スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAME29vsLAA 11-6○  久しぶりの貯金1

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_05_06_anamlb_bosmlb_1
松坂先発。
初回のような投球があるうちは、その後いい投球してもいつまで経っても
信頼を勝ち取ることはないのだろなと言う投球。リリーフにもまた初回から準備させてるし。
NHKの日本人解説者にさえ92球しか投げてないのに6回途中で替えられていい交代とか言われてしまう始末。
初回以外は良かったという評価もできるだろうけどブルペン準備から交代期に至るまで
一連の監督の動きを見ていても信頼されてないなあ・・・と言うのがよく分る。

速球系は結構走ってる。空振りも取れているし実際表示されてるべロシティ自体も悪くない。
チェンジアップもスライダーもフォーシームもところどころ
いい投球も見られるけど安定はしない。1試合に一度はボールが大きくゾーンを外れて
ストライク取ることに極端に苦労する場面があるし
それをそのイニングでなかなか修正することができない。全体的にストライクゾーン
に入ってくる球が高い。
2試合連続四球が絡むビッグイニングを相手に供給していては安定という言葉からは遠い投球。
チームが求めてるのはまさにその安定だと思います。
6回投げ切れないような投球ばかりしてたらいずれにしても先発としては合格とは言えない。
それにしてもベケットと同じでカッターの割合が増えた。カッターというより見た感じはシュートしない速球
と言う感じ。本人にとっては比較的コントロールしやすい球なのか打者の左右関係なく使うことが多い。
球威は確かに戻っているけど苦しんでますね。
最低ひとつこれならいつでもストライクが取れるっていうものがあればだいぶ違う
と思うんだけど。



打線はビクターがようやく4打点の活躍。
カズミアにたくさん投げさせて早めに降ろし不安のあるリリーフも無難に崩して11得点。
まさに思い描いたとおり。ナイス。LAAのお粗末な守備にも助けられた。
リリーフもなんとかバードとパぺルボンを温存することに成功。
スウィープ。レッドソックスの選手も頑張ったけど
相手のどん底具合にもだいぶ助けられたなと。

ビクター
待ってましたよ。

コメントの投稿

非公開コメント

満塁男がまたやった!!

内野ゴロを打ってもエラーしてくれるんだな。ヒーローはちゃんと名前を書かなきゃな、ファーストネームがバックネット裏ヘッドフォンおやじと同じジェレミー・ハーミダだ。
ベルトレはOPSを上げられたけど守備率は下げられなかった。
それにしても、この試合の先発メンバーだと控え野手は『捕手1名・外野手2名・代打1名』になってしまう。エルズベリーが守備練習をしていたから、9月までインターリーグの期間オーティスはDL行きだろうか?

ストライクが入っただけであれだけの大歓声をもらっているようじゃあねぇ…。試合開始ちょっと前にボストンコモンのグランドで『松坂大輔といっしょにプレーする30球v-226』が必要か?終了後はミラベリのようにパトカーv-105の先導でフェンウェイに移動する。

創成期の西武ライオンズには田淵&大田&土井&野村というDHタイプが4人いた。野村の弱肩も共通だ。で、『単打4本で1得点の野球盤野球』が得意だった。

そうそう、レッドソックス応援日記の管理人に久し振りに会ったよ。


とってもとっても楽しかった西海岸遠征報告その④
OKAJI日本一:
「レッドソックスの内野陣の身長、ベルトレが5フィート11インチ、スクタローが5フィート10インチ、ペドロイアが5フィート9インチ、5フィート台が1インチ刻みで3人いるんだ。」
俺のマスターソン:
「ペドロイアはそんなにないぞ。俺より1フィートは低いはずだ。」
というわけで、新しく入ったキューバのキャッチャーはペドロイアよりも明らかに背が高いと思われる。

松坂も安定しませんね

松坂は突然乱調になったり、調子を取り戻したり、安定感がなさすぎですね。ベンチから信頼されていない感じがありありですね。球自体は大分よくなってきたようですが、突如すっぽ抜けの球がきたりするなど、制球も相変わらずよくないですし。打線に助けられましたね。こうしてみると改めて野茂の偉大さがわかります。今のボストンの打線とは比較にならないくらい弱かったバックで投げていてメジャーで123勝もして、ノーヒットノーランを2度も成し遂げたのは素晴らしいです。

OKAJI日本一さん

あ・・・・そういやあ・・・・
あまりに試合が長かったので忘れてました。
いいあたりじゃなかったけどいいとこで打ちましたねハーミダ。
個人的にはビクターマルちゃんの活躍が一番うれしかったんで
ついつい乗せてしまいました。

ジャコビーが戻ってきたらバンエブリーがマイナー行きでしょうね。まあオルティス外すってのもあるにはあるけど果たしてやるかなあ。
編成はいずれデッドラインまでには変えるんじゃないですかね。その時に
オルティスかローウェルの片方または両方、移籍やDL、リリース
あたり選ぶことになるんではないのかな。

松坂はなんか元気ないですね。本人が相当コントロールに不安持ってるんだなというのが画面通して伝わってきます。
ああいう立ち上がり見せられるとリリーフに回ったら相当
怖いけど一度本当にブルペンでやっても無駄ではないんじゃないの?
って思います。みんなブルペンは出番がいつ来るか
ほとんどわからないけどストレッチした後
ほんの少し投げただけで出てきて投げますもんね。
投げ込まないとコントロールつかないっていう思い込みに
縛られてるんじゃないのかな。松坂は。

そのなかで現役時代知ってるのはかろうじて晩年の田淵ですかね。
いまでもラジオ解説かなんかやってるみたいだけど。

ペドロイアと40人枠のリリーフ投手ファビオ・カストロが
以前背比べしたみたいだけど背比べしたらカストロのほうが少し低かったなんて話もあった
みたいですね。でも登板機会もなくマイナーに落とされてしまいました。
ベルトレ意外に小さいんですね。
マスターソンはデカイですよねー。


MLB Maniaさん

なんだか評価しずらい投球ですよねー。
本人の言うとおり球威は悪くないと思うんですよー。
まあでも全体的にはダメですね。今のところは。
夏場になれば今よりはたぶん調子も上がってくるんだろうけど
ウェイクフィールドがいながらチームがそこまで待てるかどうかは疑問ですね。

野茂は勝ち星もそうだけど自分のMLB見始めた1番最初のきっかけですから。1年目の衝撃は今でも忘れられないしいろんな意味で最後まで個性的な投手だったと思います。
ここで三振ってところで本当に三振取れた投手って
日本人では野茂だけじゃないですかね。

LAAスイープ

深夜に失礼します。。
松坂対カズミアこの四球合戦に疲れましたw
松坂は相変わらずの投球で・・・・。初回DP取れなかったのが痛かった。(ここでペドロイアどうした。。)
評価も微妙ですね。6回投げきってほしかったけど、1度ビシッと抑えないといつまでも信頼はえられませんね。スライダーがあれだけボロボロなのによく4失点ですんだなという印象です。カズミアも松坂と同じで酷いねw
打線はようやくビクマルがやってくれましたwこれから好調なってくればうれしいですw(彼なら3割までやってくれるのは信じてます。)
ハーミダの満塁男はお見事でした。あの1打で勝ったかなと思いました。(4番目の外野手として頼もしい。)

それにしてもこんな弱いLAAは最近見たことないですよ~。LAAスイープなんて記憶にないですw中継ぎ陣の酷さが去年のBAL並ですよw
ずっと西地区で優勝してきたけど、あの中継ぎ陣を立て直す事できるのかw

今日からヤンクス戦ここでやらなきゃ男じゃない!とても重要な試合です。。
ベケット不安だけど、やってもらうしかない。今年のヒューズ打てそうにないしどうなるか楽しみです。。 GO SOX

ゴーベケさん

予想通り長い試合でしたね。

まあペドロイアのミスもあったけどそのあとは結構守備で助けられてたし1イニングに3個四球出すようではダメでしょう。
あれだけ調整したのにコントロールの悪さは変わらんですね。

ようやくビクター打ってくれましたね。

すべてがダメな時ってどのチームもシーズン中あるんだろうけど
そんな時は相手がどこでも関係なく負けるし
今のLAAがそんな感じだったですね。
こっちも余裕がないのでそういうときに当たれてよかったと思ってます。

ベケットやっちゃいましたね。ひどいよありゃ。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。