール通りに行う予定)

今後獲得可能な平均以上の投手と言うというと
FAだとマーカム、ローシュ(ドラフト指名権没収アダとなりオファーがないとか)
、トレードだとPorcello,肘の状態に問題なければGarza,
ダンクスの故障からの復帰から間に合えばFloydあたりか。
トレードに関しては球団がどの程度放出の意思を持っているかは
不確かな状況でBOSの予算の上限もそんなに遠くはないはずだし
マイナー契約で獲得する以外は
あまり大きな動きはないと見るが、ローテ確定クラスの獲得も完全に除外はできない。

今後2年のプランとしては契約期間残り少ない投手の代わりに
Matt Barnes/Allen Wabster/Rubby De La Rosa/Brandon Workmanあたりに
ローテを引き継いでもらうと言うのが最も理想だろう。それとFelix Doubront/契約期間が2017まで残る
Clay Buchholzと合わせて行ければ最も理想的な形。
まあただの理想であって現実はそんなにうまくはいかないでしょうが。
優良な先発プロスペクトは何人いても足りることはないし最も放出に慎重であってほしいところ。
age30付近の長期契約が怖いのなら結局自分たちで育てな駄目よ。

控えの編成はこれで確定?

控え野手は4枠とすると現在はOF Nava or Kalish/C Ross /IF Ciriaco/ 1B Gomez
というのが順当なところでしょうが、この中で現時点で確定と言えるのは
捕手のD・Rossだけでしょう。
もしナポリが決まるならばLHHのコーナーIF/両翼タイプが最も欲しくて
同じ右打者で守備難の1B/DHタイプ
Mauro Gomezはややフィットしないようにも思える。
それともう一つ気になるのはRFかな。Navaを控えとするならば現在チームには
VictorinoしかRFに適するタイプはいない。
ジャコビーが試合に出ないときはビクトリーノがCFに回ればいいがその時誰がRFを守る?
ビクトリーノが試合に出ないときは誰がスタメンRFを守る?
その二人がほとんど健康で小さな怪我もなく出場し続けるのなら休養時にNava
でもいいと思うのだけど
RF控えとしてはGomesとともに両者守備的に適するとも思えないし
最終的にはRyan Kalishが枠に入ってくれる方が理想的な形ではあるように思う。
まず健康で許容範囲で打てることを証明しなければならないでしょうが。

Ciriacoも25人枠に入れるのならやはり外野全般もしっかり守れるようになってもらうのが
理想。足とIF守備が彼の長所だがそれだけでは今一つ押しが弱い。
ここに外野全般もしっかり守れるというメリットが加わるなら控えとしてはより重宝するだろう。
スカウティングしていると言われるボビー・アブレイユに1B/OFをやらせるくらいなら
Daniel Navaに1Bの守備練習させると言う方が自分としては魅力的なオプションですがね。
でも外部からの控えの獲得は今後もまだ十分あり得るのではないかと。

最終的なリリーフの編成は?
Hanrahan/Bailey / Aceves /Tazawa /Uehara /Breslow / Bard / Morales /Miller /Mortensen
この10人は開幕MLBスタートでもおかしくはないが現実的にはほぼ7人に絞られることになる。
捕手同様トレードは当然ながら考えられるところだ。

現在のペイロールは?
贅沢税計算上のペイロールでいうと


John Lackey, $16.5 million
Ryan Dempster , $13.25 million
David Ortiz, $13 million
Mike Napoli, $13 million(未決定)
Shane Victorino, $13 million
Stephen Drew , $9.5 million
Clay Buchholz, $7.4 million
Dustin Pedroia, $6.80 million
Jon Lester, $6 million
Jonny Gomes, $5 million
Koji Uehara, $4.25 million
Dodgersトレードの負担額,$3.9M(2013~2015まで)
David Ross, $3.1 million
Jose Iglesias, $2.1 million
----------------------------------------------------------
$121.8M


調停有資格者(MLBTRによる予想額)

Jacoby Ellsbury( $8.1M)
Joel Hanrahan($6.9M)
Jarrod Saltalamacchia($3.9M)
Andrew Bailey ($3.9M)
Alfredo Aceves ($2.6M)
Craig Breslow ($2.4M)
Andrew Miller ($1.4M)
Daniel Bard ($1.6M)
Franklin Morales($1.4M)
------------------------------------------------------
$ 32.2 M


調停無資格者 (サービスタイム3年未満かつスーパー2非該当者)で25人枠に入りそうな選手

Junichi Tazawa  $1M?
Felix Doubront  0.5
Ryan Kalish/Daniel Nava  0.5 
Will Middlebrooks  0.5
Pedro Ciriaco  0.5
Mauro Gomez 0.5
Ryan Lavarnway 0.5(現時点ではMLBの捕手はSalty/Rossになるので)

------------------------------------------------------
$ 3.5M


Medical cost等 + 25人枠に入らない40人枠入りの選手のサラリー
$12M

合計 $169.5M

Alex SpeierさんやMLBTRの記事を参考にさせてもらっています。
調停有資格者のサラリーはただの予想で実際はある程度はブレるでしょう。
ナポリを含めると贅沢税のリミット178M付近には
だいぶ近くなってきていると思いますし
今後は同時に高めのサラリーの選手を出さない限り高い選手は獲得しづらいのでは。
ただAcevesやBailey, Saltalamacchiaなど
はトレードの可能性もあると言われてるし、まだ少し動きはありそうですが。
なんにせよ1Bが正式に決定しないと財政的にも控えの編成的にも
先には進みにくいのではないかな。

今のところパッと見85勝くらいのチームじゃないですかね。


NEWS

★昨年は行わなかったが Rookie Programが復活する模様で
参加選手が発表された。
MLB昇格が近い選手を集めて短期間にトレーニングやコンディショニング
の指導や室内講習(メディアへの対応やお金の使い方からドラッグ、アルコールの対策等)
を受ける。

Pitchers: Drake Britton, Rubby De La Rosa, Allen Webster, Stephen Wright.
Infielders: Xander Bogaerts, Brock Holt
Outfielders: Jackie Bradley Jr., Bryce Brentz, Alex Hassan
Catchers: Dan Butler, Christian Vazquez

40人枠外だとBogaerts/Bradley/Brentzが参加。Barnesは来年ですかね。
左投手のHernandezなんかもAAAに到達してるし入っててもおかしくないと思うんだけどな。


★Minor League Ballの今年のREDSOX TOP20 Prospectが発表された。
Xander Bogaertsが2008年のClay Buchholz以来の格付け「A」。
エリートプロスペクトの仲間入り。
近年の中では上位の選手に割とAA以上のクラスの選手が多い。
Sickels氏はGarin CecchiniをB+(最近のアップデートでBに変更)
で4番目と他のランクと比べると比較的評価は高めで
やや評価が割れる部分でもある将来の打撃のパワー面に関しても楽観的。
ドジャースからトレードされてきたもう一人の投手のRubby De La Rosaはギリギリで
プロスペクトの対象からは外れてしまっているがSickels氏によるとB+だそうです。
Websterもトレード時はB+だったけどほんの少し落としたか。
2年連続C+に留まるIglesias(なぜか写真で使われている)・・・
頑張って挽回して欲しいね。
2012のドラフトクラスではPat Lightが比較的高めにランクされている。
40人枠入りを果たした Alex Wilsonはランク外C。ちょっと落ちてしまったね。
Ranaudも当然のようにランク外・・・・だいぶ落ちてしまったね。

今年はFAで埋めてほとんどトレードで出してないのもあるけど全体でいえば
まずまずいい組織なんじゃないですかね。
BAのJim Callisさん1個人としての組織ランクと前置きした上で
現在BOSは5番目のマイナー組織だとAsk BAで答えてくれています。


MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。