スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What went wrong? 4月のレッドソックス

4月を振り返る。
リリーフはまだ投球回がかなり少ないので個人の数字は載せません。
()はリーグ順位。

得点107 (11)
失点113 (6)
先発ERA3.83 (6)
リリーフERA5.35 (12)
打率.243 (8)
OBP.331 (5)
SLG.380 (9)
もっと差があるのかなという印象があったけど思ったより得失点差は少ないですね。
先発は全体で言えば前半はかなり苦しんだけどその後しっかり戻した。
リリーフは全体で見れば最悪のスタートですね。パペルボンがすごく良かったのだけが
救いと言える。
打撃部門はMLB全体でまだ低調って感じだけど気になるのは長打の少なさ。
打率が低くてもまだパワーを示してれば安心できるけどISOPも下から6番目と同時に低い。
野手先発リリーフを4月全体で見れば特に好調という部門がなかったのがきつかったですね。
どこか一つでも好調なところがあれば5割わることはなかったと思いますけどね。


試合IPERAQS%HKBBxFIP
レスター639.12.5283%3035143.31
ベケット5342.6560%203293.05
ラッキー528.25.6560%3417105.02
バックホルツ527.05.330%3415165.52
松坂526.03.8140%1920135.00

開幕直後のどうしようもない状態はなんとか抜け出しその後は大きく改善。
大きいのはなんと言ってもベケットの復活。
ベケット、レスターの二人が安定した登板を続けている一方で
ラッキーと松坂はやや良し悪しのはっきりした登板が多い。
ラッキーは一度登板をスキップされたことで奮起し過去三試合は連続QSを続けている。
松坂もと言いたいところだが松坂ビーイング松坂。
問題は未だにQSのないバックホルツでしょう。
コマンド、スタッフどちらも昨年とは程遠い登板が続いている。
将来にわたってチームの主力というかエース格になる伸びしろがあると
判断されたからああいう長期契約もしたに違いなく
しっかりしてもらわないと。08のときもそうだったけど期待が高まる立場に来ると
いまいち上手くいかない感じが。前回とは違って簡単にマイナーで調整できる立場ではないので
早く取り戻して欲しい。


PAAVOBPSLGHRKBBSB/CS
エルスベリー104.266.337.46842495/3
ペドロイア118.255.373.357217183/1
ゴンザレス105.314.379.457117101/0
ユーキリス102.218.392.48752621
オルティス102.267.373.39521115
ラウリー72.368
.389.57431130/1
ドリュー79.269.380.388
11811
クロフォード104.155
.204.22711754/2
サルタラマキア55.216.273.2750163
スクータロ60.189.283.226073
バリテック41.111.200.1390133
キャメロン30.185.241.407262
マクドナルド19.118.211.2941621/0

一時的に熱くなる打者はいてもなかなか続かない。
あえていえばラウリーが予想以上に結果がでているという所でしょうか。
よく打ったラウリーはまだしもSLGでジャコビーがチーム内でトップスリーに入るというのが寂しい。
実はまだ2桁得点が今年1度もない。爆発力にやや欠ける。
出した走者がホームに帰ってくる割合はMLB平均の31%より低く28%。これはリーグで下から
5番目の数字。長打に欠けているのは明白だけど
得点圏での数字も悪く走者が複数いるチャンスでなかなか長打が出てくれない。という感じでした。
SS、C以外のレギュラー確定のクラスのほとんどは小カール君以外は出塁は出来てるんですけどね。




レギュラーだけですが簡単に気になるスタッツを・・・・
おもにFANGRAPHSから抜粋。


エルスベリー・・・・・・K%(三振/打数) = 25.5%  (キャリア13.8%)
                            パワーを発揮し始めた反面三振が大きく増えている。
             空振り、見逃し両方ともに増えている。ここまで4HRのうち三本は
             2ストライクからのもので追い込まれてからも長打は出る代わりに
             確実性をやや犠牲にしている印象。
             最近は少し変わってきた感じに見えるけど。
             

ペドロイア・・・・・・・LD(ライナー)%=13% (キャリア20.1%)   

ZONE contact%(ストライクゾーン内のボールをスイングした中ででどれだけバットに当てたか)= 79.3% (キャリア94.5%) 
                          
            2ストライク後からでも出塁率は3割を超えてて粘り強さはまだ健在だけど
            ストライクゾーンのボールをややうち損じている感じ。


ゴンザレス・・・・・・・・HR/FB(HR/フライ) 3.2%  (キャリア17.6%)
                             2塁打は出ているもののなかなかスタンドインしない。
             単純に甘いボールの打ち損じも多く、全体として投手もあまりストライクゾーンで
             勝負してきてない割には初球ストライクをかなり多く取られてて
             打者有利なカウントをあまり作り出せてないのもあるし
             打者有利なカウントでも単打が多い。
             
             甘い球が来るカウントで狙ってガツンと一発というのがそろそろ見たいところ。
                              O-swing%(ストライクゾーン外のボールをスイングする割合)  がキャリアよりかなり増えており
             それがキャリアよりも多い割合でバットにあたってることからも飛距離をやや犠牲にして
             コンタクトに偏ってる感もある。身体的に問題ないならいずれ上がってくるでしょうけど。
             後ろの打者が打ち始めればもう少し投手も積極的にストライクゾーンで責めざるを得ない
             とも思うけど・・・。後ろも打ててないしね。
             

ユーキリス・・・・・・空振りが増えてるしスイング自体あまりしてないので
            多分打撃の調子自体は良くはないんだろうけどボール自体は見えてるし粘る粘る(笑)
           結果は出てないけどまだ特に気になるところはなし。
           右中間方向に2本の本塁打が出るなどすでに広角に長打打てるようにもなってきてるし
           完全なプルヒッターというイメージはもうない。いずれ上がってくるでしょう。
           怖いのはユークの場合は怪我だけ。ペドロイア同様パフォーマンスに関しちゃあんまり心配してない。

オルティス・・・・・・GB/FB(ゴロ/フライ) =1.31  (キャリア0.77)
                           BB/Kとゴロフライの割合と成績を見ると調子のいいスクータロみたいな数字に(笑)
           ここ数年の4月のひどい成績を知ってる人なら特に悪いとも思えないはず。
           左投手相手に今のところ成績が出ていて
           大きいのを狙わずにコツコツとコンタクト重視という感じ。長打がないかわりに空振りも少ない。

ラウリー・・・・・・・Swing%(全投球のうちスイングした割合) =51.8 % (キャリア42.8%)
                         打撃の調子がいいのかラウリーにしてはずいぶん積極的に振りに行ってる感じ。
           

ドリュー・・・・・・・LD%10.4% (キャリア18.3%)
                        四球は楽できるけど追い込まれる前にもう少し甘い球を積極的に振ってもいいんじゃないかな(笑)

クロフォード・・・・ZONE swing%(ストライクゾーン内のボールをスイングした割合)=62.7%(キャリア72.7%)  
                        LD% 13.9%(キャリア19.5%)   BABIP.177 (キャリア.329)
                        運もないと思うけどラインドライブもあまり出てないし
           慎重にボールを見ようとしすぎなのか単純に見えてないのか。
          
サルタラマキア・・・O-Swing% 35.1%(キャリア29.5%) 
            広角に長打を打てるパワーと技術を感じさせるけど空振りが多い。
            結構積極的に振るけど、まだストライクボールの見極めには
            鍛錬が必要か。問題は守備のほうがやや大きいと思いますけどね。
           


控えの選手もちょっと全体的に結果が出てないですね。            

          


1捕手のシチュエーション
当初はサルティ正捕手、テックはバックアップだけど普通のバックアップ
よりは少し出場機会が増えるって感じで言われてて
対戦先発が左の時はテック、右のときはサルティって感じでいくのを予定してたと思うけど
結局は先発投手によって捕手が変わる感じで落ち着いている。
べケット、松坂、バックホルツが投げるときはバリテックで
ラッキーとレスターが投げるときはサルティという感じに現在はなっている。
サルティがいいパフォーマンスを見せればサルティの出場頻度が増えるだろうし
そうでなければあきらめて内部よりも外から取ることになる可能性の方が高いと思う。
テックに今のまま3人を受けさせることになるのは本人の体力的にも戦力的にも厳しいか。
そういやパイレーツのスナイダーとかトレード候補によく上がりますよね。


2 SSのシチュエーション

当初はスクータロがSSレギュラー、ラウリーがIFユーティリティという形でスタートしたけど
ラウリーが序盤の大爆発で現在先発出場の機会を増やしている。ペドロイアの足の状態や
ユーキリスのHipの状態など既に内野は怪しい部分もあるので
スクータロも有効に使って欲しいけど。
現在AAAのIFナバーロが好調。BB/Kも1:1で長打力も見せておりLFも練習中。
準備が整えば内野の故障の状況にもよるけどスクータロよりマックの立場のほうが
やや危ういかなという気も。スクータロで正捕手クラスと交換というのはさすがにムシが良すぎる気もするが・・・。

3 外野手のシチュエーション
主にキャメロンが左投手先発のときにライトに入ることが多いのはシーズン前の
予定通り。ジャコビーが不調の時なんかはCFに入ることも。
キャメロンが健康的に問題ないならややマクドナルドが浮いてる感じも。


3 打順
紆余曲折の末、一応現在はジャコビーがリードオフに再定着。
不調のクロフォードが下位ということになっている現在。
クロフォードの調子が戻ったときどうなるかはまだわからない。
あれだけリードオフに苦しんだ割には
なぜだか現在中軸よりリードオフにしたい打者でチーム内は溢れてるのだが(笑)
3番Aゴン 4番ユーキリスはよほどのことがないと変わらないんでしょうけどね。
対左のときパピが外れてユークDH、ラウリー3Bというのもすでに何試合かある。


4 リリーフのシチュエーション

パペルボンはいいスタートを切ってトレード話を一蹴。
セットアップもバードで変化なし。
問題はその後でジェンクスのひどすぎる最近のパフォーマンスの連続で
混沌としております。本人はメカニクスの欠陥とか言ってたけど
個人的にはクロフォード同様精神的なものではないかと・・・。
あれじゃ調子上がるまではしばらく勝ちゲーム接戦では使えないでしょうね。
それまではアルバース、ウィーラー、オカジorヒルでしのぐしかないか。
個人的には三人とも接戦僅差の勝ちゲーム終盤を長期任せられるスタッフがある
とは思えないのでジェンクスにしっかり復活してもらいたいが。
ガニエではないことを願うw

コメントの投稿

非公開コメント

4月

これ見るとリリーフとクラッチ不足が顕著に出てるな~。。
先発はベケットが復活したっぽいのがいい材料バックホルツの復調待ちな感じかな。

攻撃は得点圏の打率が非常に低いですね~。。
パピとユークが低すぎなのとペドロイアもクロフォードも低すぎなのが得点に繋がらない、HRも出ないから余計ですね。。。
このまま打てないようだとパピとユークが四球が多いので5番に一番クラッチのAゴンをおくのもありだと思ってる今日このごろw
ちょっと予想以上に救うタロが打てないからラウリーでいってほしいね。。
クロフォードが打ち出したらどこにおくかも悩ましいw1番は私はエルズがすきなもんでw

リリーフはジェンクス復活してくれないと困るよ本当にw
本人は不調の原因がわかったみたいなこと言ってるからもう少し期待したい気持ちあるけど・・・・。。ジェンクスを下げることもなかなかできないしジェンクスのかわりはなかなかいないしね~。。。
アルバースが今いいけど、1年間このまま維持してできると思わないし・・・・。。
ジェンクスとウィーラーの復調が鍵を握るな~。。
パペルボンはかなりいいけど今年でおさらばするのがもったいないと思い始めましたw

キャッチャーはここ最近はサルティーもがんばってるんでバックホルツの時も受けてもらってもいいだろうと思うんだけどバックホルツもバリテックがいいのかね?!

それにしても今年のNYYは強いですね~ここから逆転するなんてかなり難しい・・・・。。 GO SOX

ゴーべケさん

得点圏が低いのは今後も1年ずっと続く可能性はほとんどないから
イライラすることはあっても
あんまり気にすることないと思うけどやっぱパワー
と確実性でしょうね。

スクータロは出してりゃそのうちそれなりには
打ち出すと思うけど今のラウリーじゃ優先して出す訳にもいかないし難しいね。打線が全体で返す人不足だからラウリーの
バットはスクータロより必要だしね。
まあユーク、ペドロイアなんかもみててちょっと怪我大丈夫って感じで怪しいしうまく使って欲しいですけどね。

ジャコビーはどう言う打者になるのかなぁ・・・・
まだわかんないね。三振が多いうちは上位定着は難しいんじゃないかとは思ってるけど。

ジェンクスは登板ごとのムラが半端ないね。
すんごいいいときは誰も打てそうにないのに
今日みたいなストライク入らないわ変化球は変化しないわ
みたいのもあるし。あれじゃなかなか信頼取り戻すのは
難しいだろうね。
でもそれ以外の投手もその場しのぎって感じで
結局バードに大きな負担かけちゃう感じはする。
ボールに威力がなくなったわけでもないし
早く取りもどしてほしいね。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。