スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 先発投手 VORP

続いて先発投手編
ベースボール・プロスペクタスのVORP(控え投手を上回るプレーヤーの価値)
で判断。平均的な控えクラスの投手よりどれだけ失点を抑えたかをあらわす指標。
パークファクター補正済。
「控え投手」の定義がとてもあいまいですし算出方法も
よくわからないのですが基準となる+-0付近の投手の成績
をみてみると今期のブラッド・ペニー(BOSでのRAの5.95)がちょうどそのあたり。

控え投手扱いかペニー・・・・。まあイニング数はチーム3番目と他の投手よりがんばっていたので

かわいそうというか納得いかないというか。指標の穴というか・・。
先発、リリーフそれぞれ若干係数が違うようです。リリーフのほうが当然平均的なRAとしては
数値は小さいでしょうからね。ERAは自責点ですが使っているのは失点(RA)のほうです。
基本的に失点数とイニング数を対象としてるものなので野手の守備力や投手の運など
は除外していません。
FIPやDIPSなんかとは違って「実際どれくらい働いたか」という結果ですね。よくこのVORPから
そのシーズンの働きを金額化する試みも見られます。
当然ながら少ない失点率でたくさんイニング投げられる投手ほど数字は上がっていきます。

http://www.baseballprospectus.com/statistics/sortable/index.php?cid=549089

で今期のレッドソックスの先発陣のVORPをチェック

名前

VORP

AL順位

レスター

55.5

5

ベケット

43.4

14

ウェイクフィールド

20.1

53

バックホルツ

17.7

62

 マスターソン

10.1

101

松坂

2.1

139

ポール・バード

1.1

207

ペニー

0.2

238

スモルツ

-9.6

325



できれば先発とリリーフと別々にソートできればいいのだけどできないみたいなんで

順位はリリーフ投手も含めてのもの。見る限り200イニングに到達するような投手は

ほとんどVORPは30は超えており上位10名はナリーグにトレードされたクリフ・リー以外全員

200IP超え。まれに例外はあるけど規定投球回に到達し

VORP30を超えるような先発投手は今シーズンある程度勝ちの計算のきいた先発投手と言えそうです。

特に打線がそれなりにいいチームの場合は。

レッドソックスの場合はやはりほしいのはもう一枚VORP30超えるような先発投手。

3番手ですね。1,2パンチは実績、実力から言っても強力なのですけど3番目に不安を残すと。

バックホルツがなんとか今期の成績そのまま年間通してがんばってくれればというところです。

松坂は過去2年(2007.2008)そのVORP30は普通に超えていたのですが来年はそれを再び取り戻せるのか・・・・?今期の目に余るひどさから考えてもそのくらいはやってもらわないと。

ウェイクの怪我の経過によりますが来年は現時点で先発デプスも今年ほどあてにはできませんし

有能な先発を一人獲得して、ウェイクにモップアップにまわってもらうという手もあると思います。

ビクター・マルチネスがナックルを必死になって取れるようになり

起用法の幅も今年より広がるはずだしウェイクが控えてくれるなら心強い。

今季は失敗でしたが現在は昨年のペニー/スモルツ契約として

シーツ、ベダード、ハーデンあたりのガラスの1流投手の名前が再びあちこちで

獲得のうわさが聞かれ始めています。

ハラデー?フェリックス・ヘルナンデス?どこだってほしいけどないでしょうたぶん。

野手に比べれば先発投手は中心軸2人はしっかりしてるしそれなりに

若い分そんなに大きな問題でもないです。現時点ではAAAの先発デプスの弱さが若干気になる程度。

もちろんまだトレードも可能性自体はあると思いますけど。

 

ついでに2009各球団先発投手VORP3本柱

各球団の先発投手の上位三人のVORPとその合計を足してランキングにしてみました。

()内が順位。VがVORP。50以上のエースクラスは赤。70超えるようなスーパーエース級

は赤太字。40超えるすばらしい2番手クラスの働きが青。30超える良いチーム内に

こんな3番手がいたら強いよねえというのが緑。まあ勝手な独断と偏見で。

名前の黒字は今オフFA行使できる選手。

打ち消し線は途中移籍。

 

1

V

2

V

3

V

3本柱VORP合計

NYY

サバシア

55.3

バーネット

37.1

ぺティート

26.8

119.2 (4)

LAA

ウィーバー

49.2

ラッキー

33.5

ソーンダース

21.9

104.6 (9)

BOS

レスター

55.5

ベケット

43.4

ウェイクフィールド

20.1

119.0 (5)

TEX

ミルウッド

44.6

フェルドマン

39.1

ハンター

19.3

103.0 (8)

MIN

ベイカー

33.4

ブラックバーン

32.6

パバーノ

9.8

75.8  (11)

DET

バーランダー

60.6

ジャクソン

49.2

ポルセロ

32.2

142.0 (2)

SEA

ヘルナンデス

75.1

ヲッシュバーン

45.2

ベダード

25.2

145.5 (1)

TB

ガーザ

40.7

ニーマン

34.9

シールズ

31.5

107.1 (7)

CWS

バーリー

45.6

ダンクス

44.8

フロイド

36.0

126.4 (3)

TOR

ハラデー

74.8

ロメロ

29.0

ゼプチンスキー

13.2

117.0 (6)

OAK

ブレイデン

25.9

アンダーソン

21.7

ケイヒル

17.7

65.3  (13)

CLE

クリフ・リー

46.7

ラフィー

10.9

サワーズ

8.1

65.7  (12)

KC

グレインキー

88.3

バニスター

8.4

デービス

5.9

102.6 (10)

BAL

バーゲセン

30.1

ガスリー

13.9

上原

11.7

55.7  (14)

グレインキー・・・・チーム内で一人で目立ちすぎw

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。