スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5割再復帰 でもまだ最下位

545445546454545.png
     
 4月終了。4勝10敗スタートもなんとか5割に持ち込むが・・・・ここレベル高すぎ(笑)




http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2012_04_30_oakmlb_bosmlb_1


Buchholz・・・・6.2回 7安打 5三振5四球 1被弾 6失点。
前回よりボール自体もコマンドも良くなっていたように思う。
速球に少し動きが出始めツーシームで左打者インコースから曲げて見逃し三振取れたり
右打者インコースで空振りや狙い通りのゲッツーを取ったり。
ストレートチェンジも本人も今期で一番良かったと言うように
前回とは違ってしっかり使えていたし相手のタイミングも外れていて
良い時のものに近かった。
レディックに打たれたのは彼の得意のコースなように思うけど2度同じようにやられた。
さすがローボールヒッターだな・・・・・。
HRよりその前の2四球が余計で
点差がついてるときに無駄に走者を貯めるのはやってはいけない投球だったろう。
最後のイニングだけがダメ。その他はまずまず良かったと思うし球数的には6回まで完投ペースに近かった。
でもやはり球威自体はすぐには戻ってこないだろうかね。
昨年も実は4月は結果だけはマシ(それでもERA5.33)だったものの
似たような感じでK/BBは1以下だったし被スラッシュラインも.312/.391/.560と言う酷さで
被弾も6。
運だけに助けられていたと言う登板だった。
それでも怪我で退くまでの5月以降は上がって行ったんで現在のところそれだけが希望と言う感じです。
でも今年も同じことを繰り返してる時点で完全に失望はしている。
一刻でも早く盛り返してくれ。無理なら落としてCook使ってくれ。

田澤・・・走者なしで2アウトからバックホルツを引き継いで登板。
     変化球のコマンドは悪くなかったけど球威が落ちている速球をセスペデス相手に
     真ん中高めに投げたり左打者に引っ掛かってデッドボールにしたり全く定まらなかった。
     プントのありえないクソ守備にも足を引っ張られたけど、これならCookを保ちたいなら
     変わってマイナーに降格されてもおかしくないような。
     監督はもしCookをロスターに入れるならブルペンって試合前に言ってるし。
     必要なら6人ローテを考える可能性もあるとも。連戦も続きますしね。
     バックがこの状態で実績なしの新人二人だと例えブルペンでフィットしないとしても
     簡単にはCookは出したくないような気はするが。ひょっとしたら
    野手をまた3人体制にするかも。そうなればLarsが落ちるでしょう。

Padilla・・・田澤とプントのエラーで招いた2アウト満塁のピンチを三振で切り抜ける。
      速球はほとんど真ん中付近のコースに集まってた
      危ない登板だったが四球も許されない状況なだけに結果オーライ。
      
Atchison・・・・ヒット2本に四球一つ。三振一つ取ったものの
        走者を三人残して降板。

Morales・・・・1アウト満塁で引きついで打者レディックで登板。2ストライクまでは抜群の
        コントロールで追い込むもその後は外際どいところを狙ったのがボールゾーンに
        外れすぎたのとレディックにもファールで逃げられたり見極められたり。
        最後は2塁ベースよりのペドロイアに飛んだ幸運でゴロダブルプレーで無失点。
        役割を果たす。
        
Aceves・・・なんでこんな時に主力リリーフ全部出さなきゃならんのだとも思うが
      展開から見ると仕方ないような。
      セスペデスを外の速球でうまく追い込んだ後インコースカーブでフリーズさせ
      見逃し三振。三人目の打者にはカッターが真中に入りモンスター直撃も
      今日も最速97マイルの速球とチェンジアップで左打者を手玉に取る。
      何となくクローザーらしくはなってきたスーパーユーティリティ投手。
      防御率一桁台まであとアウト一つ(笑)

田澤、アッチソンの尻拭いをパディーヤ、モラレスがしっかり果たすと言う構図。
相変わらず絶叫マシーンであることに変わりはないが。


打線
ユークがまたも試合前の守備練習で腰を痛めてスクラッチ。
攻守ともにダメだし体調悪いならミドルブルックスに一時的だとしても
メジャー経験させていいんじゃないの。
代わりに出たプントも守備の人なのに守備で酷い2つのミス。
パピが2本塁打、アビレス、マックも1本づつ。
パピが相変わらず元気で今年もここまで左を全く苦にしてない。
Macの打撃の内容もHR前の2塁打も含めてかなりいいものだった。
まだ少ない打席数で数字は出てきてないけど内容のある打席を送っているし
コンタクト%がキャリアに比べてここまでだいぶいい。4月の成績ってほとんどあてにはならないけど
パワーも発揮しつつコンタクト%もストライクゾーンの見極めもよいと言うのはいい兆候。
主砲は現在守備だけの人。プントは現在ただの人。
ショパックはほとんどチェンジアップで同じように空振り。3三振。酷いコンタクト能力としか言いようがない。
Larsはチャンスで代打もサードフライ。

★昨年のドラ1のMatt BarnesがHigh-Aに昇格。
Low-Aでは5先発 26.2 IP, 12 H, 1 R, 1 ER, 4 BB, 42 Kとまさに無双状態。
プロの登板間隔に慣れるためだけにここでスタートしたんだろうけど
気を使う必要はなかったようですね。

★松坂次回の登板はAAAで。
同じようにTJから復帰のHillなんかの登板を考えると上がるのがかなり早いような気もしますが。
まずここでしっかり安定した登板しないと話にならない。


4月を振り返り相手が打線が強いチームが序盤重なった
と言うのはあっても、それはシーズン始まる前から分かっていること。
それに合わせてしっかり調整して欲しかったけど、結局
頼りにしていた3本柱の3人ともいい状態に整えて来たようには見えなかった。
ブルペンが最弱で騒がれてるし弱いのは分かるけどB&Mさんが不祥事起こした時点で
厳しいことになるのは仕方のないことだと思うし(それでも荒れすぎだろってのはあるが)
個人的には先発3本の開幕後からの出来の方が気になった。
5月は打線とリリーフや他の新人先発を楽にさせるくらいの登板してくれないと。
MLB先発経験のほとんどない
新人二人に負けるなんて3人とも柱といえるのか。
全体的にリリーフも含めて本塁打を打たれすぎていて
もう少しゾーンの低めに投げることをフォーカスして欲しいなと思う投手が多い。
リリーフの中では打たれたほぼ半分はメランソンなんだけどね。それもたった4イニングで(笑)

ただ阻止率はともかく対戦相手の盗塁試行数は明らかに減ってはいて
相手のランニングゲームを阻止できているのは
キャンプの成果の一つだろうとは思う。

個人的には今年は主力であっても戦力になってない選手は代わりがいるなら
バシバシDLや役割の降格、マイナー降格、
打順落とすなりすればいいと思ってるんですよね。
プロスペクトは突然いい方向に化けるなんてこともあるだろうけど
中期的にいい先発が組織内に足りないと言うのと優秀な先発を獲得するための
リスクの高さを考えると、ある程度結果でなくても我慢して欲しい
と思うのはBardとDoubrontの新先発二人だけ。
Bardは依然立場は不安定だとは思うけど最低一人は先発で開花させて欲しい。
後から振り返ると昨年は
戦力になっていない選手を長く使いすぎたという点でかなり足を引っ張られてるところがある。
前監督はベテランには甘かったし。
レッドソックスは昨年最後の1勝に泣いたチームで昨年よりも現時点で戦力は確実に持っていない。
たったの一つでも多く勝ちたいなら、そういうことをもっと
冷酷にやらないとダメだと思うんですよね。
主力の不振をただの不振として待ちすぎる。だから新監督の冷酷さに期待しているんです。
ただ勝ちに貪欲になって欲しいだけ。監督とコーチの目に期待しています。
でも口は閉じて。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ア東は突出しすぎですよね。
うちでは中軸じゃなかったレディックやラウリーが他では3番打ってるんだもんね(^_^;)
まあ5割まで盛り返せたのはOKかw タイガースとはあんな快調なときに当たって損した。今ボロボロじゃん(-_-;) BALが投打に好調だけど本物だと思いますか?

バックは良くなりそうな兆候が出て来たら我慢できます。クックと田澤をチェンジでw
打線は中心選手がいまひとつなだけにパピがいてくれてよかった。
ユークはいずれ1Bの欲しい所とトレードできるよう最後に打撃だけは上向いて欲しいんだけどw 
松坂はたいして良さそうでもないのに急がせてる感じがする。何かあるんかな。。ダルの投球見てると、確実に松坂とは違うと思う今日この頃w 

natureさん

今のところBALの好調が目立ちますね。
ハメルが本物ならひょっとしたら5割ラインまで行くかもね。
BALが5割行ったら他はどうなってるんだろうな・・・・。
その2チームとも完全再建チームだし他のメンバーも・・・って感じだしね。安定して出場機会を得るには最高の場所だとは思うけどね。

今日は兆候はありましたね。結果はついてこなかったけど
前回よりは良かった。でも次はどうなるか分らない程度のもの。
ユークはミドルブルックスが上で使っても大丈夫状態になったら
むしろ打撃が大丈夫ならLFでどうだろうなとか。
3Bはちょっともう難しいんじゃないかな。

松坂は入団当時7つの球種を自在に操る男って言われてた気がするけど蓋を開けてみれば自信持って使えたのはフォーシーム、カッター、スライダーで一杯って感じだったけどダルビッシュの今はまさにそんな感じだね。
まあでも選手は長期間通して何ぼだから。まだまだ始まったばかり。
でもいい投球してるよね。制球はまだ何とも言えないけど
カーブとスプリット、ツーシームなんかは
松坂が来た時と比べても明らかにいいとは思う。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。