スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/6

http://boston.redsox.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2012_03_05_bosmlb_minmlb_1

★バックホルツが久しぶりの登板。
2回2三振2四球1死球無安打。
一通り持ってる球種は試してましたが速球のコントロールが悪かった。
だいたい速球はNESNのレーダーガンではだいたい90~91程度だけど実際見てた人は
表示が辛すぎると言っているのでもっと速いのではないかと。
出だしとしてはまずまずでしょう。
チェンジアップは健在だしスライダー、カーブもまずまず。9か月ぶりの実戦。

Buchholz's spring debut

★パディーヤが2回3安打3三振。無失点。
冬に実際試合で投げてただけあってこれまで投げた他の投手よりも
既に仕上がりに近いのではないかと言う感じ。
速球だいたい表示で90~92でコマンドもいいしガン表示からすると
バックホルツより少し速いくらいの感じだった。
スライダー、カーブもよくシーズン中とそんなに変わらないくらいなんじゃ
ないかと感じた。2イニング目に少し打ちこまれたけど全て単打で外野の頭を
越されるようなものではないしそんなに強い当たりでもない。
特に問題も感じないです。思ったより状態はずいぶんよかった。
インタビューではつい最近までやりたいのは先発だけと言うのを匂わせていた
Padillaですが最新のインタビューでは先発がいいけどチームの助けになるなら
リリーフでもという発言に変わってきたよう

★左の肩を痛めていて故障明けのシーズンとなる変則の左リリーフCarlsonが
どんなものかなと思ってたけど速球がかなりスピード落ちてた。
Optoutがあったと思うけどマイナーに残っても左のワンポイントで
短期間使えるかどうかというところかな。
InmanとDuckworth は緊急時でもないとコールアップされる可能性自体かなり低そう。

打線はパピが左右に長打。
3BプロスペクトのMiddlebrooksが2ヒット。
しっかり打てるゾーン自体はLavarnwayとともに他の右打者のプロスペクトよりも外側が
広く感じる。Iglesiasは先発SS。初球バント安打をきっちり決めたのは
上手かったのと1四球。以前より低めのボール球を見極めようと言う意識自体は感じる。
インローに沈むシンカーに同じよう振りが大きく3回空振りしたり低めのブレイキングボールには
やっぱり簡単にフォームを崩される。
打てないからかARODの打撃フォームの真似はやめてました。
守備で2ゴロダブルプレーの場面があったけど2塁手からの送球取ってから1塁投げるまでが早い。
プントは今日も2Bということで基本扱いとしてはユーティリティなのかな。
捕手プロスペクトのDan Butlarが途中出場でインハイの速球をレフトにホームラン。
Andersonもストライクゾーンの見極めはやはりいいですね。後は打つだけ。

全体的に攻撃面でエンドランやバントなどがやはりこれまでより多いかな。
これは監督が変わった影響だろうな。

Crawfordが検査の結果約一週間はドクターストップということで開幕はまず無理でしょう。
昨年の雪辱に燃え焦る気は分かるけど空回りしていますね。

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。