スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来期どうなる?先発投手編

 

試合数

ERA

FIP

2009残留予想

ベケット

27

174.1

4.03

3.32

レスター

33

210.1

3.21

3.72

松坂

29

167.2

2.90

4.11

ウェイク

30

181.1

4.13

4.94

バード

30

180.1

4.60

5.03

×

マスターソン

9

54

3.67

4.69

バックホルツ

15

75

6.72

4.87

ボウデン

-

-

-

 

コロン

7

39

3.92

4.44

×





先発投手は誰が見ても上3人は確定でしょう。
残り二つのスポットをどうするかで盛り上がるオフになるのではないでしょうか。

選択肢としてはバードとコロンはほぼ退団確定で
2枠をバックホルツ、マスターソン、ウェイクフィールド、獲得した投手のいずれか
になるのでは?ボウデンは今期はAAAスタートで場合によっては上で投げる
といったスタンスになるかと思います。
マスターソンも今期は先発で結果を残しましたけども現状ではリリーフのほうが
濃厚だと自分は見ています。基本的にハードシンカーとスライダーの2球種で
まれに抜いたようなシンカーを投げるけど軌道はほとんど差がなく制球もいまいち。
緩急もそんなに大きくなく横の変化のみで勝負するタイプ。速球は最速で96マイルほど出るけど
先発だと若干スピードが落ちるので3つ目の球種に磨きをかけないと厳しいかなあと。
BABIPなど見ても今期はややできすぎな感じもしますしリリーフだと苦手の左
もスイッチしたりある程度回避できますしね。
ということでバックホルツ、ウェイクフィールド、獲得選手の3選手で2枠を争う形
になると思います。

現状で言えばバックホルツが今年あのような形で完全に崩れてしまった
ため未だに期待度はもっとも高いものの完全に信用できる状態ではない。
ウェイクフィールドと松坂は今期はできすぎ。
ウェイクは最近はシーズン終盤怪我がちょっとあるけど割安でイニングイーターとして
ある程度計算はできるのでオプションはほぼ間違いないと思っています。
そして最近の大物投手獲得の噂やGMの「少し手を加えればもっとよくなる」
などの話を総合するにやはりそこそこ信頼できる投手の獲得は狙っていていると思います。
ベケットの今期露呈した腰、肘、脇腹の健康不安も多少関係あるとおもうし
なによりレイズが来期以降も戦力が落ちるとは考えにくいし
ヤンキースとの三つ巴になればプレーオフすら危なくなる可能性もある。
期待は大きいもののバックホルツはいきなりローテに入れることはしないのではないか。
と自分は考えています。よってバックホルツは現在のところ6番手候補ではないかと。

現在で言えば獲得の候補となる投手は、ピービ、シーツ、
バーネット、サバシア、ロウあたりまでではないでしょうか。
ピービは最高投手の一人ではありますが実際の力はどの程度なのか。
投手有利な球場も多くぺトコパークはMLB一番の投手有利球場。また
ゴロを打たせる投手でもなくもろにフェンウェイの影響を受けそうな投手。
アウェイではERA1点以上悪い。
故障の不安も多少あり今後5年75Mと決して安くもない割には
バックホルツやアンダーソン級の交換相手が要求される。
自分としてはパスして欲しいです。

FAで言えばどの投手も一長一短ある。
今期の注目はサバシアでしょう。間違いなくどこもが欲しがるエース級の投手ではありますが
値段が高すぎる。価格としては7~8年で180~200Mあたりになるのではないか
と推測されています。個人的にはリスクのほうが大きすぎて無理。
まず野手ならまだしもどんな投手でも超長期の大型契約は
結ぶべきでないと思ってます。
失敗したときの建て直しが大変すぎるから。
成功した投手では今のところムシーナとマダックスくらいでは?
故障のリスクはそんなに大きくない投手ですけど年々太ってきているのも懸念材料。
よって回避。

シーツは故障の不安が大きすぎる。過去3年規定投球回に達したのは
今年だけ。今年もシーズン最後に離脱しプレーオフに出場できなかった。
ポテンシャルは魅力であるけど今とりに行くのは非常に怖い。

バーネット。個人的には一押し。
シーツ同様故障の多い投手ではあるが今期は中4日21回、3日3回
と酷使しまくられながら過去最高の221回を投げぬいた。
特筆すべきは過去ヤンキース、レッドソックス戦に異常に強いこと(ボストン戦は負けなし)。
制球に不安はあるがポテンシャルはベケット以上で速球、スラーブともに超一級品。
レッドソックスのように投手を大事にし酷使を極力控える球団であれば
故障の不安も多少和らぐ。4年程度で抑えられれば。

ロウ。レッドソックスを離れドジャースに行って四年。イニングイーターですばらし
く安定した成績を残した。エグいシンカーで徹底的にゴロの山を築く投球スタイル。
故障の不安はほとんどなく最も計算できる投手と言えるかもしれない。
ただ年齢は来期36になる。需要はかなり高そうで値段も意外と
高くなると予想されていて15~16×3.4年あたりになりそう。
レッドソックスに入れば3番手を争うクラスか。

個人的にはバーネットが一押しです。単純に一番見たい投手なのでw
プレーオフで投げさせてみたい。

と言うことで自分の妄想的推測では

・ベケット
・レスター
・サイコロ
・外部獲得
・ウェイク

6番手としてバックホルツ
7番手としてトレードがなければボウデン、外部獲得の元メジャーマイナー契約の投手
(今年のコロンみたいな)

こんな感じだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
よそからピッチャー獲得するならB,シーツが良いですね、
シドニーに見に行ったのですが、
日本戦でいいピッチングしてましたよ(かなり前ですが)
松坂との投手戦見ごたえが有りました、あのころは松坂の方が
球早くて凄みが有りました、、、、今はw?

@hiropapaさん、こんばんわ。
へえ~オリンピック見にいったんですか。うらやましい。
シーツもすごい球投げますよね。重そうな。
カーブもすごいし。
本当に故障さえなければ候補に入れたいのですが
今のところサバシアとかピービ、バーネットあたりの名前が
多いですね。まあどのように転ぶか・・・・このあたりの楽しみ
はMLBは多くて一年中飽きさせませんね。

変な質問ですが…

外部獲得枠に、上原や川上の名前が来る可能性はあるんですか?
上原は岡島と不仲で松坂と比較されたくないから、BOSは敬遠してるとかですが(汗。
全盛期の上原ならロウ位の成績は行けたと思います!

>サクマドロップさん
上原や川上はレッドソックスの補強の話を見る限り出てきていませんね。
先発としてはレッドソックスが求める戦力としてはやや力不足なんでしょうか。
左の岩瀬なんかはレッドソックスにもはまるような気もしますが
年俸が高いのがネックかも。日本人では肘の手術をした大塚
が個人的には気になりますねえ。回復してれば最高の戦力になると思いますけども
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。