スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルコ・スクータロを獲得!

a-scutaro-marco-ht.jpg

いらっしゃいませ。
盛り上げるためにあえてびっくりマークをつけてみました。
なんとなくBOSファンにも獲得を嫌がる声が多くちょっとスクータロに情が移ったと言うか、
応援したくなったと言うか、そこまで毛嫌いしなくてもいいじゃない(笑)
選手には何の罪もないし。って感じで。
別にスクータロを嫌がってるわけじゃなくドラフトピックを失うことを嫌がってる
と言うことでしょうけど。

結局のところファンが求めているのは常に完璧に近いところで
ラウリーやイグレシアスがいるから短期契約でしかもいい選手が欲しい、でもドラフト指名権や
トレードでいい選手は出したくないよ・・・・・・そんなうまい話はなかなか転がっているわけもなく。
レッドソックスのSSはガルシアパーラ以降なかなか定着しておらず
それが余計にSSと言うポジションには厳しい見方になっているのかも。


個人的にはこれでよかったと思っています。
年俸は明らかになってはいないけどドラフトピックだしたし低めに抑えられてるといいなあ。
できれば2年契約で3年目クラブオプションにしておきたかったけど
内野手市場が動き始めてこれ以上選択肢が減っていくと
かなり厳しくなっていくと判断したのではないかと思います。

以前レッドソックスの守備攻撃のポジション別のデータを出したけれど
それを見てみると
2009のシーズン全体のレッドソックスのSSのOPSは.653(.234/.296/.357)、UZRは+3.5
今年のスクータロが出来すぎだとしても.270/.350/.400程度残してくれれば
前年と比べればかなり大きい補強になると思います。それだけ昨年もSSが
悪かったと言うことなんですけどね。特にOBPはひどい。
シーズン終盤カカトの怪我で若干守備力を落としたと同僚のマクドナルドさんも
言っていましたがトロントが複数年契約をスクータロに提示していたことや
レッドソックスも公開練習でパフォーマンスを確認したと言うことなので
そのあたりは問題ないのでしょう。
似たような守備力で攻撃力を「前年」と比べてこれだけあげられるポジションがあるとすれば
それこそ言われている1Bのインパクトプレーヤーを手に入れる以外他のポジションでは
考えられません。あるとすればDHくらいなもんで。しかしそのポジションは難しい。

スクータロはパワーはないけど非常に選球眼とコンタクトに優れた打者で
年々成長しているように見えます。BB/kは今年とうとう1.20まで伸びました。
プレート上での成長は彼の年毎のデータを見てもはっきり見て取れると思います。
ファングラフのPlate Disciplineを見てみると
今年はそれが顕著でo-swing(ボールゾーンをスイングした割合)の12.3%という低さは2009のMLBの全体で
2番目。とにかくボール球に手を出しません。ドリューよりもアブレイユよりも(笑)
それにZ-contact(ストライクゾーンのボールをを当てる能力)はすばらしく95.7%。これはペドロイア
よりも上で全体5番目。
両方とも年々その数値は上がっているように見えます。
パワーはないけどコンタクトと選球眼はすばらしいものがあるという能力の一端が垣間見えます。
こんな9番打者がいたらすごく嫌だよねっていうタイプ。ただの確率変動だろコラ!なんて言わないであげて。
こういう内容的にも良くなってきているんだから。

守備は内野どのポジションもしっかり守れる選手で
ラウリーがしっかり準備できるのがいつの段階かわからないけど
柔軟性という点でも+に働くと思います。SSのほかに2Bと/3Bも安心して任せられるというのは
162試合戦うチームにとって大きいです。

ドラフト1位を一つ失ったことと長年まともなSSが定着しないストレスからファンの見る目が厳しい
と思いますが見返すような活躍ができるようとにかくがんばって欲しいです。
とりあえずスクータロには来日していただいてお祓いを受けることをお勧めします。
あとフェンウェイのSSの位置に塩撒いとこう

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。