スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでのチームの編成をまとめ

このままいけばこの時期よくあるオフシーズンの勝ち負けランキングとかいうのの
負けチーム側のどこかに名を連ねそうなレッドソックス。
前任GMは少なくともオフシーズンに限っては負けチーム
に入ることはあまり見たことがなかったのでそれもまた新鮮なことかもしれない。
オフが進めば進むほど2011は何が何でも勝たなきゃいけない
年でだったと悔しく感じるばかりではありますが、
それはともかく現時点の状態を整理しておけばスプリングトレーニングで
どこが競争なのかよくわかると言うことで簡単に整理しておこうかと思います。

Starting Rotation

Jon Lester
Josh Beckett
Clay Buchholz
Daniel Bard
Vicente Padilla(マイナー契約)

他候補
Aaron Cook(マイナー契約 5/1、6/1 OPT-OUT),Carlos Silva(マイナー契約 4/15 OPT-OUT)

DL  Daisuke Matsuzaka(復帰はオールスター明け?)、John Lackey(2012全休予定)


Bullpen


Andrew Bailey
Mark Melancon
Alfredo Aceves
Franklin Morales
Matt Albers

Andrew Miller  
Felix Doubront 

他候補
Michael Bowden、Scott Atchison(マイナー契約)、Jesse Carlson(マイナー契約)

DL Bobby Jenks ,Rich Hill(マイナー契約)

今年はいつもの年より先発/ブルペンの境が曖昧だと言うことで別々に分けて書くより
一辺に書いた方が分かりやすいと思うので現時点ではこのようにした。
まず太字はトレードや故障がない限りは開幕メジャーが確実だろうと言う面々。
それに加えて青字は現時点でブルペンか先発かまだ分からないと思われる選手。
オレンジも青と同様だけど青の選手より開幕先発の可能性自体は低いと思われる選手。
御覧の通り先発4番手5番手の決定次第でブルペンの編成が決まると言う状態だ。
クローザー確定のベイリーやセットアップにメランソンを獲得したからには私はチームがバードを
ひとまず先発優先で使いたいのではないかとは思っているが
5人目は熾烈で現時点ではまだ何とも言いようがない。もし可能性が薄いと言われるオズワルトや
他の堅い先発投手が今後加わるのなら、ほぼ先発5人は固まるとは思うのだが。リリーフのアッチソンは
DFA後ウェーバーを通過し本人もFAにならずマイナーのアサインを受け入れたため
ほぼマイナースタートは確実だ。ただ Bowden、Miller Doubront力的にも25人枠に
入るかどうか決定的とは言えないしマイナーオプションも切れてるため、ある程度STで
生き残りをかけると言う形にははなるだろう。
先発のマイナー契約組は誰がMLB開幕ロスターに入ってもおかしくはないけど
現時点ではアームの状態が良く実績と身体状態の割にはOPT-OUTの条項が全く付いていないことから
最初からメジャーで使うことをある程度前提としての獲得ではないかと思われる
パディーヤを置いたが今後どうなるかは分からない。クックもここ数年で久しぶりに健康状態の良い
オフシーズンということで問題なければ十分先発を勝ち取る可能性はありそう。
ジェンクスも開幕間に合うかどうかは知らないが戻ってくるときのタイミングが厄介。
誰かをDFAにしてジェンクスを戻しても
また3試合くらい投げてまたDLとかなったら目も当てられん(笑)

正直なところこの地区で勝つには先発が弱いと言われればおっしゃる通りと返すけど、
昨年より悪くなるか?って聞かれれば断言はしないけど
これでも昨年より悪くなることはないだろうとは答える。
松なんとかさんの復帰が待ち遠しいと思うような状態にならないように祈る。




LINE UP

C Jarrod Saltalamacchia
1B Adrian Gonzalez
2B Dustin Pedroia
3B Kevin Youkilis
SS Mike Aviles
LF Cody Ross
CF Jacoby Ellsbury
RF Ryan Sweeney


Bench

C Kelly Shoppach
IF Nick Punto

OF Darnell McDonald
UT ?

DL Carl Crawford

太字は開幕25人入りがほぼ確実。青字はそのポジションで開幕レギュラーになるか控えになるかどうかは不確実。
野手は開幕のオーダーはクロフォードの復帰時期による。まだ開幕に間に合うか間に合わないか
ハッキリしていないがとりあえずDLスタートと想定した。
クロフォードがDLスタートならロスがLFでスウィーニーがRFで開幕だろう。
クロフォードが開幕に間に合うなら基本はRFはロスとスウィーニーのプラトーン。
監督はあんまり左右にきっちりこだわるタイプでもなさそうなのでどういう起用方に
なるかは現時点では分からない。ケイリッシュの怪我が癒えマイナーでも良ければ後半戦に
メジャーに昇格するかもしれない。
SSもアビレスかプントかはまだ何とも言えないし
まだハッキリしていない残り1枠にSSかユーティリティを今後外部から獲得するか外からいい候補がいなければ
とりあえずマイナーから役割が適合する選手を
上げて使うか。アビレスをSSのスターターに入れてあるのは単に個人的な願望で
故障も増えてきたプントよりは年間のパフォーマンスの最大値で言えば期待できると言うだけのこと。
SSの起用方に関してはプラトーンと言うのも考えとしてあるだろうが味方先発投手の奪三振率や左右、
GB/FBのタイプも考慮してSSを使い分けるということも考えられるかもしれない。プントの方が守備自体は堅いだろう。
イグレシアスの開幕ロスター入りは故障がなければまずない。
全体で昨年より少しだけ落ちるくらいかなとは思う。パピやエルズベリーは昨年よりは落とす可能性の方が
かなり高いと思うが両翼は総合的にはさすがに昨年よりはマシにはなるだろうからスクータロが
抜けたところがどの程度影響が出るか。単純に若い選手の成長を期待するポジションは
サルティとシーズン途中の昇格が予想されるラバーンウェイの捕手二人。
ファングラフのビル・ジェームズの機械的予想
によるとラバーンウェイの来年の予想は77試合AVG.275,OBP.351 SLG.527とそれが現実になったら
すでにナポリ(.271/.364/.537)じゃんと思われる数字が並ぶ。
いまだにメジャートップクラスの攻撃力だとは思うし軸はしっかりしてるのでそんなに落ちないだろう。
最も怖いのはこの中ではユーキリスの早期離脱。今オフはパワーをつけるより柔軟性を
重視してトレーニングをしていると言う話ではあるが最低でも昨年並にはやってもらわないと困る。


野手投手どちらもマイナーオプションの残っている主力になっていない
若手は今後トレードやロスター入りが予想される選手の故障でもない限り
概ねマイナースタートと見ていいのでウィルソン、ラバーンウェイなどある程度MLB
で使える可能性のある選手であっても開幕メジャーに入る可能性は低い。
田澤もマイナースタートだろう。
多くの場合開幕のロスターはマイナー含めた全体の層を重視する傾向にあるので
実力に大差がない場合マイナーに簡単に置くことができない選手がMLBロスター入りを優先される傾向にある。
開幕はそれでもいいがシーズンに入ったら単純にいい選手を優先的に使ってくれって感じなんですけど。
前GMは投手層を常に重視してはいたがその割にはそれがうまく行っていたとは思えない。
使えないし簡単に捨てるには契約が高すぎるみたいなのが結構ある。
今後はドラフトピックの補償を得る条件も厳しくなるし復調を待ってドラフトピック狙いの意味もなくなってくる。
実績にかかわらずマイナー含めて状態がいい選手をある程度優先させるという考えがもっとあっていいと思う。
そういう意味ではバレンタインには少し期待している。別に選手全員から好かれる必要などない。
実績あるベテランだろうが契約が何年残っていようがその選手にいくら投資していようが
長年の球団の功労者だろうが、いつまでたっても状態が上がってこないような選手なら
悪いものは悪いとハッキリ言ってそのポジションで他選手と競争させればいい。
もちろん代わりがいるならという前提の話だけど。

昨年は異常にひどかった9月がクローズアップされるのは仕方ないけど
開幕後のエンジンのかかりが異常に遅く開幕12試合で2勝10敗というとんでもない逆ロケットスタートで
4月を負け越している。調整不足、調整失敗と言われて当然だ。
今年はそういうことのないようにしてもらいたい。

コメントの投稿

非公開コメント

負け組

Theoさん時代は考えられなかったですね。新GMになっていきなり使える予算が減ったのはあるんでしょうけどね。

Padillaは自分的には好意的な情報を信じれば、リリーフならまずまずかな~という計算ですが、先発となると...。どっちかと言うと、Cookが健康でFIP 4.30くらいで投げてくれたらな~。

Bardが先発として、Melanconが8回をしっかり投げた上で、Padilla、Jenks、Albersの誰かが7回セットアップか?なんかリリーフもトレードで動いた割には、パッとしないな...。

やっぱりどう考えても、しっかりした先発を1枚入れとくべきじゃないかな。Bardが先発にハマったら、松坂さん復帰時にどうするかってことになるけど、誰かケガしてる可能性も大きいし。

1年契約なら来季のAAVの計算に含まれないんだし、オーナーが今季のラグジュアリータックスのラインを超えてはいけない訳じゃないって言ってるんなら、$6Mのオファーに、あと$2Mくらい上乗せしてOswalt獲ればいいんじゃないのかな~。

ララさん

セオなら今年のヤンキースとレイズのオフシーズン見れば
必ず堅い4番目の投手を獲得しようとすると思いますが
チェリントンはその点かなり頑固でドライな印象ですね。
この状況でBOSにフィットするジャクソンやオズワルトの1年契約でさえ
「自分達の決めたオファーの範囲の中でだけなら欲しい」
という姿勢を一向に崩していないのは
個人的には資金の問題ってよりもチェリントンが本当にそこまで
必要だと思っていないのではないかとさえ思い始めてます。
ラッキー/ウェイクの消えたレッドソックスは
現在の投手の編成でさえアップグレードだと。
これがうまく行けば前GMの面目丸潰れと言う感じではあるけど
かなりリスキーな選択ですね。

上のはパディーヤにopt-outがついてないのがかなり不思議だったから
開幕の25人入りは実は裏では確定的なのかなと深読みして
無理矢理枠におしこめたと言う感じに近いですね。
クックのほうが先発としての
実績は上だし万全なら遅かれ早かれ5番手取る可能性高いんじゃないかと思いますけどとりあえず5/1まではマイナーに置けるっていうのでチームがそれをどう扱うのかなと思って見ています。
シルバはSTで怪我人が多く出ない限りだぶんすぐにチームを離れることになるんじゃないかと思ってます。

オズワルトはこのまま決まらなかったらどうするんでしょうね。
クレメンスみたいにシーズン途中復帰なんてことあるのかな

No title

今オフの動きを直視する勇気に脱帽(笑)
笑える先発デプスですね。バードとクックがうまくはまって松坂も予想外に良い状態で復帰、3本柱が大きな故障なく過ごす・・・チェリさんはそうゆう筋書ですか? そんな奇跡おこるかい!!(笑)
オズワルトは個人的にはあまり買ってなかったけど状況が状況だけに獲っといてくれよって気分になってます。
でもこんな状態で妥協してこられても活躍できなさそうであはあるけどw 
ラバーンウェイが捕手でこれだけ打ってくれたらすごいけど、ちょっと評価高すぎる(^_^;)

natureさん

これみれば上のローテも昨年よりは良く見えませんか?

ラッキー 28G150イニング   ERA6.49 RA6.69
ウェイク  23G137.1イニング  ERA5.31 RA6.68
ミラー   12G58.1イニング  ERA5.55 RA6.01

例の3人以外 472.2イニング ERA5.73 RA6.47

先発だけの数字だけど
これをさらに下回るっていうのもかなり難しいことだと思います(笑)
ぶっちゃけウェイクの球団勝利記録だのラッキーにいくら使ってるからだの
使えないのは簡単に諦めやすい身軽な体制ではあるから
いくらなんでも昨年より酷くはならないだろうとは楽観しております。
これより酷くなる前に何らかの獲得はするでありましょう。
まあでも問題はレイズにはムーアがローテに入り、ヤンキースは
バーネットが7番手にいるというほど層が厚いと言うことですな。
まあなるようにしかならんわ(笑)

ラバーンウェイは昨年AAAでも大爆発したからその分大きく出てるんでしょうね。自分はさまざまなプロスペクトランクとか見てもちょっと過小評価されすぎだろうとはいつも思ってますからこれくらい大胆な
予想があってもいいと思った。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。