スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンキース、トレードでマルテ、ネイディ(PIT)を獲得

4-corp-brian-cashman.jpg


↑憎きキャッシュマン




ヤンキース獲得
①ハビエア・ネイディ (2008成績) .330/.383/.535  OPS.918
②ダマソ・マルテ  (2008成績) 46.7回 ERA3.47  WHIP1.157


パイレーツ獲得
①ホセ・タバタ19歳OF .248/.320/.310 OPS.630  (2008AA成績)
           ※2008BAプロスペクトランク37位、チーム内3位

②ロス・オーレンドーフ25歳RP 25G 40回 ERA6.53 WHIP1.725(2008MLB成績)
           ※2008BAチーム内プロスペクトランク9位

③ジョージ・コントス23歳SP 20G 107回  ERA3.77 WHIP1.30(2008AA成績)

④フィル・コーク25歳SP 20G 114回  ERA2.60 WHIP1.23(2008AA成績)


とまあこんな感じ。見る限りヤンキースのもうけ、パイレーツの損でしょう。
タバタは確かにヤンキースの有望株だったが手首を壊し今期は成績が全く伸びておらず。
今後の期待度にもやや?がついてきた選手。オーレンドーフは今期MLBでかなり酷使
されて成績が伸びていないがそれを抜いても将来クローザーをはれるほどの期待度
を持った選手でもない。それに中堅クラスの先発プロスペクト2枚。
マルテは今期終了後タイプAが濃厚の左のスペシャリストだし、
ネイディはおそらく来期のアブレイユの後釜で今期はレフトというところだろう。
年俸もまだ安いし今期はOPS9割超えと絶好調。
昨季、今期程度のアブレイユの穴を埋める程度の活躍なら十分見込めるし
今期の松井の穴も埋まる。
ヤンキースにとっては若手のリリーフは充実していてオーレンドーフは別にいなくても
全く困る存在でもないしタバタも以前ほどの期待度はなかったはず。


ヒューズ、ケネディ、ホーン、モンテーロ、ジャクソン、現在MLBで活躍している若手RP
を全く使わずにネイディ、マルテを取った
キャッシュマンお見事。マルテも狙っていたエプスタインは完全に負けだな。
今期PO狙う戦力としてネイディ、マルテの加入はものすごく大きい。
欲しかった左のワンポイント、打てるレフト。穴は埋まりつつある。
レッドソックスピンチ

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。