スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC日本代表注目打者編

ついついメジャーリーグで通用するかどうかと言う個人的視点で見てしまいますが
ご容赦ください。

img84611796zik3zj_convert_20090219213645.jpg

中島裕之(埼玉西武ライオンズ)SS 26歳(右打者)
愛称:ナカジ
2000年ドラフト5位。伊丹北高校卒
良い右打者の少ない日本代表にあって数少ない右の強打者。
現在アストロズに在籍中の松井カズオの後継者SSとして期待された。
プルヒッターではなく広角に長打を打てる。レギュラーで使われ始めた頃
から守備の悪さを散々指摘されていたが最近は改善傾向にあるとの事。
見た感じは昔近鉄にいた石井浩郎の構えに似ている。
俊足強打の持ち主で昨年大ブレーク。.331/.410/.527 21本塁打、25盗塁。
出塁率はリーグNO1だった。
もしメジャー挑戦するならメジャーリーグでSSを守るだけの守備力はないと思うので
おそらく多くの日本人選手がそうなるように生き残るには2Bが一番可能性が高いか・・。
しかしこのクラスに成長した選手がドラフト5位だったとは意外。


20080823_05.jpg

青木 宣親(あおきのりちか)東京ヤクルトスワローズ CF 27才(左打者)
2003年ドラフト4位。早稲田大学卒
現時点のNPBの選手でメジャーのチームでレギュラーが取れると思える唯一の野手。
俊足巧打で粘り強く、打撃はイチローとも比較されることも。実質プロ4年で通算
打率は.337厘で出塁率も4割を超える。首位打者も4年中2回獲得、盗塁王も1回。
最近はパワーもついてきたがメジャー
に行ったらさすがにパワーは厳しいと思う。
サイズは小さく身長は175cmと出ているがもう少し小さく見える。そこからさらに構えも低く構えるため
高めに厳しいメジャーでは投手がストライクを取ることに苦労するかもしれない。
守備範囲は広いが肩は強くない。
本人もメジャー移籍を希望しているので近いうちに適うだろう。
イチローが3番に入るならおそらくリードオフは彼になるだろう。



img793e7375zik6zj.jpg

村田修一(横浜ベイスターズ)3B 28歳(右打者)

2003自由獲得枠 日大卒
東福岡高校時代は打者投手どちらとしても有名で甲子園にも出場。
大学進学後は打者に転向。
身長177cmと小柄ながらずんぐりしていて現在日本最強のスラッガーの一人。

以前は長打はあるが三振が多く率を残せない粗い打者だったがここ2年で大きく成長。
確実性もついてきた。
本拠地は打者有利の球場ながらも現在セリーグで2年連続本塁打王。
2008は自身初のシーズン3割、OPS10割を超えた(46HR)。
課題は守備か。





日本は打者はかなり左に偏っているので村田、中島ような長打のある右打者はポイントになるかなと。
相手も日本戦は意識して左をぶつけてくると思います。
青木は先頭打者でかき回して欲しいです

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。