スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期初の延長戦勝利

http://boston.redsox.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2012_07_01_bosmlb_seamlb_1&mode=box&c_id=bos
またサヨナラ負けかよ・・・・・・と思ったらなんとか勝てた。

Doubront 4.1回 3安打 4三振5四球1死球 1失点
アルバースと相手の拙攻に助けられたものの今期最低の投球。
コマンドというより速球でストライクを取ることに苦労したと言う状態。
兼ねてから言われている通りここは一旦休養が必要かも。といってももうオールスターなんで
すぐに休養ですけどね。主力よりは少し長めに与えるかな。つーか主力も
レスター以外既に休養してるけど(笑)

リリーフ
Albers→Atchison→Padilla→Acevesで無失点。
支配的な投球と言うのはなかったけどAlbersがDoubrontの自滅で真似いた
1アウト満塁のピンチで登板し1球でゲッツーを取ったのが勝負の分かれ目。
やはりシンカーボーラーはこういう時にすごく役に立つ。まさにボビーの狙い通りと
言うところだったでしょう。いいところにしっかり落とした。

打線 
アビレスがスクラッチされてプントSS、
対左のためかLillibridgeがリードオフでCF、Shoppachが先発マスク。

相手のバルガスの巧みな投球に完全に翻弄されて8回のペドロイアの
HRが出るまで無得点。
ペドロイアが5/10以来の同点に追いつく価値あるHR+延長10回チャンスを広げるヒット。
Kalishが延長10回の代打起用に応えリーグの速球をライトフェンス直撃の2ベース、
勝ち越しのホームを踏む。復帰後最もいい打球だった。
主砲はフェンウェイならホームランか2ベースってあたりは
このシリーズでもいくつか飛ばしてるんだけど
今期はずっと速球をライト方向に大フライが打てない打者。
速球をライトにホームランにしたのは4月のTEX戦の上原の速球だけ。
今期中にいくらか回復するのだろうか。
パピはしっかり犠牲フライを飛ばしたけど対バルガスでは必要以上に打ちたがっていて
雑な打席が多かった。
WMBはチェンジアップに苦しんだ。対ヘリクソンとかもそうだったけど
やっぱりチェンジアップがいい投手には苦しんでいる感じ。
Lillibridgeは打撃は厳しいですね。

★Middlebrooksが左ハムストリングを痛めて途中交代。盗塁で痛めたんだとか。
どの程度の怪我かは不明ではあるけど
いきなりユークの放出の影響を問われる状態になっている?

★ALL StarのRosterが決定。レッドソックスからはDavid Ortiz一人。
妥当としか言いようがない。元BOS組だとPapelbonがとゴリさんことAdrian Beltreが選ばれている。
好調だったLowrie,Reddickは残念ながら届かず。

★AAAのDaniel Bardが登板
1回1安打2四球 1ワイルドピッチ。
先頭から連続四球。なかなか状態上がってきませんね。

そろそろジャコビーもクロフォードのリハブもAAに上がりそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。