スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打撃不振が日本でニュースになる男。その名はジャコビー・エルズベリー

1215187536_1146.jpg
http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=15123
 【シアトル21日=Ian Browne / MLB.com】ボストン・レッドソックスのジャコビー・エルスバリー外野手は昨シーズン途中にメジャーデビューすると、ペナントレースも佳境に入った9月に打率3割6分1厘を記録。チームがワールドシリーズに進んでもプレッシャーを感じるどころか、4割3分8厘の大活躍で世界一に貢献した。

 そんなエルスバリーが6月後半からの28試合で打率2割1分2厘と、メジャーでは初のスランプを経験している。それでも、「(野球は)簡単なスポーツではない」と本人に焦りは見られない。「大きな成功をつかむには、苦境を乗り越えることも必要だと思っている。己の力に自信を失わなければ、時間が解決してくれる」

 エルスバリーには、シアトル・マリナーズのイチロー外野手と盗塁王を争うほどのスピードがある。テリー・フランコナ監督はその武器がスランプ脱出に役立つと考えている。「バントを試みたり、グラウンド全体を使うようにすれば、たとえ打ち損じてもヒットになることがある」



無理やりにでも日本人選手と結びつけるのが仕事であるメジャーJPの記事であるが
こんなふうに不振というだけで日本で記事が出るなんて当の本人は
思ってもみないだろう。

不振でも一番で使い続けているフランコーナであるがエルズベリーにも
去年のペドロイアのように何とか脱出して監督の期待にこたえて欲しいものだ。
新人王はロンゴリアがいるので厳しいだろうが盗塁王は取ってほしい

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。