スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アセベス調停回避

昨年のレッドソックスの投手のMVPと言えるアセベスがギリギリで調停を
回避して一年契約$1.2Mで契約を決定。昨年ヤンキースにリリースされたものの
年俸調停資格を得たのは今回が初めて。昨年はマイナースタートも
先発で4試合21イニング、リリーフで51試合93イニングとまさにフル回転。
思わぬ拾いものとなった。彼がいなければリリーフ陣はもっとずっと悲惨なことに
なっていたに違いない。デビッド・オルティーズがあまりにもひどすぎる9月の
先発陣に嫌気がさしアセベスに先発をやらせろと言ったのは記憶に新しい。
     

数字的には際立ったものもなくあえて言えば被安打の少なさくらいで
三振もリリーフとしては取れないし四球も少ないわけでもなく死球が昨年
は異常に多く報復にハラハラしたものだしボークなどもまだたまにあり
凄いんだか凄くないんだかよくわからない投手だ(笑)。
捕手のサインに頷いたにも関わらず違う球種を投げバリテックを怒らせる(笑)
しかし非常にタフ。
FIPなどは4点台と平凡。いくら打者の強いチームとは言え
異常ともいえる勝ち運でここまでの勝率の.889は驚き。

チームはとりあえず先発としてSTでは用意させる意向。
球速はかなり無理な使い方をしたにも関わらずキャリアのこれまでよりはるかに
上昇しリリーフでは
最速で96マイル程度まで出るようにはなっているが先発としては
平均で90~91程度の速球まで落ちるしコントロールも大きく崩れることがある。
しかしながら球種自体はかなり豊富でカーブ、チェンジアップ、カッターと
特別良いと言うほどのものはないが(あえて言えば変化のみでいえばカーブが一番いいと思うが
ファングラフのPITCH VALUEなんかではチェンジアップが安定していい)
どの球種も先発並にしっかり投げ速球に頼らず打者に的を絞らせない。
チェンジアップが効果を発揮してるためか左には強く通算ではむしろ右打者の方を多少苦手にしている。

一言で言うと不思議な投手。昨年のようにリリーフで貢献してもらうのが
一番堅いのは誰もが分かっているけど
ひょっとしたら先発でも行けるかもしれないなという淡い期待は多少持っている。

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。