スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kevin Youkilis ホワイトソックスにトレード決定

4545664554665.jpg



交換相手はオールラウンドのUTと先発のデプス

RHP  Zach Stewart(25)
90マイル付近のシンカーに平凡なスライダーとチェンジアップ。
シンカーボーラーでどんどんストライクを取りに行く。
ゴロを打たせるタイプだがその割にはMLBレベルではかなり被弾が多く
セカンドピッチ以降は平凡であまり三振は取れていない。
以前Scott RolenのトレードでTORが獲得した選手で
2010年当時はまずまず評価の高かったプロスペクトで育てばMLBローテ中盤レベルとも言われていた。
球ももっと速かったが以降は球速も落ちセカンドピッチ以降も伸びず評価も落としぎみ。
CWSでは今期はほとんどリリーフだったがリリーフでも現在93マイル程度が上限。
現状では上ではせいぜいSwingmanだろうけどGMの話によると大学時代からBOSが
目をつけていた選手らしく微調整によりMLBのスターターとして貢献できると考えているよう。
先発のデプスとしてAAAに待機させるそう。マイナーオプションの残りは二つ。


IF/OF  Brent Lillibridge  (28)
捕手以外ほぼ全てのポジションを守る万能タイプの右打者ユーティリティ。
一番の売りはほぼすべてのポジションが守れると言うところ。
ユーティリティとしては守備と足にはまずまず定評があるし代走要員にもなるのだろう。
昨年打撃で確変を起こし200打席程度で13HRを放つなど活躍を見せたけど
今期は少ない打席数ながら元通りでさっぱり打てていない。
一時的にでも打ってくれれば便利屋としては重宝するけど
全く打てなきゃちょっと厳しいかもね。


驚いたがこれに伴い40人枠の22歳のプロスペクトAAの OF Oscar TejedaもDFA。
IFAで$525,000で契約しもともとそこそこ期待されていたプロスペクトだったけど
AA昇格以降は守備打撃ともに一向に伸びず。MIFとしてはパワーはあるけど
そこに留まれるほどの守備力はなく現在外野に回されていた。
こう言う選手をオフシーズンにうまくやりくりしてリリーフ獲得などのトレードの一部で
使わなければならなかったと思う。MLBですぐ役立つということはないだろうけど
40枠に余裕があるチームなら育成前提でどこかクレームするチームもあるかも。


BOSはユークの残りのサラリー約$6.6Mのうち約5.5Mの負担。
一見ユークでBOSの薄いUTや先発のデプスとBOSのニーズを補っているように見えるが
どっちも現時点での戦力としては確実性に欠け、かといって伸び白にも欠けた選手で
BOSの負担額もかなり大きい。このことからすると
単純にユークを一刻も早くBOSから出すことを第一の目的にしたトレードと言うのはハッキリ見てとれる。
やっぱりこの程度の見返りではフロントを批判する声も大きいのだけど
それ以前にこれが他球団から見た現在のユークへの最大限の評価ということに驚いてもいる。
他にも獲得に興味を持っていたチームはあったけど、この見返りが最大だったと言うことを考えると
ほとんどの球団は現在まだ33歳のユークが1Bでも3Bでも平均以上のレギュラーに戻る可能性は
低いと考えているのでしょうか。最近の他球団のスカウトの話でもかなりネガティブな
評価が多かったというのは確かに出ていたが。
CWSだとDHにダンがいて1Bにコナーコがいるから必然的にユークを3Bとして
獲得したと言うことになる。CWSの3Bは生え抜きのBrent Morelが全然ダメで途中獲得の
Orlando Hudsonもなかなかに酷くて確かに弱く現在のCWSの3Bの打撃成績は全体で
打率.167 出塁率.243 長打率.224 OPS.466という有様。
この見返りで取れるのならCWSには悪い話ではないでしょう。
昨年レベルの復活が出来れば十分な働きになるはず。
アップグレードになってるのは間違いないと思う。
ユークにとっては3BはBOSでの最近のパフォーマンスを見てると
負担は大きそうだけどレギュラーとして出場機会はしっかり与えられるはず。

Stewartが実際にGMの期待する通り伸びてある程度上のローテで
貢献できるほどになればこのトレードでの損得勘定としての印象は今よりよくなるだろうけど
現状ではなんとも言えないねえ・・・・。
最近の報道から考えるとまず始めにユーキリスの放出ありきで
放出そのものが目的になってたのは見え見えだったわけで見返りがどうのこうのよりも
ユークをベンチにすら置きたくないと言うBOSの本音が透けて見えた。
故障中の外野手のレギュラーが戻り始め
LFしか守れないNavaが予想外の大活躍をしたためレギュラーから外せない状況になりRossが戻ってきて
A ゴンをRFで使うわけにもいかず
ユークをMiddlebrooksと併用するのにも限界が来て決断が迫られていた。
そんな中今後はMiddlebrooksをレギュラー一本 で行くとチームが決めたと言うこと。
現実的にはユークをベンチに置いておいても
出場機会がほとんどなければ今以上にユークのトレードバリューが上がる見込みは薄い。
他の選択としてはWMBをAAAに落としユークをレギュラーで使うしかないのだから
それををしないと決めたのならばなんとかしてユークを出すしかないと言う状況だった。
MiddlebrooksをAAAに落とすタイミング自体はこれまでにもあったが結局現場は
それを選択せずずっと併用する形を取っていた。
個人的には以前のフロントと監督であれば保守的にMiddlebrooksが活躍をしていたとしても
一度どこかのタイミングでAAAにオプションされていたのではないかと思っている。
このあたりはチームの変化を感じるところですね。


このトレードに関しちゃ損得勘定的には
特に興味もないのでどうでもいいしユークの出場機会がもらえるところなら個人的には
それで満足。
やっぱりチームに長年大きく貢献した選手がこう言う出され方をされるのは
見てて悲しいもの。かと言って実績がありすぎるからこそベンチ要員として腐らせておくと言うのも
周りへの影響やらいろいろ考えると現実的には無理な選択だったんでしょう。
個人的にはそうして欲しかったが。
とにかく新天地でも頑張って欲しい。今までありがとうユーク。
いつ見てもあんなヘンテコなフォームでよくあんな打球打てるなあと思った不思議な選手だったし
四球を選べるということばかりがフォーカスされていた選手がその壁を乗り越え
ASだけでなくMVP投票で2度も上位を獲得するような
軸を支える選手になるとは思っていなかった。素晴らしいよ。


Kevin Youkilis
5454554.png



コメントの投稿

非公開コメント

No title

あれほどBOSに貢献した選手が、こんなちっぽけなトレードで放出されることになるとは。。何か消化しきれない感情が残ってしまう。新戦力が出てきたというのに、ロスターのやりくりで追いつめらるという、なんとも皮肉な結果ですね。
少なからずCWSはアップグレードになるんだから、ここまで金銭負担してもう少しましな交換要員を要求できなかったのかとも思うけどw 他チームの評価が低かったとはいえ、やはり今のGMは交渉もロスター整理も下手だなぁという印象しかないです。昨年から落胆すれど、少しでもテンションあがるトレードは皆無。
チームが勝っても負けてもとにかくGMは今年で交代して欲しい。

>微調整によりMLBのスターターとして貢献できる

メランソンやベイリーを過大評価しといてマジかよ。。。。。。。。。

natureさん

今のGMがいいとは当然思わないけど勝ったら交代は
無理でしょうね。負けてまでGM交代にこだわるのなら
負けを祈っていてください。

Middlebrooksを上で使い続けると言うのは
こう言うことだと言うことですよ。
少なくともそれを支持した人は2足三文でユークをトレードで出されても文句は言えないと自分は思いますが。

No title

少なくとも初めはミドルブルックスよりユークの方が優先的に使われていたのに結果が出せなかったのであって、ミドルブルックを上に置いておくことがユークを2足3文でで出すことになったとは思いません。それはユークの状態次第で変わるもの。

勝っても負けてもと言ったのであって、負けてまでGM交代にこだわると言った覚えはありません。

私は残念だとは思いません。
ユーキリスはここ数年一番いてほしいときに怪我でいつも離れていた選手。特に今年は衰えが顕著に見えますし、放出は当然だと思います。
GMの働きには確かに不満があるのは事実ですが、ロスやスウィーニーの獲得などそれなりのヒットもあります。クロフォードやジェンクスを高額で引っ張ってきて、不良債権化させた前GMよりはマシだと思います。

自分的には

出すのは既定路線だったし、それは構わないのですが、やはり十分な見返りが得られなかったと思うし(SP.comを見てもそういう意見が多いですし)、その点ではやはりGMの手腕に問題があると言わざるを得ないと思います。

Youkを出すこと自体が、ある意味BOSにとってメリットなのだとは思いますが、だからと言って、二束三文の見返りでも出すのが良いかと言われるとそれは違うと思う。少なくともCWSに取っては明らかにアップグレードであり、POを争っているチームなのだから確実にニーズはあったということ。

GMは来たオファーの中で、これが最良のパッケージだったと言ってはいるけれど、どこも出すものはできる限り抑えたい訳で、そこからさらにどれだけ引き出せるかがGMに求められる手腕のはず。

自分的に同じPO権を争うALのチーム相手のトレードで、これだけの金銭負担を付けた見返りとしてこれが正当なものには見えません。細かいことを言えば、40人ロスター内の選手を2人も受けたとったのだから、その分の年俸$数百Kもさらに払わないといけないと思うし。

netureさん他

まずNatureさんにはイライラして八つ当たり的書き込みをしたことを謝りたいかと思います。すいませんでした(-_-;)

なんだか現状のユークに対する評価そのものに大きな違いがあるように思います。
わたしはこのことでGMがおかしいとまで思わないし
大きく批判する気も起きないです。せいぜい少し物足りない程度。
それがGMの手腕不足だとも思いません。交渉を長引かしたところで
ミドルブルックスをレギュラーで使うと決めた以上
これ以上待ったところで出場機会自体がないのだからそれを証明する機会もBOSでは以降ほとんどないのが現状。
レギュラーで使わない以上今後トレードバリューにいいように変化があるとは思えません。

自分的に見ればBOSのファンがこれまでの愛着と実績から
今のユークを過大評価しているだけで
今のマーケットのユークに対する評価は
過去何年に渡る怪しい耐久性からしても現在のパフォーマンス的にも平均的レギュラーを大きく下回るレベルてところだったんじゃないかと思っています。それならミドルブルックスの控えとして
BOSでも一定の価値が
あるのだし控えで使えばそれでいいじゃないかとも思うけど
それが無理な状態だったんでしょう。

スチュワートに関しては今のBOSでも無価値だとは思わないです。
この辺は意見が分かれるところでしょう。

No title

自分がこのトレードで一番納得しかねる部分は、ユーキリスを控えにできない環境です。
いくら実績があろうが、現在のパフォーマンスが悪くて下が育っていれば控えになるのは野球に関わらずチームスポーツとして当然だと思います。
戦力的に有益なトレードならともかく、大幅負担して得たのはreplacementレベルですし。
バックアップとしてはまだBOSにとって価値のある選手だと信じるし、豊富な実績を積んだ選手がベンチにいることの何が悪いんだと。
それでユーキリスが腐るようならガッカリしただろうし、その存在がチームに歪みを生むことを懸念して出した(ように思える)のは非常に残念です。

レディックのときほどじゃないけど(笑)このトレードも嫌いです。
とかいって見返りが活躍してくれたらどうしようかな(^_^;)ノマーのときみたいに。
そうなれば良いけど。

WJR5さん

実は最初私も感じたことはその部分で
まったく同感。すごく残念なところです。
正直ユークにはWMBともっと争ってもらいたかったし
それがかなわない状況になりつつあったけどベンチでも
必要な時にチームの力になって欲しかった。

CWS以外の興味を持っていたとされる球団はBOSがユークの全部の年俸負担をした上でもタダ同然じゃないと欲しくないと言う状態だったとSean McAdamさんがツイッター
で言っていましたが、その程度の見返りなら
どうしてユークをBOSの控えで置いておけないのか、というところ
はいまだに釈然としないところです。

WMBが新人の壁にあたり今の成績から急降下した時にひょっとしたらそこでしっかり戻すかもしれない。
Aゴンの状態が良いわけでもないし今の不振が何かしらの故障が原因だとしたら?
そこにBOSのニーズはないわけではないですよね。

ユーキリス本人の出場機会に対する希望も含めて
実際に試合をしている現場の判断が大きかったように
思えてなりません。
BOSの中でユーキリスをベンチに残すのが最初から選択肢にないのだからBOSは単純に最も高いオファーを取るしか道はなかったと言う感じに見えます。
ただユークが今後復活してAゴンかWMBも
全くダメになってしまえば結果論だとしても
GMも当然非難は免れないと思います。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。