スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/23

http://boston.redsox.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2012_03_22_nyamlb_bosmlb_1

Cook・・・・・4回4安打2三振1四球2失点 48球。
まだ他の候補と違い50球に満たない投球数で降板ですが順調にきている感じです。
牽制で二つアウトに取るなどマウンド捌きも絶妙。
先発5人目が必要となる4/11に間に合わせることができるかどうか、
チームがそこを目標にするかどうかはまだ不明。
三振が取れないけどゴロを打たせることはできるので
彼が投げるときは特に三遊間の守備を固める必要があると思いますけど
やはり今の先発のメンバーであれば効率がいい投球ができる投手は一人いると凄く助かるんじゃないかな。
もちろんある程度相手打線を抑えることが前提にはなるしそこは心配だけどタイプ的にはローテ下位には
最も適任と言う感じはします。

Ohlendorf・・・3回4安打2三振1四球2失点
マイナーリーガーにかなり簡単に厳しい打球を打たれました。
正直いって速球の球威が全然なかったような感じがしました。
やはり上で先発としては厳しいと言う感じしかしないし多少球威を上げてもらって
リリーフに専念してもらった方がまだチームにとってはフィットする感じはします。
とりあえず上に上げるのもタダではないので今の状態じゃ開幕から上げる理由
は弱いと思う。

Melancon・・・・1回無安打無失点1死球だが
全て外野フライ。結構とらえられてはいる打球。
今のところこの投手に8回任せられるとはまだ思えない。
速球は稀にいいボールはあるけどムーブ、球速ともに非常に平凡。
ところどころ決まるカッターはストライクゾーンギリギリ付近にきまれば
効果は大きそうだけど・・・。カーブはまだシーズン中の状態からは少し遠い感じ。
そもそもほとんどマイナーリーガーとの対決だったし
もう少し主力が残ってるいいところで投げさせないのはなんでなのだろうと疑う。
Bardの先発起用にもMelanconの出来は大きく影響するとは思いますが
もしBardが後ろに戻されるならBardの先発起用そのものより
Melanconも終盤リリーフとして
物足りないということの証明にもなると思う。

Atchison・・・1回1安打1三振無四球。
やや速球は以前より落ちて来たかなと言う感じだけど
今年も緊急時の便利屋的役割になりそう。

打線はレプコがスクイズをきっちり決めて同点に持ち込みました。
今日は下位打線とマイナーの選手で0-4から追いつく粘りを発揮。
Lars Andersonが相手のリリーフWadeからセンター左へ素晴らしい2塁打。
ST打点王ですね。LFが許容範囲ならクロフォードが戻る前に
MLBでその打撃を試してみたいですけどね。
Pedroiaがデッドボールを右手に受け退場しましたがX線検査は異常なし。
主力の上位打線は相手のプロスペクトにあっさり抑えられてるようじゃダメですね。
今年は最初から相手も強いところばかりだし開幕にきっちりいい状態に持ってきて欲しい。

★ボビーは順調な回復を見せている松坂の復帰にたいして手ごたえを感じているようで
6月頭にMLBで投げる準備ができているかもしれないと言っています。
まずはマイナーでしっかりした投球するまでは期待もしてませんけど。



コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。