スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cody Rossと契約

Cody Ross(31)
過去三年のシーズンスタッツとキャリアのスタッツ
  

キャリア通算Platoon Splits
 

Cody Rossと1年3M+インセンティブで契約成立。
左投げ右打ちという珍しいタイプのOF。
いいパワーとまずまずのアスリート性と強肩を併せ持つ3ポジションOKタイプのOF。
通算ではCFでの出場が最も多いが近年は両翼をメインに守ることが増えてきたし
ハムストリング等痛めることも多くなってきてて基本的にはCF起用はジャコビーの故障や休養等
臨時的なものでそれ以外では両翼メインになるだろう。
当初は3年契約を求めていたとされたが敬遠され結局は単年保証3Mでレッドソックスと契約。
まだ本来そんなに衰える年齢でもないしこれ自体はいい獲得。
おそらくクロフォードが開幕出られないなら彼がLFに入りスウィーニーが
RFレギュラーを固めることになりマックがそのまま残るならアビレスがほぼSS中心のIF限定で
使われることになるだろう。
クロフォードが戻ってきたらRFでスウィーニーとプラトーンという使われ方が現実的。
今期は左に対して打ててないが通算ではかなりの左キラーぶりを発揮しており
左にパワーヒッターの偏るレッドソックスにとって最適な人材といえよう。
基本的には通算みてもパワーのあるフリースインガータイプで出塁自体は期待できないが
下位においておくなら文句はないという打者。NL西にいたころよりパワーナンバー自体は上がるのでは。
でも最近は結構他の球団も競合していたのだけどこの価格でさえどこも手を出さなかったのは不思議。
まあレッドソックスもスクータロ出さなきゃ手を出さなかっただろうけど。

しかし一つ疑問が。これにより多少ペイロールは圧迫されることになったけど
オズワルトの獲得は本当にできるのでしょうか。
それとも既にAAVが低いフロイドのほうに焦点をシフトしてるか。

コメントの投稿

非公開コメント

ロス

自分はこの額でもあんましお気に入りじゃないですけどね(~_~;)なんせ安定してOBP.330以下というのが。昨季の成績で、あと2歳上ならマイナー契約でもおかしくないと思うし、両翼の控えレベルと考えれば、正直2Mが自分なら許容ギリギリです。

先発さらに苦しくなりましたね。これで、4-5Mが限界なんじゃないかと。フロイドも凄くパッとはしないけど、シカゴのトレードのセンスの無さにはすごく期待してます。

ワークマン、Balcom-Miller、Rロドリゲス、リンくらいのムシの良さでもなんとかなるんじゃないかと思ってたり。

ララさん

純粋な控えというよりはどっちかというと
フリンジなレギュラーという感じだから
これ自体は良くやったと思います。
BOSにとっての高いか安いかはこの後の投手獲得次第によるところが大きいですね。

ケンケンGMの奇抜な発想にみんな何かやらかしてくれるんじゃないかと期待してますね(笑) 
自分的にはセンターピースとは言わないまでもLarsやTejedaをうまく使ってくれると嬉しいですが。そういやMLB comの2BのプロスペクトのランキングにTejedaが4番目に入っててびっくりしました。ケンケンGMもこれくらい高く買ってくれてればいいのですがね。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。