スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REDSOX Trade Targets その2

いやいやPCの調子が悪くって。
なかなか起動しないしすぐ固まるし困ったもんでちょっと更新サボりました。


今度は野手編。
主に右打ちRFということでしょうけど
RFの場合はレディックとJDの2人がいると言うチーム状況を考えて対左投手の
キャリアのOPSを表示。AV/OBP/SLGの成績は今期のものだけどちょっと前から書き始めたから
今は少し変わってると思いますのでご了承ください。
一応ここに出てくるOFのUZR150はすべてRF限定でのものです。



右打ちRFレギュラータイプ

Carlos Beltran

PAAVOBPSLGHRキャリアOPS vsLHPキャリアUZR150Team Control
381.287.381.51214.88612011
メッツと大型契約を結んだ元スーパースターのスイッチヒッターCF。
近年は膝の怪我に苦しみ
まともに年間出場していなかったけど今期はなぜか健康を取り戻して元気に働いている。
今季からRFに移っているが無難にはこなしている。
オフシーズンはクロフォード獲得前にレッドソックスとのトレードの噂もあった。
獲得すれば問答無用でレギュラーで使う選手だろうし戦力としてだけで考えれば
ベストかもしれないし人気も高い。
今季の年俸は18.5Mと高くて
契約上シーズン終了後チームが年俸調停を仕掛けないという条項
がついている。もし残りのサラリーの全額を払わなければならないなら
負担できる球団自体はかなり限られるだろう。メッツもサラリーの負担は考慮するみたいだが
移籍先の球団が全額負担するなら元々高い上に2カ月+プレーオフの期間だけ使ってドラフトピックを
全く得られないと言うことだから
そんなにいいプロスペクトは出したくないな。



Michael Cuddyer
PAAVOBPSLGHRキャリアOPS vsLHPキャリアUZR150Team Control
359.292.368.46513.877-7.22011

ツインズの右打者。強肩だが動きがやや緩慢で守備はどのポジション守っても平均以下で良くないけど
一応RF以外に1B/3Bもできて打てる。
ただツインズは順位に関わらず出すつもりはないと言ってて再契約するつもりだとも。
今期契約最終年でサラリーは10.5M。



Hunter Pence
PAAVOBPSLGHRキャリアOPS vsLHPキャリアUZR150Team Control
.382.323.364.49411.8355.8~2013
アストロズのレギュラーRF。守備打撃ともに平均以上で
年毎の成績で目立つシーズンはさほどないものの安定した上位のレギュラーではあると言う感じ。
残り2年半コントロールできる。アストロズはどうやらペイロールを削る必要に迫られていると言う話。
FAまでかなり期間が残ってるから来季以降もレギュラーにするつもりでの獲得となるだろう。
この場合レディックとケイリッシュの生え抜きは遅かれ早かれトレード要員になってしまう可能性が大きい。
バランス的には右打者と言う利点はあるけども早打ちでもよく知られ総合的には堅いがそこまで特別という選手でもないし
今期の成績はBABIPには出来すぎ感が漂う。
レディックやケイリッシュもこれくらいの成績の選手にいずれ育つ可能性もあるとは思うが
健康で毎年成績をコンスタントに残して続けて計算できると言う点ではなかなか上に来る選手も
多くないと言うのは事実としてある。レッドソックスでは6.7番を打つ打者だろうけど
攻守の確実性と若さを併せ持った平均以上のRFといったところか。
もしアストロズが出すのなら圧倒的な見返りを要求するだろうとのこと。
今季のサラリーは調停2年目(スーパー2)で$6.9M。
アストロズは他の放出候補にワンディ・ロドリゲスやブレッド・マイヤーズ、超俊足リードオフの
CFマイケル・ボーンなど一部のデビューして間もない安い選手以外多くの選手の名前が頻繁に上がっているし
マイナー組織もかなり悪い。



Carlos Quentin
PAAVOBPSLGHRキャリアOPS vsLHPキャリアUZR150Team Control
359.256.354.50317.786-6.5~2012
ホワイトソックスのレギュラー。ユーキリスでさえかなわないくらいデッドボールが多い(笑)
対戦の時とか見てても本当にインコースに来てもよけないんですよ・・この選手。
パワーに優れた両翼だけど対左に関しては通算ではさほど強いと言うわけでもない。
守備は改善してきてはいるがかなり悪い。個人的にはもし出てきても
レッドソックスより他の球団の方が興味持ちそうな気もしてますがね。
オフにエクステンションを球団が持ちかけたけど成立せず
トレードの話も出てたっけ。


LADのイーシアやケンプは出てきたらいろんな球団が群がるでしょうなあ。
とりあえず今回はここに書くのは自重。




RFプラトーンタイプ

Jeff Francoeur
PAAVOBPSLGHRキャリアOPS vsLHPキャリアUZR150Team Control
385.264..309.43812.8358.02011
もとATLの主力で現在ロイヤルズ。まだ若い。
通算成績の割には左だけは打てるし守備も良いのでプラトーンで併用するつもりなら
控えとしては最もフィットする人材と言う感じではある。
パワーはそこそこあるが選球眼は絶望的にない。
ロイヤルズは見返りに若い投手が欲しいということだ。
同じ外野手でメルキーカブレラも市場に出てくる可能性大だろうけど彼はスイッチヒッターだけど
通算で右打席の方がやや弱いのでややレッドソックスにはフィットしない感じ。
ただロイヤルズが出したがってるのはカブレラの方。


Ryan Ludwick 
PAAVOBPSLGHRキャリアOPS vsLHPキャリアUZR150Team Control
247.243.306.38311.7514.72011
現在パドレス。通算で特に左に強いと言うタイプでもないけどパワーはある。
今期は主にLFを守っている。
以前カージナルスで37HRを打ったパワーはあるが現在はそこまでは発揮していない。
球場的にも厳しさはあるだろうから現在の数字ほどは悪くないだろう。
ヒース・ベルとともに市場に出てくることはほぼ確実視されていてレッドソックスの名前もよく上がる。


Reed Johnson
PAAVOBPSLGHRキャリアOPS vsLHPキャリアUZR150Team Control
126.325.368.5484.841-9.32011

カブスの控えベテラン外野手。よく福留なんかとも合わせて使われていた選手。。
レッドソックスが狙ってるのは同じカブスのユーティリティ野手ベーカーと言う話もあるけど。


あとは今季駄目だけどロッキーズのOFスピルボーズ
あたりも名前あがったりしますね。
JDはヨボヨボ感が漂ってますがレディックがとりあえず頑張って打ってるんで打ってるうちは無難なプラトーン要員で
打線は事足りるのではないかとは思いますけどね。まああんまり
ケチるのも戦力アップ幅としてはどうなのかてのはあるけど
現在のところは目下やはり先発の方がどう見ても危ないのでそっちの方を優先させるかな。
とりあえずレディックの場合ディフェンス面では上のどのレギュラークラスよりも上だと思ってますし
多少打てなくなってもある程度は守備でもチームに貢献はできるハズです。
ただ、もともと打撃はムラの大きい選手とは言われてるし
確実性にはやっぱり不安はあるから保険はかけておきたいところでしょうね。
今のJDじゃ残念ながら保険にもなってるかどうか疑問(笑)



それ以外の野手

Hanley Ramirez  SS
PAAVOBPSLGHRキャリアUZR150Team Control
278.248.341.3818-9.2~2014

なんてね。
マーリンズはローテもJJが健康取り戻せばいいと思うしリリーフもまずまず。
同地区の周りも強いけど野手も若くて生きいい選手が出てきてるし来年新球場のこけら落としにあわせて
勝負かけられると思うし賭けるべきところだと思うが常にペイロールに関する心配は漂うチームだし。
トレードされた後はスーパースターへまっしぐらの
今季不調の元レッドソックスのプロスペクト。SS守備は雑の一言だけどそれでも
SSの平均的な打撃と比べるとそっちの差の方が大きく
通常どおり打てれば欠点をものともしないくらい貢献はできる選手。
以前レッドソックスが獲得を狙っていると言う話が出ていた時はCF転向を視野に入れていると言う
興味深い話も出てたっけ。サラリーは11:$11M, 12:$15M, 13:$15.5M, 14:$16M。
やや怠慢なプレーも多く問題発言が多い選手としても知られる。
傘下のIFのAAのTejedaあたりにもここまでのスピードはなくても
打撃はこうなってもらいたいと思ってるんだが・・・。現在のところはまだまだですねぇ。


Jose Reyes  SS
PAAVOBPSLGHRキャリアUZR150Team Control
380.354.398.52932.92011


FA前の大爆発。
メッツは再契約を目指しているとも言われるが本人はシーズン中に交渉する気はないみたい。
JJハーディのオリオールズとの
契約延長が決まったためSSのトレードマーケットは薄くて
今季に賭けてるチームからは人気になるかもしれない。
ハイクオリティなプロスペクトを複数放出して獲得するならば再契約が前提でなければならないと思うけど
今季これだけの成績を残してる選手がFA市場に出るまえに再契約する可能性は
よほど相手が満足するものじゃない限りないとは思いますけど。
レッドソックスがFAの争奪戦に参戦する可能性は現在のSSの状況からしてもありえる
だろうけど再契約前提としないでレンタルのみでの獲得となると、ほとんどないとは思ってる。


SSはとりあえずシーズン中にレギュラーをアップグレードするのは難しいでしょうね。
というかシーズン後でも難しいか。いつでもプレミアムなポジションに
プレミアムな存在を手に入れるのは難しい。
まあ昨年のサルティみたいに来季のSSレギュラー候補にしてもいい
って球団が考えるような選手で、なおかつ現在燻ってて価値が下がってるようなポテンシャル高い若い選手の
獲得とかあってもおかしくないと思いますけども。SSにそういう選手いるかなあ。
そこまで他球団の事情に詳しくないからわかんない。

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。