スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウィープならず

http://boston.redsox.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2012_05_31_detmlb_bosmlb_1&mode=box&c_id=bos
今日のマッチアップなら勝ちたかったところだけどシリーズ全体で言えば上出来。

Beckett・・・7回 10安打 1三振1四球 4失点
      コマンドのバラつきが多くボール自体も最近のうちでは悪かった。
      特にカーブがイマイチで高かった。
      これだけの強力打線だし今日の感じなら被弾が無くて良かったと言うところかも。
      10安打は多いが
      悪いなりに致命傷は逃れてしっかりまとめてたと言う印象はあります。
      内外野の守備がもう少し良ければ2.3失点で済んでた感じはしました。
      球の遅いベケットに少し慣れてはきたけどやっぱいまだに違和感はある(笑)
     

リリーフ・・・・8回からMorales→Albers→Hill
        Moralesは外狙ったチェンジアップがインコースに行って
        ヤングに被弾。以降もギリギリのところで決めきれず四球二つ。
        速球は96、97辺り連発してるし走ってるんですけど速さの割には
        なかなか空振り取れないですね。もっとしっかり球種を
        ミックス出来るといいんだけど今は余裕があるカウントでしか
        変化球は投げられそうにないと言う感じ。
        左であれだけのボール投げられるのは多くないしチェンジアップもボール自体は
        いい投手なんですがここぞの制球の怖さはある投手。
        ちょっと何かが変わればガラリと変わると思うんですけどね。
        なぜかあんまり投げないけど
        左に対してはもっと外スライダーを自信持って投げられるといいんだけどな。
        Hillは速球に力はあるものの
        カーブの曲がりが小さくなってきてて平凡になってるような。
        肘は大丈夫か?
        
打線・・・・・ユーク3B、Aゴン1B、スウィーニーRF、ポドセドニックCF、サルティC
プント2B。ミドルブルックスはベンチでしたがアビレス/プントの有事に備えてSSの練習をさせる(笑)

サルティが2安打1HR2打点と活躍。
守備がもう少し良ければと言う感じで送球が安定せず走者の進塁を許してしまうことも。
3.4番が無安打。ユークはシャーザーの95マイルをしっかり打ち返すもそれ以外は3三振。
ノーアウト1塁で犠打二つも得点には結びつかず。
Aゴンはまだシャーザーみたいな95マイルとかその辺の速球投げる投手には
簡単に負けてしまっていますね。

サルティ守備はまだ未熟だけど捕手であのホームランパワーは本当に見ててワクワクする。
あとは一貫性と言うか確実性と言うか。極端に数字落とす時期をなくすことかな。

★松坂がAAAで登板。5.1回 2安打1被弾 4三振0四球。76球51ストライク。
序盤の被弾が相変わらず多くほぼ毎試合序盤に被弾してる感じですね。
序盤は速球89-90マイルがほとんどで回が進むにつれ92マイル程度までは行くみたい。
カッターのいくつかは良かったそうです。最近の松坂は知りませんけど個人的にはMLBに来て以降
打たせて取る投球ができる投手ではないと思ってるのでAAAでの三振も球速も
今の状態では上ではどうかなと半信半疑。次回は100球を目処に投げるようです。
怪我の状態がイマイチと言うことでリハブを中断してチームに合流していた外野手のマクドナルドは
今週末から再びリハブを始める予定。
先発のCookももう膝の怪我は癒えてブルペンセッションは既に開始しています。
松坂も含めて現状で25人に入る枠があるかどうかは分かりませんが。

★Ryan Kalishがhigh-Aでのリハブを終えAAでリハブ開始。
CFで出場し4-1の2塁打一本に四球一つ。
ByrdやPodsednikなら状態が良ければ彼の方を優先したいし
うまく行けば最終的に現在苦しんでいるリードオフ候補には最も適正ありそうな感じはしますが。
この試合、大砲候補のRFプロスペクトのBryce Brentzが5-5の
3ダブルとバカ当たりしてます。最初はAAにやや苦しんでましたが最近は打ちまくっています。
スカウトの評価が両極端に割れやすいタイプの選手だと思いますが好調で何より。

★Cody Rossはもう足に痛みが無いそうで回復具合を見るためにMRIを取るそう。



とりあえずロスターは変更せず明日からアウェイのトロント戦です。
トロントでは人工芝ではAゴンにあまりRFを守らせたくはないようでユークの腰の状態も考えて
ミドルブルックスも3Bスタメンで併用していくよう。ペドロイアの状況はいまだ
未決定状態だけど監督はトロントシリーズ中に別の内野手をロスターに入れることを否定していない。
現在数試合AAAの試合から遠ざかっているJose Iglesiasですがドクターに腰を診断してもらうために
ボストンに来ていたそう。大事ではないそうですがまだ数試合は欠場しそうです。

地区優勝のへの道もまずは最下位脱出から。
            

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さすがに4連戦スウィープは難しかったですね。
サルティよく打ってますね。今季はラバーウェイに本来のパワーが見られないので余計に貴重に感じます。
AゴンはRFも守って疲労もあるだろうから、少し休ませながら起用してもいいと思うんだけど。基本3Bはミドルブルックで。
ヒルも手術明けなのでモラレス含めDL使ってメランソンやモーテンセンと入れ替えながら使えたらいいんだけど。
Brentzも楽しみになってきましたね。

>地区優勝のへの道
今季一度も最下位を脱してないのに管理人さん前向きだ。す、すごい(笑)

natureさん

捕手でこれだけパワーを発揮できる選手は貴重ですね。
後はここまではほとんど左打席で起用されてるので
右でもしっかり打って欲しいのと確実性と安定性が増せば
MVP狙えるクラスってところですかね。まあそこまでの期待はしてないけど
.250で出塁率.300でもいいからどうせなら捕手で30本打って欲しいな。

ラバーンウェイはMLBで.270~.280 20HRで高出塁率ってあたりが期待されてるところじゃないかな。今期は出場がほとんど捕手と言う環境で守備に重点おいてのマイナースタートだし
コンタクト自体は悪くなってないので個人的には打撃は心配してませんよ。マイナーとはいえ毎年安定して成績残して来てる打者だし。

Aゴンはあんまり休まない人だから。
しょせんはRFは苦肉の策だし基本3Bレギュラーをミドルブルックスにこだわるなら、よほど成績が落ち込まない限りユークはトレードするしかないでしょうね。チームが今そこまで考えてるかどうか分からないけどもしそれを選んでその後WMBの打撃が急激に落ち込んだ時の保険に乏しいのは懸念材料でしょうな。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。