スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとか勝利

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2012_07_28_bosmlb_nyamlb_1&mode=box#gid=2012_07_28_bosmlb_nyamlb_1&mode=box
最終的にはグランダーソンの面白い守備で勝てました。

レスター6回4安打 2HR 6三振2四球 4失点
カッターが要所で少し良かったくらいで特に変わってもいないけども、
今度はチェンジアップのフィーリング
が悪いし速球のコントロールも悪ければ打撃カウントの速球をニックスやスチュワートに
楽々スタンドインさせられる。
ボールからボールになるような無駄な球投げてカウント不利にするのが目立つ。

Aゴン3安打1HR4打点
WMB2安打2打点
シリアコ3安打3得点

シリアコはNYY戦でやたら打つ。ただジャコビーが盗塁してるのとかお構いなしで振りまくる。
WMBは再び打率を3割に乗せる。Aゴン10HRに到達。現在のペースだと16HRペース。
Avilesの調子がなかなか上がって来ない。外のストライクボールの見極めに
ここのところずっと苦しんでいるし中途半端なスイングが多い。
リリーフはパディーヤが危ない打球を打たれながら速球力押しを敢行。グランダーソンには
2本のHR級のファールを打たれた後速球で三振に仕留めたがテシェイラには2-1から96マイル真ん中を完璧に
打たれる。あれがパディーヤのすごいところで全く怖がることなく速球を投げ込み
これまで窮地をしのいできたから責める気にはならないが、アグレッシブにゾーンを突くというのは
ああいう怖さと隣り合わせではあるのだろう。
それにしても全然打たれることに恐怖感じてないような(笑)

デッドライン関連なんですが特にたいした動きもなし。余剰外野手とリリーフを
使って先発投手が欲しいだとか、マリナーズのジェイソン・バルガスに軽く興味あるとか
つまらないな話ばかりだ。Moralesに投げさせればいいじゃん。
やっぱり中途半端にしか動かなそうな気がしてきたな。

とりあえずAAAにいるKalish、Lavarnwayあたりはそろそろ上で見たいので
なんとか場所を空けてくれないものか。少なくともKalishは現状の戦力としても
今のSweeneyよりはいいでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。