スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在のロスターの状況を整理してみる

開幕から1/4を終え5割。スタートダッシュをするつもりが今年も完全なスロースタート&故障者続出
となっているがこれでもまだ首位まで5.5ゲーム差プレーオフ圏内まで1.5ゲーム差と十分な位置にはいる。


①先発
Lester,Beckett,Buchholz,Doubront、Bard


DL  Cook、松坂   ※今期全休予定のジョンなんとか選手はカウントしません

スターターはブルペン、野手と違って誰も開幕後から故障者も脱落者も出ておらず
主力が健康でありながら、なぜか同時に最も怪しいと感じてしまう場所である。
大健闘しているDoubront以外は投球を見てて誰ひとりノーマルな状態よりもいいとは思わないし
BardだけでなくBuchholzに関してもいつ調子が戻るのか怪しい状態。
デプスも予想以上にスカスカになってしまった。

デプスに関しては例えば今この5人の誰かが今すぐ故障者でもしてしまえばどうなるだろう。
松坂は最初のリハブ登板期間では昇格の準備はできておらずリハブを一旦リセットして
もう一度土曜日から30日間のリハブを行う予定。
Cookは膝の外傷がまだ回復しておらずリハブの予定も立っていない。
AAAのGermanoやDuckworthあたりの
MLBでは力が足りないベテランに頼るか、ようやく今の役割で落ち着いてきたAcevesやPadilla、Millerの
STでは始め先発候補と見られていた三人の
うちの誰かを先発で起用しマイナーではやることなしのMelanconをそろそろ
昇格させると言うところか。もはや現時点でAcevesのクローザーから先発への転向は考えらないだろう・・・・。
マイナー契約のOhlendorfは6/1にOpt out出来るらしいけど今の状態だとどうだろう。余計にサラリーかかるし
MLBに上げる可能性は低いかな。特に他に比べて良さそうでもないし。

②ブルペン
Aceves,Padilla,Miller、Hill、Albers、Morales、Atchison

AAA
Melancon,田澤、Mortensen、Alex Wilson

DL Andrew Bailey(オールスター明け~8月復帰?)、Carpenter、Jenks

5月に入ってうまく行っている。
一度は完全崩壊したと見られていたブルペンもクローザー未経験のAceves、
リリーフ経験すらほとんどないPadillaでなぜだか終盤がひとまず落ち着き、脇を固める
マイナーのリハブで四球を出しまくっていた Millerの貢献やHillのTJからの復活も
うまく行っていて現在Moralesがやや4月の信頼を失っていると言う以外全てが上手く行っているといえよう。
本当ならマイナーで無双状態のMelanconはとっくに上がっている
状況ではあるのだが、全体でうまく結果を出しておりクローザーのAceves以外は
マイナーオプションがなく落とせないという事情もあるため下手にいじくれない状況になっている。
とは言えBaileyの7~8月復帰が現実的なものになりMelanconもいずれ上がるに違いない。
それにBardがいずれブルペンに戻されると言う可能性も否定はできないだろう。
もしこのまま故障者が続出するようなことが無ければシーズン中に現在上で戦力になっているリリーフの
誰かしらを外に出すのは間違いないと思うところ。新たに新戦力を獲得する側に回る可能性の方が現時点では
かなり低そうだ。だが考えてみれば1月前は全く逆のことが言われていたわけで
そんなにうまく行くかどうかなんて誰も知る由もない。「現時点では」ブルペンは飽和している。


③内野手 & DH
1B A-Gon、2B Pedroia、3B Youkilis,SS Aviles,UT Punto, 3BMiddlebrooks, DH Ortiz

DL なし

Depth Jose Iglesias,Lars Anderson, Mauro Gomez 

特に何もないが長期的にYoukを使いながらMiddlebrooksを上で使うと言うのは土台無理なことだろう。
今は緊急時でAゴンが外野やってるような状態だから二人が同時にラインナップに留まってるだけ。
フロントは3Bのどちらも外野をやらすつもりは現時点ではなさそうなので
それを踏まえれば最終的にはYoukをトレードに出してMiddlebrooksにレギュラーを任せるか
Youkが健康なうちは3Bレギュラーで使い
Middlebrooksをマイナーに落とし毎日試合に出場させるかしかないだろう。

AvilesとPapiがここまで頑張ってる。特にアビレスは守備、走塁面で予想以上に貢献。
主砲とユークはまだまだですね。ペドロイアも安定してるけど最近は空振りも多いし
特にいいわけでもない。MiddlebrooksはいいMLBデビューとなっている。
それぞれ不調者の状態が戻ってこれば全体でMLBトップクラスの内野と言っていいんじゃないですかね。

④外野手
Nava,Byrd,Lin,Podsednik

DL  Crawford,Ellsbury,Ross,Sweeney,McDonald,Kalish,Repco

Depth  Alex Hassan、J・C Linarez

今さらながらよくこれで5割勝ててるよな・・・・・・。
開幕25人ロスター入りの外野手が現在全員DL入り。
マクドナルド、Sweeneyはすぐ戻って来られそうだけどレギュラークラスはほぼ全員7月~8月
まで戻って来られないだろうしハッキリした復帰予定はない状態。
こう言ういつ戻って力を発揮できる状態になるか分からないっていう状態が多分フロントは一番困るでしょう。
補強しようと思っても、戻って来られる可能性あるなら簡単にレギュラークラスの補強はできないし。
しかしマックも運が強いな・・・・いつも立場が危なくなってくると
外野の誰かが勝手に怪我をしてる気がする(笑)
HassanはAAAの選球眼の良い外野手だけどLFメインなんで同系統のNavaが頑張ってるうちは
出番はなさそう。Linarezは外野3ポジション出来る分用途は広いし
どこかで上がる可能性はあるかも。


⑤捕手
SaltalamacchiaShoppach

Depth  Lavarnway

二人合わせてOPS.869・・・・これはレッドソックスのポジション別
のOPSで言えばDHに次いで2番目の成績だというから驚き。
ここまではどちらも結果として打撃で予想以上に貢献していて驚き。
最近はややサルティの出番の比率が増えてきたように思うけど特にどちらも
まだ打撃の内容が安定している
と言う感じでもないので今後もそれが続くと考えるのはかなり難しい。
ただ現時点で守備を磨いているLavarnwayを上げる必要があるかないかで言えばまだ必要はない
と言う感じ。
故障が怖いポジションだけど、いずれ二人のどちらかがトレードされて昇格するときが来るかもしれませんがね。

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。