スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読売G滝鼻オーナー、レッドソックスの田沢獲得報道に不快感を示す

http://www.daily.co.jp/baseball/2008/09/05/0001412192.shtml
   巨人・滝鼻卓雄オーナー(69)が4日、広島戦が行われた愛媛・松山の坊っちゃんスタジアムを視察に訪れ、大リーグ球団が今秋ドラフト1巡目候補、新日本石油ENEOS・田沢純一投手(22)の獲得に乗り出しているとの情報に不快感を示した。

 発端はレッドソックスが田沢の獲得に乗り出しているとの情報。日米球界には“ドラフトにかかりそうな選手は獲得に乗り出さない”という紳士協定があるが「(大リーグは)紳士協定は破るためにあると言ってくる」とし、さらに「そうなれば日米の国交は断絶だ。日本のメジャーリーガーは全員引き揚げさせる。WBCも協力しているのに」などと、怒りをぶちまけた。

 しかしアマ選手が大リーグ入りを希望した場合は、ルール上も、道義的にも、阻止することはできない。長谷川コミッショナー事務局長は「NPBに属していない選手はコントロールできない」と話した


まったくなんという傲慢なオーナーなんだろう。
日本人メジャーリーガーを引き上げさせる力なんぞこの人にあるわけもないし
国交断絶になったら戦力を外国人に頼ることが多い日本球界から外国人が
消えることのほうがとてつもなく大きなことだと思うんだけども。
そもそもこの「紳士協定」自体が日本国憲法の職業選択の自由に反するんじゃないのか・・?

たかがオーナーが牛耳る日本球界に未来はあるのか

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。