スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリテック、デルカーメンDL。ケビン・キャッシュトレード獲得。

何が起こっても~変じゃな~い♪
そんな時代さ~覚悟はで~きてる♪

歌  Mr.Children 【es】~Theme of es~  より


BOSTON SICKSOXにようこそ。
デルカーメンのDLは予想はついたし、状態が非常に悪く最近は足を引っ張ってただけだったから
かえってブルペンは助かる可能性もあるが
今度はバリテックが骨折。これで捕手全員(AAAの捕手も含めて)DL入り。
昨日の試合でやはりファールを足に受けたときに骨折したらしい。4~6週間の欠場と見られる。
次は誰だ?デスノートならぬインジャリーノートでも出回ってんじゃないだろーなあ?(T_T)
もう試合中は全員ひまわりの種じゃなくて乾燥小魚食えよ。

★アストロズから捕手のケビン・キャッシュを獲得。
交換相手はIFのアンヘル・サンチェス。
ミラベリがいなくなった後08までレッドソックスにいたいわゆるウェイク専用捕手がレッドソックスに
ご帰還。
テックが怪我したし、たぶんウェイクが登板する明日からスタメンか・・・・・・。
短期間とはいえ弱すぎる。

★INFヒューレットがウェーバーを通過してAAAへoutright。
15日DLの選手で40人枠はあふれかえり大変なことになってますからね・・・・。


ファングラフを見ていてレッドソックスは現在UZR/150では外野手全体では-1.0
悪くはない。ただし貢献しているのはほとんどドリュー一人でもう一つの有力な守備指標とされる
+-システムを利用したDefensive Runs Saved(略してDRS,リンク先の表の左から8番目に位置する)のほうを見てみると-18
こちらはリーグで最悪となっている。とくにフライとライナー処理を平均的守備力と比べて
点数化したとされる±RUNS(rPM、リンクの表の左から7番目の指標)の方は-22とかなり平均より悪い。
故障の問題が大きいけどオフに固めたはずの外野守備も上手くいっているとは言えないのです。
エルズベリーは戻ってくるとしてキャメロンの数値の低下が非常に気になっていておそらくこれは
キャメロンのスポーツヘルニアという怪我の「手術しないと完治しない」と言う性質を
考えると回復する可能性は高くない。
現在も痛みを抱えて2試合に1先発程度の出場の仕方をしているし
守備走塁パワー面も以前のような広さや速さは目視でも感じられない。
控えのマクドナルドも上記のような数値的には芳しくなく集計されたサンプルはまだまだ少ないけど、もともとCFとしては
守備的に平均以下と言われていて2人がCFを交代で守るということだと守備力が低下するのも無理はない。
現在レッドソックスにいる松坂、ウェイクなどは完全なフライボーラーだし、
投手全体で奪三振率も昨年より大きく低下している(=インプレーの数が増える)
うえリリーフもフライボーラーが多くなっているため実際にボールが外野手のエリア内に飛んだとされる数
は昨年よりもペース的に多くなっており外野守備の重要性がより高まっている。

エルズベリーが戻ってくるまで待つと言うのもありだろうけど復帰時期はまだはっきりはしていない。

少ない(質のそんなに高くない)見返りで獲得できるならクリスプあたりを早急に獲得してエルズベリーが戻ってくるまでキャメロンは両翼でプラトーンかまたは守備固め的に回して負担を少なくしてもらうのがいいのじゃないかと勝手な妄想しとります。エライアスのランキングのBにも引っかからないのは確実だからAsとしてはできるだけ早く放出してサラリー浮かせてプロスペクトと交換したいということでこんな話も出てくるんでしょう。

どっちにしろエルズベリーが戻ってきたらキャメロンは控えに置いておくのが無難じゃないのかな。まあ1個人の考えでレッドソックスが獲得に動いていると言う話も出てませんしDL明けでやや体調にも不安を残すという面もありますのでいつもの妄想として受け取ってくださいw

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。