スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開幕ロスター決定

開幕ロスターおよび40人枠、60日DLが決定。

Active Roster

Starters
LH Jon Lester
RH Josh Beckett
RH Clay Buchholz
LH Felix Doubront
RH Daniel Bard


正直なところ5/1までにロスターに入れる必要があるCookを入れるときに
4番手5番手のどちらを外すかという心配よりも、
その前に1~3の誰か(特にBeckettとBuchholz)がCookと入れ替わりに
DLに入ることの方を心配している。正直STだけ見てたら状態はいいという感じもしなかった。
今の状況であれば1~3は誰一人大きく離脱することなくしっかりした成績を出すことが
最低条件という感じはする。


RH Alfredo Aceves
RH Mark Melancon
RH Vicente Padilla
RH Matt Albers
RH Michael Bowden
LH Franklin Morales
RH Scott Atchison
LH Justin Thomas


Baileyが離脱。

かなり弱く見えるのは仕方がない。リリーフ投手は8人体制になり
一時的なものだとは思うけど現在質より量のスタミナ太郎みたいなもの。
結局マイナー契約のAtchisonと左のThomasが入った。
Padillaも開幕ロスター入り。
Acevesがとりあえずクローザーをやるらしいけど
個人的には彼の良さは短いイニングをビシっと無失点で抑えるというところではなく
2イニング、3イニングを最少失点に抑えられてなおかつ必要とあらば
連投も効くし先発もできると言う変態的なところだと思うから
勝ちゲームの9回1イニングに限定されると言うなら少しもったいない気もする。
本来は場面を選ばず投げさせたい投手。
とはいえ1イニングに限定させるとは限らないだろう。
パぺルボンは短いイニングはしっかり抑えていてその部分では確かに頼りになったけど
ほとんど9回1イニングに起用が限定されてしまっていたせいで
昨年の多くの先発リリーフが失速した9月のように勝負所が9回より早いイニング
に頻繁にあったような状況では宝の持ち腐れとなってしまって
もどかしかったし、その点アセベスの場合は絶対的固定9回にする必要もない
のはいいところ。超ロングクローザーとか見られるか(笑)
Acevesが休みの時はMelanconになる。
堅いブルペンになるには良い意味での二つ三つのサプライズは必要でしょう。
そんな都合良くサプライズはいい方にばかり起こらないもんだし
先発の動向と含めていずれ投手陣は補強は必要になってしまうと思う(勝つ気があるなら)
プロスペクトのWilsonは早くブルペンで使えるようにしてほしいねえ。
Bowdenはなんとかロスターに滑り込んだけどここから維持するのがさらに大変。


野手

C J. Saltalamacchia
1B Adrian Gonzalez
2B Dustin Pedroia
3B Kevin Youkilis
SS Mike Aviles
LF Cody Ross
CF Jacoby Ellsbury
RF Ryan Sweeney
DH David Ortiz


Bench
C Kelly Shoppach
IF Nick Punto
OF Darnell McDonald


もっとも心配なのはいつでもどこでも動くたびに健康不安が付きまとう3B Youkilis。
たまには健康なシーズンを送ってもらいたいけど無理だろう。130試合先発希望で。
ブルペンに8人使ってるので控えメンバーは3人とかなり手薄にはなる。
多分野手三人は一時的なことだと思う。
Sweeneyはマックとのプラトーン要員だろうけどマックの打撃の調子がいいなら彼をレギュラーで使えばいいし
基本的にCrawfordが戻ってこればRossはプラトーンというより
RFレギュラーになる可能性の方が高いと思う。
なんだかんだ言ってマックもいつ切られてもおかしくないと言う状況ではあるのだけど
2010途中に控えに定着してからもう3年目になる。捕手ならまだしも
控えがこれだけ長くいるっていうのも結構珍しいことじゃないかな。
しかしSTではPuntoにはほとんどSSをやらせなかったしCF経験のあるロスターに入った
OFにもほとんどメインのポジション
以外守らせなかったのは不思議。
IglesiasはともかくLavarnwayの昇格はとにかく楽しみの一言。


Placed on the 15-day DL

OF Carl Crawford  
LHP Rich Hill
RHP Daisuke Matsuzaka
LHP Andrew Miller



Millerの復帰は一番早いだろう。
契約切らずに残したからには強大なポテンシャルとやらを開花させてほしいものだ。
Crawfordは4月末~5月上旬かな。
ジャコビーがFAでいなくなる可能性も結構あるんだからDL期間利用して
今からでもCFの練習もさせておけばいいのに。


Placed on the 60-day DL

RHP Andrew Bailey
RHP Chris Carpenter
OF Ryan Kalish
RHP John Lackey
RHP Bobby Jenks


ずらりと並ぶDLリスト見るたびにイライラが沸点に達する。
開幕15DLと60DL合わせた選手の今年の総年俸・・・・・ESPNによると約$59.27M
他球団調べてみたけど30球団ダントツ1位。
正確に計算したわけじゃないけど数だけでなく総年俸との比率で
言っても1位だと思う。本当に素晴らしい球団だなあ・・・・・。

それはさておきプロスペクトのKalishにはしっかり復帰してSweeneyを途中追い出すくらいの働きはして欲しい。
LackeyとJenks は元から60日DLに入っているから
今回入ったのは上から三人。代わりにマイナー契約の投手三人
Padilla、Atchison、Thomasが枠に入ったということ。


興味深かったのはプロスペクトの捕手 Daniel Butlerが最後までMLBキャンプに
残っていたこと。捕手は投手とのコミニュケーションが必要不可欠な
特殊なポジションではあるけど、
ロスター外であり初キャンプ招待ということを考えれば
最後まで残ると言うのはかなり異例なことじゃないのかな。
彼はどちらかと言うとレギュラーというより守備型の控え捕手に適任という感じだけど
チャンスは回ってくるかもしれないな。


今年も完全に打者に偏ったチームですね。
前評判を覆す投手の活躍に期待。

コメントの投稿

非公開コメント

いよいよ・・・

いよいよ開幕ですね。
打撃陣についてはあまり心配してません。去年の状態のクロフォードより今好調のロスでしょうし、A-ゴンザレスも去年よりはよくなるでしょう。
投手陣は先発がしっかり試合を作っていくことが大事ですよね。特にベケット、レスター、バックホルツの3人は200イニング前後がノルマ。

打線が序盤から相手を圧倒して突き放し、質より量のブルペンで逃げ切るのが勝ちパターンになりそうですね。相手の投手がエース格だったらそう簡単には得点できないでしょうけど、新監督のもとで鍛えた守備と足で何とか接戦に持ち込んでほしいですね。

不良債権は早く優良債権になるか、さっさと消えてくれることを願うだけですね。この半額でも補強に使えれば・・・。

RBIマシーンさん

打撃はSTでもあまり見てなかったけどユークとパピは
少しパワーダウンが心配かなという感じですかね。
でもパピは一塁まで全力で走るようになりましたよ!(笑)
ユークは体、特に腰の状態次第だろうけど全盛期よりはややパワーダウンしてる感じはしますし守備でのパフォーマンス低下がどの程度出てくるかなあという感じですね。
今年はボビーもいることだし接戦でもものにできる試合をみたいですね。STではそういうことをかなり意識していたみたいだし
これまでの細かいことはめったにやらないから出来なくていいだろ?
っていう雰囲気とは違いました。

リリーフは弱いし何らかの補強は必要になってしまうかな
という感じですね。起用方はフランコーナよりは多少臨機応変に出来るようになるんじゃないでしょうか。
先発はやっぱり3本はそれぞれが最低ハイクオリティな180イニングは欲しいところですね。まず話はそこからっていう感じだし誰かが大きな離脱をしてしまえば今年も一気に苦しくなるのが目に見えるようです(笑)

不良債権を取り除いてもまた新しいのが入ってきたら意味がないですからね(ーー;) 
少なくとも投手に関しては今後は若くて有望な選手をしっかり育成して
どんどん貯め込んで外に出さないことですね。
チェリントンはトレード上手とはとても言えないしなおさら。
エプスタインも最終的にはFAだけでなくトレードにも
溺れていたと思います。

さっそく

リリーフで負けましたが、取りあえず開幕ですね。今年は良いシーズンになるといいですな~。

リリーフと言えば、A. Wilsonは一応先発で開幕するみたいですが、SP.comの先発登板予想によるとその次は先発が飛ぶみたいで、もしかしたらリリーフに移るということなのかなと。とは言え、STのカンジを見ると、リリーフとしてもまだMLBまでは遠いような気も。

これ以上トレードでリリーフ集めるのも、何となく微妙な気もするし、やっぱりリリーフはMinorからの嬉しい誤算が欲しいですね。球威がありそうなMockや、今日先発したGermanoなんかがうまく働いてくれたらな。

あとはProspect陣ですね。田澤にAAでもFieldsやPorticeなんかは良かったら使ってみて欲しいし、AAの先発陣でも、Balcom-Miller、C. Hernandez、Huntzingerなんかは、MLBでしっかりした先発になるのは厳しいだろうから、AAでしっかり投げれば、リリーフで上げたりしてみて欲しい。

ララさん

Baileyに早速気分を削がれましたが
なんだかんだ言ってもこの季節が始まるのはいいもんですね。

Alex Speierさんも今年上でインパクトを与える選手にWilson上げてたし自分もとても期待してるので早いところ定着してくれると
いいですね。力のある速球としっかりした空振り取れる
両方を持ってる投手は今日なんか見ててもリリーフで凄く欲しいです。
田澤はAAAのリリーフで三振取りまくって結果を出したようですね。


リリーフは早速下馬評通りという感じですが
ブルペン全体とBard/Doubrontの成り行き見守ってからでも遅くないんじゃないですかね。とはいえやっぱりパワーアームには少し欠ける印象ですね。また焦ってネームバリューのあるワレモノ注意に大盤振る舞いされても壊れて後に悔いるだけなんでまずは内部の選択肢探ってほしいですね。
そうそう前から思っていたけど上での先発で大して
見込みがない選手の
先発に少しこだわり過ぎだと思うんですよね。40枠に早めに入れ過ぎると後が大変というのはあるだろうけどすんなりリリーフに入っていけるような選手なら積極的に短いイニングの適正も探ってみたいですね。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。