スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレーオフ拡大、ケガ人情報

2013年からプレーオフ枠を10チームに拡大することが確実だったが
正式決定していなかった2012年に関しても導入されることになったとFOXスポーツが伝えた。
アメリカンリーグ、ナショナルリーグそれぞれ地区優勝以外の中で勝率が高い
2チームがワイルドカードの対象となり両チームで1試合のプレーオフを行い勝った方が
ディビジョンシリーズ進出となる。
ワールドチャンピオンを頂点にしたトーナメントとして見るとワイルドカード=即ベスト8だったこれまでと違い
ワイルドカードチームだけは1シリーズ多く対戦しなければならず実質ベスト16と同じ扱い。
2011までの制度ではプレーオフに出られなかった1チームが救済される代わりに
これまでのワイルドカードチーム(地区優勝以外の中で勝率1位チーム)は
1シリーズ多く戦わなければならず
ワイルドカードチームより地区優勝チームのアドバンテージが一層大きくなる図式だ。

始まるのが一年遅い



★Injury Report

Andrew Bailey  Closer
何を思ったか身体検査の垂直飛びでハリキリ過ぎて軽く背筋を痛めたが
遠投を開始していて問題なければすぐに再びブルペンに入る。


Ryan Kalish   outfielder
肩の手術後初めて2,30球程度軽ーくボールを投げる。
まだ先は長いが第一歩には違いない。


Rich Hill   LH-Reliever
TJ復帰から順調で既に速球とチェンジアップは投げ始めている。
来週から彼の一番の武器であるカーブを投げ始める予定。
既に40人枠に入っているしオプションもないために開幕DLスタートは確実だが
早めに戻ってこられるかも。LHPのリリーバーは今年は競争が激しい。

松坂大輔  Starting-pitcher
すでにブルペンで投げ始めた。最近チェンジアップをちょこちょこ投げ始めたよう。

Aaron Cook  Starting-pitcher
肩の故障が再発しないよう首脳陣の方針で慎重なSTを送らせていて他の選手より
わずかに遅れているが打撃練習で投げ始めた。

Ross Ohlendorf  Starting-pitcher/Reliever
背中の張りで出遅れていたが土曜日に初めて打撃練習で登板する予定。



今のところ監督コーチ、キャンプ地にいる記者に特によい印象を与えていると思われるのは
投手のFelix Doubront。状況的にはマイナーオプションも切れているし
MLBでの実績もリリーフですらほとんどないに等しい。
基本的にはこのSTからシーズンにかけて先発ができるかどうかと言うよりも
BOSの25人ロスターに留まる力があるかどうか試されるという立場だが
開幕先発5番手のダークホースとして見ている記者もかなり多く状態の良さを
アピールしているようだ。
昨年はキャンプにウェイトオーバーで現れ始まってすぐ肘を痛め投球禁止、
復帰後も股関節付近やハムストリングをシーズン中に痛めDL入りと開幕後ちょっとMLBに出たのと
9月に上がってきたくらいでいいところなしでファンを
がっかりさせた。今年は同じ失敗を繰り返さないようにオフシーズン
入って早くからトレーニングを開始し昨シーズン痛めた下半身の部位を特に強くするために
ウェイトトレーニングに励み現在いい状態と伝えられている。
キャンプ施設についたのも1月の始めだとか。
新投手コーチのマクルーアからさっそく故障のリスクの高い投げ方であることを指摘され
投球時に着地する右足のかかとを激しく地面にぶつけずにソフトに角度をつけずに
着地するように勧められて実践中だとか。

明日からもう試合だったけな。

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。