スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GAME 119 リリーフ崩れ打線も打てず 3-7●

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2010_08_15_bosmlb_texmlb_1

なんかテレビ見てたらグラウンド内の温度が50度近かったとか・・・・。
信じられんところで野球やってるな。球場変えれよw 客も暑すぎて日差しが当るところあんま入ってないし。

虚弱コンビは当然揃ってお休み。パピも珍しく休み。
松坂。序盤は見た時はこりゃ今日は全然だめだなと勝手に思ってたけど点をあまりとられなかった
のが大きかった。以降はかなり良くなっていったけど
6.2回 今季最長の115球。ランナー2人残したところで降板。
交代後デルカーメンがヤングに初球3ランHR打たれ
ジエンド。あそこで松坂があと一つアウト取れてれば・・・・
あそこでデルカーメンがきっちり抑えてれば・・・・・
牛のように動かないホルスタインの奴がリリーフの1人でも取ってきてれば・・・・
等いろいろな思いがかけめぐりました。
松坂は自責点4。2点差で負けてる7回でバード出すわけにも行くまい。当然の継投です。
マックのホームランなどで5-3まで追いついたものの
以後はリチャードソン、ボウデンとつないだが2点を取られて7-3。9回きっちり抑えられて終了と。


うむ・・・確実に「勝負のロード」だったわけですがロード10連戦5勝5敗。
再びレイズと5ゲーム差に離されました。こらえきれなかったなあという印象。
7勝3敗で行けたはずなのに・・・・。ベケットとパぺルボンの炎上が本当に痛かった。

まあよくある話ですがレイズが残り45試合で23勝22敗の5割だったとしても
レッドソックスがそれに並ぶには残り43試合27勝16敗で行かなければなりません。
まあNYYが5割で行く確率はほぼないと思いますけど23-22で行った場合レッドソックスは28-15
出ないと追いつけません。どちらも残りの直接対決で相当勝ち越さない限り難しい数字ですね。
残りの日程を比べて見ましょう。

NYYTBRBOS
 8/16
DET
TEX
 17LAA
 18
 19OAK
 20SEATOR
 21
 22
 23TORLAASEA
 24
 25
 26  
 27CWSBOSTB
 28
 29
 30OAKTOR
 31BAL
 9/1
 2
 3TORBALCWS
 4
 5
 6BALBOSTB
 7
 8
 9
 10TEXTOROAK
 11
 12
 13TBNYYSEA
 14
 15
 16
 17 
BAL
LAATOR
 18
 19
 20TBNYYBAL
 21
 22
 23
 24BOSSEANYY
 25
 26
 27TORBALCWS
 28
 29
 30KC
 10/1BOSNYY
  2
  3

※黄色塗りつぶし=ホームグラウンド
  白塗りつぶし=アウェイ
  水色塗りつぶし=休み

チーム名(赤)=勝率.550以上のチーム。
チーム名(ピンク)=勝率.450未満のチーム

対戦相手の強弱で見ると
NYYは 赤=19 黒=17 ピンク=9
TBは  赤=16 黒=16 ピンク=13
BOS=   赤=19 黒=12 ピンク=12

とこんな感じです。BOSは日程的には休養が多くてそんなに大変と言うわけではないけど
まだTBとともに西海岸への遠征を残していますね。対戦相手的にはNYYが一番大変なようにも見えます。
9/23の時点でBOSがTBに負けているようであれば以後の対戦相手の違いを考えるとほぼ望みなしと言うところでしょうかね。NY,TB,BOS
他の2チームとの直接対決が3チームともほぼ6~7試合と同数残ってます。
BOSとしてはどちらかがどちらかを徹底的に叩いてもらいそのチームに意地でも勝つというのが理想的
だけどまあもしここからプレーオフいければ奇跡的と言えるかもしれませんね。
もちろん少しでも希望があるうちはどんなにひどくても見守りたいと思いますがw

ところで私9/13~15のアウェイのシアトル戦をセーフコで観戦することを予定しています。
今年は行く予定なかったけど以前ショートステイしていた妹の友達のカナダ人が現在バンクーバー
に住んでいてぜひこいと言うのと円高の今のうちに行くかってことで。
バンクーバーから結構近いらしいですねシアトル。出来ればレスターバックホルツの日に当りたいなあ。
それまでなんとかプレーオフ戦線に残っていてくれw
ペドロイアは火曜日戻って来られそうですがデルガドは腰に張りが出たようです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日の松坂の序盤のピッチングは僕も見てて、ヒヤヒヤしてました;
中盤になり、ストレートの球速も普段どうりの93マイルあたりに上がってきて、球数的にも7回は投げてくれと思っていたのですが・・・6回2アウトからランナーを出して降板
しかも代わったデルカーメンがヤングに3ランを打たれ・・・最悪の結果でしたね。
松坂にも失点が付きましたし。
レイズを抜くにはベケットの復調が必ず必要ですよね。最近は途中で集中が切れ大量失点というのが多いですが、なんだかんだ言ってもベケットはエースですからね。

いい所はバックホルツとレスターが勝ち頭になってくれていることですよね。
レスターに至ってはもうエース級ですからね。頼もしいです。

セーフコフィールドの観戦楽しんでください^^

rosoさん

序盤は去年のシーズン初めの一番悪い時みたいな感じでしたね。
よくあれで点取られなかったなと言う感じでした。
中盤以降は最近の良さが戻っていたように思えましたが7回、あそこであと1アウトが届けば・・・・本当にそんな感じでした。
これまでは松坂が投げたあとランナー残して降板した時かなりリリーフに救われていたところがあったのですがその運も今日に限っては発動しませんでした。

レスターはエース級というより完全なるレッドソックスのエースだと思います。
ベケットと違い過去3年でローテ離脱も1度もないし成績見ても一目瞭然。捕手に左右されることもありませんし。
ベケットが再びエース級となる日が来ればその時はレッドソックス
も相当強くなるんでしょうけどね・・・・。ベケットがエース級か準エース級の働きをしてれば特定のリリーフもここまで酷使されることもなかったと思います。
現在のところ残念ながら隔年投手という言葉がぴったりです。

ありがとうございます。楽しんできます^^
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。