スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Middlebrooks,Nava,Saltyの爆発で圧勝

http://boston.redsox.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2012_05_13_clemlb_bosmlb_1&mode=box&c_id=bos
主力が霞むプロスペクト2人とサルティの働き。珍しくマスターソンを打ち崩す。
Navaはプロスペクトっていっていいかどうか分からないが。

Bard・・・6回6安打2三振4四球 1失点。 
     紙一重のところで運に助けられたと言う感じで
     アッチソンを3回から準備させ始めたようにかなり危ない登板。
     左に対しての決め球が無いと言うのはあったけど、それ以前に
     一番良くないのは速球のコントロールが不安定な状態が一定期間続いていること。
     最初課題と言われていたサードピッチなんかよりも速球のコントロールの方が今では
     明らかに大きな問題となっている。速球でストライクが取れず
     スライダーとチェンジアップでなんとかカウントを取りしのいだ
     と言うギリギリのところだった。それが出来たのは先発としてそれなりに評価は出来るけど
     カウント有利に持っていけていないと言うのが今一番投球を苦しくしてる原因だと思う。
     速球のリリースポイントの角度が常に安定してないのが非常に気になる。
     それにしても打撃カウントを結構簡単に作る割にはなかなか被弾はしないのが不思議なところ。
     速球はBardの場合ほぼ十中八九は打撃カウントで狙われてるし、それもほとんど高めに浮いてるのに
     なぜか被弾はしないし被長打も少ない。
     Doubrontはここまで一歩一歩成長してる感じだけどBardは現在投手の基本的なところでやや
     躓いているのが長引いている感じですね。
     せっかく掴んだチャンスなんだし早めに乗り越えて次のステップに踏み出すところを見せて欲しいが。

リリーフ・・・大量点差に守られてHill→Albers→Atchisonと無失点リレー。Hillは素晴らしい。
       なぜか大量点差で出てくるリリーフのERAが全員1点台。
       なぜか勝ちゲームで出てくるリリーフのほとんどが4.5.6点台。
       でも一人セットアップと言われながら40.5って言う投手がかつていた・・・
       AAAに落とされた後は11イニングで19三振0四球でインプレーもほとんどがゴロばかりと完璧で
       そろそろ上げてもとは思うけどブルペンは皆最近は全体で
       結果出してるし酷使してる割には故障もなく上げるキッカケがなかなかこない。
       Millerもここまで予想外に頑張ってくれてるし。アセベス以外の全員がout of optionで
       ウェーバー通過を要する。
       こういう悩みならいくらあってもいい。田澤、Mortensenもここまで思ったよりいいし
       Wilsonも着々と準備を進めている。むしろあっという間に先発の方がスカスカと
       言う状態になって参りました。
       リリーフの今の良い状態も長く続くと思えるだけの実績ある投手も少ないのですが
       いつの間にか
       リリーフのERAは3点台目前でメジャーの真ん中付近まで来ました。
       この計算外の編成でここまでできているのだからすごいと思います。
       もう少しイニング最後が安定してこればと言うところですけどね。
       
     
打線・・・・・昨年同様そろそろ立場が危ないかな・・・と心配し始めると打ち始める
       サルティが久しぶりの固め打ちで3安打1HR5打点の大活躍。
       Middlebrooksは四球とタイムリーとなかなかお目にかかれない低い弾道のラインドライブで
       グリーンモンスターを超えを見せた。 素晴らしいパワー。
       Navaは今日もハッスルの2ダブル1死球3打点3得点に1盗塁のおまけつき。
       完全に現在のチームを引っ張っているし昇格がカンフル剤になっている感じで
       見ていて気持ちがいい。
       主砲は今日は逆方向に2ダブル。相手の中継を見てスキをうまく突く走塁も見せた。
       しかしかなり計算外のプホルズや変わらず立ち上がりの悪いテシェイラ、
       フィルダーも酷くはないけどイマイチだし大物一塁手はBOSの主砲だけでなく
       ここまで結構苦しんでいる印象。BOSの投手はこれらの1塁手に結構打たれてるが
       酷過ぎただけなのか・・・。
       ペドロイアは最近コンスタントに打っている。14試合連続ヒット中。
       
★外野手のマクドナルドが脇腹を痛めてDL。1BのMauro Gomezが昇格。
 たぶんマックはそんなに怪我してないと思うけどこう言う怪しいロスタームーブに
 使われることが多いような(笑)
 Gomezは既にAAAで10HRのパワーのある右打ちだけど打撃は荒く守備は悪い。
 出場はしてるけどパピがかかとを負傷したのと多少関係あるのでしょう。
 Gomezを枠に入れるためにジャコビーがDLに入った時まで遡って60日DLに移行しました。
 
★松坂は残り2度(17日と22日)AAAでのリハブ登板をする予定。
 本人も珍しく弱気で今の状態だと上で戦力にならないってハッキリ言ってるし、
監督も今の松坂のメカニクスが気にいってない。
結局昇格、ローテ定着は最終的には現在のローテにいる投手とCookとの競争になる。
 短期的な6人ローテはありうると言うことなんで実際短期間はそうなるかもしれないけど
 結局はすぐに5人になるわけだから競争です。
最終的には誰が外されるかは、もうこの際どうでもいい。
ともかくハイレベルな争いになることを願うのみ。
今のローテ争いは次元が・・・・・・。
 
3連勝で借金返済5割まであと4つ。 
CLEに移ったウィーラーは今日の試合BOS打線にボコスカに打たれた後DFAに。
やっぱり年俸調停受けられなくて良かったなと・・・・BOSが打ちこんでるのに逆に冷汗をかいた。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

下位で10打点か(笑) 
Aゴンどうなってんだろうか。。もう1人の20Mと合わせて、ここまで合計2HRとは・・とんでもなく効率悪い補強だw 
確かに他の大物一塁手たちも期待通りには行ってないですね。ハミルトンも化け物のように打ってるけど、FAで大型契約すると痛い目に合いそうな気がするなぁ。。

ブルペンはいつの間にか駒がそろってきましたね。接戦でも安心できるほどではないのが残念ですが(笑) ヒルが良いのが嬉しいです。
バードは元々コントロールは良くなかったけど、直るんですかね。今の状態では例えブルペンでも無敵のCLにはなれないなぁ。。
ミラーのノーコンがこのまま改善されたら、また先発のチャンスあげて欲しと思ってるんですけど、期待しすぎ?松坂は良くないし、枠争いに加わるのかクックのみってレベルが低すぎて・・・orz

マックは嫌いじゃないけど、この程度の選手をいつまでも置いとかないといけないのも問題ですね。
ジャコビーはもしや2か月未満で復帰と淡い期待をしてたけどダメかw

natureさん

Miller・・・・・チャレンジャーだなって感じです。
自分はうまく行ってもMillerは今期はリリーフでいいかなと思ってます。
終盤薄いし、もしこのままうまく行ってくれたら終盤に収まってくれればいいのでは。
Bardのようにリリーフでうまく行ったらオフシーズンに
初めて先発の可能性で考えるって言うスタンスが一番好みかな。
でも本当にこのままMillerが良いままで他の先発が酷いまま選択肢がなければ考えるかもね。
先発の選択肢は確かに乏しいしね。
その前にプレーオフ戦線に残ってればもっと確実な補強考えるかもだけどそれもそれで別な意味で
怖いわ(笑)

ブルペンはメンバー見るととても実績的には
駒がそろってるって感じは全然
しないのだけど頑張ってますよね。
バードはずーっと今の状態が変わらなきゃ
いずれ結果が伴わなくなる時が来るだろうし
結果が出てるうちに今のハードルはクリアして欲しいところです。

マックはそんなに状態悪いとも思わないけど
結果が出ないですね。
Aゴンは昨年からそうだけど良くも悪くも大砲らしさがないね。
まあ5月も全然HR出なきゃ心配することにするよ。
打つ時は固めて打つからね。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。