スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンキース戦初戦を落とす

http://boston.redsox.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2012_07_06_nyamlb_bosmlb_1&mode=box&c_id=bos
5割のリミッターは以前壊したはずだったのに。

Beckett 5回 8安打 5三振 2四球 6失点
初回に4安打3四死球と2犠牲フライで5失点。
長打打たれてボコボコにされることはあっても
ストライクが入らないという苦しみ方をするベケットはほとんど見ないことだけど
前回のマリナーズ戦で点を取られたときもストライク取るのに突如苦しみ
出した感じだった。今日はそれが初回。
速球は多くは動かしているものの球速は戻ってないのでやはりそれ以外の球種の出来が
鍵を握っているけど、どれも通常のベケットより操れてなかったです。
右打者外、左打者内のカッターと左打者外低めのチェンジアップは
今のベケットにとってはストライクカウントやインプレーでのアウトを取る上で生命線。
とくにチェンジアップとカーブは一目でボールと分かる抜け方をいくつもしていたし
ああいうのはベケットにはあんまりないことなのでちょっと心配。

リリーフ

Albers→Miller→Padilla→Atchison→Melancon
Millerの先頭打者四球とヒットで1アウト1.2塁をPadillaが
引き継いだもののティシェイラに長打を打たれ走者を返してしまい
AtchisonもPadillaの走者を返してしまう。大事なところでボール一つ二つ程度の失投
を逃さないしまずいボールは振らないというのはさすがというしかない。
全体で集中力高めてくるところでは簡単にボール球には引っかかってくれない強さがある。
Melanconは2イニング1ヒット無失点2三振。
BOSのリリーフって全体でもERAだいぶよかったんですね。


打線  

14安打2HRで8得点。
久しぶりに全体で良く打った。
主砲、パピ3安打、サルティとロスがHR。
パピは最近少し荒っぽかったけどやはり追い込まれてから逆方向にキッチリ打てる打撃をしているときは
安心できる。主砲は良くも悪くも打球が安定していて同じようなところに同じようなフライが飛ぶ。
NHK実況の人は絶好調とは言っていたものの
スラッガーがただ単にヒットを連日打っているという基準だけで絶好調と言われてるのは
逆に悲しくなってくるところ。
ヒットが続いているといってもその期間中今日を入れずに.349/.378/.429  。
確かに貢献はしているけど、ここまでのことを考えてもずっと安定して物足りない感は残していて
勝負にかかわるようなところでとくに強さを発揮しているというわけでもない。

よく打ったものの中盤以降走者を置いての勝負所ではやはり弱かった。
勝負所でプントに代打を送れない編成というのも・・・・。
Avilesはよかった4月以降は調子落としてますね。
もともと体の開きが早くて右投手のブレイキングボールに苦しむタイプの打者だけど
最近は以前に増して体の開きが早く
バットを後ろに残せずしっかりしたスイングで強くコンタクトできない
状態が続いている。Gomezがマルチヒット。Puntoは
やはりスタメン起用するならば代打要員になりうる選手が一人ほしいところではあります。
ベンチに残してるくらいなら1打席だけでもミドルブルックス使えないかなと思ってたけど使わなかった。
ホームでのタッチプレーでアウトに取った守備はナイスプレーでした。
チーム全体でも久しぶりにああいう攻撃的ディフェンスのいいプレーを見た気がする。


★PedroiaのDL入りによりAAAの内野手Pedro Ciriacoが昇格。
40人枠をあけるためにRich Hillを60日DLに移動。

コメントの投稿

非公開コメント

二試合目

勝ちそうですねー。一試合目は眠気をこらえて見てたけど、6失点して耐え切れずに寝てしまいました。

モラレスの先発は初めて見たけど、やっぱりもう少し目線を変えるボールが欲しいかな。スライダー(カーブ?)の縦の変化が余り大きくないので、速球と共に浮くと甘いボールになってしまってた気がします。

スプリッターもすごく落ちるというよりは、小さく鋭くという感じだし、やっぱりNYYみたいな打線は簡単に空振りやボールゾーン振ってくれないから、カウント悪くして打たれるような感じでしたね。

速球の球威や低目へのコマンド、ムーブは前回までの登板と比べてやっぱりあまり良くなかったんでしょうか?

昨日の試合は、もう1点取ってれば勝てたかもですね。終盤のチャンスにプントにそのまま打たせるなんてチャンスを自らドブに捨ててるようなもの。

二年契約だけど、イグレシアスが使えるようになれば、切ってもいいと思う。できれば頭から、イグレシアスとアビレスをSSで併用して、アビレスをミドルブルックスの控えでも使える状態にするのが理想だけど、イグレシアスもケガが多くてパッとしないし、アビレスも前半戦の打撃がどこまで信じれるのかなーって感じですしね。

ララさん

自分もそのあたりで寝てしまいました。
モラレスここまでは相手打線があまり強くないチーム
だったと言うのもあるんでしょうね。やっぱり変化球の
際どいところ振ってくれないですし速球でもこれまでと違いなかなか空振り取れなかったですね。
ただ今日はオフスピードピッチの制球は
イマイチ悪かったですね。スプリットもカーブも
ストライクカウントは取れずカウント
不利にするとぴったり速球1本狙いで被弾されてしまう
危険性は他の投手よりはあるかな。
あと今日は若干中盤はスピード自体も落ちてたし。
もともと低めに速球集められるタイプでもないし
これまでもどっちかって言うとアバウトにどんどんゾーンに
ストライク投げて
力でバシバシ空振りファールを取ってカウントを圧倒的有利に
してたような感じです。
速球の質はそんなに沈むものでもなく回転数も多めで
平均的な投手より少し浮くタイプのものだし
高めで空振りも取れるけどフライも被弾が怖いっていう典型的なタイプかも。その点Doubrontと少し被るかな。
持ち球もスプリットとチェンジアップの違いはあるものの
緩いカーブやごくたまに使うごくたまにスライダー気味の
ボールなんか投げることを含めても
全体的に似てる感じはします。ただMoralesは速球の球威で上を行くのに対しDoubrontはどっちか言うと速球と他の球種の腕の振りの差があんまりなくて打者を騙すのが上手い
先発らしい先発って感じはしますね。両方三振は取れてても
見逃し三振がDoubrontは多いしMoralesは空振りで取ってるのが多いですし。
Doubrontはいい時は安定して多くの球種を低めに集めることもできる感じはしますし右打者インコースの速球のコマンドはいい感じはします。

ただMoralesは牽制のうまさは尋常じゃないんですよねー。
あれは確実に多くの他の投手より有利な武器になっていると思います。Doubrontはその点逆かも(笑)
まあ左のパワーレフティが大好物の自分にはどちらも見てて面白い投手ではあります。

個人的にはShoppachや他の余剰戦力をうまく使って内外野の控えの編成を少しチームのニーズよりに変えてラバーンウェイを上げてもいいかな
なんて思ってるんですよね。サルティもホームラン出るけど
ボール当たらなくなってきてるし(笑)ショパックは出場機会
自体がないし代打でも使えないですしね。ラバーンウェイなら
代打いけるんじゃないかとか。頼れる右打者ってほとんどいませんしね。

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。