スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故障者が続々と

大体前評判が高いチームがプレーオフに出れなかったと言う過去のチームを見てみると
主力に故障者が重なることがおおい。レッドソックスもそうならなければいいが。

今日は残念な故障のニュースが二つ。
ウェイクフィールドが肩の張りを訴えて離脱。
http://www.beloblog.com/ProJo_Blogs/SoxBlog/2008/08/news-and-notes-3.html
ウェイクフィールドは次以降2回の当番日で投げられないことは確定的。
ジンクかハンサックは代わりにに入るだろうが40人枠と当番日からするとハンサックか。
ユーキリスはウェイトをしていて左肩を痛めたらしいが大きな怪我ではなく
すぐに復帰できるだろうとのこと。気をつけろよ~~なにやってんだよ

http://www.beloblog.com/ProJo_Blogs/SoxBlog/2008/08/colon-in-the-th-2.html

コロンが本日3イニングを投げ3安打無失点3三振と上々の出来。
そろそろ戻すか・・・・。


現状では大きな問題はバックホルツとウェイクフィールドの先発2点。
いろいろな意見が出ているようだが個人的にに今の状況でボウデンをあげるのは
まだ早すぎる。現在下で好調のハンサックとポウリー、バックホルツ、コロンで
しばらくは2つの枠を維持
しながらウェイクフィールドを待つのがよいと思う。
マスターソンを先発に戻すと言う案もあるようだがチェンバレンのように故障のリスクを
背負うことになるしお勧めはしない。最後の手段と言うことにしたい。
やるとしてもしっかり投球制限かけて出来るように9月以降のロスター拡大後
に限定したい。ボウデンは今年はまだ上で投げさすべきじゃない

コメントの投稿

非公開コメント

MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。