スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011AL東 チーム別展望 ②Toronto Bluejays

第2段はブルージェイズ。相変わらずまとまりのない長文で申し訳ない。


2010Team STATS


項目成績順位
得点7556
失点72810
先発ERA4.30 9
先発x-FIP4.13 3
リリーフERA4.2310
リリーフxFIP4.2910
OBP.31212
SLG.4541
OPS.7663
USR-19
DRS464

出塁に苦しむのは予想がつきましたけどまさか257本もHR打つとは(笑)
このチームはなんだか知らないけど毎年打撃で何かしらビックリさせられてる気がします。
バティスタの54HRもそうだけどHIllはまれに見るBABIP(.196)の低さ。
同時にラインドライブ%もキャリアより極端に低く(10.4%)
フライ%もキャリアの中でも最も高い。ライナーが減った分がそのままフライアウトになっている
と言う感じでそれの多くがバティスタのようにフェンスを越えればいいのだけどそうでもなかった。
キャリアのラインドライブ%からあまりにも大きく下がってるしここまで来ると運というより
スイング自体にもなにかしら問題があったのではないかと。
チーム全体でもBABIPに関しては相当低いので戻す感じはしますが
HR%は逆に下がるかな。

ハラデー、ローレン、スクータロが抜けてGMも変り再建元年で戦力ダウンは確実だと思われた2010。
個人的には最下位を予想していただけにア東で85勝したのはレイズが地区優勝したより大きな驚きだった。
まさかの54HRを打ったBautista、しっかり200イニングを投げ切ってチームのエースとなったRicky Romero、
TJから完全復活のMarcum、SEAから移籍の奪三振マシーンMorrow、生え抜きの左Cecil。
この4人が先発としてほぼキャリアハイ
と言える成績でヒルとリンドの急降下はありましたけど再建元年としては期待以上と言っていいのでは?
1年契約で獲得した元BOSのAlex Gonzalezがキャリアハイの打撃で価値が上がってたところを
ATLでキャリアローだった若いエスコバーと交換できたのも(やや問題児だと聞くけど)
個人的にはTORがずいぶん優位だと思ったし
ジョン・バックもお得な契約で大活躍してドラフトピックを残して行った。
Bautisutaは昨年オフも調停資格者で年俸は上がるしレギュラーとしては3BとしてもOFとしても
中途半端、控えとしては高いなんて言われてて結構ファンからもノンテンダーにするべきとか言われてましたけど
良く見てみるとチームはテンダーはしたものの前年と同じ金額で昇給なしで契約まとめてるんですよね。
シーズン前はたしかリードオフで使うとGMが言ってましたし実際最初の何試合かはリードオフで使われてましたが
そこにいたのは最初だけでいつの間にか中軸に座りまさかの54HR、
昨年のオフには誰が予想できたか、まさかの5年契約締結。
GMは就任した時宣言した通りマイナーの立て直しに尽力していてIFAでの獲得やドラフトピックの確保にも積極的。
上で結果を残しながらもマイナー組織もたった1年ちょいで最低レベルから大きく向上させたのは幸運な面もあれど
上手くやっているなあと。もう少しでレッドソックスも危うく4位と言うところでした。


needs
1B,RP,C
inout
OF Juan Rivera (trade with Angels)CF Vernon Wells (traded to Angels)
OF Rajai Davis (trade with A's)1B Lyle Overbay
RHP Octavio Dotel (free agent from Rockies)C John Buck
RHP Frank Francisco (trade with Rangers).LHP Scott Downs
RHP Jon Rauch (free agent from Twins).RHP Kevin Gregg
RHP Carlos Villanueva (trade with Brewers)RHP Shaun Marcum (traded to Brewers)
INF Brett Lawrie (trade with Brewers)LHP Brian Tallet
C Miguel Olivo
RHP Jeremy Accardo
OF Fred Lewis

RHP Taylor Buchholz
OF Dewayne Wise
太字は野手レギュラー、先発ローテ―ション、リリーフでセットアップ以上の選手。ある程度独断で
の選手はエライアスランキングののタイプAで前球団が調停申請をした選手
の選手はエライアスランキングののタイプBで前球団が調停申請をした選手


野手プロスペクトの確保と足かせになっていた契約を他チームに譲渡することに成功。
なんといってもウェルズのトレード。今期から4年86Mの契約は重荷で
トレードは不可能だろうとも言われてましたが
結果を残したところで負担をわずかに抑えてトレードに成功。
単年契約のドーテルとラウシュの2人のリリーフをFAで獲得してます。
目立ったところだとチーム2番手のマーカムと2Bプロスペクトのラウリーと交換、
バックアップ捕手のモリーナとは再契約。
それと今年豊作と言われているドラフトを見越してかオリーボをドラフトピック狙いでトレードで獲得して
調停を仕掛け無事サプリメンタルピックゲット(笑)
トレードで獲得したナポリをリリーフのフランシスコと交換。
オフシーズンの主役は途中までBOSだったような気もするけどウェルズのトレードで最終的にその座を
持っていかれた気がします。
内部的には54HRのJose Bautistaと5年64Mの契約を結んだ。
Bautistaの場合調停最終年を含んでるからドリューとは少しシチュエーションが違うけど
5年64Mというと年齢的にもドリューの5年70とほとんど同じで来年以降の年平均14Mも同じ。
。今年のパフォーマンスでおそらくこの契約がどうこうって言うのはだいぶ変わるんでしょうね。




2011の管理人の独断による各カテゴリの戦力チャート

tor2011.png
Projected Rotation

1 LHP Ricky Romero
2 LHP Brett Cecil
3 RHP Brandon Morrow 
4 LHP Marc Rzepczynski 
5 RHP Kyle Drabek/Jesse Litsch

Depth /MLB ready Prospects

Zach Stewart,,Scott Richmond, Brad Mills 、Jo-Jo Reyes、Bobby Ray

先発のNo2だったマーカムが抜けたのは2011の戦力としては痛いですね。
モローは制球難は未だにあるけど以前よりは改善してて奪三振率は先発でも変わらず凄い。
スライダーが機能し始めてきて先発投手らしくなってきました。
今後柱になるにはもう少し効率的な投球が求められるでしょう。
3番手までは決まりで4,5番手を多くの投手で争いますが
Rzepczynski 、Drabek、Litschの三人が最も有力で最後の二つの枠を争うと言う感じでしょう。
ハラデーとのトレードで取ったKyle Drabekは期待の新人。
速球カーブのスタッフの評価は高いですけどAAのスタッツだけ見てるとAAA飛び越えて
いきなり開幕MLBで行くメリットがどれくらいあるのかとか
サービスタイム調整やスーパー2を避けることを考慮する可能性もあると思うんですが
とりあえず開幕MLBと言う予想はかなり多いですね。
Marc Rzepczynski は先発でもいけるでしょうけど最終的にはドレイべックやスチュワート
あたりが今年か来年あたり先発でハマってリリーフにまわる方がチーム全体としては強い気がしますね。
プロスペクトのZach Stewartはスカウトによって先発かリリーフか意見は割れますが
今年始めはまだ先発で育成すると思いますしMLBで登板する機会もあるでしょう。
投手はドラフトでもたくさん獲得したこともあって組織全体で以前よりだいぶ層も厚くなりました。
ロメロはいつのまにかチームのエースになってましたね。一時期は怪我なんかもあって
期待度もかなり下がってたけどいい先発投手に成長しました。マーカムもそうだったけど
以前からこのチームの先発はチェンジアップのいい投手がマイナーから多く出てくる感じ。


Projected
Bullpen

RHP Frank Francisco
RHP Jon Rauch 
RHP  Octavio Dotel 
RHP Jason Frasor
LHP David Purcey  
RHP Casey Janssen  
RHP Shawn Camp 


Other 40-Man roster & Non-roster  strong candidate
RHP・・・ Carlos Villanueva Josh Roenicke ,Alan Farina,
LHP ・・・ Jesse Carlson. Jojo Reyes,  Brad Mills ,Wil Ledezma


個人的にはダウンズが欠けたけど全体で言えば昨年よりよくなってると思いますしやや余り気味。
Francisco 、Frasor 、Rauch  、Dotel  、Purcey 、Campの 
6枠は故障がなきゃかなり堅いんじゃないかと。
最後の1枠を多くで争うがJanssen 、Villanuevaの2人が有力か。先発でDrabekと Litschの
2人を4,5番手で使うならRzepczynskiが入る可能性もないとは言えないがブルペンは余剰してるし彼は
MLBで使わなければ最初はAAAの先発にするのではないかと。
Janssen 、Villanuevaの争いが有力だと思いますが開幕までにどちらか放出されるかもしれない。
絶対的クローザーの不足はありますけど上から4人は一定期間クローザー経験があり層はなかなか厚いです。
ドーテルはプラトーンスタッツに問題があってクローザーには向かないと言われてて
より右専門的な役割のほうが合うと言われています。
来年はキャンプとドーテルとラウシュとフレイザーとフランシスコのうち何人がドラフトピック落としてくれるか、
または来年は今年ほど有望な選手がドラフトでは少ないと言われてるし
シーズン中手持ちのリリーフ投手にいい人材を提供してくれるチームを探すか。
そのままクラブオプションを行使して戦力にするか。
途中空いた穴にでもJosh Roenickeが入りこんで今年こそMLBで開花させたいところですけどね。
シーズン中に変わるかもしれないけど最初はフランシスコがクローザーになるのが妥当だと思います。


Projected Lineup
C  J.P. Arencibia
1B  Adam Lind 
2B  Aaron Hill 
3B  Jose Bautista
SS  Yunel Escobar
LF  Juan Rivera   
CF  Rajai Davis  
RF  Travis Snider
DH  Edwin Encarnacion


C   Jose Molina
UT  Mike McCoy ?
IF  John McDonald
OF  Scott Podsednik?(minor contract)


TOP Prospects
2B/3B  Brett Lowrie


変ったところで言うと
3B  Encarnacion → Bautista
CF Wells→Davis
1B Overbay→Lind
DH Lind→Encarnacion
C  Buck→Arencibia

今年もリードオフというか1,2番に置きたいタイプの打者がいない。
Encarnacionを1B/DHでと言う話なのでこのままいけばBautistaが3Bでいくことになりそうというのが大方の予想。
ただまだリベラを出そうとしているって話もまだ噂レベルですがあります。
3Bは内部のコンバートの話や外部から獲得も含めてかなりいろいろ噂はありました。
3Bを誰が守るかによって編成は結構変る。さすがに獲得したプロスペクトのラウリーに開幕から
MLBの3Bと言うのは現実的ではないでしょう。
ウェルズのトレードは上手くやったけど今年の野手の総合力自体はバックとウェルズの離脱で
昨年より野手全体で戦力は少し落とした感じ。
CFは出来ればプラトーン要員が欲しいところでマイナー契約したパターソンかポドセドニック
が争ってどちらかがロスターに入ると思います。CF守備ならパターソン、打撃ならポドセドニックって感じですかね。
LFとRFは逆になるかも知れないけど個人的にはリンドを1Bで試すなら同じようにスナイダーも
RFで1年どれだけできるかを今シーズン見極めたいです。
リベラはレイズの将来には関係しないだろうけどスナイダーは重要で将来的に両翼出来るのと
LFしかできないのでは編成の幅も代わってきますし。
HRパワーはありますがOn base skillのない選手に偏っていて今年も出塁率には苦しみそうです。
外から1Bを取ることもできたけどリンドに1Bを挑戦させること自体は面白い。
外野守備は悪いことがもう分ってしまっているし今はまだ若い超一流クラスはともかく
それなりに実績のしっかりしたDHでも安く短く契約できる時代だし
複数年契約の若者がDHにハマるのは喜ばしいことではないから基本的に再建期間と言う位置づけの
チームには試す価値はありだと思います。
守備は二遊間はかなり堅いと思うけど全体として平均かそれよりやや下と言う感じも。
どういう風に編成しても内野両コーナーは守備的には特に怪しい。
外野はアベレージレベルかそれよりやや下と言ったところかな。
スナイダーは今年こそしっかりレギュラーとして開花できるのか?マーカムとの交換で取ってきた
プロスペクトのラウリーは途中昇格があるかもしれないけど開幕はマイナースタート濃厚。
基本的に2Bを守ってきたけどマイナーで3Bを試すと言う話。

最終的にシーズン中ポジションがどう変わるのか今一つ分らないチームです。
とりあえずマイナー契約の選手を外して考えると
バティスタを3Bにするなら両翼はリベラ&スナイダーでDHがエンカーナシオン。
バティスタをそのままRFで行くなら3Bエンカーナシオン、DHリベラ、LFスナイダーになると思いますけど
総合的にどちらが強いかと言うのはちょっとはっきり分らないですね。
どちらにしてもあまり変わらないようにも思いますが。それ以外の部分で考えるなら
来年のドラフトピックにもこだわるならエンカーナシオンは来年契約する気がなくても調停には
かけ安い金額だしDHより3Bで使った方が同じ打撃成績でもポジションの問題で
エライアスランキングのポイント自体は上がると思うからDHで使うよりタイプBにはなりやすいんじゃないかとか、
Bautistaに関して考えれば昨年同様RFメインの方が本人の打撃成績にもいい影響が出るんじゃないかと言う気もしますし
マクドナルドもいいけどもう一人3Bがそれなりに守れてある程度OBPと守備も見込めるユーティリティがいてもいいかなと言う感じもします。Mike McCoy だとやや弱い感じがするしまだここは変わるかもしれません。
たとえば元レッドソックスでフェリペロペスという選手がいたのに(←しつこい)
まだマイナー契約でアイバ―兄とかクリーディとか取る可能性あるのかな。契約決まってませんよね。


まとめ
再建2年目。同地区のライバルファンとしては今まではウェルズの重い契約がまだ残ってるし
観客もかなり減ってるしペイロールもそんなに上がらないだろうしって言う部分が
あって安心していたところもあったけど
一番立て直したかった先発若手投手がそれなりにしっかり成長を見せてしまい
ウェルズは上手く放出されてペイロールに関しても今後最終的に大きく上げたいということなので
嫌なチーム、フロントになってきたなあと思っています。
たしかにホッケーが人気のある国だけど
もともとオーナーグループ自体は大きい資金力を持つと言われているし
1990年代前半の強かった時期は試合平均観客動員数も50000を
超えていた時もあったからレイズのように強くても客が入らないと言うマーケットのチームではないと思うのですが・・・。

今期の編成に関してはリリーフはうまく固めたと思いますけど
他にもマーカム、ウェルズ、バックと昨年いい働きした選手が多数抜けており
どれだけ期待の若手で穴を埋められるかと言うところだと思います。
ウェルズは別枠としてもマーカムを早めに出し野手のトッププロスペクトと交換し
リンドを実験的に1Bで使うことからも積極的にPO狙っていると言う感じもしませんが
着々と足元は固めてる感じはします。
Bautistaの契約延長には成功しましたが下から来る野手で安定した成績を残すような
エリートがなかなか出てこないのが課題。今後いい野手をある程度FAでも確保することもできるでしょうが
今のままだとそれだけでは厳しいと思うし今後はしっかりしたチームの核と
言える若い野手も育て上げることが重要になってきますね。
特にMLBではアスリート性とOBPの期待できる野手の存在に欠ける
というのはここ最近出てきた野手には常に感じる印象でバランスのいい編成を作るためには
そういう選手を育てたいところでしょう。
ヒルは変わった契約をしていて2011のシーズン前までに球団が2014年までの3年間のオプションを
行使するかしないかを決める。もし球団がオプションを行使しなければ2014のクラブオプションだけは無効となり
2011シーズン終了後に2012,2013のクラブオプションを行使するか破棄するか球団が決定するというもの。
スナイダーやトレードで取ってきたIFラウリー、もうちょっとしたらポテンシャルはすごく高いと言われる
CFゴーズあたりには期待がかかりますね。
今期に限ればモローやアレンシビアやドレイべック、スナイダーがどれくらい大きく飛躍するのかと言うのが上位に食い込めるかどうかのカギかな。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

贔屓のチームじゃないにも関わらず、今回も読み応えのある考察ありがとうございます。

ジェイズはなんと言ってもウェルズのトレードですね。
でもあれがなくてもバティスタとは長期契約してたかな。。

エンカーナシオンはもうちょっと頑丈なら3Bで使いやすいでしょうけどね~。
いまいち信頼できないイメージがありますね。
>DHより3Bで使った方が同じ打撃成績でもポジションの問題でエライアスランキングのポイント自体は上がる
これは思いつきませんでした。。あのGMならやりそうですがv-12

そういえば先日のアレンシビアのtweet見ましたがおもしろかったw
AL東の捕手争いでは1票入れておこう。。

ふるひさん

どうでしょうねえ。
ウェルズがいる状態だと難しかったかもしれませんね。
単純にお金の問題もあるだろうけどポジション的にも
一応両翼に期待の星スナイダーがいるしバティスタもどっちかって言うとRFよりだから
今後ウェルズを両翼に簡単に移せなくなる可能性もあるし。
DHもリンドの契約が一応最低13年まで残ってるから1B守備が難しければそこも埋まっちゃう可能性ありますしね。
しかし一時期たらい回しにされてMLBに定着と言っても
ほとんどユーティリティだった選手が1年でこんな契約
勝ち取るなんて夢がありますね。

Heidiさんは人気ですね(笑)

TOR

今期のTORはウェルズで騒がしましたねw
しかし、戦力アップしたかというと疑問でやはり若手の成長が鍵を握るのは間違いないですね。。。
しかし、アロンソGMはなかなか良さそうでフリードマンに似ていることがあるけどお金を使える額が違う分いづれTORの方が脅威になる予感。。。
マーカムは放出はしょうがなかったのかな~、先発の軸になっていただけに・・・再建時だからしょうがないのか。。

しかしBOSやTBと真逆の打撃ですよね~w完全に出塁率無視ですからw
ファレルが監督になって少しは変わってくるのかな?!
まだ今年は私は脅威に感じてないかな・・・・ロメロ、セシル、モローと出て来たけれどそれほど脅威に感じないんだよな~。。。
しかし、いつもTORとBOSがロジャースセンターでやると打ち合いになるイメージがあるし今年もそんな感じになりそうw GO SOX

ゴーベケさん

ウェルズは驚きましたね。
TBだったらドレイべックはAAAスタートかな?
ラウリーはいきなりMLBはないだろうし
プレーオフ狙うならマーカムは出す理由がないですよね。
観客減はかなり深刻な問題だし来年あたりはFAで奮発するかもしれませんね。

この地区面白くなってきましたよね。
NYYvsBOSの地区がTBも出てきて
個人的には近いうちにTORが入ってくるんじゃないかって感じがしますよ。
BALに一番頑張って欲しいけどやっぱりTBやTORの
フロントと比べるちゃうとちょっと望みが薄いかなと思います。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。