スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEAK POINT

たった7試合ですが現在のレッドソックスで見えてきた弱点。
ブルペン

ブルペン
現在のところ支配的な投球をするリリーフが少ないです。K/BBは他球団と比べてもかなり悪い。
特にミドルリリーフが不安でラミレス、デルカーメンはキャンプから悪く
デルカーメンは一応復調の兆しはあるものの前回のカンザスシティのスピードガン
は全体的に甘めの感がありまだスピードも戻りきってはいないと思うし両者と岡島も含め
まだ三振が奪えていません。
なおデプスであるDLのボンザーもAAAでも結果内容を残しておらず
直近の登板後は肩の状態も良くないと言う話も出てきているし
エンブリーもとても安定して使えそうな状況でもありません。
その他にはネルソン、ボウデン、リチャードソン、カストロ、カブレラ、ラミレス2号など
がいますがどれも勝ち試合に投げさすミドルリリーフとしては心許なく
アッチソンもミドルリリーフとしてはちょっと物足りない。
現在の状況ではラミレスをDLにでも入れて再調整でもさせたいところだけど
代わりを誰にするのかというのもかなり厄介な問題となります。
層全体も薄いと言わざるを得ません。
現在バードに大きな負担がかかる状態になっており岡島も1イニング任せられるという感じでもなく
パペルボンも支配的とは言えない現在です。
それと同時にもう少し先発はしっかりしてほしい。特にレスター。
松坂が復帰すると言うことで先発のいずれか
(可能性としてはウェイクか松坂、バックホルツしかないと思いますがこの時点でさっさと
バックホルツをリリーフに移すのは短絡的で愚策だと思う)
をリリーフに回すと言うこともあるけどどちらも短いイニングをしっかり抑える
投手にはなりえないと個人的には思う。

DH?
DH

オルティスはここまで打席打数の5割が三振と完全に三振マシーンと化しており
パワー以前にコンタクトにかなり苦しんでいます。
打撃コーチと二人三脚で必死に打撃練習に取り組んでいるようですが
正直ここからどの程度回復できるのか非常に不安です。
そして昨年のように前半リリーフや他の打撃陣が好調で
チームが勝っていればラインナップに入れて時間も与えられるけど
そうでないなら1カ月2カ月復活を待つという悠長なことも言ってられないはずです。
ただブルペンと違って保険はそれなりにしっかりしている。
ローウェル、ハーミダをうまく使えば夏の再編までは穴は埋まりそうという希望は
持てます。現在のところハーミダもなかなか状態が良くどの程度安定するかは未知数ですが
最悪ローウェルとのプラトーンという図式も成り立ちます。現在のところ
ドリューも調子が上がっておらずサボるしもう少ししっかりしてくれと思う。


捕手
ビクター
捕手です。守備です。送球です。
現在レッドソックスの捕手が許した盗塁試行は7試合で13回でそのうち1回阻止(NYYのカノー)
ビクターの送球は昨年からコントロールが悪くなかなか安定しません。
せめて2割でも阻止してくれれば試行回数もだいぶ違うのですが・・・。
対戦チームも積極的に弱点を狙ってきますし、昨年も良く見かけたのだけど
まだ盗塁を許すだけならまだしも
送球難だと外野に送球が抜けたりして余計な塁を与えてしまう可能性もかなりあると思います。
かと言ってバリテックを使うとなれば攻撃力は大きく落ち大きな解決とも行きませんしバリテック
も盗塁阻止に関しては期待もできません。
まだ始まったばかりだしビクターに改善を期待したいですが無理ならばこのままだと結構困った状況になる可能性も。


まあSTはあてにならないなどと言いますがこれまでは実際蓋を開けてみたらそうでもない
という印象です。

ところでAL東の他球団の主力クラスにかなり怪我人も出始めています。
ブルージェイズは昨年大ブレークの主力2Bヒルがハムストリングを痛めて15DL入りしています。
これはなかなか痛い。
オリオールズも2Bロバーツは盗塁した時に腹筋を痛めて
DLに行くことになりました。STでも背中痛めていて打数もたいして取れなかったし
無理させたのが裏目に出てしまったか。少し長引きそうという話も。
ということはしばらくルーゴは2Bレギュラーということですかね。

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。