スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前半戦総括1 チーム編、先発編

チーム総評

54-34(ホーム31-14 ロード23-20)。勝率.614。
リーグ1の成績で折り返し。7月は対戦相手とホームが多かったことを考えればもう少し
離したかったが最終的にはNYYに3ゲーム差離して首位。レイズとも6.5差。
安全圏とまでは行かないがプレーオフへの確率はかなり高い位置には
つけることができた。
月別で見てみると

April  14-8
May  15 -14
June  18 -8
July   7- 4

5月は強めの相手が多くかなり苦しんだけどもそれ以外は好成績。

もともと今期はシーズン前の戦力比較でも不安が大きかったのは野手
の方で現在の数字を見てみても大体全体ではその予想に近い数字となっている。
部分的に見てみると投手陣はERA4.07(先発4.38(5位)、リリーフ3.42(1位))
でマリナーズに続いてリーグ2位。
打線はチームOPSは.799で3位。チーム打率が.265とやや率は上がらなかった

がOBPの高さは相変わらず高水準以上にはある。

総得点を総アウトの数で割った数字はリーグ4位。
パークファクターと味方守備考えれば投手陣はよくがんばり
打線は全体としていまひとつ物足りないといった感じ。

投手陣は序盤4.5月は先発のつまづきをリリーフのがんばりで支え
6.7月は逆になっている。
打線は全体的に悪くはないが4月から時が進むほど順調に数字を落としているところが
気になる。球場特性を考えれば攻撃力はリーグで中の上といったところだろう。


もっとも厳しい数値が出ているのが実は守備で、ファングラフのUZRやフィールディング・バイブル
の著者などがネットに出した各チームの守備能力の中でもレッドソックスは底辺クラス。
昨年と比べて著しく落としているのは打撃でも投手力でもなく
一番はこれまでのところ守備力らしい。
特に著しく落としているのは3B、SS。このあたりは見ていても大いに思い当たる節
はある。なんとなく毎試合見ていてもローウェルの怪我後もっとも響いたのは
攻撃より守備のほうだった。という印象も大きかった。ルーゴの守備も
膝の怪我の影響が小さいとはいえないだろう。グリーンは最近になってよくなってきたが・・・。

参考
http://www.actasports.com/sow.php?id=216

本当にこのお方の言うとおり平均的な守備力のチームより30点以上守備で
失点しているとしたらこれは見逃せない差だ。ファングラフのUZRや
BPのDefensive Efficiency(1-BABIP)などを見ても昨年より大幅に数字を落としていることがわかる。
大体守備系のどのスタッツ見てもレッドソックスは底辺クラスでちょっと愕然とした。
ヤンキースより守備は良いと思っていたが実際スタッツ関連で見てみても
レッドソックスがヤンキースより良いという数字は見つけられなかった。
レイズとの差はもちろんいうに及ばず。
統計的には昨年より大幅に守備力は落ちているらしい。
それぞれ先発、リリーフ、野手個人的シーズン前の期待値から現在を評価をしてみる

評価は☆☆☆→☆☆→☆→★→★★→★★★の順

+-あり。IP/Gは先発時の1試合平均投球回

赤は期待以上の数値。青は期待はずれの数値






先発投手編

 

☆☆+試合ERA

QS%

IP/Gwhip
ジョシュ・ベケット181133.3572%6.741.15

 

4月は7点台のベケットだったが5月以降は1点台を維持している。
終わってみれば前半戦はエースの働きをしっかり果たした。

2度のシャットアウトもありどの数字も完全にエース級。

相変わらず三振も狙って取れるけど効果的に速球を動かすのもサマになりつつある。

左打者への内側のカットボールやツーシーム、外のチェンジアップも効果的に決まるようになっている。

若干フライが減りゴロが増える大人の投球に変化。

ただランナーズオンの成績はいないときに比べまだ極端に差がありこの辺が改善されてくると文句なし。

名実ともエース。今のところフェンウェイでは負なし。

 

☆+試合ERA

QS%

IP/Gwhip
ジョン・レスター18863.8761%6.331.29

期待からすれば少し物足りない出来ではあったけど十分合格点。

印象的にもBABIPを見てももっとも守備に足を引っ張られた先発という感じもする。

守備に関しては大事なところで本人のフィールディングや判断の悪さも大いにあった。

昨シーズン途中から奪三振率が大きく上昇、現在球速もまだ伸びており平均球速は左では

規定投球回の投手のなかでNYYサバシア、LADカーショウについで3番目である。

4月.5月のようにファーストストライクのコマンドが悪いと

バッティングカウントで速球を狙われ打ち込まれることもあるけど持ってる球種も

豊富で変化自体はどれもとても良い。後半戦もっとも期待している投手。

立ち上がりの不安定さと、もう少し無駄球を減らしてイニングを稼げるともっといい。

 

★★★-試合ERA

QS%

IP/Gwhip
松坂大輔8158.230%4.382.20

個人成績は1勝5敗で松坂が投げた試合は2勝6敗である。

おそらくこの投手層なら松坂以外の誰かが松坂の代わりに投げてたら2つ以上の負けが消え

2つ以上の勝ちは増えてたと思う。投球回を見てもわかるように

ブルペン負担もこの方一人でとんでもないことになってた。

ランサポートも豊富だったがどうにもならなかった。

ひどいの一言。今期はいなくても全然問題ないけど来期以降のローテを難しくさせるだろう。

ベケット、レスターは決まりにしても3番手が見当たらない。後続が松坂、ウェイク、バックホルツまたは

マスターソンでは野手、リリーフがかなり強力でない限り不安がある。復帰後よほど連続して好投でも

しない限りフロントが松坂を3番手としても信用するとはとても思えない。

これだけ悪いのをフランコーナやファレルの言うようにWBCのせいだけとするのも無理がありすぎるだろう。

途中しっかり調整期間も与えたわけだし。

早く復帰して通用することをアピールする必要があるだろうけどペナントを松坂の調整に使えるほど

楽な展開に持っていけるだろうか。個人的にはいまさら新しいフォームを作り直してる段階では全く期待してない。

 

☆☆試合ERA

QS%

IP/Gwhip
ティム・ウェイクフィールド171134.3165%6.351.38

 期待通りの投球をしてくれている。去年から引き続き相変わらず高いQS率を維持し

大量失点と隣り合わせの場面が多いが打たれそうで打たれない。そして

チームが勝っている。

またブルペンが苦しいときにタイムリーに完投してくれたり数字以上の貢献が大きかったように

思う。42歳にしてオールスター初出場での本人の喜びっぷりはこちらまでうれしくなってきてしまうw

また最近はフロントも近年の後半戦の肩の疲労からの離脱を考えてか球数は少なめで

降板させているようだ。

 

☆+試合ERA

QS%

IP/Gwhip
ブラッド・ペニー17634.7153%5.51.48

シーズン前の肩の状態から予想すれば開幕からいけるとは思っていなかったし

ここまでローテを守りきっているというだけでかなり期待以上ではある。

4月は球威も完全には戻っておらず波が激しかったが5月以降は安定。

球速自体は全盛期と変わらないほどまで戻っているがカーブは良くなく打者によく打たれる。

チェンジアップはかなりいいのだがなぜかあまり使わない。

フライの比率がキャリアよりかなり多いのが気になるところだが

レスター同様味方守備に足をひっぱらっれた不運も多かったように思う。

また体調が良いためか速球にこだわりすぎるあまり打者にファールで

粘られることも多く球数がやや嵩みすぎるきらいがある。

体調自体は全盛期に戻っているので以前の成績を考えれば今後はもう少し長い回投げてもらいたいが

変化球が鍵になりそう。ベケットとは逆で得点圏での強さはすごいが

逆にランナーいないときは速球を真ん中に投げてあっさり打たれることもw

ここまでは総合的にはシーズン前の期待値からすれば十分合格。

 

試合ERA

QS%

IP/Gwhip
ジョン・スモルツ4125.40051.40

まだ4試合なのでなんとも言えない。1試合は雨で4回で中断して降板した試合があったため

イニング数は若干少ない。速球の力やスライダーの曲がりはまだ手術前に戻っているとは言えないけど

制球力はさすがに安定したものがある。ペニーのように投げていくうちに良くなってくれれば

もともとのポテンシャルや実績が桁違いなだけに十分プレーオフでも先発が任せられる

とは思うのだけど・・・。ベケット、レスターの他にPOの先発を安心して任せられそうな投手がいないだけに、

できればPO3番手で投げられるようにはなってもらいたい・・。

 

マスターソンはリリーフのほうで一緒に評価させていただきます

コメントの投稿

非公開コメント

辛口だw

お疲れ様です~。ASはウェイク登板しなくて残念でした><マドン監督は本気で勝ちにきてました><
さすが辛口ですねw私の評価と☆半分違いますw我がベケットは私の評価は星3つですw
ウェイクとペニーが想像以上に頑張った感じですね。(その分松坂が裏切ってますが・・・・)いつのまにか防御率もリーグ2位なんですね、そこまでよく感じないのですが・・・・。4月は先発陣ボロボロでしたよねwあの中13連勝があったのが信じられないですw後半戦はベケットとレスターはこのままキープしてもらって、ウェイクは落ちてくると思うので後1人イニング稼げる投手がほしいです。(欲が増してきたw)スモルツかバックホルツか松坂に頑張ってもらいたいです。ハラデーなんかとっちゃうと完璧なんですがw
守備がそんなに悪かったんですか~。確かに4月5月はSSと3Bのエラーが多かったですよね><その分が影響したのでしょうか?!私は守備範囲より単純なミスをなくしてほしいです。(まあ広い方がいいのですがw)外野陣なんかは肩が弱い分どうしても数字は悪くなっっちゃいますよね。
キャッチャーの阻止率はピッチャーが影響してるのではないでしょうか?!特にペニーやウェイクの時は刺すのはきつですよね><
なんにせよ、後半は先発も守備も厳しい試合になるのでビシッとしてもらいましょう。。

>natureさん

いつ出るかと期待していたのに残念でしたウェイク。
ハラデーの後でいいじゃんって思ってたんですが。
☆3つはよほどのことじゃない限りつけませんw
ベケットはもともと期待が高いですからね。
個人的な期待と照らし合わせてなんで4月がよければ
ってところでした。

3人目はどうなることか・・・・バックホルツがなってくれれば
一番いいのですけど。やっぱりスモルツですかねえ。
松坂はいつ復帰するのかなあ。非常に怖いんですけどね
見るのが。
ハラデーですかあ。バックホルツとアンダーソンとボウデン
くらいは取られてしまうんじゃないですかねえ。

阻止率はもちろん投手も影響してますね。
コッタラスは肩もそれなりに強いはずなんでもう少し
やってほしいなあとは思ってるんですけど。
ウェイクは球遅いけどクイックは結構早いですからね

No title

すいません。ゴーべけさんでしたね。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。