スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011AL東 チーム別展望①Baltimore Orioles

今年もそろそろこのシリーズを始めようかと思います。一応AL東のみ全チームやろうかと
考えておりますが時間的にちょっと今年は厳しく不定期になるかと思います。長くて
読みにくいけど適当に読み飛ばしてやってください


2010チームSTATS

項目成績リーグ順位
得点60613
失点78513
先発ERA4.59 13
先発x-FIP4.62 14
リリーフERA4.4413
リリーフxFIP4.153
OBP.31611
SLG.38611
OPS.70211
UZR-2311
DRS-210
ロバーツやマーケイキスなど好きな選手も多く球場もユニフォームも好きで
現在はレッドソックスの次になぜか気になるチーム。
そこそこ戦えるかなとシーズン前は思った戦力だったけど前半から大きくつまずいた。
先発で言えば新人のBrian Matuszやもはやベテランになってきた
Jeremy Guthrieは頑張ったけどそれ以降の投手が続けなかった。
とはいえ編成からすると最も物足りなかったのは得点力でロバーツの故障やWietersの伸び悩み
Markakisのパワーダウンが残念。得点圏やランナーズオンでの成績が今一つよくなかったというのもありチームの
LOB%(残塁%)もやや高かったのも 得点が伸びなかった一因か。
ここ数年評判のいい若手は何人か出てきているけどなかなか良いデビューを飾っても
その後に大きく伸びるということがあまりなくてエリートレベルの存在には欠ける。
1B/3Bの補強、特にアトキンスは活躍できず完全に失敗。
ブルペンは獲得したクローザーのMike Gonzalez、セットアッパーのJim Johnson
が故障でまともにシーズン通せなかった割には十分健闘した方。終盤上原の活躍が目立ったし
DヘルナンデスやJバーケンなど若手もリリーフで結果を出した。


Needs
1B,3B,SS,SP,RP
inout
SP/RP  Justin DuchschererINF Ty Wigginton
RP  Kevin GreggRHP Kevin Millwood
DH Vladimir GuerreroOF Corey Patterson
1B  Derrek LeeINF Scott Moore
SS  J.J. Hardy  (trade with Twins)1B Michael Aubrey
3B  Mark Reynolds (trade with Dbacks)RHP David Hernandez (traded to Dbacks)
RP  Jeremy AccardoRHP Kam Mickolio (traded to Dbacks)
INF  Brendan Harris (trade with Twins)RHP Matt Albers
LHP Mark Hendrickson
2B/SS Julio Lugo


1Bにデレク・リー、3Bにトレードでレイノルズ、SSにトレードでハーディを獲得。
トップクラスではないし怪我の不安はあるけどしっかりしたレギュラーを補強。上記のポジションの昨年の
悲惨さを考えればトップクラスでなくても十分上積みが見込める補強と言える。
トレードで若手を使ってやや薄くなったリリーフをFAで補った形。
ハーディやリーは来年にはFAとなるが跳ね返ればドラフトピックかシーズン途中のトレードで
なんとかプロスペクトを補強したいところ。
3BはJベルという有望な若手がいるけど昨年のパフォーマンスではまだMLBでは難しかった印象で
レイノルズを補強することに。bounce backで40発に期待?
先発は探していたけど最後の最後にようやくデュークシャ―との契約が成立。
ゲレーロは獲得出来たけど来年調停を仕掛けるにはやや怖い金額。
競争相手はいたのでしょうけどもうちょっと粘っても良かったんじゃないかと。


管理人による2011各カテゴリ戦力チャート
1231212.png  



Projected Rotation

1 RHP Jeremy Guthrie
2 LHP Brian Matusz  
3 RHP Justin Duchscherer
4 RHP Brad Bergesen  
5 RHP Jake Arrieta

Depth 
/MLB ready Prospects
RHP Chris Tillman ,LHP Zack Britton、RHP Rick VandenHurk

10年はミルウッドが投げてましたがFAになりデュークシャ―が代わりに入りました。
現在の力で言えばまだまだ弱いですしかなり上手く行ったら平均レベルと言う感じのローテ。
最終的に獲得したデユークシャ―とガスリー以外全員20代の若くて可能性はある投手陣ではあるのですが。
先発としての実績には乏しく2番手まではそれなりに計算できるけど
それ以降は計算が難しい。ティルマンはまだまだ若いけど少し伸び悩んでる印象。
アリエッタも球威はそこそこあるものの上では速球のコマンド、セカンダリピッチにもまだ苦しんでいる印象。
エース級と言えるような投手になりそうな投手はいないけど(あえて言えばMatuszか)
Matuszは昨年後半はかなりアジャストを見せてたし飛躍が期待できる。
2~4番手レベルには収まりそうな投手は多く
才能のある若手の頭数はそろっているんだけどMatus以外に2人は主力になりそうな投手を育てたいところですね。
プロスペクトのZack Brittonは現在その筆頭で楽しみになってきた左投手で
「クレイジー」と言われるほどのグラウンドボーラーで左投手ながら威力のあるハードシンカーを操りゴロの山を築く。
11年途中にもMLBに上がってくる可能性は高い。
将来の先発の駒はそれなりに揃ってるのであとは焦らずしっかり育ててMLBで一人立ちさせたいところ。
このチームはまず先発投手。
FAでいい先発が来ることがめったにないし先発の確保には常に他チーム以上に苦労するんで
若い先発投手は浪費せずしっかり育てるしかない。
Jeremy Guthrie はこの冬が売り時かなとも思ったけど夏かな。
5番手をティルマンとアリエッタで争って敗れたほうがAAAスタートと言う感じかも。
アリエッタの方が現時点では優勢か。




Projected Bullpen

RHP Koji Uehara
RHP Kevin Gregg
LHP Mike Gonzalez
RHP Jim Johnson
RHP Jeremy Accardo
RHP Jason Berken 
RHP Rick VandenHurk

Other 40-Man roster
& Non-roster  strong candidate
RHP・・・Alfredo Simon、Clay Rapada, Wynn Pelzer David Riske
LHP・・・ Mark Hendrickson、Troy Patton、 Pedro Viola

TORにいたグレッグとアカードが入団。
名前だけ見ると悪くはないけど故障癖のある選手が多い割には
デプスもトレードで消費してしまって弱いため
シーズン通じて考えると計算は出来ないチームだと思います。
上原は毎年故障するし、ゴンザレス、ジョンソン、アカードも故障癖があり昨年も
登板はわずか。リリーフとして頑張ったバーケンも肩の故障からの復帰。
不安要素が多すぎるのであんまり評価できない。
アカードとゴンザレスの復活に期待したいです。



Projected Lineup

C Matt Wieters 
1B Derrek Lee
2B Brian Roberts  
3B Mark Reynolds
SS J.J. Hardy   
LF Luke Scott
CF Adam Jones
RF Nick Markakis
DH Vladimir Guerrero

C Craig Tatum
UT Jake Fox
IF Cesar Izturis
OF Felix Pie

MLB ready  Prospects
3B Josh Bell,OF Nolan Reimold


ネームバリューがありお客が呼べそうな魅力的な打線。
そのポジションで特別クラスの打者はいないものの健康なら攻撃力では全てのポジションで平均以上を狙える。
昨年よりは全体でパワー、確実性ともに上がっていて打撃成績では上位を十分狙えるチーム。
マーケイキスやジョーンズ、ウィータースは今の位置よりもっと上を期待されてるはずだけど
今年こそ壁を超えたいところ。特にウィータースは期待値からするとさびしいですね。
昨年との変化で言うと
1B Ty Wigginton→デレク・リー
3B Tejada、Josh Bell→レイノルズ
SS Cesar Izturis→ハーディ
DH Luke Scott→ゲレーロ
LF Felix Pie、Corey Patterson→スコット

ゲレーロのDHによりスコットがレギュラーLFでマイナーオプションの残っている
レイモルドがマイナースタートになりそう。
ピエはオプション切れだし彼の場合はCFの控えも兼ねているので控え濃厚。
とりあえず昨年の大きな弱点のポジションだったSS,1B、3Bは無難に固めたし
野手の総合力は上がっている。
ディフェンスは
昨年ほとんどDHだったスコットが33歳のシーズンで基本毎日LF出場になるのと
レイノルズのところが怪しいと思うけどリーとハーディのところは昨年よりよくなるかな。
ロバーツが年間通せれば全体で言えば平均程度には落ちつきそう。
昨年故障で苦しんだロバーツ、リーやレイノルズがある程度戻せばかなりいい打線になるんじゃないでしょうか。

2010より成績が下がりそうなのは打線ではキャリアハイだったスコットくらいかな。
あとゲレーロは年齢もあるし昨年後半見てると若干下がるかも。
チームのプレーオフ争い次第と言えますが
プロスペクトの3BBellは昨年MLBでは苦しんでレイノルズを獲得することになりましたけど
準備が出来たらレイノルズを再トレードするかDHか1Bに移すかな?
レイノルズを残すなら、その場合リーかゲレーロのいずれかは外に出すことになるでしょうか。
レイモルドもそうですが、もしすぐにでもMLBで使いたいという状態になったら現在のガチガチの編成だと
昇格や役割を妨害してしまうかもしれませんね。まあレイモルドもチャンスを与えても怪我ばかりなんでしょうがない
とも思いますけど。


まとめ
プレーオフを争えるとまでは思わないが可能性はある若手先発投手ががんばれば5割こえるかも。
と言うのは昨年も実は思っていました。
むしろ中途半端にプレーオフ争える位置に来てしまうと若手の先発でトレードベイトに
なりそうなのはそれなりにいるからあのオーナーが強権発動して簡単に手放しそうで怖い。
投手含めたディフェンスで言えばまだ弱いが打線はいい。
リスクを低めに抑えながら野手の弱点を補強。ビクターマルチネスにオファーしたりベルトレも追っていた
と言う話もあったけど取れなくて正解。デレク・リーなんかは上手く獲得したと思います。
グレッグやゲレーロはやや贅沢品で個人的には今のオリオールズには複数年契約のリリーフは必要ないし
ただでさえリリーフは怪我に不安を抱える選手が多いから上原、アカードよりも
もう少し健康を重視した方が良かったんじゃないかと思うしレイズやブルージェイズみたいに
ドラフトピックを睨んだ獲得をしてもいいのではないかなと。
以前からリリーフに対して過剰に評価が高くて複数年契約での失敗が多いチーム(ちょっと前だとバイエズ、ウォーカー、
ブラッドフォードなど)でやりくりが下手と言う感じはします。
ゲレーロもレイモルドの役割を奪ったり、 スコットを今さらまたレギュラーLFに持っていくのも
考えると値段に見合った戦力アップがあるかは少し疑わしいしあまり好きではない。
MLBの編成的にはガチガチだからレイモルドやベルがしっかりマイナーで結果が残せても
出場機会を奪ってしまう可能性もある。
ガスリーやスコットは2010にキャリアでもかなりいい成績を収めたし
ガスリーなんかは先発市場が今年は消えていくのが早くてやや不足
していたことを考えればそれなりにいいプロスペクトを獲得できるチャンスだったかも。
たとえばカブスとレイズでガーザのトレードがあったけどオリオールズにも割り込むチャンスはあったんじゃないかとも
思うし、ああいうトレードをやるべきだったのはレイズよりむしろオリオールズの方だったんじゃないかとも思います。
トロントも再建の足かせになっていた重い荷物をおろしてレイズも上位をうかがいながら
も着々とプロスペクトをため込み育成中、
毎年プレーオフを狙う資金力豊富なNYYとBOS
がいる地区で上位に食い込んでくるにはどうしても先発投手とマイナーの立てなおしが必須。
Matusz   、Tillman 、Arrieta、 Brittonの成長が最も期待したいところでMatusz
はひとまずいい一年目を送った。後の三人に期待したいですね。
基本的には卒業扱いの先発と一部の上位の特別なプロスペクト以外はあまりパッとする
プロスペクトもおらず層が薄い。マイナーの補充の方も必須。
スコット、ガスリーなんかは価値が上がったところでいい話があれば積極的に
MLB  readyの有望な選手と交換したほうがいいと思うけどやや出す時期が遅すぎた感も。




コメントの投稿

非公開コメント

BAL

去年は来るかなと思ってたけど、Wieters、Markakis、A. Jonesらが、予想ほど打てなかったのが大きかったですね。新戦力がハマって、この辺が期待値程度打ってくれれば、POはともかく怖いチームにはなりそうですね。リリーフも中心のメンツの力量は良くはないけど、層は増やしてるし、あとは先発の若手次第ですかね。自分はあんまし買ってない選手が多いけど、いずれもProspect Rankingでは評価高かったですしね。

そういやフランコーナ監督が、STでは11人が先発するって言ってましたね。ローテの5人+Wake、Doubront、Weiland、Wilson、Miller、DuckworthというのがProjoの記事だったけど、DuckworthかWilsonの代わりにAcevesだと思うんですけどね。

ララさん

ですよねー。昨年でも結構やるかなと思ってたけどあまりにも
前半大きくつまずきすぎましたね。監督交代がきっかけになったのか
どうかは分りませんけど後半はだいぶ戻してましたね。
やっぱりWietersあたりはこの程度じゃさびしいですよね。
今年はリーなんかが加入するからいいお手本になればいいのですけど。
個人的には最近評判になってきたZack Brittonはやっぱりちょっと上で見てみたいですね。MLB.COMの紹介ページでは
シンカーが見られなかったけど
左のシンカーボーラーって響きになんとなく魅了されます。

うーんアセベスはどういう扱いなんだかよく分らないですね。
先発のデプスとしての獲得なら先発で行くのが妥当で
その二人よりは当然優先されるべきだと思うけど
まだあんまりSTでイニング投げさせるつもりはないのかなぁ。

そういえばTORの正捕手のアレンシビアのツイートがボストングローブに出てたけどすごい笑いました。

台風にならないか

いい考察だな~w
去年は投打が前半戦あまりにもかみあってなかったですよね~。。
しかし監督が変わってからの後半の連勝には驚きましたw
今年の補強はやはり先発が足りないかなと思うし、デュークシャーは未知数だし先発をもう1人補強した方がよかったと思うゲレーロに金使うのなら。。。
先発のアリエッタ、ティルマン、ブリットンの成長が今シーズンの一番の鍵かな。。。
リリーフ陣はよく補強したと思ったけど、確かによーく見てみると怪我人で不安要素が多いねw

そのかわり打線は強力になったかなwこの打線みんな普通に力出したら結構脅威です。。。
上手く全てかみあえば5割は普通に行くような気がします。。
BALの今年の補強を見ると複数年での契約がいなくて、思いのほか酷く悪いわけじゃないと思ってます。。。単年契約だから来年には引きずらないので未来は悪くはないと個人的には思います。。マイナーの選手ガンバレって感じかなw

BOSは去年BALに意外にも苦戦してたからな~BAL打線にボコられなきゃいいが・・・・。。。 GO SOX


ゴーベケさん

昨年も結構期待してたんだけどねー。
先発もいまいちだったしMatusz以外はプロスペクトも
思ったよりあんまりパッとしなかったなあと。プロスペクトも含めて。でも先発はしっかり育てて
野手はある程度外から取ってって言う方法は間違ってないと思うんですよね。重要な若手を消費してるわけでもないし。
ちょっと編成がムダに堅すぎるのは気になりますけどね。

全体的に野手はうまくやったようには見えるんで
あとは投手ですよね。

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。