スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009野手ポジション別

ということで・・・・まず今シーズンを省みて来シーズンどんな選手が必要になるかということで・・。
まあGMも守備力の乱れやロードでのオフェンスの悪さをあげていたと思います。
オルティスのオフェンスの不振、松坂の不甲斐なさに関してもしっかりコメントしておりましたっけ。
「キャンプは夏にやるものではない」とか。

2009redsox+uzr_convert_20091018132609.png

まずは守備から。UZRが一番適当な指標かと思いファングラフで調べてみました。
お金もかからないし。
こうして見るとどこが弱点かわかりやすいかと思ってちょっと作ってみました。
猿真似です。セイバー系のサイトにはよく載ってるんでこういったの。
転載はまずいんでパソコンの勉強も含めてエクセルまったく使えない自分がなんとか
作ってみました。保存しておけば今後も使えそうだなこりゃ。
UZRとは同一リーグ内において同一ポジションにおける平均よりどれだけ「失点」を防いだか
を示すと言うことです。内野手はゴロを処理する能力、外野手はフライ、ライナーを処理する能力
をフィールドを細かくいくつかのゾーンに分けて飛んだボールの強さやパークファクターなんかも考慮に入れて算出しているようです。すごい手間だわ。
ファングラフではチーム、ポジションごとにもソートもできるので
調べて見ました。
良い順から青→緑→黄色→オレンジ→赤。

ごらんのとおり最もびっくりするのがセンター・・・・・。これ実は30球団で最下位でした。
ここはほとんど年間通してエルズベリーが守っていて見た限りまったく守備や守備範囲に難が
ある選手とは思えないのでありますが・・・・・。平均より20点近くもセンター守備で失っていると。
超がつくほどの俊足エルズベリーだけど
こういう手法ではなぜか低評価。ま、エルズベリー以外のセンター守った野手も軒並み悪かった。
ちなみに昨年はエルズベリー自体は少ない守備機会ではありますが平均ちょっと上でありました。
クリスプも2007はとてもよかったのですが2008に急落していたり。まあ怪我なんかも関係あるのでしょうけど。ちょっと意外。しかし・・・マリナーズのグティエレスは試合見ててすごい守備範囲の広さ
でカモシカみたいだなあと思ってたけど実際数値はすごい。
他はほぼ自分の印象とも一致します。股関節の手術から特に前半戦かなり動きが散漫に
なった感のあったローウェル(休養をなかなか与えられないチーム事情もあった)
肩の弱さは承知でしたが思ったほど守備範囲が広い感じもしなかったもベイ。
SSは名手ルーゴさん(笑)は名声に恥じることなくすばらしい成績(UZR150:-36.2)でしたけど
グリーンとゴンザレスでなんとか穴埋めでチームとしては+数値。
ライト方向はスペシャルではないけど比較的いい数字です。
ユーキリスの3B守備は去年とあわせてみても大体平均レベルか。3Bに入って1Bに強打者
が入ったならすばらしい戦力アップ・・・・・と目論んだのが去年のテシェーラ獲得でありました。
投手の捕手の守備はないのですが今年はそれもかなり悪かったと思っています。
特に投手はのエラーで結構試合落としてた記憶があります。
捕手の守備はおそらくあれだけ盗塁許してれば最弱クラスだったんではないかと・・・・。
インサイドワークはおいておいても盗塁阻止やパスボールやワイルドピッチも投手の実力にも
大きくかかわるところで平均よりどれくらい失点したかという指標はいまだ見たことないけど。



2009繝昴ず繧キ繝ァ繝ウ蛻・OPS2_convert_20091018133334

今度は攻撃力ということでポジション別OPS。
本当はパークファクター補正してるベースボールプロスぺクタスのEqRの
ようなものが欲しかったのですが個人でなく「チームのポジションごと」となると
出ていなかったので仕方なくOPSで。まあポピュラーだし。
こちらはMLB全体のチーム順位で色分け。1位~6位が青、7位から12位がグリーンと言った感じで。
1Bはユーキリス、マルチネスの出場が多かったのですが控えのコッチマン、コッツェイ、ベイリー
あたりが打撃で振るわなかったのと他のチームにも1Bだとかなり打撃のいい選手
も多いのでグリーンマーク。
アウェイで打てないペドロイアですがホームの恩恵でなんとかブルーマーク。
捕手は全体的に平均して攻撃力がないポジションであるけどマルチネスの
途中加入があったおかげで大きく上がりました。もちろん今年はミネソタ一人勝ちといった感じですが。
こうして見るとドリューってすごいじゃん。けどなぜかレギュラーシーズンは数字ほどの存在感を感じない
んでありますw打点少ないし。あんまり勝負強くなかったし。まあ力は当然あるってことで。
DHは1BとCの間にある四角の中に表記しました。
DHだけはアリーグ限定で順位つけてます。レッドソックスはアリーグでは真ん中程度。
オルティスがかなりの不振だったんでこのような結果に。25人しか登録できない
MLBでは守備がまったくできず1つの枠を打撃だけで埋める選手としては物足りないです。
SSはこちらも攻撃力としては最下部のポジションですけど
今年も埋められずという結果になってしまいました。ゴンザレスも攻撃とすると
ちょっと物足りず。ラウリーは手首の不安が付きまとう。いまだに優勝目指す
チームとしてはウィークポイントのひとつとなっています。
エルズベリーメインのセンターはOPSではさほどではないのだけど70にも及ぶ盗塁数と
成功率もまあまあなのでRCなどでみてみるとかなり上位に位置するので攻撃力としては
もっと上に位置するはずです(RC27では500打席以上のMLBの選手の中でCFで5位)。
OPSでは評価が出にくいタイプの選手。
3Bはユークの起用により若干あがっています。
ちなみにヤンキースのも作ってみました。見たければどうぞ。
2009ヤンキースポジションOPS


で、どうすれば強くなるかって?そりゃベイをキープするかホリデーを獲得するか
でLFの力を落とさず固めつつバックホルツやバードやウェストモアランドやアンダーソンなんか
のトップポテンシャルクラスを確保しつつマウアーか、フィルダー1Bか、ハンリー・ラミレスのうち誰か一人
でも入って即長期契約。オルティスやローウェルの高給取りをあまり損せずに円満にトレード
できれば長期にわたって一挙解決。なーんだ簡単じゃん(棒読み)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さてどうすんかのなあ。今オフは。我々は見守ることしかできませんが
こういったことで妄想をかきたてるのもオフシ-ズンの楽しみのひとつですね。
ファンってつくづく残酷やなぁ・・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。