スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

game72 投手陣好投も打線がさっぱり 1-2●

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_06_22_bosmlb_colmlb_1

ドリューは出場できず。早くても復帰は木曜日と言われている。
AAAからレディックをコールアップ。
マニュエルがAAAへオプション。松坂復帰時に再びレディックオプションか
そのときドリューがダメならDL入るか。また一時的にリリーフ1枚削るか・・・。

レスター6回1失点被長打なしの好投も打線が相手先発チャシンから点を取れず90球で6回代打交代惜敗。
今日の敗戦に関しては中軸の責任は重い。ユークは見た感じやはり調子がよくない。
2打席目の三振はバットとボールがかなり大きく離れているし今日だけでなく
過去何試合か三振が非常に増えているし中途半端な打撃も多い。
ビクターも最終打席ヒットは打ったもののチャンスでは左打席で凡ゴロ転がすシーズン前半みたいな
感じだった。
下位打線に期待するのは難しい状況なだけに中軸のちょっとした不調も気になるもの。
とくにユーキリスは出場していても怪我から調子を落とすことが過去も多いだけに
少し気になるところ。

チャシンに関してはレッドソックスの多くの打者の弱点となってるスライダーが良かった。
なかなかいい曲がりで打線がそれに対応できず速球の動きにもついていけなかった。
局地的にコントロールの荒れた4回、7回に一気に潰しておきたかったが・・・。
リリーフは岡島の不運なアウティングはあったけど全体的に文句なしだった。
ラミレスが特に良かった。

レイズは負けたのでとりあえず救われた。
アウェイでのインターリーグと言うことでオルティスが今日は先発を外れた。
フランコーナの話ではこの3連戦でオルティス、ユーク、ベルトレにそれぞれ
2試合ずつ先発出場をさせるとのことだ。ということで明日はおそらくユークかベルトレ
が休み。明後日は明日休まなかった方が休みということになろう。
ベルトレが休む時はユークを3Bに持っていくことになる。

レッドソックスのアシスタントGMがラジオでレッドソックスがおそらく
リリーフ、バックアップのディフェンシブなSS、左打ちの外野手を探しているかもと言ったとか。
MLBTRでは可能性としてリリーフはパぺルボン、バードに続くトップアーム1,2枚。
現在FAのアダム・エバレット、
ジェイズのジョン・マクドナルドの守備型MIF、外野手としてロイヤルズのデビッド・デヘスースの
名前が挙がっている。

補強ポイントに関しては一寸先は闇だけど現在の需要としては実際にそんなところだろうなと言う感じ。
ローウェルが放出されれば最終的にホールも出されて専門的なIFと外野手が代わりに入る可能性が高い
と個人的にも思います。
エルズベリーの復帰がオールスター明け(見込み)、キャメロン、ドリューは
いつDLに行ってもおかしくない状態だし特にキャメロンは怪我の影響で現在攻守でパワーダウン
してるようにも見える。


★ベケットブルペン投球開始。うまくいけば土曜日にも打者相手に投げるようで
そこから中4日のサイクルで復帰させる見通し。
オールスターブレイク付近が復帰時期と見られる。

★つい最近AAAに昇格したばかりで最近にわかに話題になり始めている
Robert Coello(nextナーヴァかと言われている捕手出身、独立リーグ経由でレッドソックス入りした投手)が本日のAAAの先発で5.2回 4安打(1HR)10三振1四球 自責1と
素晴らしいアウティングを披露。これもひょっとしたらひょっとするのか。
それと関係あるのかどうかわからないけどつい最近もJay Broughtonという独立リーグの投手と
契約したばかり。

レスター・・・・ライナーの背面キャッチなんてしちゃダメ。もし手に当って怪我したらその時点で
大変なことになるしエースの怪我の代償がたった1本のシングルヒットなんて割にあわなすぎる。
ベケットが打撃練習で腰を悪化させたこともあるし
普段やらない打撃、走塁に関しても投手には気をつけてほしいもんだ。
三塁コーチャーが接触プレー承知でホームへ投手を走らせはしないか心配でもあるw

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。