スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/9

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2012_03_08_bosmlb_slnmlb_1

少しずつ先発投手のイニングが増えて行きます。
そろそろ最初のロスターカットの時期が近づいてきました。
ベケット3イニング2安打無失点、三振四球なし。
30球というSTで調整するにしてはややエコノミーすぎる登板で
うちボール判定がたったの6球だけだったとか。
アウトのほとんどは内野ゴロでIglesiasのファインプレーを褒めています。見られないのが惜しい。
ペドロイアとの二遊間ゲッツーとかはファンから見れば涎ものになりそうですね。
今日のMiddlebrooks 3B Iglesias SS Pedroia 2B A-Gon 1Bだとゴロ打たせれば投手は楽ですね。
ベケット、今回はカーブを前回より多く投げていたとか。
2番手のDoubrontが2イニング目3イニング目に四球から崩れて3回投げ切れず。
途中まで良かったそうだけど途中から崩れてしまいました。
新フォームがまだしっくりきてないのかもしれないけど3四死球に
ストライク/ボールが1/1ではちょっと不安。
Theoの補償の一人Carpenterも最初のイニングは良かったものの回を跨いだ
2イニング目に3四球にヒットと崩れアウトを取れず降板。ストライク/ボール=15/20・・
噂に違わぬノーコンぶり。
シーズン途中MLB昇格候補組のWilson、Tazawa、Carpenterとここまでいい印象は残せておらず
今のところはそのグループでいい投球をしたのはScutaroの交換相手のMortensenくらいか。

野手プロスペクト組ではHassanが3四球。もともと選球眼が非常に評価されてる外野手ですが
本当によく選ぶな(笑)確かに体格ほどのパワーは感じないがストライクゾーンの中でしっかり
打てる範囲が広がればMLBでも有用な選手になれるかも。ここまでのスラッシュラインは
.000/.455/.000 とSTにはよくありがちな極端スタッツ(笑)
Middlebrooksは今日はブレーキ3打席3三振。Iglesiasが4-1で
インコースの速球を1塁線にタイムリー3ベースを放っています。
他の凡退の打席でもしっかり打てていたそうで守備面でも牽制、中継プレーの位置取り
など監督がこのキャンプにおいてこだわりを持っている部分も高評価しております。
なかなかいいですね。守備は間違いなさそうだけど打撃がいつまで続くか。


★背中を痛めて出遅れていたマイナー契約の右投手Ross Ohlendorf(元PIT)が打撃練習で登板。
試合で投げるのも近いかもしれません。
クローザーのAndrew Baileyも明日打撃練習に登板予定で来週頭にST初登板になりそう。
スロー調整のAaron Cookは日曜日のBAL戦の2番手での初登板が予定されています。

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。