スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W73-44L ラッキー11勝目(笑)

mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp
ユークとスクータロが腰の痛みで出場回避。アビレス3B、ラウリーが2番でSS。ペドロイア4番。
故障の気になる三遊間ですがちょうどラウリーがタイミングよく戻ってきたのは幸いか。



ラッキーが安定の6回10安打4失点。これクオリティスタートでいい?
先発でチーム最多タイの11勝目。このペースなら本当に6点台で15勝できるかもしれん(笑)
アメリカンリーグが創設された1901年からMLBでERA6点台で15勝以上した珍記録を持った投手は過去に
2人だけのことらしい。
イニング以内の被安打数に抑えた記憶がほとんどないなー。長打自体は少なかったんですが・・。
7回頭に先頭アクリーに対しなぜ続投させたのか意味不明。
相手打線は相対的にしっかり見てくる打者は少ないし球場考えるとむしろインハイの速球でどんどん力押しして
大きい外野フライでも打ち上げてもらった方がストライク入らない変化球使ってカウント
悪くするより楽にイニング消化できそうな気もしました。スライダーが決まらなかったし
コマンドも曲がりも安定しないですね。
そのかわりカーブは最近は左打者外角へのコントロールは悪くないし徐々に使えるようにはなってる。
打線はあまり効率は良くないが先発全員安打。パピが好調維持でHR含む2安打2打点。今日もいいですね。
ラウリーが左打席で今季初ホームラン。レディックもガラスの部分に当る特大の1発とホームラン攻勢で6点。
Aゴンは左中間のフェンス直撃は惜しかったですね。なにかと一発が遠い。
まあフェンウェイだったらシングルだったかもw
クロフォードは打撃は悪くもなかったけど最近走塁の判断が悪いっすねー・・・・。守備も見ててもいまいちだし。
むしろ今年打ててないことよりも走塁と守備が今一つよくない方が気になっている。
サルティは伊東さんにキャッチングをダメだしされる(笑)
ペドロイアは9回の盗塁時ちょっと足痛そうにしてましたが大丈夫か?

リリーフはモラレスとバードでなんとか7回を閉め、8回バード、9回パぺルボンで無失点に抑え終了。
もう少し先発にはしっかりして欲しい。

朗報はサバシアがレイズに5被弾!!でNYY完敗。2ゲーム差。

★プレーオフの日程発表
ALDS
Game 1: Sept. 30
Game 2: Oct. 1
Game 3: Oct. 3
Game 4: Oct. 4 (if necessary)
Game 5: Oct. 6 (if necessary)

ALCS
Game 1: Oct. 8
Game 2: Oct. 9
Game 3: Oct. 11
Game 4: Oct. 12
Game 5: Oct. 13 (if necessary)
Game 6: Oct. 15 (if necessary)
Game 7: Oct. 16 (if necessary)

WORLD SERIES
Game 1 at NL: Oct. 19
Game 2 at NL: Oct. 20
Game 3 at AL: Oct. 22
Game 4 at AL: Oct. 23
Game 5 at AL: Oct. 24 (if necessary)
Game 6 at NL: Oct. 26 (if necessary)
Game 7 at NL: Oct. 27 (if necessary)

ほとんどプレーオフの進出自体は決まったようなものだと思うんでとりあえず。
どのシリーズも中3日で先発を使わない限りは4人の先発が必要になる。
バックホルツの今期中の復帰はほとんどのライターが可能性はかなり低いとみてるようで
出来れば超幸運と言うところだと思うしまず計算できないのでこのままいけば
怪我なく行ければベケット/レスター/ベダード/ラッキー
の4人で回すことになるんでしょうね。追い詰められれば中3日で先発を使うこともあるでしょうけど。
まあプレーオフに出てくるような競ったチームとこれだけの短期決戦をやるわけだから高校野球と一緒
とまで言わなくても強さってより宝くじみたいなもんですね。最高勝率でホームアドバンテージを獲得するの
も大きいが体調だけは万全にしてベストな状態で臨めるように願うまで。

★レイズ戦のロ―テが決定。2日間でダブルヘッダー含む3試合があるが
最初の日のダブルヘッダーはベダードとレスター、最終戦はラッキーで決定。
この間のミラーの先発はなしでロイヤルズ戦で先発させるかもと言う話。

★JDが打撃練習開始。
レディック、マック、アビレスがある程度機能している以上
あんまり早く回復されても9月になるまでロスターに置く場所ないし周りは困ってるんじゃないかと推測している(笑)

★少し前のことだけどパピが再契約交渉の打診のないレッドソックスに対してイライラしていると言う話が出てた。
パピ側が望んでいる契約内容は2年+OPで$20~25Mとも伝えられていて現在の成績からすれば
至極妥当な範囲ではある。しかしレッドソックスは複数年以上の契約を望んでいないとの話。
これは個人的な見解だけどレッドソックスが複数年契約を嫌がっている理由としていくつか考えられる。

①パピの年齢によるパフォーマンスの衰えに関する心配。
来年36.再来年37才と言う年齢。今年のパフォーマンスでその心配はかなり軽減されてるようにも思うけど。

②もしDHとして満足できないレベルまで衰えてしまった場合、
「DHの控え」と言うポジションはないし、ただでさえ厳しい25人ロスター枠を一つ
無駄に使ってしまうことになってしまうこと。これはローウェルなんか
の契約最終年がそんな感じだったけど長いシーズン162試合だと結構痛いところでもある。

③今後2年打者の左右のバランス的には左打者にはそんなに困らなそうなこと。
エルスベリーの成長とAゴン獲得、サルティも左打席のほうが得意と言うのもあるし
RFにはレディックかケイリッシュの左がレギュラー候補として控え、LFはクロフォード。
今期はパピも打ててるし左を苦にしていないがバランス的にはレギュラー確定の選手として
ペドロイア、ユークしかいない右打者の方が心配であること。
同じパワーヒッターなら右の方がバランス的にはあっている。

④身体的な耐久性と3B守備にやや不安のあるユーキリスを来年からとは言わずとも
再来年にはDHメインに移す構想がチームにあるのではないかと言うこと。
現在順調に育っている傘下マイナー(現在AA)の3Bミドルブルックス又はSS守備に
やや不安のあるラウリーも選択肢に入っているかもしれないが、彼らに3Bを任せると言う選択肢を
考えているならパピの複数年契約により2年間は
その選択肢はほぼ潰される。ただしユーキリスはDHを嫌がっていると言う話もあるけど。
まあ通常はどんな打者も嫌がるもんですけどね。
それとAAAにC/DHのライアン・ラバーンウェイがいて打撃ではほぼMLBの準備ができていること。
彼はDHでもやっていけるパワーを持っているしCの守備にやや難があるという
事情もあるので将来的にナポリみたいにDHメインの控え捕手と考えられなくもない。DH側の選択肢は
パピの2年契約延長で2年は潰される可能性がある。まあ右打者なのでパピが打てなくなった場合プラトーンで
使うことも可能ではあるのですが。ちなみにラウリーは右打席の方が成績が圧倒的によく
ラバーンウェイもミドルブルックスも右打者ということでチームのバランス的には合う。


⑤一方でもしパピと再契約出来なかったと考えると。。。。。。
もしパピも妥協せずレッドソックスも妥協せず物別れとなった場合
昨季や今期のパピのように「シーズン通して打てるDH」を単年契約で探すのはそんなに簡単ではないこと。
たとえば結構戦力がそろってきたブルージェイズに来年移籍したら?
レイズに移籍したら?NYYはすでにDH候補であふれかえっているので
場所がないかもしれないが移籍したら?オリオールズなら大丈夫かもしれないが。。。。
戦力アップ幅は今期のどのチームのDHを考えても
結構大きくなるはずで、これも同地区と言うことを考えれば
とても脅威になるし、もし同地区のチームに移籍してそのチームが大成功してレッドソックスが
プレーオフを逃してしまった場合し
ファンからの非難も相当大きくなってしまうに違いない。


今期のパピの打撃の大きな改善とユークの今イチな成績がさらに難しくさせてしまっているような気もする・・・・。
昨シーズンオフ、レッドソックスはパピの1年間のオプション行使して再契約をレッドソックスが打診しなかった時点で
パピも今期でお別れかなとファンとしては思っていたんですけど
打撃は結果だけでなく内容もチーム一と言っていいほどいいし三振も大幅に減って近年まるで打ててなかった
左投手も全く苦にしていない豹変ぶり。
2004年のWS制覇も知っている古くからの人気者で
ジーターほどでないにしろフランチャイズプレーヤーでもある。
パピと2年契約をした場合、もし3Bの後進が育っても不安を承知でユーキリスを3Bとして2013年まで
使うことになるかもしれないしRFに関してもケイリッシュやレディックを諦めて
右打者を取りに行くなんて話も場合によっては考えられるかもしれない。
まあプロスペクトが本当に順調に育つかっていうのは結構難しいところでもあるんですけどね。
特にBOSのような毎年プレーオフ狙うようなところではポジション平均以下のプレーヤーの場合
はあまり価値をなさないという事情があるんでその見極めはかなり難しい。

どっちにしても難しいということですね。個人的には1年+クラブオプションあたりで
落ちついてくれればいいが現在のこの成績では普通に考えればどう見てもムシがよすぎる話かもしれません。
再契約を打診するとは思ってるけどどこで纏まるかは難しいところかなあ。
ちょっと難しく書きすぎてしまいましたね。自分でも何が何やらわからなくなってきた(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分としては④が最も引っ掛かるポイントです。
ユーキリスの健康を信用していません(^_^;)

ミドルブルックス(かラウリー)がしっかりしたレギュラーになれば理想的だけどパピもいて欲しいという葛藤(笑)

残って欲しいので仰るように奇跡的に1年+OPで再契約出来れば喜びますが2年となると難しいですよね。
13年までユーキリス3Bだとすれば、ミドルブルックスはAAAでもしっかり打って順調に育つようなら1年間勿体ないですよね。
その場合はトレード要員に傾くでしょうか?
そしてチェッキーニ、ボガーツあたりが出てくるまで誰かで凌ぐとか、それよりジマーマンを狙うとか・・・考えてたらしんどくなってきますね(笑)

ベテランとプロスペクト、両方への愛着が思考の邪魔をします。

WJR5さん

パピ一人だけに注目して考えると
これだけの成績残してたら二つ返事で複数年契約OK出しても
いいようなもんだけどチームの事情がかなり難しくさせている
感はありますよねー。

まあそれだけ野手のプロスペクトや若い選手はそこそこうまく行ってるっていう証拠だとも思うんですがパピはレッドソックスで引退して欲しいと言うのも一方であるし。
ユークの健康は心配だけど今後も高い次元で打ち続けると仮定して
これだけ近年左無双の打者は今のレッドソックスの左右のバランスでいうとかなり貴重な存在でもあるんですよねー。もしユークをトレードするならかなりバランス悪くなるような気もしますね。
そこをいきなり新人に期待していいのかってのはありますから
他のポジションで打てる右打者の獲得は必要になってしまうんじゃないかなあ・・・。

No title

先発がこれでは得点しても僅差のゲームが多くてバードやパペルボンに負担がかかって仕方ない。
ウェーバーでもう1人獲得した方がいいんじゃないですかね。4番手クラスでいいので、NYYに邪魔立てされることもないと思います。ハーデンをもっと安い見返りとか復帰した王建民とか。。。。 

来期パピに抜けられるとかなり痛いですね。だけどTBがBOS以上のオファーを出すとは思えないしTORもDH枠を固定されるのは得策ではないのでは。
ユークもこのまま3Bでは厳しそうだけど1BだとまだやれるしDHに回されるぐらいならトレードしてくれよって思うかもw BOSでやれなくなったらヒューストンいきたいなんて言ったようだし本人も何か感じてるのかな。。 

>5被弾
サバシアが悪かったのなら朗報だけど、TBが調子上げてるなら多少複雑(笑) まだ10試合残してるんですよね(^^;)

No title

トレード要員の話はミドルブルックスのことです^_^;
書き方悪くてすいません!

natureさん

左のリリーフなんかは獲得に動くんじゃって話は結構聞きますよね。
先発は今後によってはまだ可能性ないとは言えないかな・・・。
パピが複数年契約にこだわりBOSが頑なに単年契約にこだわるならばTBがBOS以上のオファー出しても驚かないです。TBでも2年程度なら十分
可能だと思う。TORはフィルダーみたいな大物1Bを補強したいだろうけどリンドをそのまま1Bで使うかトレ―ドでリンド出して
手頃な1B獲得してDHパピとか考えても驚かないです。
ユークはたしか出身がシンシナティじゃなかったかな。
今の状態でトレードとか抜けられるとしっかりした右がいない限り
右が薄すぎてちょっと困りますよね。

WJR5さん

勘違いしとりました^^
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。