スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Iglesiasメジャー初の3安打と初HR、Lavarnway2安打、Gomez2安打

http://boston.redsox.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2012_09_20_bosmlb_tbamlb_1&mode=box&c_id=bos

うれしい勝利に水を差すクローザーの9回さえ見なければ気分としては最高だった。


打撃で結果が出ずに苦しんでいるJose Iglesiasがメジャー初HR。
入団以来マイナーのレギュラーシーズン通じても3本目(約1100打席)というから
ちょっとした驚き。
パワーが全くないない言われていた割には
速球狙ってしっかり振りきってトロピカーナのレフトスタンドまで持っていけてるわけだから
もともとのパワー自体はSSとしては捨てたものでもないということか?
MLBトップクラスのパワーピッチャーであるプライスから2安打と言うのも立派だ。
変化球に対する対応に課題があるのは明らかだがとりあえず速球だけでも打てるところを見せて
くれればうれしい。

Lavarnwayもプライスから2安打1打点。
弱点は残るが逆方向に長打が打てるいいところも同時に見せ始めている。
日本の球団から目をつけられているMauro Gomezも2安打長打1本。
プライスから放った8安打のうち5安打はこの三人が放ったものだ。

この試合Pedro Ciriacoが初のCF先発を任された。
人工芝での試合が続いているためジャコビーに休みを与えるのと、
Iglesiasの出場で出番が減っているAvilesの出場機会を作り出すと同時に
Ciriacoの外野守備の可能性を見極めるためだろうけども
明らかな経験不足を露呈してしまい途中結局ジャコビーが交代出場している。
見たところ、よほど向上しないと来期もインスタントの外野手の選択肢と考えるですら難しいかもしれない。
しかしあの場面でも出場させることが出来ないKalishはなんのためにベンチに置いているのか・・・。
監督が9月で史上最悪のロスターと言った所以はこういうところにあるんだろう。
ロスターが拡大している9月といえば通常は層が厚くなっていて当然なのにそうでないのは松坂が今でも投げていて
外野でPodsednikが多く出場していることを見れば一目瞭然だ。
40人枠にいる2人のAAの先発投手は今期は終了でMLBで投げさせるのは時期尚早と
言う判断なんでしょう。先発としての可能性を見たいMoralesもすでに肩を痛めてDLで今期投げることはない。
本来はオフに40人枠に入れようと考えている選手、すでに40人枠にいる選手ならば
上がってきても不思議はないがAAAのプレーオフが長引いたためかそれもまだない。
次のBAL戦には何人かは上がってくるんだろう。
これはバレンタイン監督がどうこうと言うよりフロント側の考えの問題だろう。
最終的に監督にロスターの上げ下げの権限はないしあるならとっくに薄い外野手と先発投手を上げてて
いいはずだ。

★BSでTEX対LAAを見た。
ダルビッシュは一時期の状態を抜け出ししっかりした投球を続けているのは何よりだ。

考えてみたら今期はNPB出身の先発投手の活躍が目立った年だった。
筆頭は37歳で200イニングERA3点台確実の黒田。ヤンキースに入ったとはいえ、
その凄さには素直に称賛する以外はない。
今シーズンMLB全体でもジーズン開始時
37歳以上の先発投手で現在規定投球回に達している投手は今年大ブレークした使い減りしない
ナックルボーラーのNYMディッキーとNYY黒田と昨年BOSのマイナーにいたSEAのMillwoodだけ
(薬物使用の判明したコロンは省く)。
それだけでなくヤンキースに移籍して尚エース格の成績を
残すのだからとんでもない投手だ。今後NPB出身の日本人が同じ年齢で黒田以上のことをやったら
驚く。日本のメディアはとんでもないことをやっている黒田のすごさにもっと迫ってほしいし、そうするべきだ。
あまりメディアに出たがらないのかもしれないがオフシーズンの特集を楽しみにしている。
私がメジャーを見るきっかけになった野茂英雄さんだって34歳のシーズンを最後に
MLBでは結果を残せなかった。
リリーフとはいえ斎藤隆も相当なもんだけど33歳から継続して活躍を続け37歳で尚これだけのことをやってのける
日本人先発投手が出たということに驚きを隠せない。

他にも今期移籍組のダル、チェン、岩隈だけは先発機会には恵まれていないが
先発した試合では比較的ソリッドだ。
肘の状態が悪くて投げていない和田以外いずれも今期のレッドソックスの最弱レベルの
先発陣の中では有用になった投手だったろう。
BOSにもまだNPBの元スター先発投手がいるんだったが予想通りだったので
例外とさせていただく。

そして愛する変態エイドリアン・ゴリさん。さすがとしか言いようがない。
昨年1アウトに泣いたレンジャーズ。今年は念願のワールドチャンピオンを取ってもらいたいね。

コメントの投稿

非公開コメント

Bailey

はきっと、来季のドラフトのことを考えてくれたに違いない。気のきく選手だ。

Lavarnwayはこのところ少し上向きですかね?この前のNYY戦で、Baileyだったかのカーブをストライク送球して刺したのは良く見えたけど、捕球だけじゃなく、ここまでは送球の方もちょっと苦しんでますね。

やっぱり打撃面を磨いた方が良さそうですね。スウィングを少し短く整えて、速球をきちんと打てるようにしてもらいたい。

Kalishはケガもあったし、残り試合の出場を制限したいそうだけど、わざわざ休み予定だった、こちらもケガ明けの選手を使うくらいなら、いる意味がないというのはそうですね。

Wilsonと、Fieldsは見たいけどどうかなー?

ダルはちょっとフォーム変わりましたね。構えがMLBっぽくなったような。

ララさん

せっかくバックが好投し頑張ってほしい若手野手がプライス崩しに頑張ったので負けるにしても別の試合にして欲しかったなと・・・・・。

LavarnwayはMLBではまだ速球に力負けしてますね。
一か八かのバッターではないしどの球種にも比較的ついては行くけどしっかりしたスイングでコンタクト出来てる打席は
少ない印象ですね。
正直打撃だけなら昨年の好調からそのままMLBに移行した方が
良かったんじゃないかなとも思いましたがこればっかりは仕方ないですね。守備はどのカテゴリにおいても
MLB平均がまだ遠いと思います。

結局今の外野の状況でもLinは上がって来ないですよねー。
これじゃ40人枠外れるのも時間の問題かな。
WilsonとFieldsもあげないで枠内の
BeatoとStewartのみが上がったけども
シーズン捨てたチームの9月にしてはずいぶん新鮮味のないロスターですよね。

ダルの試合はあんまり見ていないけど最初の取ってつけた
ワインドアップから始まりずっと少しずつ変わってるんじゃないかな。毎回見るたびに前とちょっと違うなって感じが。
個人的には黒田もそうだけどBALのチェンがシーズン通して
これだけやったことにかなり驚きました。
途中怪我で外れたけどトレードで取ってきたハメルも頑張ったしデュケット新GMのスティールとなりましたね。

No title

ベイリー……
来季のクローザーは今のとこ白紙ですかね
バックも6月から持ち直したけど最後の登板はダメでしたね
来季中途半端な1B獲得するならサルティ1Bでいいかなとも思い始めました。
SSどうするのか気になりますね。打撃はさっぱりだけど個人的にはイグレシアス使って欲しいな。難しいかもしれないけど…
なんか明日松坂さん好投する予感(笑)
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。